Icon search 36px

舌を出す人の心理5選|ポジティブな意味

ポジティブな意味を持つ舌を出す人の心理①相手に安心している

安心

ポジティブな意味を持つ舌を出す人の心理その1は、相手に安心しているという心理です。人は信頼していない人に対して弱みを見せないように動くのですが、信頼できると緊張がほぐれて、思わず無意識に舌を出してしまいます。

もし相手と他愛ない会話している最中に舌を出していたら、自分に対して安心感を感じていると考えられます。なので、信用されていると考えてよいでしょう。

ポジティブな意味を持つ舌を出す人の心理②甘えたがっている

甘える

ポジティブな意味を持つ舌を出す人の心理その2は、甘えたがっているという心理です。舌を思わず出してしまうほどに安心しているため、甘えたいという気持ちが現れています。

相手の前でリラックスしてしまうために、異性同性や恋人親友にかかわらず、無意識のうちに「甘えたい」という考えが出てしまいます。

こちらの記事では、甘える男性の心理についてまとめられています。恋人などに甘えてくる男性には、複雑な心情がうごめいており、それを癒すために甘えるという行動をとっています。そんな甘えたい男性に興味を持った人は、こちらの記事を参考に、何を考えているのか理解していきましょう。

関連記事

甘える男性の心理17選|甘えてくる彼氏の可愛い瞬間も

甘える男性にはどんな心理が働いているのかな?って気になってしまう事はあ

Small thub shutterstock 521491078

ポジティブな意味を持つ舌を出す人の心理③ベロを出して可愛さを表現

同性

ポジティブな意味を持つ舌を出す人の心理その3は、ベロを出して可愛さを表現するという心理です。同性の相手よりも、自分が可愛いと考えている、自信家の人に多く見られるものです。これは女子に多く見られる癖です。

舌を出す行為は、相手に対して愛嬌を見せているので、数人との会話の中で舌を出している女子は「私の方が可愛い」や「私に気づいて欲しい」と表現します。

ポジティブな意味を持つ舌を出す人の心理④異性に対して好意を持っている

異性

ポジティブな意味を持つ舌を出す人の心理その4は、異性に対して好意を持っているという心理です。例えば、男性と会話している女性が無意識に舌を出していたら、その人に対して恋愛感情を持っている可能性があります。その逆も然りで、男性が女性に対して恋愛感情を持っていると思わず舌を出すことがあります。

その人は異性に対して「仲良くなりたい」と考えているため、その意思表示が舌を出す動作に含まれています。その他にも「いい人に思われたい」と考えて焦っている場合にも舌を出すことがあるので、相手が歯切れの悪い態度で対応していると、その人は自分に好意を持っているとも考えられます。

ポジティブな意味を持つ舌を出す人の心理⑤照れている

照れる

ポジティブな意味を持つ舌を出す人の心理その5は、照れているという心理です。褒められたり、感謝されているときに思わず舌を出している場合、照れが隠しきれずに、無意識で出してしまう場合があります。

このしぐさは昔から知られており、漫画やアニメでも、嬉しさのあまり舌を出すシーンが見られます。また、海外では嬉しいという意味のジェスチャーとして使われているので、海外で仕事をする際、褒められた時は大げさに舌を出すことで嬉しさを伝えることが可能です。

舌を出す人の心理5選|ネガティブな意味

ネガティブな意味を持つ舌を出す人の心理①焦っている

焦る

ネガティブな意味を持つ舌を出す人の心理その1は、焦っているという心理です。自分や仲間の失敗などによって、険悪の空気になった時、その重苦しい空気に耐えきれずになんとかしようと焦り、乗り切ろうとして思わずベロを出してしまいます。

自分の失敗で険悪な空気になった場合は「許して欲しい」という気持ちが、仲間の失敗で険悪な空気になった場合は「どうにかしたい」という気持ちが多く含まれています。どちらにしろ、不安定な心情になっているので、無意識のうちにやってしまう行為となります。

ネガティブな意味を持つ舌を出す人の心理②失敗したから愛嬌でごまかす

失敗

ネガティブな意味を持つ舌を出す人の心理その2は、失敗したから愛嬌で誤魔化そうとする心理です。自分の失敗により相手に叱られている際、愛嬌によって許されようとして思わず舌を出すことがあります。

しかし、重要な場面やビジネスといったシリアスなシーンで舌を出す行為は相手にとって「舐められている」と感じられる行為なので、逆鱗に触れてより叱られる場合がほとんどです。

ネガティブな意味を持つ舌を出す人の心理③緊張している時の癖

緊張

ネガティブな意味を持つ舌を出す人の心理その3は、緊張している時の癖です。自分自身が緊張している時、緊張をほぐすために無意識のうちにベロを出してしまうことがあります。

思わず笑ってしまったり、髪をいじったりしている時と一緒で、緊張する原因から遠ざかろうとする心理が働いているために行う行動なので、重要な場面に置かれている人が舌を出していたら、一言声をかけてあげると良いでしょう。

こちらの記事では、緊張しないおまじないについてまとめられています。緊張をほぐすおまじないも掲載されているので、自分だけでなく、周囲の人にも緊張していたり、するような場面に遭遇した時のためにも、こちらの記事を読んで緊張しないおまじないを学びましょう。

関連記事

緊張しないおまじない15選|緊張をほぐすのに効果抜群な魔法も

緊張をほぐすためには、緊張を受け入れるおまじないからはじめるといいでし

Small thub shutterstock 162783653

ネガティブな意味を持つ舌を出す人の心理④相手に対してライバル心を持つ

ライバル心

ネガティブな意味を持つ舌を出す人の心理その4は、相手に対してライバル心を持っているという心理です。人によっては、自分が気にくわないという理由で、大きく舌を出して挑発する人が存在します。

舌を出すだけでなく、下まぶたを指で引き出す「あっかんべー」や「ベロベロバー」と同じで、相手に対して侮辱しています。これを見た相手は喧嘩を売っていると認識して警察沙汰になる場合があるので、使うのは程々にしましょう。

ネガティブな意味を持つ舌を出す人の心理⑤逃げ出したいという意識

逃げる

ネガティブな意味を持つ舌を出す人の心理その5は、逃げ出したいという意識を持つ心理です。自分では背負いきれない、責任感を求められる仕事を任された時などに見られる癖です。

自分を持ち直すために、無意識のうちに行われるリラックス方法として動いていますが、それを見た人からすると「責任感がない」といったイメージを持たれてしまうため、注意が必要です。

舌なめずりをする人の心理は?

舌なめずりをする人の心理①料理が美味しそう

料理

舌なめずりをする人の心理その1は、料理が美味しそうという心理です。小説などで文章表現としても使われている通り、目の前に美味しそうな料理が運ばれてきたときや、画像や動画で美味しそうな料理を見たときに思わずやってしまう癖です。

美味しそうな料理を眼の前に、お腹が鳴ったり、唾を飲み込むのと一緒で、舌なめずりは、その料理に対して食欲が湧いて仕方がない場合に見られます。

こちらの記事では、中華料理の基本マナーについてまとめられています。美味しそうな中華料理を前に、和気藹々とした雰囲気になったとしても、食事マナーが悪いと、見た目が悪いたけでなく、周囲の人も不愉快になってしまいます。そうならないためにも、こちらの記事を読んで、中華料理のマナーの基礎について学びましょう。

関連記事

中華料理の基本マナーチェック!あなたの行動は正しい?悪い?

中華料理の基本マナーを知っていますか?中華料理の正しいマナーや悪いマナ

Small thub shutterstock 693458410

舌なめずりをする人の心理②女子や獲物といった相手を狙っている

狙う

舌なめずりをする人の心理その2は、女子や獲物といった相手を狙っているという心理です。首を長くして獲物を待ち構えたり、好意を抱いている女子が自分のものにならないかと考えているときに出る癖です。

唇はセックスシンボルとして扱われることもあるように、相手に対して関心を持っていると、渇きを潤すために舌なめずりをして潤します。舌なめずりをしている異性がいたら、積極的に誘ってみるのも良いでしょう。

舌以外の相手の顔の動きからわかる心理は?

舌以外の相手の顔の動きの心理学①目

目

舌以外の相手の顔の動きの心理学その1は、目です。目線がどちらを向いているかによって何を考えているのかがわかったり、まばたきの量で相手の心情を窺えます。

    目線の動きによる心理

  • 右上:想像しているとき
  • 左上:過去を振り返るとき
  • 右:脳内で音を思い出している
  • 左:脳内で音を作り出している
  • 右下:独り言をしている
  • 左下:日おいや味を思い出している

まばたきが普段より多い場合は緊張していたり、不安な状態に置かれています。逆に少ない場合は物事に対して真剣に考えています。目を閉じて話している場合は、話に集中しながらも、自分の意思や思惑を悟られたくないという心理が働いています。

相手との会話中にも、目線の動きによって心理を読み取ることが可能です。自分と目を合わせない場合は相手が興味を持っていなかったり、敵対心を持っています。他にも、適度に目を合わせてくれる人は、好意を抱いていたり、話に賛成している場合があります。

舌以外の相手の顔の動きの心理学②鼻

鼻

舌以外の相手の顔の動きの心理学その2は、鼻です。会話の中で鼻を触ったり、こすったりしているのは、深く考えていたり、自衛のために無意識にやってしまうからと言われています。

例えば、好きな人の前では感情を隠すために鼻を触って自衛したり、伝えたいことがあるけど勇気がないために鼻を触って現実逃避をしてしまうことがあります。

こちらの記事では、鼻を触るのが癖な男女の心理についてまとめられています。ここに掲載されていること以外の特徴もあるので、鼻を掻いたり、こすったりする仕草はどんな心理を表しているのか気になる人は、こちらの記事を読んで学んでみましょう。

関連記事

鼻を触る仕草が癖の男性・女性の心理10選|臭いをかぐ/かく/こする

皆さんは自分や相手の癖や、特定の仕草をしていることに意味があるのをご存

Small thub shutterstock 108313037

舌を出すサイズによって心理が変わる

無意識のうちに癖として出ている舌によっては、心理状況も変わります。ちょっとだけ出していたら、無意識のうちに相手に対して安心していたり、物事に対して集中しています。逆に大きく出しているときは、相手に注目させたり、拒否感を示す際に出しています。こういった違いを見極めて、相手との距離を考えましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード

NEW

新着記事

RANKING

人気の記事

CATEGORY

カテゴリー