Icon search 36px

手の振り方別!会った時に手を振る女性の心理3選

【大きく手を振る】①嬉しい

嬉しい

まずは会った時に手を振る女性の心理を振り方別に紹介します。まず、会った時に大きく手を振る女性には「嬉しい」という心理があります。大きく手を振ることで、会えたことの喜びを表しているのです。嬉しいという気持ちを隠さずに、素直に感情を出しているタイプの女性です。

「ここにいるよ!」という自分の存在のアピールをしている場合もあります。どちらの場合も、相手を見つけたことへの嬉しさが大きく手を振るという行動に繋がっていることが大半です。大きく手を振るほど嬉しいのですから、多少なりとも好意があると言えるでしょう。

【顔の横で手を振る】②気楽な関係でいたい

気楽

会った時に顔の横で手を振る女性の心理は「気楽な関係でいたい」です。友達などの気の知れた相手に手を振る場合や、好意を持っていたとしても友達の関係を壊したくないという感情が働いているときに、顔の横で手を振るケースがあります。特に深い意味がない挨拶という感覚で手を振っている可能性が高いです。

顔の横で手を振るのは、ごく自然な手の振り方なので、無意識に手を振っていることもあります。顔の横で手を振る女性に好意が隠されているかは、振り方だけでは判断しがたいです。気心の知れた相手とは言え、なかなか本心を見せないタイプの女性なのかもしれません。

【顔の下で手を振る】③恋心を隠したい

恋心

会った時に顔の下で手を振る女性には「恋心を隠したい」という心理があります。好きな人会えて嬉しいという思いはあるものの、「恥ずかしい」「気持ちがバレたくない」という気持ちが勝ってしまい、照れ隠しで顔の下で手を振るという振り方になってしまう傾向があります。恥ずかしがり屋な女性に多い心理です。

普段から恥ずかしがり屋な女性は、なかなか素直に気持ちを表に出さないので、好きな人を前にすると顔の下で手を振るという行動に出てしまいがちなのです。もちろん恥ずかしがり屋じゃない女性でも、好きな人を前にすると恥ずかしさが先行してしまいがちなので、手が顔より下の控えめなポジションになってしまいます。

手の振り方別!別れ際に手を振る女性の心理3選

【ずっと手を振ってる】①名残惜しい

寂しい

続いて別れ際に手を振る心理を紹介します。まず、ずっと手を振っている女性には「名残惜しい」という心理が働いています。楽しい気分を味わった後の別れ際に、名残惜しくて大きく手を振ることがあります。大きく手を振りながら「またねー」と声をかけてきたら、楽しかったから名残惜しいんだと思ってあげてください。

名残惜しくて手を振っている女性は、相手が好きな人でも友人でも同じように手を振る傾向があります。ずっと手を振っていることは、必ずしも好意があるとは限らないので注意が必要です。ただ、嫌いな相手に手を振ることはほとんどないので、人として好かれていることはほぼ間違いありません。

【顔の横で手を振る】②ただの挨拶

挨拶

別れ際に顔の横で手を振る女性には「ただの挨拶」という心理があります。顔の横で手を振る女性は、ただの挨拶として手を振っているのが一般的です。別れの挨拶として手を振っているだけなので、特に深い意味はなく、無意識のうちに手を振っている可能性もあります。

人によっては、嫌いな人と早く別れてたいから手を振る女性もいます。手を振っておけばいなくなってくれるだろうという心理が働いているのです。顔の横で手を振る女性に好意があると期待しない方が無難です。すぐに手を振るのをやめてしまったり、目を合わせてもくれない場合は、好印象を持たれていないことも考えましょう。

【顔の下で手を振る】③もっと一緒にいたい

もっと一緒にいたい

別れ際に顔の下で手を振る女性には「もっと一緒にいたい」という心理があります。本当はもっと一緒にいたいけど、思いを伝えられないという葛藤の中で手を振っているので、手の位置が低くなってしまいがちなのです。別れるのがイヤだという思いがあるために、手が低くなってしまうこともあります。

顔の下で手を振る女性は、周りの目を気にしていることもあります。周りに自分の気持ちを悟られたくないときも、顔の下で手を振りがちです。別れ際に女性が顔の下で手を振っていたら、好意がある合図と判断しても良いでしょう。

ここまで手を振る女性の心理を紹介してきましたが、手を振る夢の意味はご存知でしょうか。下の記事には手を振る夢の夢占いを紹介しています。手を振る女性の心理以外でも気になる人がいたら、ぜひ読んでみてください。

関連記事

【夢占い】手を振る夢の意味15選!笑顔/好きな人/子供/亡くなった人

あなたは手を振る夢をみたことがありますか?手を振る夢は夢占いにおいて一

Small thumb shutterstock 544254598

両手を振る癖を持った女性の心理7選

①目立ちたい

目立つ

ここからは両手を振る癖を持った女性の心理を7つ紹介します。まず1つ目は「目立ちたい」です。両手を振るという行動には、目立ちたいという心理が働いていることがあります。そもそも両手を振っている女性がいたら、目立ちますよね。周りの目が気にならず、恥ずかしさすら感じていないのは、目立ちたいからと言えます。

目立ちたくて両手を振る人と対照的なのが目立つことが嫌いな女性です。目立ちたくない人の心理や特徴を紐解けば、その逆を行く目立ちたくて両手を振る人の心理がわかりやくなるかもしれません。下の記事には目立ちたくない人の心理や特徴をまとめてあるので、ぜひ併せて読んでみてください。

関連記事

目立ちたくない人の心理11選|目立つの嫌い・注目されたくない人の特徴も

目立ちたくない、目立つのが嫌いという心理状態の人は年齢や性別に関係なく

Small thumb shutterstock 517365208

②自分をアピールしたい

認める

両手を振る癖を持っている女性の心理2つ目は「自分をアピールしたい」です。両手を振ることが自分をアピールする術になっている女性もいます。「私はここにいるよ!」と両手を振ってアピールしているのです。アピールするために両手を振る女性は、相手が好きな人であろうと友達であろうと区別はしません。

アピールする手段として両手を振っているので、周囲の目は気にしないのが特徴と言えます。両手を振って自分をアピールする女性は、承認欲求が強い傾向もあります。認めてもらいたいが故に、両手を振って自分をアピールしているのです。

承認欲求が強い人は、自己顕示欲も強くなりがちです。下の記事には自己顕示欲が強い人の心理を紹介してありますので、ぜひこちらも読んでみてください。アピールしたがりな人の気持ちがよりわかるようになるはずです。

関連記事

自己顕示欲の強い人の心理10選|承認欲求・支配欲がない人の特徴も

あなたの身近に自己顕示欲の強い人はいませんか?ここでは、そんな征服欲の

Small thumb shutterstock 538654906

③テンションが高いことを伝えたい

見てほしい

両手を振る癖を持っている女性の心理3つ目は「テンションが高いことを伝えたい」です。テンションが高い時や、テンションが高いと思われたい時に、両手を振るのが癖になっている女性もいます。会った時に両手を振っている女性がいたら、テンション高そうに見えますよね。

嬉しいことがあった時など、テンションが上がっている理由を聞かれたい時などに、両手を振る女性もいます。嬉しいことや楽しいことで、テンションが上がっていることを相手に伝えたい心理がありますが、テンションが上がっている理由は、必ずしも会った相手にあるとは限らないパターンです。

④自分に自信がある

自信

両手を振る癖を持った女性の心理4つ目は「自分に自信がある」です。自分に自信がある女性は、両手を振って目立つようなことをして周りの注目を集めたとしても、自分に自信があるから周りの目なんて気にならないと考えている傾向があります。

さらに、自分に自信があるからこそ、堂々と両手を振って自分をアピールできるとも言えます。自分自身の外見に自信がある女性は、特にこの傾向が強いです。両手を振って目立っていても、恥ずかしいという感情にならないのは自分に自信があるからとも言えます。

⑤無邪気に思われたい

無邪気

両手を振る癖を持った女性の心理5つ目は「無邪気に思われたい」です。子供のように両手を振る女性に無邪気さを感じて好感を持つ男性がいます。好印象を与えることをわかっていて、あえて子供のように両手を振り、無邪気だと思われたいと考えている女性もいます。

無邪気に思われたいという心理が働いている女性は、”無邪気な女性はモテる”というモテの法則を持っている人がいます。つまりモテるため、魔性の女になるためにあえて無邪気さを装っているのですが、それが体にしみこんでしまって両手を振ることが癖になってしまうのです。

⑥可愛いと思われたい

可愛い

両手を振る癖を持った女性の心理6つ目は「可愛いと思われたい」です。両手を振ることで可愛いと思ってもらえることを知っている女性は、両手を振る癖がついていることがあります。可愛らしさを演出するために、顔の下あたりで両手を振ることが多いです。

可愛いと思われたくて両手を振っている女性は、相手が男性だろうが女性だろうが、可愛いと思われたくて両手を振る傾向があります。俗に言う“ぶりっこ”ですね。可愛いい女の子という自分を演出するために両手を振っているので、相手を虜にしたい、好きになってもらいたいという気持ちが働いています。

⑦嫌われたくない

嫌われたくない

両手を振る癖を持った女性の心理7つ目は「嫌われたくない」です。周囲に嫌われたくないという心理が働いていることで、両手を振ることが癖になっていることがあります。両手を振ることで、会った時の嬉しい気持ちや、別れ際の寂しさを強く表現できるという考えがあります。

感情を強く表現することで、「喜んでる」「悲しんでいる」という思いが相手に伝わり、好印象を持ってもらえるという計算と言えます。とにかく周りの人から嫌われたくないという気持ちが強い人ほど、あえてオーバーリアクションなくらいに両手を振ることが癖になる傾向があります。

人に嫌われたくないという思いが強い人は、人に嫌われることを恐怖と感じがちです。下の記事では、人に嫌われたくない人の心理と嫌われることへの恐怖を克服する方法を紹介しています。ぜひ併せて読んでみてください。

関連記事

人に嫌われたくない人の心理は?嫌われるのが怖いのを克服する方法10選!

人に嫌われたくないと思うことはありませんか?こちらの記事では、人に嫌わ

Small thumb shutterstock 130134731

手の振り方に好意は現れる?好意的な手の振り方は?

手を振る女性の手の振り方には好意が現れる

手を振る

手を振る女性の手の振り方には、秘められた好意が現れることがあります。つまり、手の振り方を見れば相手に好意があるかどうか見極めることができるのです。「ただの挨拶だと思っていたのに、実際は好意を持たれていた」なんてこともあり得ます。

「自分の好意に気づいて欲しい」「好意に気づかれるのは恥ずかしい」などの複雑な女性のサインに、手の振り方で気づいてあげましょう。女性の好意に気づくためには、”自分だけにする手の振り方”を確認する必要があります。誰にでも同じ手の振り方だった場合、そこに好意があるとは言えないので注意しましょう。

①相手の目を見て顔の下で手を振る

手の振り方

好意的な手の振り方1つ目は「相手の目を見て顔の下で手を振る」です。手を振る女性の心理でも紹介しましたが、顔の下で手を振る女性には好意が隠されていることがとても多いです。そして、好意を持って手を振るときには、相手の目を見る傾向があります。

気持ちを隠そうとしたり、照れたりしていることで手は顔より下にありますが、目では相手に好意を訴えているのです。会った時や別れ際に、目を見つめながら顔の下で手を振る女性には、好意があると判断して良いでしょう。

②控えめな手の振り方

控えめ

好意的な手の振り方2つ目は「控えめな手の振り方」です。照れながら目を伏せながら小さく手を振る女性には好意がある場合が高いです。目を伏せたり逸らしたりしつつ、小さく手を振るのは、好意はあるものの恥ずかしいという気持ちが前に出てしまっているケースがほとんどです。

会った時や別れ際に、目は合わないけど小さく手を振ってくれた女性からは、好意を持たれていると判断して良いでしょう。好きな人の前では、なかなか目を合わせたり、大きく手を振ることができないのが控えめな女性の特徴とも言えます。

手を振る女性の本心を見抜こう

手を振る女性には様々な心理が隠されています。好意があるかないかは、手を振る女性の手の振り方をチェックすることが大切です。ぜひ紹介した手を振る女性の心理から本心を見抜いてください!そこに好意があれば、二人の関係が発展するかもしれませんよ。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事


RANKING

人気の記事