Icon search 36px




自分の耳を触る人の心理8選

①耳たぶを触るのは寂しいから

自分の耳を触る人の心理の1つ目は耳たぶを触るのは寂しいことの表れです。人一倍寂しさを感じる性格の人もいます。幼少期から寂しい思いをしていた経験が多い人ほど陥りやすいようです。小さいころに弟や妹がいて早くに親離れしないといけなかった人は寂しい感情が残りがちでしょう。

寂しいからこそ甘えたい願望が強くなります。誰かと一緒にいたい、誰かに話を聞いてほしい等無意識に考えていると自然に耳に手を当ててしまいます。その時は耳というより耳たぶを触ってしまう傾向にあるようです。一人で考えているときに触るので誰かと一緒にいれば欲求が満たされていますので大丈夫でしょう。

②不安を感じる



自分の耳を触る人の心理の2つ目は不安を感じることです。不安定な人間関係に置かれていると自分のバランスが保てなくなります。その一時的な気持ちの表れが耳を触ることです。学校や会社など集団行動で自分の存在意義が確立されていないときなどに気持ちが止められなくなります。

何が不安かもわからないときにも行動に出てしまいます。心細くどう立ち振る舞っていいのか疑問に感じている心境を示しています。耳を触ることで落ち着くことができますが、根本的な問題を解決しないことには癖は一生治ることはないでしょう。

③苦手な環境にいる

自分の耳を触る人の心理の3つ目は苦手な環境にいることです。こちらも経験が影響していることが多いのですが、学生時代に勉強ができずよく怒られていたり、先生からの説教をされていたことがあると普通に会話していても威圧感を感じてしまうでしょう。

人は自分に恐怖心を感じるといつもの癖が出てしまうことがあります。苦手な環境に置かれたときにも不安意識は取り除くことができません。上司など言い返すことができない相手であればなおさら悪循環です。自分に自信を持つことも大切ですが、癖を払拭できるように考え方も変えて行きましょう。



④ストレスを抱えている

自分の耳を触る人の心理の4つ目はストレスを抱えていることです。むしゃくしゃしている状態のときに耳を触ってしまうようです。髪の毛をかき乱す人もいますし、目を押さえる人などいろんな表現の仕方があるでしょう。

ストレスにもいろんな種類があります。身体的に疲れている状態もそうですが、精神的なものが大多数かと思います。何が原因かわからないけど無性にイライラするときも時にはあるでしょう。そんなときに耳たぶを触ると心が落ち着く人も少なくありません。

⑤嫌悪感を持っている



自分の耳を触る人の心理の5つ目は嫌悪感を持っていることです。こちらは一人ではないときに現れやすいので注意しましょう。一緒にいる人に嫌悪感があるときや、自分について気に入らない発言をされたときに不意に行動に現れてしまいます。

顔になかなか出さないポーカーフェイスな人であっても知らないうちに手が伸びてしまうこともあります。何でも話せる友達であれば多少癖が出ても問題はないかもしれませんが、関係の浅い人などには良く思われないこともあります。

⑥女性の会話に興味がない

自分の耳を触る人の心理の6つ目は女性の会話に興味がないことです。こちらの理由が実は一番多いかもしれません。お話し好きな女性が思われがちです。会話に面白みがなかったり興味がないと話に集中できません。マンネリした恋人関係に良くあるシチュエーションではないでしょうか。



商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。



KEYWORD

関連のキーワード

NEW

新着記事

RANKING

人気の記事

CATEGORY

カテゴリー