Icon search 36px

日焼け直後の痛い&赤い肌|アフターケアしないとどうなる?

日焼けのアフターケアしないとシミができる

シミができる

日焼け直後の痛い・赤い肌のアフターケアをせずに放置しているとシミができてしまいます。肌に紫外線が当たると体を守るためにメラニン色素が作られます。このメラニン色素が作られて肌が黒くなるのが日焼けです。通常は体を守るために作られたメラニン色素は、代謝によって排出されていくので肌の色は戻っていきます。

しかし、メラニン色素が過剰に作られたり、退出されなかったりするとメラニン色素が肌に残るのです。肌に残ってしまったメラニン色素はだんだんと肌の表面に浮き出てシミとなります。シミはすぐにできるものではありませんが、日焼けによって受けたダメージが年を重ねるにつれて表面化していくので肌の衰えを感じるのです。

今アフターケアをしないと後悔することになるかもしれません。また、日焼けのアフターケアをしっかりせず、放置するとメラニン色素の排出がスムーズに行われません。日焼け予防やアフターケアはシミ予防のためにもしっかりするべきなのです。

日焼けのアフターケアしないと肌のターンオーバーが乱れる

肌の乱れ

日焼けのアフターケアしないと肌のターンオーバーが乱れてしまいます。シミの原因であるメラニン色素の排出を促す肌の代謝もターンオーバーです。肌の細胞は一定周期で古い角質がはがれて新しい細胞が押し出されています。この代謝をターンオーバーと呼ぶのですが、ペースが乱れると肌トラブルが起こりやすくなるのです。

ターンオーバーが乱れることで角質が厚くなる人もいれば、未成熟な角質ができてしまう人もいます。角質は毛穴に詰まるとニキビなどの肌トラブルを引き起こします。

日焼け後にはシンプルで優しいケアが適していますが、日々のケアで角質のお手入れが必要です。下の関連記事では角質のつまりを解消する人気の泥パックをご紹介しています。肌のコンディションを整えるためには日々のスキンケアが大切です。参考にしながら自分に合うアイテムを見つけてください。

関連記事

おすすめのクレイマスクって?角質のつまり解消で人気の泥パック10選

クレイマスクは泥パックとも呼ばれ角質のつまりや毛穴ケアができるだけでな

Small thub shutterstock 234303655

日焼けのアフターケアしないと肌トラブルの原因になる

肌トラブル

日焼けのアフターケアしないと肌トラブルの原因になります。メラニンが残ればシミができますが、ほかにもニキビや乾燥を引き起こすことがあるのです。肌を日焼けすることでターンオーバーが乱れると外部からの刺激を受けやすくなります。

通常はバリア機能が働いて守られている肌も些細な刺激に耐えられなくなってしまうのです。また、ニキビ跡や肝斑・そばかすが悪化する原因にもなります。すでにある肌悩みが悪化しないように注意が必要です。

POINT

日光を浴びるメリットとは?

日光・紫外線を浴びることでシミや肌トラブルを引き起こすことがありますが、日光を浴びることで得られるメリットもあります。免疫力の向上や体内時計のリセット、ストレス解消などの効果が期待できるので、まったく日光を浴びないのは逆に不健康ともいえるでしょう。適度に日光を浴びて、紫外線対策をすることをおすすめします。

日焼け直後の痛い&赤い肌|正しいアフターケアとは?

日焼けのアフターケアでは肌の火照りを冷やす

冷やしタオル

日焼け直後の痛い&赤い肌は火傷をしているような状態です。赤くなっているだけではなく、傷ついて炎症を起こしているのです。なので、まずは火照っている肌を冷やしてください。冷やし方は冷たい水で濡らしたタオルを絞って、日焼けしてしまった部分に充てるだけです。タオルがぬるくなったら再び冷たい水で濡らします。

海やプールなどで日焼けをすると範囲が広く、背中などは自分では見にくいでしょう。そんな時は水風呂に使って肌を冷やします。シャワーも熱いお湯は避けてぬるま湯を使用します。お風呂の時間で日焼けのアフターケアができるので、ぜひ取り入れてください。

日焼け直後の痛い肌のアフターケアは優しく

優しいスキンケア

赤くなるだけではなく痛いと感じる人もいます。日焼け直後は肌が火傷している状態なので、優しいアフターケアを心がけましょう。体を洗う時もボディタオルで洗うと痛いので泡で優しく洗います。日焼けのアフターケアでは肌に優しい成分のボディソープを使うのもポイントです。

日焼けをして少しすると皮がむけることもあります。ぺらぺらしていて気になる方も多いと思いますが、無理に剥がしてはいけません。保湿ケアをしっかりしながら自然に肌が落ち着くまで待ちましょう。

洗顔料を泡立てるためにはグッズを使用するのがおすすめです。下の関連記事では100均で購入できるアイテムをご紹介しているので参考にしてください。

関連記事

【100均泡立て器】ダイソー・セリアの12個!石鹸で洗顔しよう!

この記事では、100均で購入できるダイソーやセリアの泡立て器をご紹介し

Small thub shutterstock 404365624

日焼け後の痛い・赤い肌のアフターケアは水分補給・保湿する

水分補給

日焼け後は水分をこまめに摂るのもアフターケアのポイントです。日焼け後の痛い・赤い肌は水分が失われている状態です。乾燥は肌のトラブルにもつながるのでしっかり水分補給をしましょう。そして化粧水でしっかり肌にうるおいを与えます。体の内側と外側の両面から水分補給・保湿をしてください。

化粧水をつける際にはコットンではなく手で優しく浸透させます。こすったりパッティングしたりすると日焼け後の痛い・赤い肌には刺激になってしまいます。なので、手のひらで肌を優しく包むように浸透させましょう。炎症が落ち着いたらパックなどのスペシャルケアで保湿するのもおすすめです。

外出先でもこまめに水分補給をしたい方はミネラルウォーターを持ち歩いてみてはいかがでしょうか?下の関連記事ではコストコで購入できるミネラルウォーターについてご紹介しています。まとめ買いすることで1本あたりのコストを抑えることもできるので経済的です。

関連記事

コストコの水のおすすめは?ミネラルウォーター原の材料や安全性も!

皆さんはコストコに行ったことがありますか?コストコに行くと水をまとめ買

Small thub shutterstock 304182236

睡眠時間をしっかりとってコンディションを整える

睡眠

日焼け直後の痛い&赤い肌を正しいスキンケアでアフターケア・保湿をしたら、肌のコンディションを整えるために睡眠を取りましょう。夜更かしは美容の大敵です。睡眠時間が不足するとターンオーバーが乱れるので、メラニン色素の排出や細胞の生まれ変わりがスムーズに進まなくなります。

特にシンデレラタイムと呼ばれる眠ってから3~4時間の間は成長ホルモンの分泌量が増えてターンオーバーが活発になります。10~2時までという情報もありますが、仕事をしていると10時に眠るのは難しいと思います。なので、睡眠時間をしっかり確保してぐっすり眠れるような工夫をしてください。

日焼けのアフターケアにおすすめのアイテムは?

アフターケアのおすすめアイテム|美白・保湿成分が入ったスキンケア

スキンケア

日焼けのアフターケアには美白・保湿成分が入ったスキンケアアイテムがおすすめです。日焼け後の痛い・赤い肌のアフターケアで、体の外側と内側から水分補給をするとご紹介しました外側からの水分補給に使用する化粧水は美白や保湿効果の高い物が日焼け後のスキンケアにも適しています。

ただし、刺激が強い物は日焼けのアフターケアには適しません。アルコールが含まれているものはしみることもあるので、肌に合わせてチョイスしてください。美白だけではなく抗炎症作用があるトラネキサム酸や、メラニン色素を抑制するビタミンC誘導体が入っているものを選ぶと良いでしょう。

下の関連記事ではおすすめの化粧水をご紹介しています。中には美白化粧水のあるのでアフターケアの参考にしてください。美白アイテムは高級なイメージがあるかもしれませんが、プチプラの化粧水もあるのです。効果を実感するためにはある程度使い続ける必要がありますが、プチプラ化粧水なら経済的にも継続しやすいのです。

関連記事

優秀でコスパのいいプチプラ化粧水のおすすめ20選|敏感肌/ニキビ/美白

プチプラでおすすめの化粧水を20選一挙大公開します!今回はプチプラ化粧

Small thub shutterstock 666259579

アフターケアのおすすめアイテム|ビタミンサプリメント

サプリメント

日焼けのアフターケアにはビタミンサプリメントもおすすめです。「ビタミンCは美容に良い成分である」というイメージを持っている方は多いのではないでしょうか?ビタミンCは肌の潤いを保つコラーゲンの生成をサポートしてくれるので、乾燥している日焼け後の肌にもピッタリの成分です。

普段から肌のコンディションを整えることで肌トラブルを回避することもできるでしょう。また、日焼けによって作られるメラニン色素を還元していくので、日焼けのシミ予防にも役立ちます。

野菜を食べているからビタミンは十分摂取できているという方もいるかもしれませんが、ビタミンCは参加しやすく熱に弱い成分です。水溶性ビタミンなので茹でれば流れ出てしまいます。普段の食事でビタミン不足を感じりてる方は、手軽なサプリメントで栄養を補ってください。

アフターケアのおすすめアイテム|日焼け止め・帽子

帽子をかぶる

日焼け止め・帽子もアフターケアのおすすめアイテムです。日焼けのアフターケアに力を入れても皿に日焼けをしてはまた肌にダメージが蓄積されます。日焼けを重ねないためににも紫外線ケアは欠かせません。日焼け止めを塗ったり帽子をかぶったりして紫外線対策を取りましょう。

日焼け止めを塗る際にたくさんつけたほうが効果があると思うかもしれません。しかし、塗りすぎるとべたつきますし、ムラができて均等に塗ることができないのです。適量を出して肌に塗り広げてください。また、日焼け止めの効果は1日持続するものではありません。

メーカーにより効果は異なりますが大体2~3時間程度だと思っておいてください。汗をかけば少しずつ流れ落ちていくでしょう。日焼け止めは外出先でも塗りなおせるように持ち歩けるサイズがおすすめです。

日焼け対策!絶対焼けない日焼け止めって?

絶対焼けないおすすめの日焼け止め|ウォータープルーフ

絶対焼けないおすすめの日焼け止めはウォータープルーフのアイテムです。日焼け止めは汗で流れ落ちてしまうこともあります。特に紫外線が強くなる夏は海やプールで遊ぶ方も多いでしょう。そんなシチュエーションでも紫外線からしっかり肌を守ってくれる日焼け止めを選ばなければなりません。

おすすめなのは「アリィーエクストラUVジェルミネラルモイストネオSPF50+」です。この日焼け止めはウォータープルーフなだけではなく、摩擦でも落ちにくいフリクションプルーフなのです。日焼け止めは服やバッグでこすれても落ちてしまうのですが、アリィーはそんな摩擦にも負けずに肌を守ってくれるのです。

絶対焼けないおすすめの日焼け止め|UV化粧下地

絶対焼けないおすすめの日焼け止めを探しているのなら化粧下地にも注目してみてください。化粧下地で紫外線対策をすることで顔の肌を守ることができます。日焼け止めを顔に塗りたくないという方にもおすすめのアイテムです。敏感肌の方は肌に優しいLaRoche-Posay(ラロッシュポゼ)を使ってみてください。

UVイデアXLはSPF50なので紫外線もしっかり防いでくれるでしょう。1つで日やけ止めと化粧下地の2役をこなしてくれます。

絶対焼けないおすすめの日焼け止め|サプリメントタイプ

絶対焼けないおすすめの日焼け止めが欲しいと思っていても、肌にクリームを塗るのが苦手な方もいるのではないでしょうか?そんな方には飲むサプリメントタイプの日焼け止めがおすすめです。クリームのように塗り残しの心配がいらないので、全身を紫外線対策できます。

WHITEVEIL(ホワイトヴェール)という日焼け止めサプリメントは、日本での臨床試験で効果が認められているそうです。植物由来の成分で作られており、美容に嬉しいローズポリフェノールやアーティチョークエキスも配合されています。サプリメントは持ち歩いても邪魔にならないので旅行先でもしっかり続けられます。

日焼けはアフターケアと予防が重要

日焼け止めを塗ったり帽子をかぶったりしていてもうっかり日焼けしてしまうことがあります。ひりひり痛くなって赤い肌は不安定な状態なので優しいケアが必要です。日焼けをしたときには焦らず正しいアフターケアで肌をいたわってあげましょう。

また、日焼けも重度になると自分のアフターケアや保湿では改善できないことがあります。水ぶくれになってしまったり、悪化している場合は皮膚科に行って専門家に診てもらいましょう。また、日々のケアも大切です。日焼けに焦ってケアをすることがないように毎日のスキンケアも意識してください。

自然由来の無添加化粧品に興味がある方は下の関連記事をチェックしてみましょう。無添加化粧品は自分で作ることもできるそうです。無添加化粧品の特徴や選び方、おすすめのアイテムを参考にしながら日々のスキンケアを見直してみてください。

関連記事

無添加化粧品おすすめランキングTOP5|人気のスキンケアブランドは?

みなさんは“無添加”という言葉を耳にしたことはありますか?ここでは無添

Small thub shutterstock 547046794

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード

NEW

新着記事

RANKING

人気の記事

CATEGORY

カテゴリー