Icon search 36px

【基本編】知っておくべき正しい面接のマナー3選!

【基本編】知っておくべき正しい面接のマナー①コートは事前に脱いでおく

女性

知っておくべき正しい面接の基本マナー1つ目は「コートは事前に脱いでおく」ことです。コートの脱ぎ忘れは、初めて面接を受ける方に多いミスです。コートを事前に脱いでおくと面接までの流れがスムーズですし、脱いでおくことは基本マナーですので、そこで合否が分かれる可能性もあります。

面接を受ける前、待機時間に脱いでおくのが基本です。また、コートは寒い時期には必ず必要となってくるアイテムかもしれませんが、コートを着ることでジャッジポイントが多くなり、コートの扱い方が悪いことで不採用となるのは勿体ないことです。扱い方が不安な方は、いっそコートを身につけないというのも一つの手です。

【基本編】知っておくべき正しい面接のマナー②ノックの回数

女性

知っておくべき正しい面接の基本マナー2つ目は「ノックの回数」です。ノックの回数は人それぞれ…では無く、実はノックの回数にもマナーというものがあります。世界での共通基準では4回となっていますが、日本でのノックの回数は基本3回とされています。

世界の共通基準に合わせ4回する人がいますが、面接官によって3回で良いと考えている方もいます。4回は多いという方もいますので、ノックの回数は注意しましょう。また、1回や2回は失礼に当たるため、1回2回のノックはやめておきましょう。

【基本編】知っておくべき正しい面接のマナー③時間に関すること

男性

知っておくべき正しい面接の基本マナー3つ目は「時間に関すること」です。寝坊は以ての外ですが、例えば電車が運休になってしまったり、予想外な出来事が起こるかもしれません。そんな時、たとえ遅刻をしてしまっても対応次第では悪印象を避けることができるでしょう。

遅刻してしまいそうな時、事前に企業への連絡を取っておきましょう。大切なことは、予定時間ギリギリに連絡するでは無く、遅れそうだなと予想した時に、時間に余裕を持って連絡することです。早め早めの対応が合否に関わってきます。

【応用編】知ってるとかっこいい正しい面接のマナー3選!

【応用編】知ってるとかっこいい正しい面接のマナー①髪型

女性

知ってるとかっこいい正しい面接の基本応用マナー1つ目は「髪型」です。髪型というのは、社会人としての印象を左右するのに欠かせない身だしなみ部分です。髪型だけでなく、髪色というのは印象を大きく左右するものなので、良い評価を受けられるようにしましょう。

髪型は、セットするのは当たり前ですが、スタイリング剤を大量に使ったと分かるのはNGです。ナチュラルなヘアセットを目指しましょう。また、髪色ですが、地毛の場合でも明るい髪色は不合格となってしまうケースもありますので、髪色も注意しましょう。

【応用編】知ってるとかっこいい正しい面接のマナー②礼儀や仕草

男性

知ってるとかっこいい正しい面接の基本応用マナー2つ目は「礼儀や仕草」です。礼儀正しく振る舞うことは社会人として当たり前のことですが、「出来るな」と一目置かれる礼儀作法や仕草をすることで、良い評価を受けます。特に企業訪問が主な仕事の場合は、必ず心得ておくべきでしょう。

礼儀作法というのは、身につけるまで時間がかかりますが、面接ではかなり効果的です。大学生だけでなく高校卒業後から働きたいと思っている方は、誰に見られても恥ずかしくない礼儀作法や仕草を身につけましょう。

【応用編】知ってるとかっこいい正しい面接のマナー③対応

男性

知ってるとかっこいい正しい面接の基本応用マナー3つ目は「対応」です。面接官にとって対応の良い人というのは、採用したい人材といえます。対応というのは面接官への受け答えだけでなく、行動や気配りです。行動や気配りというのは、面接中に発揮するのは難しいことですが、対応次第で良い評価を受けることができます。

意外とやりがち!悪い面接のマナー例3選!

意外とやりがちな悪い面接のマナー①早すぎる到着

女性

意外とやりがちな悪い面接のマナー1つ目は「早すぎる到着」です。面接を受けた経験が少ない人にとって面接時間というのは、いつに行けばいいか分からないものです。学校では、面接会場に早く着くべきという説明がありますが、基準を教えてくれないことが多くあります。

早すぎる到着は良いことだと思う方もいますが、実は相手にとって失礼な行動ととられることも。企業によってベストな時間というのがあります。基本的には、面接会場には30分前を目処に着いておくと良いでしょう。1時間前などに行くと準備をしている可能性もありますので、早すぎる到着は避けましょう。

意外とやりがち!悪い面接のマナー②言葉使い

男性

意外とやりがちな悪い面接のマナー2つ目は「言葉使い」です。社会経験があまりない人にとって言葉使いというのは、何が正しいのか分からないという方もいます。言葉使いは分かるという方も、実は非常識な言葉使いだったりします。言葉使いというのは難しいですが、正しい日本語を身につけましょう。

流行り言葉などが若者の間で当たり前のように使われ、目上の方にも使っている人がいますが、流行り言葉というのは社会ではとても失礼なことです。非常識と思われないためにも正しい日本語を知りましょう。

意外とやりがち!悪い面接のマナー③声のボリューム

女性

意外とやりがちな悪い面接のマナー3つ目は「声のボリューム」です。面接を初めて受ける人やあまり面接経験のない方によくあるミスが、声のボリュームです。面接時は大きな声で話す方が受けがいいということもあり、大きな声で面接を受ける人もいますが、度が過ぎると非常識とも受け取られてしまいます。

声を大きく出すことで「意欲がある」「元気」というアピールができますが、場所を選びましょう。大きな声をどこでも出していると、良い評価は受けることができません。場所やその場の雰囲気を感じて、その場に適したボリュームで話しましょう。

転職での面接で気を付けるポイント

転職での面接で気を付けるポイント①身だしなみ

男性

転職での面接で気を付けるポイント1つ目は「身だしなみ」です。転職する方によくあるのが、身だしなみを気遣っているつもりがだらしなく見えたり、スーツに慣れない人はスーツのマナーが分からず、不採用となることがあります。

身だしなみというのは、面接を受ける時には重要な審査ポイントとなります。マナーある身だしなみが分からないという方も多いと思います。マナー本やマナーなどについて調べておきましょう。

転職者によくある身だしなみのミスは、髪形や髭の剃り忘れ、よれたスーツなどです。髪型というのもパーマやツーブロックなど面接にふさわしくないヘアスタイル、おしゃれ髭だからいいと考えていても、面接ではどんな髭もNG です。

転職での面接で気を付けるポイント②質問に関すること

男性

転職での面接で気を付けるポイント2つ目は「質問に関すること」です。転職となると「前職の退職理由」「志望動機」など詳しく聞かれます。特に前職での勤務環境や勤務態度など前職に関して詳しく質問されるので、不利にならないようなことをまとめておきましょう。

また、転職者というのは過去に会社を辞めた経験があることで、入社しても辞めるのではないかと慎重に見られます。志望動機を考えるときは、矛盾や抜けがないようにしましょう。

転職での面接で気を付けるポイント③企業によって面接の流れが違う

男性

転職での面接で気を付けるポイント3つ目は「企業によって面接の流れが違う」ということです。企業によって転職者への面接が、異なることが多くあります。異なるというのも、企業訪問する時間や受付での対応、面接時の対応など新入社員の頃とは待遇が違います。

新入社員の頃に経験した、知っている面接の常識が通用しないこともあります。転職で面接を受けるときは、臨機応変な対応が求められます。

面接会場への入退室の注意

入退室の流れ①入室時は「どうぞ」と言われれてから

男性

入退室の流れ1つ目は入室時は「どうぞ」と言われれてから入室することです。緊張のせいか自分の番が回ってきた時に、勝手にノックをして開けてしまう方もいますが、マナー違反です。面接時は相手から「どうぞ」もしくは「次の方」などと声がかかってからにしましょう。

入退室の流れ②ノックの後は静かにドアを開けて静かに両手で閉める

男性

入退室の流れ2つ目は、ノックの後は静かにドアを開けて静かに両手で閉めることです。入室後よくやってしまうのが、扉を背にしたまま片手でドアを閉めてしまったり、扉が空いている状態でそのまま挨拶をしてドアを閉めることなく放置してしまうことです。

扉の閉め方はビジネスでは当たり前のマナーとなっています。出来て当たり前のことができない人材は、企業にとって不必要な人材となります。ドアの閉め方と言った当たり前のマナーを身につけましょう。

転職での面接で気を付けるポイント③退室後の際は一言挨拶をする

男性

入退室の流れ3つ目は「面接終了後の際は一言挨拶をする」ことです。面接が無事終了したという安心感や解放感で面接終了時の「ありがとうございました」などという言葉を言い忘れてしまうことです。面接は会社から出るまで続いています。

面接室を出たら、面接が終わりというわけではありませんので、安心感や開放感を持つことなく最後の最後まで気を張っておきましょう。面接は会社を出るまでとご紹介しましたが、過去には面接や試験の成績が良かったにもかかわらず、面接後の対応や社内での対応が悪く不合格となった人もいます。

企業の面接は、会社に入った時から始まっていると考えましょう。面接の受付や面接室への移動の際の行動は、しっかりとみられています。気を抜くのは帰宅後にしましょう。

押さえておきたい!よくされる質問

主にされる質問①経歴・学歴について

女性

主にされる質問1つ目は「経歴や学歴について」です。経歴や学歴については、必ず聞かれる質問です。当たり前のことを聞いてくるので、困ることはないと思いますが、説明する時に、長々と話すことのないようにまとめておくのがポイントです。

主にされる質問②入社後の希望

男性

主にされる質問2つ目は「入社後の希望」です。部署や職種がいくつかある企業は必ず聞いてくることです。この質問をすることによって、どこの部署や職種に行きたいか、という希望を聞くというのが前提ですが、仕事に対しての意欲などを見極める質問でもあります。

主にされる質問③自己アピール

女性

主にされる質問3つ目は「自己アピール」です。この質問はどんな職種の企業面接に言っても聞かれることです。自己アピールでは、自分が今までしてきたことや自分の長所を話す部分ですが、ここでは長々とならないのがポイントです。時間を指定する企業もありますが、基本1分から2分程度の時間がおすすめです。

自己アピールでは、自分の長所を言いますが、悪い部分のざっくりとネガティブな印象にならないように伝えましょう。短所は何かと、悪い部分は聞かれた時に答えるよりも、自分の欠点をフォローしながら話ができるので、自分の悪い欠点部分は、自己アピールで話すことをおすすめします。

面接での大切なことをもっと知ろう

男性

面接での基本マナーや応用マナー、失敗しやすい注意点など参考になったでしょうか。面接では緊張しますが、緊張の影響で失礼なマナーとならないようにしましょう。就職活動にあたり相応しいマナーを身に付けられるよう、是非次の記事も参考にしてみてください。

関連記事

就活電話の基本マナーチェック!あなたの行動は正しい?悪い?

大学では専門の勉強が学べても就職活動で必要な正しいビジネスマナーの事ま

Small thumb shutterstock 400217065

関連記事

会社訪問の基本マナーチェック!あなたの行動は正しい?悪い?

会社訪問のマナーは就活の成功に直結する非常に大切なものです。そのため悪

Small thumb shutterstock 551810083

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事


RANKING

人気の記事