Icon search 36px

お宮参り子供の両親と親せきの誰が行く?

お宮参り両親と親戚の誰が行くかの決め方①お宮参りの神社で決める

神社

お宮参りは両親と親戚の誰が行くのがいいのでしょう。子供が生まれて忙しく産後の疲れも残っているママですが、祖父母たちに「誰が行くか決めて」と急かされることも少なくはないでしょう。お宮参りは誰が行くか、誰と行くかの決め方のポイントまず1つ目はお宮参りで訪れる神社で行くのを誰と行くか決めましょう。

昔は赤ちゃんの母方がお膳立てをして赤ちゃんの父親の祖父母が参加するものとされていました。最近では里帰り中のママの実家近くでお宮参りを行う場合は両家の祖父母が来たり、両家の祖父母のお家が遠方の場合は赤ちゃんと両親だけで行ったりと誰が行くかで悩むよりお宮参りの場所によって調整するのもいいでしょう。

お宮参り両親と親戚の誰が行くかの決め方②両親と祖父母で行く

両親と祖父母

お宮参り両親と親戚の誰が行くか決めるポイント2つ目は、両親と父方と母方の祖父母だけで行くのもいいでしょう。両家にとって初孫の場合は父方の祖父母も母方の祖父母もお宮参りに呼ばれることを楽しみにしているでしょう。誰が一緒にお宮参りに行くと喜ぶのか考えてみるとすぐに誰と行くのがいいのか決めれるでしょう。

お宮参りでは誰が赤ちゃんを抱っこするかも重要な役割になります。誰がいいというと、「父方の祖母」が赤ちゃんを抱っこすると縁起がいいと昔から言われています。思い切って頼んでみましょう。あまり両家の祖父母が集まる機会がない場合は、誰かが仕切って両家で食事会を開催するのもおすすめです。

お宮参り両親と親戚の誰が行くかの決め方③親戚の人も参加者にする

親戚

お宮参りは両親と親戚の誰が行くか決めるポイント3つ目は親戚の人も参加者にしてみましょう。両親に兄弟や姉妹がいて兄弟仲がいい場合はお宮参りに参加したいという人もいるでしょう。誰が行くか、誰と行くかで悩むぐらいなら皆で行ってみるのもいいでしょう。記念写真も少人数よりは大人数の方が思い出に残ります。

お宮参り子供の両親と親せきの誰が行く?当日の子供の両親の服装

お宮参り誰と行く?|当日の子供の両親・祖父母の服装

両親

お宮参りに誰が行くか、誰と行くか決まったら当日の子供の両親の服装のマナーをご紹介しましょう。まず母親は、訪問着・色無地の着物・ワンピース・スーツなどがおすすめです。昔は赤ちゃんの母親と父方の祖母は「黒留袖」が主流でしたが、最近では明るめの色味の着物や訪問着を着る人も増えています。

ワンピースやスーツなら無地のものがよく、授乳中の方も多いので授乳口が付いているワンピースはとても便利です。アクセサリー類は赤ちゃんにひっかかってしまうのを避けるため付けない方がいいでしょう。父親の服装は一般的にスーツが基本です。スーツの色味は黒や紺、チャコールグレーなどの暗めのスーツが好ましいです。

祖父母の服装は赤ちゃんの両親に合わせた衣装が好ましいでしょう。祖母は、色留袖・訪問着・スーツ・ワンピース、祖父はスーツなどでしょう。下記の記事でも詳しくご紹介しています。お宮参りの祖父・祖母の服装に関して洋服・着物・アクセサリーなどを厳選して紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事

お宮参りの祖父・祖母の格好は?気になる着物・洋服・アクセサリー15選

赤ちゃんの健やかな健康を願うお宮参りには、祖母と祖父も参加するのが一般

Small thumb shutterstock 447066424

お宮参り誰と行く?|当日の子供の衣装のマナー

子供

母親と父親、祖父母の衣装が決まったら今度は子供の衣装も考えてみましょう。赤ちゃんは男の子・女の子問わずベビードレスを着せ、祝い着を着せることが主流です。祝い着はベビードレスの上に白羽二重の内着を着せ、その上から掛け着を羽織ります。掛け着は赤ちゃんを抱いた状態で父方の祖母が首の後ろで付け紐で結びます。

男の子は白羽二重に「のし目模様の紺色掛け着」か「黒羽二重の紋付」になり、女の子は白羽二重に友禅模様の掛け着になります。お宮参りは生後1ヶ月程度で行われることが多く、赤ちゃんはまだ自分で温度調節ができない時期です。夏場は通気性のいいものにしたり、冬場は温かめのものにしたりと温度管理をしてあげましょう。

お宮参りするならどこの神社がいいの?有名な神社10選

どこの神社がおすすめ?お宮参りに有名な神社|①日光東照宮

誰と行くか決まり、どんな衣装にするか決めたら今度はどこの神社に行くか検討していきましょう。お宮参りで有名な神社をご紹介していきましょう。まず1つ目は栃木県日光市にある「日光東照宮」です。日光東照宮では事前予約が必要ですが、授乳室やおむつ交換台の設置、ミルクのお湯も声をかければ用意してくれます。

ご祈祷は9時から16時まで受け付けており、5000円程度で約30分行ってくれます。日光東照宮は有名な観光地でもあるので結構混んでいます。

どこの神社がおすすめ?お宮参りに有名な神社|②成田山新勝寺

どこの神社がおすすめ?お宮参りに有名な神社2つ目は千葉県成田市にある「成田山新勝寺」です。関東では有数の参詣人が訪れる寺院です。成田山では事前予約は不要なのでいつでもお宮参りに行くことができます。授乳室は完備していませんがスタッフに声をかけると対応してくれます。

おむつ交換台はトイレに完備していてミルク用のお湯は用意がないので持参して下さい。ご祈祷は8時30分から16時まで受け付けており、30分程度行ってくれます。ご祈祷代は1万円、2万円、3万円の価格設定があります。お宮参りの混み具合は日もよるのでお正月付近や七五三付近は避けた方がいいでしょう。

どこの神社がおすすめ?お宮参りに有名な神社|③氷川神社

どこの神社がおすすめ?お宮参りに有名な神社3つ目は埼玉県川越市にある「氷川神社」です。2組の夫婦の神が鎮座しているため縁結びの神様としても知られている神社です。氷川神社のお宮参りは事前予約は不要で当日受付になっています。授乳やおむつ交換は待合室で行えミルク用のお湯はスタッフに言えば用意してくれます。

ご祈祷は9時から17時まで受け付けており、30分程度行ってくれます。ご祈祷代は3000円からとリーズナブルな値段です。土日はとても混雑しているので平日の10時30分以降に行くのがおすすめです。

どこの神社がおすすめ?お宮参りに有名な神社|④明治神宮

どこの神社がおすすめ?お宮参りに有名な神社4つ目は東京都渋谷区にある「明治神宮」です。明治天皇と昭憲皇太后を祀る神社で初詣の参拝者も日本一の有名な神社です。事前予約は不要で当日受付になっています。神楽殿の地下1階に授乳室、おむつ交換台も用意されています。ミルク用のお湯もスタッフに言えば対応します。

ご祈祷は9時から16時まで受け付けており、30分程度行ってくれます。ご祈祷代は5000円からになっています。天候のいい日や土日は13時ぐらいから混み始めるので、平日の午前中がおすすめ時間になります。

どこの神社がおすすめ?お宮参りに有名な神社|⑤鶴岡八幡宮

どこの神社がおすすめ?お宮参りに有名な神社5つ目は神奈川県鎌倉市にある「鶴岡八幡宮」です。有名な観光地である鎌倉駅から徒歩数分で行ける鶴岡八幡宮は観光スポットとしても有名な神社です。お宮参りは事前予約は不要で当日受付です。授乳やおむつ交換は色カーテンで仕切って行えます。ミルク用のお湯はありません。

ご祈祷は8時30分から17時30分まで受け付けており、30分程度行ってくれます。ご祈祷代は5000円からになっています。土日はとても混雑しているので、早朝か夕方頃に訪れるのがおすすめです。

どこの神社がおすすめ?お宮参りに有名な神社|⑥熱田神宮

どこの神社がおすすめ?お宮参りに有名な神社6つ目は愛知県名古屋市にある「熱田神宮」です。三種の神器の1つである草薙神剣を神体とする熱田大神を祀る神社です。お宮参りは事前予約不要で当日受付になります。授乳室やおむつ交換台、ミルク用のお湯も全て用意されている赤ちゃんのことを考慮してある神社です。

ご祈祷は8時30分から16時まで受け付けており、30分程度行ってくれます。ご祈祷代は6000円、8000円、1万円の価格設定になっています。土日はとても混雑するので、早朝に訪れるのがおすすめです。

どこの神社がおすすめ?お宮参りに有名な神社|⑦伏見稲荷大社

どこの神社がおすすめ?お宮参りに有名な神社7つ目は京都府伏見区にある「伏見稲荷大社」です。千本鳥居で有名で観光客もたくさん訪れる神社です。お宮参りは事前予約は不要で当日受付になります。授乳室やおむつ交換台はなく、ミルク用のお湯も用意がないので持参した方がいいでしょう。

ご祈祷は8時30分から16時30分まで受け付けており、10〜15分程度行ってくれます。ご祈祷代は5000円からになっています。午前中は混雑が予想されるので午後に行くのがおすすめです。

どこの神社がおすすめ?お宮参りに有名な神社|⑧住吉大社

どこの神社がおすすめ?お宮参りに有名な神社8つ目は大阪府住吉区にある「住吉大社」です。南海鉄道の南海本線「住吉大社駅」から徒歩3分と立地のいい場所にある神社なので本殿4社は国宝に指定されています。事前予約は不要で当日受付になっています。授乳やおむつ交換は控え室があり、ミルク用のお湯は用意がないです。

ご祈祷は9時から16時まで受け付けており、15分程度行ってくれます。ご祈祷代は1万円からになっています。土日はとても混雑するので平日に行くのがおすすめです。

どこの神社がおすすめ?お宮参りに有名な神社|⑨宗像大社

どこの神社がおすすめ?お宮参りに有名な神社9つ目は福岡県宗像市にある「宗像大社」です。日本各地にある宗像神社、厳島神社、宗像三女神を祀る総本社の神社です。宗像大社のお宮参りは事前予約は不要で当日受付になっています。授乳室やおむつ交換台は完備されていて、ミルク用のお湯は用意がないので持参しましょう。

ご祈祷は9時から16時まで受け付けており、20分程度行ってくれます。ご祈祷代は5000円からになっています。時期によっては混むので正月や七五三の時期は避けて行くのをおすすめします。

どこの神社がおすすめ?お宮参りに有名な神社|⑩太宰府天満宮

どこの神社がおすすめ?お宮参りに有名な神社10こ目は福岡県太宰府市にある「太宰府天満宮」です。京都の北野天満宮と同じく全国の天満宮の総本社とされています。太宰府天満宮のお宮参りは事前予約は不要で当日受付になっています。授乳室やおむつ交換台は完備されていてミルク用のお湯は用意がないので持参しましょう。

ご祈祷は8時45分から17時まで受け付けています。ご祈祷代は5000円からになっています。とても人気のある神社なので、正月や七五三の混む時期は避けて行くのをおすすめします。

お宮参りは誰が行っても思い出に残る日に

お宮参りは誰が行くか、どうするか決めるのは両親の判断です。誰が行っても誰と行っても赤ちゃんと赤ちゃんの両親にとっては思い出に残る1日にしましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事