Icon search 36px

精進して参りますの意味とは?

精進して参りますの意味とは①一つのことに集中して励みます

集中する人

精進して参りますの意味の1つ目は、「一つのことに集中して励みます」です。もともと、「精進」とはひたすらに修行などに取り組むことを指す言葉です。「励む」とは「それに注力する」という意味を表します。このようにこの言葉の意味の中に含まれる言葉をそれぞれ見ていくと意味が明確になってきます。

この意味からも分かるように、「精進して参ります」は特に目上の人に丁寧に自分の何かに取り組む姿勢を表す表現です。ビジネスでも本当に良く耳にするものですので確実に覚えてぜひ積極的に活用していきましょう。

精進して参りますの意味とは②一生懸命努力します

努力する社員

精進して参りますの意味の2つ目は、「一生懸命努力します」です。これも1つ目の意味と同様、自分の物事への取り組み方や姿勢を意味します。「一生懸命」とは簡単に言うと「自分の力を振り絞って」という意味です。「努力」とは「何かに力を集中させて取り組むこと」です。

もちろん、この意味の言葉である「一生懸命努力します」という表現を使用しても良いのですが、「精進して参ります」という表現に比べて少し丁寧さに欠けるのと、幼稚さが目立ちます。社会人数年目からはぜひ「精進して参ります」という言葉を使いこなせるようにしていきましょう。

精進して参りますのビジネスシーンでの使い方は?

精進して参りますのビジネスシーンでの使い方①入社後の挨拶で

挨拶

精進して参りますのビジネスシーンでの使い方の1つ目は、入社後の挨拶でのシーンです。新しく入社した会社で、入社式なども終わった後で自己紹介の挨拶をする機会があったとします。この際に、締めの言葉として「日々精進して参ります。」と締めくくると印象も良いでしょう。

ただ、もちろんこの言葉を言うだけでは十分ではありません。有言実行するためにも、入社初日からしっかり会社側の期待にも応え、社会に自分の力を貢献していけるように努力してきましょう。まさに、この姿勢こそが「精進する」ということです。

精進して参りますのビジネスシーンでの使い方②新しいプロジェクトで

会議

精進して参りますのビジネスシーンでの使い方の2つ目は、新しいプロジェクトでのシーンです。例えば、会社の中で商品開発に関わる新しいプロジェクトが立ち上がり、自分が新しくそのメンバーとなったとします。その場合、一番初めの会議の際などに「プロジェクトが成功するよう、精進して参ります。」と使用できます。

この場合も1つ目の例と同様、プロジェクトのメンバーと切磋琢磨しながら、その成功に向けて努力していく姿勢が求められます。口だけで行動しないというかっこ悪い社会人ではなく、常に自分が決めたことに対して具体的な行動を取り、精進する社会人を目指していきましょう。

精進して参りますのビジネスシーンでの使い方③ビジネスメール内の文言で

メール

精進して参りますのビジネスシーンでの使い方の3つ目は、ビジネスメール内の文言でのシーンです。この表現は、実はビジネスメールの締めの言葉としても良く活用されているものでもあります。例えば、「これからも日々精進して参ります。どうぞよろしくお願い致します。」などの形で使用します。

特にメールの最後の部分というのは、読んでいる側からしても印象に残りやすいものです。この部分に「自分も一生懸命頑張ります」とい意味の言葉を付して終わると、相手にも「この人には期待できそうだ」という印象を与えられて効果的でしょう。

日々精進して参りますの類語は?

日々精進して参りますの類語①日々努力して参ります

図書館

日々精進して参りますの類語の1つ目は、「日々努力して参ります」です。これは、文字通り「これから毎日頑張っていきます」という意思を相手に伝える表現です。シンプルですが、特に若手社員が使用すると真摯な姿勢が伝わって好印象でしょう。

日々精進して参りますの類語②一生懸命努力します

図書館と男性

日々精進して参りますの類語の3つ目は、「一生懸命努力します」です。この類語には聞きなれている方も多いかもしれません。自分の一生懸命に仕事に取り組みたい気持ちを、ストレートに相手に伝えられる類語表現です。例えば、「これからも一生懸命努力します。」などの形で使用できます。

繰り返しになりますが、この表現も口で言うだけでは不十分で、それをしっかり仕事で体現することが必要となります。この類語を口にする瞬間瞬間に、これを自分に言い聞かせるような意識をしていくと、自然と具体的な行動に出られることも多くなるでしょう。

日々精進して参りますの他の使い方は?

日々精進して参りますの他の使い方①精進します

本

日々精進して参りますの他の使い方の1つ目は、「精進します」です。「精進して参ります」という表現はかなり丁寧な敬語表現ですが、状況や相手に合わせてよりシンプルに「精進します」と使用する場合もあります。丁寧の加減は少し変わりますが、意味としては同意です。

このシンプルな「精進します」という言い回しも、シンプルだからこそ相手に刺さりやすい表現です。すでに関係の深い人に対して使用する場合は失礼にはあたりませんので活用してみましょう。

日々精進して参りますの他の使い方②精進する所存です

頑張る人

日々精進して参りますの他の使い方の2つ目は、「精進する所存です」です。「所存です」とは「考えています、思っています」の丁寧な表現です。この表現も「日々精進して参ります」とほぼ同義の派生表現として使用することが可能です。

「精進しようと考えています」と伝えるよりも、「精進する所存です」とした方が相手に丁寧さが伝わります。ぜひ目上の人に対して使用するようにしましょう。

精進して参りますの例文5選

精進して参りますの例文①社員一同これからも精進して参ります

決めるビジネスマン

精進して参りますの例文の1つ目は、「社員一同これからも精進して参ります」です。これは、「社員全員でこれからも一生懸命頑張っていきます」という意味を表す例文です。自分が自らの会社を代表して相手に話をするような場合に活用できます。

特に、折を見て大切な取引先や顧客に自社の姿勢について言語化していくことは非常に重要です。仕事をしているだけではなかなか伝わりにくいこともありますので、こまめにそれを言語化して伝えていく努力もしていきましょう。

精進して参りますの例文②皆様のご期待に沿えるよう日々精進して参ります

堅い握手

精進して参りますの例文の2つ目は、「皆様のご期待に沿えるよう日々精進して参ります。」です。これは、「みんなの期待に応えられるよう、毎日しっかり努力していきます」という意味を表します。スピーチでの挨拶やメール文面などでも使用できます。

例文のように周囲からの期待をしっかり受け止めて、それを自分の原動力にしていけると効率も良いですよね。逆にそれを過度なプレッシャーと捉えると苦しくなりますので、自分のそれに対する認識についても逐一チェックをしながら進んでいきましょう。

精進して参りますの例文③これを機により一層精進して参ります

契約

精進して参りますの例文の3つ目は、「これを機により一層精進して参ります。」です。これは、例えば自分が何かミスを犯してしまったりした場合に、相手に「これをきっかけにして今より更に努力していきます」という意味を伝える際に使用できるものです。

仕事でのミスや失敗も、見方によっては自分の成長につながるチャンスにもなります。例文のようにそれをチャンスと見て仕事ぶりを変えられると、周囲からの評価も高まるはずです。ぜひ例文の意味だけでなく、その姿勢もビジネスに活用してみてください。

精進して参りますの例文④より貴社に貢献できるよう日々精進して参ります

かっこいい社員

精進して参りますの例文の4つ目は、「より貴社に貢献できるよう日々精進して参ります。」です。これは、大切な取引相手に対して使うと効果的な例文です。意味としては「もっとあなたの会社に貢献できるように一生懸命頑張っていきます」という意味です。

このような表現を上手く使うと、相手とも対等な仲間のような意識を共有することが可能となり、ビジネスもスムーズに運ぶことが多くなると思います。ぜひこの例文を効果的に活用していくようにしてください。

精進して参りますの例文⑤これからも事業発展のために精進して参ります

自信のある人

精進して参りますの例文の5つ目は、「これからも事業発展のために精進して参ります。」です。これは、自社の会議や定例会などで自分がこれから自分の会社にどう貢献していくか?を述べる際に活用できる例文です。

このように自分の会社のどの分野で努力をしていきたいかをきちんと言語化できると相手にも伝わりやすく良いですよね。もちろん、よりストレートに「精進します」と文末を応用することもできます。この使い方もぜひ活用してみてください。

精進して参りますを上手く活用してビジネスでもっと活躍していこう!

ビジネスの発展

当記事では、「精進して参ります」という言葉の意味や使い方、「精進します」や「一生懸命努力する」なおの類語についても詳しくご紹介してきました。丁寧で少し堅い表現であるということもあり、今まで耳にしたことがあってもその意味や使い方をいまいち分からずにいたという方もきっと多いですよね。

特に社会人になりたてから社会人数年目までは仕事をしながらビジネスで好まれる表現を学ぶのは至難の業です。しかし自分が使う言葉が変わると相手からの印象ももちろん変わり、当然それが仕事での評価につながることになります。あなたもこの「精進して参ります」を上手く活用してビジネスでもっと活躍していってください。

仕事で「精進する」と決めてから忙しく働いていると必ずやってくると言っても良いのが「疲れ」ではないでしょうか?下記関連記事内では、「疲れている人への言葉10選」として、仕事で頑張っている人や忙しい人へのプレゼントについて分かりやすくまとめています。興味のある方はこちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事

疲れている人への言葉10選!仕事頑張ってる人や忙しい人へのプレゼントも

いつも疲れている人や仕事頑張ってる人にはどんな言葉をかけてあげると良い

Small thumb shutterstock 232327768

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事