Icon search 36px

頭の回転が速い人の特徴5選

頭の回転が速い人の特徴①会話を先読みできる

頭の回転が速い人の特徴の1つ目は、会話を先読みできるです。他人と話している時に、「あ、こんなことが言いたいんだな。」とわかることがあります。そしてさらにその先を読んで会話を先読みすることができ、その人がどんな反応や返事を期待しているのかがわかる人は、頭の回転が速い人と言えます。

会話を先読みして、その人がどう反応や返事をして欲しいのかが少しの会話でわかるということは、人と会話をしながら物事を考えているということです。つまり、最低でも1度に2つ以上のことを同時にこなしているということになります。例えば、人と話すのが苦手な人と会話をしていても少し話すだけで要点をまとめられます。

それは、会話をしながら常に物事を考えているからです。会話をしながら、その会話にだけ集中しているのではなく、頭は常にフル回転しているのです。そのため、話題が豊富だったり、話しをまとめるのが得意という特徴を併せ持ちます。

頭の回転が速い人の特徴②記憶力がいい

頭の回転が速い人の特徴の2つ目は、記憶力がいいです。記憶力がいい人は一度話した内容を覚えています。そして、その記憶を頼りに会話を先読みしたりする傾向があります。些細なことでも記憶し、会話を広げたりするテクニックを持っているのも特徴です。

前に話した内容をしっかりと覚えており、いつか使えるかもしれないと自分の知識にしているのです。そして、その知識をしっかりと使うことができる人が頭の回転が速い人と言えます。ただ記憶力がいいだけではなく、その知識をしっかりと使えるというのがポイントです。

頭の回転が速い人の特徴③好奇心旺盛

頭の回転が速い人の特徴の3つ目は、好奇心旺盛です。好奇心が旺盛人は、自分の知りたい欲求が強い人です。自分が知識を求めており、知識を吸収する度に頭の回転が速くなっているのです。また、情報収集が趣味とも言えるほどに様々な情報を幅広く持ち合わせているという特徴もあります。

好奇心旺盛なので、自然と情報収集を行い、それを自分の中で役立てようとしています。更に加えて言えば知識が豊富なのを自慢しないというまさにパーフェクトとも言える性格の持ち主です。筆者の周りにもそのような人は何人かいますが、見ていて尊敬に値する人です。

また、頭の回転が速い人の特徴として、自分が知らない情報について知りたいという欲求が強いようです。知らないことについては、どうして?やなぜ?と常に疑問を持ち掛け、きちんと理解しています。だからこそ知識も豊富で頭もどんどん回転が速くなっていくのです。

頭の回転が速い人の特徴④話し方が早口

早口

頭の回転が速い人の特徴の4つ目は、話し方が早口です。頭の回転が速い人は、自分の頭の回転スピードと同じペースの速さで話そうとする傾向があります。つまり、回転が早ければ早いほど早口ということになります。

生まれつき早口やゆっくりと話す人もいますが、人は話すことで脳が活性化されるともいわれているので、話し方が早口ということは脳がフル回転しているということなのかもしれません。

頭の回転が速い人の特徴⑤常に優先順位をつけている・効率的

頭の回転が速い人の特徴の5つ目は、常に優先順位をつけている・効率的です。ありとあらゆる物事に対して、常に優先順位を考えています。そのため、周りの人から見ると効率的に行動しているように見えます。結果としてそれは効率的であり仕事や勉強がはかどっているということに繋がっています。

仕事にしても勉強にしても、やらなければいけないことがたくさんあっても、頭の回転が速い人は、優先的になにをすればいいのかを即座に判断でき、また、同時に物事をこなすこともできるため、通常の人が困難な量であってもこなすことができます。

頭の回転が速い人は、天才と言われますが、努力の積み重ねで回転が速くなっているということもポイントです。天才と言えば以下の記事は天才につてい書かれています。そちらも参考にしてみてください。

関連記事

天才の特徴15選!顔や性格や考え方の凡人との見分け方とは?

天才と呼ばれる人の特徴をまとめてみました。顔や性格や考え方に特徴はある

Small thumb shutterstock 546276913

頭の回転が遅い人の特徴5選

頭の回転が遅い人の特徴①優柔不断

優柔不断

頭の回転が遅い人の特徴の1つ目は、優柔不断です。自分の意見を持たないであれこれ考えてしまうタイプです。周りの意見に左右され自分で考える行為を捨てているので、頭の回転はどんどん遅くなってきます。会話をしていてもワンテンポ遅いなどの特徴もあります。

また、結局周りの意見に流されるくせに、やけに考える時間が長いという特徴もあります。優柔不断については以下の記事にも書かれていますので、そちらも参考にしてみてください。

関連記事

優柔不断とは?心理や原因や性格10選と改善や直し方5選は?

自分の優柔不断な性格に悩んでいる方はいませんか?ネガティブなイメージで

Small thumb shutterstock 142814494

頭の回転が遅い人の特徴②仕事の工夫ができない

頭の回転が遅い人の特徴の2つ目は、仕事の工夫ができないです。頭の回転が遅い人は、決められた物事をこなすのは得意なのですが、それに一工夫をするということが苦手です。すべてマニュアル通りにしかこなすことができないマニュアル人間なのです。

しかし、決められた物事はきっちりとこなすという特徴があるのも事実です。頭の回転が速い人は、自分なりのやり方で効率よく仕事をこなしますが、その分雑になりがちです。しかし頭の回転が遅い人は自分なりのやり方がないので、決められた通りにしっかりと仕事をこなしてくれます。

頭の回転が遅い人の特徴③空気が読めない

頭の回転が遅い人の特徴の3つ目は、空気が読めないです。「そこでそんな発言をする?」や「え?今?」といった周りがびっくりするような行動や発言をするような人って、きっと周りにいると思います。いわゆる空気が読めない人です。天然とは違い周りを冷や冷やさせる特徴があります。

空気が読めない人は、物事を考えずに発言をしたり行動をしたりします。そして人の気持ちを敏感に感じ取ることが非常に苦手です。何も考えずに行動をするという意味では、まさに頭の回転が遅くなる原因とも言えます。常に何かを考えて行動することで頭の回転が速くなります。

もしもあなたが何かを発言したり行動をした時に、周りから白い目で見られたり、みんなの会話が止まることがあるならば、それは空気が読めない行動をしている可能性があります。冷静に自分の行動や前後の周りの人の言動に注目してみましょう。

頭の回転が遅い人の特徴④物覚えが悪い

頭の回転が遅い人の特徴の4つ目は、物覚えが悪いです。何度も同じことを繰り返し聞いているようなタイプの人がこれに当たります。自分の知識として吸収していない証拠です。また、このようなタイプの人は自分は物覚えが悪いと諦めたり開き直ったりしている人が多いのも問題です。

物を覚えようとするということは、脳みそをフル回転させるということです。それをせずに人に同じことを聞くということは、人を頼っていて自分が覚えるということから拒否していることと同じです。このままでは頭の回転はどんどん遅くなることになります。少しでも覚える努力が必要です。

頭の回転が遅い人の特徴⑤理解力が低い

理解力が低い

頭の回転が遅い人の特徴の5つ目は、理解力が低いということです。話しの理解力が低く、丁寧に詳しく説明してやっと理解してくれる人がこのタイプです。会話をしていてイライラさせてしまうこともあるので、あまりいいイメージはないのも大きな特徴です。

頭の回転を速くする方法は?

頭の回転を速くする方法①普段から考える癖をつける

考える

頭の回転を速くする方法の1つ目は、普段から考える癖をつけるです。物事を考えるということは、常に頭を使っているということです。例えば、今優先すべきことは何か。言われた仕事をマニュアル通りにしないで自分なりのやり方をするならどういうやり方があるのか。

これらを常に考えることで、頭を使うことになります。そうしている内に自然と普段から頭を使う癖がついてきます。普段から物事を考える癖がついているということは、常に頭を使っている状態となり、自然と頭の回転が速くなるということになります。

しかし、頭の回転を速くしようとして実際に身につくまでにはかなりの時間が必要となります。焦らずにゆっくりと身に付けていき、気が付いたら頭の回転が速くなっていたという感じになれるようにしておきましょう。

頭の回転を速くする方法②周りとのコミニュケーションを今以上に取る

頭の回転を速くする方法の2つ目は、周りとのコミュニケーションを今以上に取ることです。頭の回転を速くする一番の方法は、色んな人とのコミュニケーションを取ることです。コミュニケーションを取ることで様々な情報を得ることができます。

それだけではなく、その人が何を話そうとしているのかを先読みすることができるようにもなります。また、記憶力もつくなど様々なメリットがあります。あなたがもし本気で頭の回転を速くすることを望むならば、今以上に色んな人とコミュニケーションを取るようにしてみましょう。

頭の回転を速くする方法!おすすめの本は?

頭の回転を速くする方法!おすすめの本①考えをメタ化

頭の回転を速くするのにおすすめの本の1つ目は、考えをメタ化できる本です。こちらの本を読むことで、「考える」とはどんなことなのかが理解できます。メタ化とは、より高度な考え方にすることなので、考えるということが理解できれば高度な考え方にもシフトチェンジできます。

考え方がメタ化できるということは、頭の回転が速くなっているということです。頭の回転が速くないとメタ化できないからです。まずはこちらの本で、「考える」について学びましょう。

頭の回転を速くする方法!おすすめの本②頭の回転診断

頭の回転を速くするのにおすすめの本の2つ目は、頭の回転診断です。こちらの本を読んで考え方や思考力を鍛えてみましょう。ある程度鍛えられたら自分の頭の回転を診断してみるのもいいかもしれません。

頭の回転を速くして周りに差をつけよう!

いかがでしたか?頭の回転が速い人と遅い人の特徴や、回転を速くする方法について解説してきました。今回の記事を参考にして自分の頭の回転を速くして、周りの人やライバルとに差をつけてみましょう!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事