Icon search 36px

書評とは?

書評とは新しい書籍をたくさんの人に紹介すること

書評について考える人の画像

書評とは、新しい書籍をたくさんの人に紹介することです。書評は主に新しい書籍を評価するためのものです。書評する人は自らの名前を公表して書評することもあれば、匿名で書評することもあります。書評という言葉以外にも、批評・レビュー・レポートなどといった言葉で書評を表現するケースもあります。

様々な書評を掲載した雑誌も出されており、日本では明治時代に「日本図書月評」「出版月評」といった書評を掲載した雑誌が出回り始めました。近年の書評に関する雑誌には「ダ・ヴィンチ」「本の雑誌」などが有名です。

書評は主に文章で書かれますがテレビなどで書評されるケースも増えてきており、インターネットの普及によってブログなどでの書評・レビューも増えてきています。

書評と感想文は文章作成の目的が異なる

違いを考える人の画像

書評と感想文は文章作成の目的が異なるという点で違いがあります。書評は新しい書籍を紹介することが目的で、感想文は本を読んだ感想を述べること自体が目的であることから書評と感想文はその目的が異なります。

書評は主に新しい書籍をたくさんの人に紹介するという目的で書かれることから、ある種の客観性が求められるケースがあったり、著者の人物像や本の時代背景、作品が書かれた経緯、どのような形で書評が掲載されるのかなどをわかりやすくまとめたうえで伝えなければなりません。

それに対して感想文は自らが思ったことを書けば良いので、自分の思ったことや感じたことを中心に書いていけば良いものであると言われています。

書評は主に書き出し・著書情報・概要・内容と評価・まとめで構成される

本の画像

書評は主に書き出し・著書情報・概要・内容・評価・まとめで構成されます。書き出しとは書評の導入部分です。書き出しではこの書籍はどのような人に役立つ本かということが書かれます。書き出しにはあることを知りたいと思っている人や悩みを抱えている人、興味を引くような文章が書かれることが多いと言われています。

また書き出しは多くの人が目にする部分であることから、たくさんの人に関心を持ってもらえるような書き出しを作る必要があると言われています。著者情報や概要では、著者のプロフィールや過去の出版物、その書籍の大まかな内容を記されることが多いと言われています。

また内容と評価では、書籍の注目すべき部分を取り上げ、その点についての感想・評価・批評などの話を展開するという形が多く採用されます。最後にまとめのところで書評に対する評価などを簡潔にわかりやすくまとめるという書き方で構成されることが多いと言われています。

書評の書き方|ブログ・本のレビューやレポートの例文は?

書評の書き方|ブログのレビューの例文①もし○○になったら…

パソコンで書評を書く人の画像

書評の書き方・ブログのレビューの例文の1番目は、もし○○になったら…という書き方です。○○のところにはその書籍の内容に合った言葉を入れることで、この本の内容を端的に表現した書き出しが書けます。ブログで書評を書く場合、記事のタイトルや書き出しの部分でこのような例文を使うと効果的だと言われています。

○○のところには良いイメージのものが入ることもありますし、逆に悪いイメージのものが入ることもあります。例えば良いイメージを与えたい場合には「もし宝くじが当たったら…」といった例文などを入れることができます。

反対に悪いイメージを与えることでインパクトを与えたい場合には「もし朝起きた時に虫になっていたら…」などといった書き出しも使えます。悪いイメージの書き出しは良くないと考える人もいますが、悪いイメージを与える書き出しは見る人へインパクトを与えて興味を惹きつける効果があると考える人もいます。

書評の書き方|ブログのレビューの例文②○万部のロングセラー!

パソコンで書評を書いてる画像

書評の書き方・ブログのレビューの例文の2番目は、○万部のロングセラー!という書き方です。この例文は元となる書籍がロングセラーを記録した場合などに使える例文です。書籍は1度出版されて終わりというパターンの他に、新しいバージョンや続編が登場することも珍しくありません。

このようなことから、新しく出版される本に関連づいた作品の実績や人気の度合がわかる書き出しを採用することで、その書籍がいかに人気があるのか、いかに実績がある商品であるかということをアピールできると言われています。

○万部のロングセラー!という書き方は、世間からの信頼や評価が高く、たくさんの人から支持されてきたという内容を示す例文ですので、実績がない書籍よりも読んでみたいという意欲をかきたてると言われています。

書評の書き方|本のレビューの例文①○○氏も太鼓判!

本の画像

書評の書き方・本のレビューの例文の1番目は、○○氏も太鼓判!という書き方です。○○氏も太鼓判!という書き方は、○○氏が有名な人であったりその業界で権威がある人だったりすると、とても説得力が増して魅力的な紹介につながると言われています。

書評を本で書く場合には、ある程度の読者層を想定できることから読者層に応じた書評を書くことで魅力を訴えかけやすいと言われています。例えばビジネスの雑誌の中である本の書評を掲載する場合には、ビジネス用語やビジネスマナー、仕事術などの本を取り上げることで多くの人に関心を持ってもらえると言われています。

ちなみに○○氏のところに名前を挙げる人物は有名人やタレントの場合もありますし、医学業界や法律などの世間一般にステータスが高いと思われている人の名前が掲載されることがあります。

書評の書き方|本のレビューの例文②圧巻のラスト!

本のイメージ画像

書評の書き方・本のレビューの例文の2番目は、圧巻のラスト!という書き方です。圧巻のラスト!という書き方は、小説などに興味を持ちそうな読者層を抱えている本の中で使われやすい書評の書き方であると言われています。

圧巻のラスト!という書き方には、最後に予想外の結末が待ち受けているということを期待させるものであることから、小説などの物語を題材として本の紹介であるケースが多いと言われています。そのためミステリーや青春ものなどの物語がテーマとなっている小説などの書き出しとして見られることが多いと言われています。

書評の書き方|レポートの例文①この本では○○が訴えられている

レポートを書く人の画像

書評の書き方・レポートの例文1番目は、この本では○○が訴えられているという書き方です。大学や高校などの授業では単なる読書感想文という形式で課題を提示するのではなく書評という形で課題が出されることがあります。

書評という形で課題が提出されるからには感想だけにととまらず、その本の著者や内容の紹介などをふまえたうえで、自分なりの評価を論じていかなければなりません。このようにレポートとして書評を書く際には、端的にわかりやすく本の内容を書くことが求められており、高い評価につながりやすいと言われています。

そのため、この本では○○が訴えられているといった簡潔でわかりやすい表現を用いると良いと言われています。ブログや本の書評は本を紹介するだけでなく、魅力的に本を紹介したうえで商品を売ることを目的としています。しかしレポートにおける書評では文章力に磨きをかけることが目的にしているという違いがあります。

書評の書き方|レポートの例文②この本は若干現状を無視している

レポートを書く人の画像

書評の書き方・レポートの例文2番目は、この本は若干現状を無視しているという書き方です。レポートとして書評を書く際には、その本がどれだけ売れるかといったことを気にする必要はありません。

また出版社側や著者との人間関係なども気にすることがないので、勉学の一環として文章力や自分の考えをまとめるための課題として書評を書くことが求められます。このようなことから、自分なりの評価を直接的に表現した「この本は若干現状を無視している」といった評価を書くことも許容されます。

本の中には理論や知識などが先行して話が展開されるものも少なくありません。そのようなことからこの本は若干実情をふまえた内容ではないと感じた場合に使える書き方です。

書評の書き方を押さえておきましょう

書評の書き方を押さえておくと、文章力や自分の考えをまとめる力がつくと言われています。また書評を書く側の立場になってみることで、新しい視点で物事を考えるきっかけになると言われています。

こういった視点を得ることで他の書評などを見る目が養われたり客観的に見ることができると言われているので、書評の書き方を押さえて今後のために役立てましょう。最後にスケジュール帳の書き方についての記事を紹介しますのでぜひ合わせてご覧ください。

関連記事

スケジュール帳の見やすい書き方は?ビジネス用や学生のかわいい使い方も

この記事では、ビジネス用の綺麗で見やすいスケジュール帳の書き方や、学生

Small thumb shutterstock 516471271

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事