Icon search 36px

回避依存症とは?

回避依存症とは「人間関係を拒否してしまう人」

人間関係を拒否してしまう人

『回避依存症』とは、「人間関係を拒否してしまう人」のことです。「人間関係を拒否」と言っても、すべての関係を絶ち、孤立するということではありません。深い関係になることを拒絶してしまう人のことを指しています。上辺だけの付き合いはできるけれど、腹を割った深い付き合いに進行すると冷たくなる、ということです。

回避依存症は男性に多いと言われている

男性に多いと言われている

回避依存症は男性に多いと言われています。中でも「モテ男」と呼ばれる男性は、回避依存症になりやすいと言われています。女性に親切にしたり、男気を見せたりして、惚れさせます。ですが、本人は一切胸の内を明かすことがありません。更に、惚れさせておいて女性が本気になると途端に冷たい態度を取って突き放します。

相手の女性は男性が自分のことをどう思っているのかわからなくなり、不安になります。その気持ちをわかっていながら、それでも自分の本心を明かすことはありません。結果、女性はその状況に耐えられなくなり、離れて行ってしまう結果になります。

回避依存症の恋愛傾向

回避依存症の恋愛傾向

回避依存症の恋愛傾向は、男性の場合は相手を支配しようとします。深い関係になると冷たくなるので、矛盾しているように感じるかもしれません。ですが、それは愛情の裏返しです。本当は「嫌われたくない」という思いが大変強くあります。その為、相手を支配して自分の言いなりになるようにコントロールしようとします。

女性の場合は、束縛されることを極端に嫌います。「昨日はどうしたの?」などのような軽い会話でも、「この人は私を束縛しようとしている」と感じてしまいます。ただし、惹かれるのは回避依存症の傾向が強い男性になります。

回避依存症の原因

回避依存症の原因

回避依存症の原因の多くは、幼少期の環境にあると言われています。特に幼少期に両親から虐待を受けていたり、過度な期待や干渉をされていると、大人になった時に回避依存症になる可能性が高くなります。虐待も過度な期待や干渉も、「嫌われたくない」という思いを芽生えさせる原因になっているからです。

「嫌われたくない」という思いから、本当の自分を表現することができず、いつも演じています。その状況がだんだん苦しくなってきて、最終的には「誰とも深い関係にはなりたくない」という思いに発展してしまいます。これが回避依存症です。

彼をチェック!回避依存の男性の特徴6つ

回避依存症の男性の特徴チェック①自尊心が強い

自尊心が強い

回避依存症の男性の特徴チェックの1つ目は、『自尊心が強い』ということです。自分が常に一番だという思いが強くあります。周囲にいるすべての人たちは、自分を尊敬して欲しいという思いがあるのです。その為、自分以外の誰かが目立っていたり、尊敬を集めていたりすると、その対象となる人に敵意を抱くこともあります。

また、相手が彼女の場合は論外です。彼女は常に自分を尊敬し、一番に思っていないと我慢できません。他の男性のことを褒めようものなら、大変大きな怒りの感情を露わにするでしょう。彼女は自分の所有物であるという考えが根本にあります。その為、その所有物である彼女が自分以外の男性を褒めるのは我慢できないのです。

回避依存症の男性の特徴チェック②相手をコントロールしたがる

相手をコントロールしたがる

回避依存症の男性の特徴チェックの2つ目は、『相手をコントロールしたがる』ということです。自分の言うことを聞いてくれる人を好みます。極端な例では、自分の手となり足となって動いてくれる人を、周囲に集めようとします。自尊心が大変強い為、周囲の人たちは自分の言うことを素直に聞けば良いと思っているのです。

彼女の場合には、相手をコントロールしたがるという特徴が顕著になります。彼女は自分の所有物だという考え方がある為です。この特徴がエスカレートすると、彼女を顎で使うようになります。その様子はまるで彼女ではなく、「召使い」のように見えるでしょう。所有物である彼女が召使いになるのは当然だと思っているのです。

回避依存症の男性の特徴チェック③自分の愛情を頻繁に語る

自分の愛情を頻繁に語る

回避依存症の男性の特徴チェックの3つ目は、『自分の愛情を頻繁に語る』ということです。これは本心ではありません。相手をコントロールする為のいわゆる『煙幕』のようなものです。自分がいかに相手のことを愛しているかということを、言葉巧みに話して聞かせます。そして相手が自分の言うとおりになるようにします。

このタイプの男性は、相手を惚れさせることに大変長けています。そのこともあって、言葉巧みに愛を語り、相手を自分の思いのままに動かすことも容易なのです。相手を力で抑えつけるようなことは決してしません。そのようなことをすると、自分の評判が悪くなってしまう、ということを知っている為、自分の愛情を語るのです。

回避依存症の男性の特徴チェック④自分の我を通そうとする

自分の我を通そうとする

回避依存症の男性の特徴チェックの4つ目は、『自分の我を通そうとする』ということです。自分の言うことは絶対に通らなければ気が済みません。独特の世界観を持っており、その世界で生きています。周囲の人たちは自らが創り出した世界に住むことが当然だと思っているのです。その世界では自分が王様だと思っているのです。

王様のいうことを周囲の人たちが聞くのは当然だという考えがあります。その為、どんな無理なことであっても、自分の我を通そうとします。もし仮に通らなかったならば、その時は力ずくで通そうとするのではなく、言葉巧みに相手をコントロールします。それでも相手がいうことを聞かなかった場合には、相手を切り捨てます。

回避依存症の男性の特徴チェック⑤否定されることを極端に嫌う

否定されることを極端に嫌う

回避依存症の男性の特徴チェックの5つ目は、『否定されることを嫌う』ということです。王様であるという考えがどこかにある為、否定されることを極端に嫌います。周囲の人たちは王様である自分の言うことを聞くことが、当然だと思っているのです。誰かが反対意見を言おうものなら、不快感を露わにするかもしれません。

ただし、この場合も力ずくで相手を抑えつけるようなことはしません。自分の印象が悪くなることは怖いと思っているからです。言葉巧みに相手を抱き込むような行動を取るでしょう。それでもダメな場合は、周囲の人たちを抱き込んで相手を孤立させるという方法を取る場合もあります。または、切り捨てることもあるでしょう。

回避依存症の男性の特徴チェック⑥秘密主義

秘密主義

回避依存症の男性の特徴チェックの6つ目は、『秘密主義』ということです。自分のことは一切語りません。これはプライベートだけではありません。本当はどんなことを思っているのか、どんな考えを持っているのか、ということは一切語りません。誰かが個人的な意見を求めても上手にかわし、相手の本心を引き出すでしょう。

個人的な意見や考えを伝えて、周囲の人たちの印象が悪くなる、ということが怖いのです。人と深く関わることは避けたいと思っています。ですが、周囲の人たちから嫌われたり、悪く思われるということは、それ以上にもっと避けたいと思っています。孤立してしまうことが怖いからです。その為、自分の殻に閉じこもっています。

回避依存症の女性の特徴は?

回避依存症の女性の特徴チェック①良い子を演じる

良い子を演じる

回避依存症の女性の特徴チェックの1つ目は、『良い子を演じる』ということです。周囲の人たちから悪く思われることを極端に恐れます。その為、周囲の人たちが求めているような振る舞いや言動をします。期待に応えることで、周囲の人たちに良く思われようとしているのです。他人に嫌われることが怖くて仕方がないのです。

常にお手本通りの行動や言動をします。周囲の人たちが何を求めているのか、ということを察知する能力にも大変長けています。ただし、常に自分を演じている状態にある為、見る人が見れば「この人は本心がまったくわからない」という印象を受けるでしょう。「この人は信用できない」と感じる人も、中に入るかもしれません。

回避依存症の女性の特徴チェック②束縛されることが大嫌い

束縛されることが大嫌い

回避依存症の女性の特徴チェックの2つ目は、『束縛されることが大嫌い』ということです。束縛されることは極端に嫌います。例えば「昨日は何してたの?」などのような日常的な会話をしても、この会話の意味を「この人は私を束縛しようとしている」と受け取ってしまいます。束縛されることが嫌いな為、突然距離を置きます。

幼少期に両親から過剰な干渉を受けていると、大人になった時に『束縛されることが大嫌い』という特徴が表れます。幼少期は過度に干渉されることを、ずっと我慢していたのです。その我慢の糸が切れてしまい、大人になってからは『束縛』ということ自体に過剰なまでに反応します。行動などを尋ねる会話には大変敏感です。

回避依存症の女性の特徴チェック③相手によって好みが変わる

相手によって好みが変わる

回避依存症の女性の特徴チェックの3つ目は、『相手によって好みが変わる』ということです。これは特に恋愛において、このような特徴が顕著になります。例えば、付き合っている彼氏がロングヘア好きなら、髪を伸ばし始めます。ですがその彼と別れ、新しい彼氏と付き合い始めた時、ショートが好きなら髪をばっさり切ります。

相手の好みに合わせることで、嫌われないようにしているのです。好みが変わるのは髪の毛やファッションなどのような見た目だけではありません。趣味が変わったり、食べ物や飲み物の好みが変わるというケースもあります。女性の場合は、一度好きになると相手に嫌われないようにする為、このような特徴が顕著になります。

回避依存症の女性の特徴チェック④異性にモテる

異性にモテる

回避依存症の女性の特徴チェックの4つ目は、『異性にモテる』ということです。相手が求めているものを素早く、そして的確に見抜くということに大変長けています。また、相手が求めていることを実現させるだけの行動力も持ち合わせています。この二つに大変長けているのですから、異性にモテるのは当然と言えるでしょう。

特にこのタイプの女性は、同じ回避依存症の男性から好まれるケースが多くなります。相手が自分の言いなりになって欲しいと願っているなら、その通りの行動をするのです。これ以上に理想的な女性はいないでしょう。女性の方は共依存の関係になればなるほど落ち着くという特徴を持っている為、理想的な男性となります。

モテる女性の特徴やテクニックについて、詳しくご紹介している関連記事があります。リンクいたしますので、参考にしてみてください。

関連記事

モテる女の特徴・テクニック25選!モテる大人にはどんな共通点がある?

モテる女には共通の特徴があるのをご存知でしょうか?モテたいと思っても、

Small thub shutterstock 529510297

回避依存症の人との付き合い方は?

回避依存症の人との付き合い方①攻撃しない

攻撃しない

回避依存症の人との付き合い方の1つ目は、『攻撃しない』ということです。これは暴力や言葉だけではありません。相手を追いつめるようなこともしてはいけません。そのようなことをすると、相手はどんどん委縮してしまいます。萎縮するだけなら良いですが、それがエスカレートすると、今度は大変攻撃的になります。

相手にとっても良くありませんが、あなたにとっても大きな被害を被ることになります。その為、否定し過ぎたり、頭ごなしに攻撃したりするのは極力控えましょう。相手の気持ちをおもんぱかるような対応が求められます。

回避依存症の人との付き合い方②合わせすぎない

合わせすぎない

回避依存症の人との付き合い方の2つ目は、『合わせすぎない』ということです。否定すると相手が怒るからと言って、合わせすぎるのも良くありません。あなたが相手に合わせすぎると、相手はあなたを精神的に支配しようとします。もともと支配できる人を求めているのですから、合わせすぎるとターゲットにされてしまいます。

相手の意見を一旦受け入れた上で、自分の意見や考えを相手に伝えましょう。更にその後で、お互いにとって納得のできる解決策も提示しましょう。すると、相手もあなたの意見や考えに納得してくれるでしょう。

回避依存症の人との付き合い方③距離感に注意する

距離感に注意する

回避依存症の人との付き合い方の3つ目は、『距離間に注意する』ということです。くっつきすぎても良くありません。あなたを支配しようとします。ですが、突き放しすぎるのも良くありません。そのまま離れて行ってしまう可能性が高いからです。ちょうど良い距離間を模索する努力が必要です。

回避依存症の人との付き合い方は距離間がとても大切

距離間がとても大切

回避依存症の人と付き合うには、距離間が大変大切になります。近すぎると相手はあなたを支配しようとします。ですが反対に、離れすぎてしまうと、相手はあなたからそのまま遠ざかってしまいます。相手の様子をしっかり観察し、お互いにとってちょうど良い距離間を模索しましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード

NEW

新着記事

RANKING

人気の記事

CATEGORY

カテゴリー