Icon search 36px

無償の愛の意味とは?

無償の愛の意味とは「見返りを求めない愛」

子供を慈しむ母親

無償の愛とは「見返りを求めない愛」という意味です。無償とは、つまりタダです。タダの愛なので愛を与えたことで相手から与えた愛の分だけ何かもらおうという考えはありません。これが見返りを求めない愛です。

無償の愛を注ぐといえば、真っ先に思い浮かぶのは親の子供への愛情ではないでしょうか。親は子供に何かしてもらおうということを考えて愛しているわけではありませんよね。動物にだって親の愛は存在しますから、本能的に無償の愛を注ぐ対象が親にとっての子供と言えるでしょう。

無償の愛と自己犠牲は意味が違う

我慢する人

無償の愛を自己犠牲と同じように考えている人もいますが、実際の意味は違います。無償の愛は自分を犠牲にして与えているわけではありませんし、無償の愛を注げる相手は限定されています。自己犠牲は無償の愛と違って自分を犠牲にすることで対価を求めることもありますし、誰にでも自己犠牲で尽くすことができます。

イエス・キリストが自分を犠牲にしてまで人々の罪を背負ったことで、自己犠牲=無償の愛という考えが広まったとされていますが、無償の愛と自己犠牲は別物として考えましょう。自分を犠牲にしてくれる人が無償の愛を与えてくれる人とは限りません。

無償の愛が花言葉の花は?

無償の愛が花言葉の花①チューリップ

チューリップ

無償の愛が花言葉の花1つ目は「チューリップ」です。誰もが知っているチューリップの中でもピンクや赤のチューリップの花言葉には「無償の愛」があります。チューリップの花は有名ですが、花言葉を知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。チューリップの花言葉には、恋愛に関するものが多く存在しています。

無償の愛が花言葉の花②スイカズラ

無償の愛が花言葉の花2つ目は「スイカズラ」です。スイカズラは他の植物につるを巻き付けて冬でも緑を茂らせる植物で生薬にも使われます。これらのことから無償の愛を意味する花言葉がつけられたとされています。

無償の愛が花言葉の花③バラ

薔薇

無償の愛が花言葉の花3つ目は「バラ」です。情熱的な愛などの花言葉がある赤いバラは、プロポーズなどでも使われますよね。黄色いバラに「笑って別れる」と言う花言葉がありますが、それ以外の色のバラは大半が純粋な愛の花言葉がついています。

恋愛で無償の愛を感じる瞬間5選

恋人の愛を感じる瞬間①献身的な看病をしてもらった時

風邪を引いた女性

恋愛で恋人の愛を感じる瞬間1つ目は「献身的な看病をしてもらった時」です。体調を壊した時に献身的に看病してくれる恋人の姿に無償の愛を感じることが多いようです。仕事帰りで疲れているはずなのに疲れを見せずに懸命に看病してくれると、体調を壊した恋人しか目に入っていない感じがしますよね。

「風邪ひいた」と連絡したら薬や食料などを持って駆けつけてきてくれる恋人にも愛を感じることがあるはずです。『良くなって欲しい』という一心で看病されていると、看病そのものよりも恋人の無償の愛が嬉しくて気分が良くなる人もいます。

恋人の愛を感じる瞬間②自分の親や家族を大切にしてくれた時

家族の集まり

恋人の愛を感じる瞬間2つ目は「自分の親や家族を大切にしてくれた時」です。『気にいられたい』という下心なく、恋人の親や家族を自分の親・家族のように大切にしてくれる人は、まさに無償の愛を注いでくれる人と言えるでしょう。

結婚したならまだしも、まだ恋愛関係でしかないのに相手の親や家族を自分の親や家族のように大切にできることはそれだけ相手を愛している証拠と言えます。自分が不在でも祖母の誕生日にケーキをプレゼントしてくれた、親の手術に付き添ってくれたなど、相手の親や家族を大切にしたエピソードがあります。

恋人の愛を感じる瞬間③疑わずに信じてくれた時

寄り添ってくれる彼氏

恋人の愛を感じる瞬間3つ目は「疑わずに信じてくれた時」です。自分の行動が誤解を生んでしまい、周囲に冷たい目で見られたり非難されたりしても恋人だけが信じてくれるのは、恋人が味方でいてくれると感じる瞬間でもあります。

周りの目を気にせず相手のことを信じられるということは、自分の損得勘定で相手を見ていないと言えますよね。自分が損をしても相手の味方でいようとする姿は、まさに無償の愛を与えていると言えるのではないでしょうか。

恋人の愛を感じる瞬間④身を挺して守ってくれた時

救急車で運ばれる人

恋人の愛を感じる瞬間4つ目は「身を挺して守ってくれた時」です。恋人が車に惹かれそうになったのをかばうというのをドラマなどでよく見かけますよね。実際にこれを恋人にやられたら、自分の危険を顧みず相手を守ろうとしたまさに無償の愛を感じることでしょう。

恋人が危険な状態にあるときに咄嗟に行動できるのですから、下心を持ったり損得勘定をしている余裕すらないですよね。自分を危険にしてでも相手を守ろうとすることは、親が子供を守ろうとするのと変わらない状態と言えます。親が子供に与える無償の愛とほぼ同じということです。

恋人の愛を感じる瞬間⑤自分を受け入れてくれた時

抱きしめる男性

恋人の愛を感じる瞬間5つ目は「自分を受け入れてくれた時」です。ダメなところを見て嫌いになるどころかそのすべてを受け入れた上で愛してくれる恋人の姿に無償の愛を注がれていると実感する人も多くいます。

悪いところや弱いところを見ても幻滅せず愛してくれるということは、それだけ愛が深いということ言えますよね。悪いところや弱いところを含めて全部愛おしいと感じてくれる人は、愛することに見返りを求めていない状態です。

無償の愛をくれる人の特徴5選

恋愛・結婚で無償の愛をくれる人の特徴①話をきちんと聞いてくれる

話をするカップル

無償の愛をくれる人の特徴1つ目は「話をきちんと聞いてくれる」です。恋愛でも結婚でも、無償の愛をくれる人は自分がどんな状態でも話を聞いてくれます。『疲れてる』などと理由をつけて話を聞いてくれない人は、相手よりも自分を優先していたり、話を聞いても見合った対価を得られないなどと考えてしまいがちです。

どんなに忙しくても相手の話を聞こうとする人は、自分を優先したり見返りを求めず、相手のことを第一に考えてくれていると言えます。どんな相談事でも親身になってくれたり、長電話に付き合ってくれたりするなどの行動が見られます。

無償の愛には話を聞く力が必要です。恋愛でも結婚でも、相手の話を聞くことはとても大切なコミュニケーションの一つと言えます。下の記事では聞き上手になる方法を紹介しています。無償の愛が欲しい人もぜひ一度読んでみてください。

関連記事

聞き上手になるには?人の話を聞く姿勢やコツと能力のある人の特徴も

突然ですが、あなたは聞き上手ですか?聞き上手になるにはコツがあるのです

Small thumb shutterstock 416229289

恋愛・結婚で無償の愛をくれる人の特徴②行動力がある

女性の手を引く男性

無償の愛をくれる人の特徴2つ目は「行動力がある」です。相手のための行動なら、深く考え込まずにすぐ行動できるという特徴です。深く考え込む人は、行動したときの自分のリスクで躊躇したり、自分の都合に合わせたいという心理が働いています。

行動力がある人は、自分と相手を天秤にかけるようなことをしないで相手のためにすぐ行動します。咄嗟に相手を守るために動けるのもこのためです。逆に行動力がない人は、自分と相手を天秤にかけている傾向があるので、天秤をかけている時点で行動が遅くなってしまうのです。

恋愛・結婚で無償の愛をくれる人の特徴③思いやりがある

相手のペースに合わせる人

無償の愛をくれる人の特徴3つ目は「思いやりがある」です。そもそも思いやりの心がなければ、無償の愛を注いでくれることはないと言えます。相手を思っているからこそ思いやった行動ができるのです。思いやりがあるからと言って、なんでも甘やかしてくれるとは限りません。

無償の愛をくれるほど思いやりがある人は、相手の成長や幸せのためならダメなところはダメと指摘します。「ここを直した方がいい」などと指摘するのは、あくまでも相手のためであって自分のためではありません。『こういうところが不快だから直してほしい』などとは思っていないのです。

思いやりのある人の特徴は下の記事にまとめてあります。思いやりがない人が思いやりを持つための方法も紹介していますので、ぜひ併せて読んでみてください。

関連記事

思いやりのある人の特徴10選!思いやりのない人が思いやりを持つ方法は?

思いやりのある人は、他人の喜びを自分の喜びのように感じることができます

Small thumb shutterstock 416229289

恋愛・結婚で無償の愛をくれる人の特徴④計算をしない

損得勘定をする男性

無償の愛をくれる人の特徴4つ目は「計算をしない」です。計算をする人は自分が一番可愛い自己愛の強いタイプの人と言えます。自分の利益を考えている時点で、無償の愛を与えられる人とは言えませんよね。逆に計算をしない人は、自分の利益を考えていない人と言えます。

自分の利益など考えもせず、相手のことを優先していれば計算をすることはほとんどないでしょう。ただ例外として、相手が幸せになるためや相手が利益を得るための計算はすることがあります。相手のための計算なので、自分が損をするようなこともあります。相手の幸せを願って相手を守ろうとしていることが感じられます。

恋愛・結婚で無償の愛をくれる人の特徴⑤「愛が欲しい」と言わない

愛情を伝える人

無償の愛をくれる人の特徴5つ目は「『愛が欲しい』と言わない」です。無償の愛をくれる人は見返りを求めていないので「愛が欲しい」のように「××が欲しい」と口にすることはありません。態度に出すこともほとんどありません。典型的な愛されるより愛したいタイプと言えるでしょう。

無償の愛を与えてくれる人は、自分より相手を優先し相手の幸せを願っている人です。プレゼントをもらった時に恋人の愛を感じることもありますよね。プレゼントのお返しは頭になく、相手のことを考えて用意されたものだからこそそこには無償の愛があるのです。

無償の愛を感じられる人になろう

「無償の愛が欲しい」と言っている人の中には、無償の愛を自分の都合の良い解釈で考えている人がいます。本当の無償の愛がどういったものなのかを知って、無償の愛を感じられる人になりましょう!恋愛だけでなく様々なところで無償の愛を感じられるようになるはずです。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事