Icon search 36px

「かんな」の名前のイメージは?

「かんな」の名前のイメージ①可憐な女の子のイメージ

子ども

「かんな」の名前のイメージには、可憐な女性のイメージがあります。実際に、「かんな」という名前の花があることから、花の美しく可憐なイメージがその印象を抱かせるのでしょう。

女性特有の愛らしさや美しさが感じられるようなとても素敵な名前です。また、「かんな」という名前にどのような漢字を使うかによっても、その印象は大きく変わってくることでしょう。

「かんな」の名前のイメージ②元気な女性・子供のイメージ

子ども

また、「かんな」の名前のイメージには、元気な女性のイメージもあります。「あんな」や「あきな」、「えりな」など、「な」で終わる三文字の女性の名前には、どこか行動的で元気なイメージを感じませんか。

今や、女性も男性の陰にいる存在ではなく、第一線で活躍していく時代です。これからますますその気風が強まる中で、活動的で明るいイメージのある「かんな」という名前は、より注目を集めていくことでしょう。

また、次の記事では女の子の名前で「あおい」と読む漢字についてご紹介しています。「あおい」という名前は、近年女の子につける名前として非常に注目を集めています。「葵」の漢字の印象が強いですが、他にはどのような漢字が使われているのでしょうか。ぜひ次の記事も参考になさってください。

関連記事

女の子の名前で「あおい」と読む漢字TOP130|漢字の由来・意味も

女の子の名前で「あおい」と読む漢字TOP130をまとめてみました。同じ

Small thumb shutterstock 612593525

花の「かんな」の花言葉は?

「かんな」の花

「かんな」という名前の花をご存じでしょうか。実際には「かんな」という名前ではなく、学名は「Canna」で、花の名前としては「ハナカンナ」と呼ばれる、熱帯アメリカが原産の多年草です。ラテン語で「葦」を意味する言葉がその名前の由来であると言われています。

ハナカンナは花の大きさがあり、赤や黄色、また縞模様など、さまざまな表情を見せてくれます。ハナカンナは、真夏の太陽の日差しの強い炎天下でぐんぐんと成長し、大きな花を咲かせます。球根であることから土壌の乾燥にも強い一方で、球根が水につかった状態でも育つため、真夏の水やりはとても楽な植物です。

また、次の記事では女の子につけるかわいい花の名前についてご紹介しています。道端に咲く美しい花のように、凛とした女性に育ってほしいという願いを持っている親は多いことでしょう。そのほかにも、花言葉から考える名付けについても解説しています。ぜひ次の記事を参考になさってください。

関連記事

女の子のかわいい花の名前35選|花言葉から考える名付けや花の漢字の名も

女の子のかわいい花の名前をご紹介します。花言葉から名付ける名前、漢字の

Small thumb shutterstock 147978782

花の「かんな」の花言葉・由来や意味

ハナカンナには、さまざまな花言葉があります。そのうちの「情熱」「快活」という花言葉は、ハナカンナの真夏に元気に咲くその様子に由来していると言われています。一方で、「永遠」や「妄想」という意味合いの花言葉もあります。

それはハナカンナがあまりに明るくきらびやかに咲く様子が、幻想的であることを象徴していると言われています。また、ブッタのエピソードにもハナカンナが登場します。ブッタの霊力を恐れた悪魔が、ブッタをめがけて落とした大きな岩を投げたという伝説です。

その大きな岩の一片がブッタの足の指から血を流させ、大地に染み込んだその血がカンナを咲かせたというエピソードです。カンナが昔から人々に大切にされてきたことを象徴するかのような逸話ですね。

「かんな」の名前におすすめな漢字6選

「かんな」の名前におすすめな漢字①「栞」

子ども

「かんな」の名前におすすめな漢字の1つ目は、「栞」という漢字です。「栞」は、訓読みでは「しおり」と読みますが、音読みでは「カン」と読みます。そのため、「かんな」という名前の「かん」という読みに使う漢字として用いられています。

「栞」という漢字には、本に挟むしおりと同じ意味があり、そのことから転じて文学的なセンスや、芸術的なセンスを持ち合わせてほしいという親の願いが込められている漢字として使われます。

「栞」という漢字がおすすめである一番の理由は、その漢字の成り立ちが左右対称であることです。左右対称な漢字は、姓名判断ではとても運気がいいとされており、感じが表から見ても裏から見ても同じであることから、裏表がない正直な人間に育つという解釈がされているとも言われています。

「かんな」の名前におすすめな漢字②「環」

子ども

「かんな」の名前におすすめな漢字の2つ目は、「環」という漢字です。「環」という漢字は、訓読みでは「たまき」や「めぐる」、音読みでは「カン」と読む漢字です。漢字字体の意味には、一周することや丸という意味があり、和を良しとする日本人にはいい印象のある漢字と言えるでしょう。

「環」という漢字がおすすめである理由は、その画数です。「環」は17画の漢字です。名前に使う漢字の画数は、3画、5画、15画、17画などがいいとされています。その中でも17画の漢字を使うことにより、積極性が身に付き、地位や富を築いていく、意思の強いしっかり者の要素を持つことができるとされています。

「かんな」の名前におすすめな漢字③「華」

子ども

「かんな」の名前におすすめな漢字の3つ目は、「華」という漢字です。音読みでは「カ」と読みますが、訓読みでは「花」と同じように「はな」と読む漢字です。とても華やかできらびやか、引き立っていて艶があるという印象が感じられる漢字です。「華奈」や「華菜」のように使って「かんな」と読む名前として用いられます。

こういった女性にとって魅力的な印象のある漢字を名前に使うことは、とても素晴らしいことです。その人自身が大切に名付けられたこともわかりますし、そのように育てられてきたことも伝わってきますね。

また、次の記事では女の子の名前で「ゆり」と読む漢字についてご紹介しています。「ゆり」という名前は大人な女性をイメージさせる素敵な名前です。「かんな」と同じ、花に由来する名前でもありますね。女の子の名付けに迷っているという方は、ぜひ次の記事も参考にされるといいでしょう。

関連記事

女の子の名前で「ゆり」と読む漢字TOP160|漢字の由来・意味も

赤ちゃんへの最初のプレゼントとなる名前。「ゆり」と読む女の子の名前をご

Small thumb shutterstock 217534642

「かんな」の名前におすすめな漢字④「和」

子ども

「かんな」の名前におすすめな漢字の4つ目は、「和」という漢字です。「和」は音読みでは「ワ」、訓読みでは「やわらぐ」や「なごむ」と読みます。日本人にとってはとても親しみのある、いいイメージの漢字です。「栞和」や「環和」などと書いて「かんな」と読むように使われます。

その読み方やイメージ通り、異なるものが融合することや、角を立てずにまとまることなどが示されている漢字です。日本人の好む、協調する姿勢や思いやりの心を象徴するかのような漢字です。この姿勢や在り方を大切にしていきたいという意味で用いるのにはとてもおすすめです。

「かんな」の名前におすすめな漢字⑤「那」

子ども

「かんな」の名前におすすめな漢字の5つ目は、「那」という漢字です。「かんな」の「な」と読む漢字として用いられます。「那」自体は、疑問を示す意味を持つ漢字です。そのことから、物事に積極的に向き合い意見を発揮することができるという期待が込められることが多いようです。

また、「那」という漢字がおすすめな理由は、金運がいい漢字とされているためです。また、女性が美しく清らかなことを示す意味がある漢字でもあることから、恵まれた女性になってほしいという願いを込めて使われる漢字でもあります。

「かんな」の名前におすすめな漢字⑥「佳」

子ども

「かんな」の名前におすすめな漢字の6つ目は、「佳」という漢字です。「佳杏奈」や「佳杏那」など、「かんな」という名前の頭に付く漢字として使われることがあります。この「佳」という漢字は、姓名判断研究科として知られている中山雲水氏が指定した、縁起の良い漢字22選の中に選ばれている漢字でもあります。

このように、「かんな」という名前におすすめな漢字と一言で言っても、そのおすすめの理由や根拠は、多岐にわたることが分かります。自分自身にピンと来る考え方に倣って、名前やその漢字を決めていくのがいいでしょう。

なお、次の記事では美しいとされる大和言葉をご紹介しています。大和言葉とは、漢字の訓読みやひらがなで表現する言葉で、日本古来から使われてきた独特の言葉の表現です。やわらかい言い回しが多いため、一部は子どもの名前としてもよく使われています。ぜひ次の記事も参考になさってください。

関連記事

美しい大和言葉一覧!女の子の名前に使える単語やかっこいい名詞は?

大和言葉をご存知ですか?日本特有の訓読みの言い回しなので、日常的に使っ

Small thumb shutterstock 446527150

「かんな」の名前におすすめしない漢字4選

「かんな」の名前におすすめしない漢字①「花」

子ども

「かんな」の名前におすすめしない漢字の1つ目は、「花」という漢字です。「花」という漢字は、「花菜」や「花杏奈」というように、一番頭につく漢字として用いられます。

一見、女の子の名前にはよさそうな「花」という漢字ですが、「花」や「緑」のような植物を示す漢字は、植物がしおれていくものであるという考え方から、波乱万丈な安定性に欠けた人生を象徴するという意見もあります。

「かんな」の名前におすすめしない漢字②「七」

子ども

「かんな」の名前におすすめしない漢字の2つ目は、「七」という漢字です。「かんな」の「な」を表す漢字として用いられることがあります。そもそも、「七」という漢字は、人を刀で縦横無尽に切りつけたときの姿を示す漢字として知られています。

確かにその漢字の由来は、子供の名前に適しているとは言えないように感じられます。一方で、欧米ではラッキーセブンというジンクスもあることから、「七」が必ずしもおすすめできない漢字であるかということについては、考え方次第という部分もあるでしょう。

「かんな」の名前におすすめしない漢字③「叶」

子ども

「かんな」の名前におすすめしない漢字の3つ目は、「叶」という漢字です。「叶奈」や「叶菜」のように使われることがあります。「叶」という漢字は、「夢」や「愛」と同じように、子供にとってプレッシャーになる漢字であるという考え方があることから、あまりおすすめできないとも言われています。

「かんな」の名付けにおすすめしない漢字④「神」

子ども

「かんな」の名前におすすめしない漢字の4つ目には、「神」という漢字があります。「神奈」や「神菜」というように付けられることがあります。「神」という漢字は、文字通り神様を象徴します。人の名前に使う漢字にしては、あまりに恐れ多いというのが、「神」という字がおすすめできない理由であるとされています。

また、次の記事では女の子の名前で「さくら」と読む漢字をご紹介しています。「さくら」は「かんな」よりもはるかに親しみのある、日本のお花です。「桜」の漢字のイメージが強いですが、他にはどのような漢字が用いられて名付けられているのでしょうか。ぜひ次の記事も参考になさってください。

関連記事

女の子の名前で「さくら」と読む漢字TOP70|漢字の由来・意味

今回は「さくら」という女の子の名前に使われる漢字の由来・意味を紹介した

Small thumb shutterstock 556702975

「かんな」という名前は漢字をよく選ぼう!

子ども

「かんな」という女の子の名前に使う漢字や、「かんな」の花言葉やその由来についてご紹介しました。いかがでしたでしょうか。おすすめの漢字もおすすめできない漢字も、さまざまな考え方や理論から生まれているため、ときにはそれぞれが矛盾することもあります。

花言葉や漢字の由来などのさまざまな意見を取り入れることもときには必要ですが、一番大切なのはその子供のことを考えて親が気持ちを込めて名前をつけてあげることでしょう。ぜひ、赤ちゃんにふさわしい、素晴らしい漢字を選んで、名付けてあげてくださいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事