Icon search 36px

5月生まれの男の子のイメージは?

5月生まれの男の子・赤ちゃんのイメージ①端午の節句

子供のイメージ画像

5月生まれの男の子・赤ちゃんのイメージの1番目は、端午の節句です。端午の節句は、男の子がすくすくと成長していくことを祈る行事で、5月5日のこどもの日のことです。5月生まれの男の子には端午の節句のイメージから、すくすくと成長した元気で活発な男の子をイメージにつながると言われています。

また、端午の節句である5月5日には兜や鎧を飾るという風習がありますが、これは安全をお祈りする際に神社へ納めたことが由来であると言われています。このように兜や鎧といった力強いイメージも、元気で活発なイメージにつながると言われています。

ちなみに端午の節句の「端午」とは、5月の最初に訪れる午(うま)の日を意味するものです。午(うま)という字は「ご」とも読めるので、5月5日が端午の節句になったと言われています。端午の節句については以下のサイトに詳しく紹介されていたので、参考になさってください。

5月生まれの男の子・赤ちゃんのイメージ②5月の春・6月の初夏

赤ちゃんの画像

5月生まれの男の子・赤ちゃんのイメージの2番目は、5月の春・6月の初夏といったさわやかな季節のイメージです。5月は季節で言うと春にあたりますが、6月からは初夏になるため、春や初夏といったイメージを抱く人が多いと言われています。

また5月4日はみどりの日ですので、鮮やかな緑から明るいイメージの春や初夏を連想する人が多いと言われています。5月・6月の春や初夏といった爽やかで明るいイメージを抱く人は少なくありません。5月・6月のすがすがしくてサッパリとしたイメージにちなんで名づけることもヒントになります。

5月・6月は外出する機会が増える時期でもあります。そのため5月・6月のイメージとしてアクティブな男の子をイメージする人も少なくありません。

5月生まれの男の子におすすめな漢字6選

5月生まれの男の子におすすめな漢字①生吹(いぶき)

男の子の画像

5月生まれの男の子におすすめな漢字の1番目は「生吹(いぶき)」です。「いぶき」と書く場合、普通は「息吹」と書きます。しかし、5月生まれの男の子が春の息吹のようにたくましく元気に生きていって欲しいという願いを込めて「生吹」という漢字にする人がいます。

このように普通は「息吹」と書くところを、「生きる」という意味の「生吹」という漢字にすることで、子供の名前に一層の愛を込められると考えられています。ちなみに「息吹」という言葉の意味は「息づかい」や「呼吸」といった意味があります。

子供に愛情を示す人は、子供や赤ちゃんからも好かれやすいと言われています。そのため子供の名前に愛を込めることは、とても大切だと考えられています。ちなみに以下の記事では、子供や赤ちゃんに好かれる人の特徴や嫌われてしまう人の特徴などについて詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。

関連記事

赤ちゃんに好かれる男女の特徴10選!懐かれない人が子供に好かれる方法も

赤ちゃんに好かれる人や子供に好かれる人の特徴はご存知ですか?この記事で

Small thumb shutterstock 447066424

5月生まれの男の子におすすめな漢字②樹(たつみ)

男の子のイメージ画像

5月生まれの男の子におすすめな漢字の2番目は「樹(たつみ)」です。みどりの日や春といったイメージから大きくそびえたつ木を連想する人が多いことから、5月生まれの男の子に人気の漢字が「樹」という名前です。

「樹」という漢字には、「そびえたつ木」や「冬でも力強くたつ木」といった意味合いが含まれています。そのため、大きくて力強い根を大地にはって、冬などの厳しい時にもどっしりとゆるがないイメージの「樹」という漢字が好まれると言われています。

ちなみに元気な子供に育てるための方法や心身共に成長を促す方法については、以下のサイトを参考になさってください。自信のある子供や明るい子供に育てるための褒め方や叱り方などが紹介されています。

5月生まれの男の子におすすめな漢字③輝春(きはる)

名付けのイメージ画像

5月生まれの男の子におすすめな漢字の3番目は「輝春(きはる)」です。5月は春から夏に向かっていく時期であることから、気候の良い日が多く、輝く日光に照らされることが多いと言われています。そのため、輝く春に生まれた男の子という意味で輝春(きはる)と名付ける親もいます。

「輝」という字には、「光り輝く」、「輝かしい」という意味合いがあることから、「今後の子供の成長が輝かしく光るように」といった願いを込める親も少なくないと言われています。光り輝く将来をつかむためには、それに伴う人間性や知性を身につけることが大切と考える人が多く、幼児教育に熱心な方も少なくありません。

幼児教育には一生に1度しか訪れない臨界期という時期があるため、効率良く知性や脳の力を育みたいと考える人にとっては、貴重な時期だと言われています。幼児教育の重要性については以下の記事に詳しく書かれていたので、参考になさってください。

5月生まれの男の子におすすめな漢字④大芽(おおが)

植物の画像

5月生まれの男の子におすすめな漢字の4番目は「大芽(おおが)」です。5月はみどりの日があることや、夏に向けてアクティブに過ごすイメージを抱く人が多いことから、「大きな芽のように子供がすくすくと育つように」といった願いを込めて「大芽(おおが)」と名付ける方もいます。

大きな芽となって、人間的にも大きな人になって、周囲の人から愛されながら社会貢献できる大人になってほしいといった願いが込められることも多く、子供の将来性を重視している方が名付けるケースが多いと言われています。こういった方は幸せな人生を送るために、できる限り子供の能力を伸ばしたいと考える傾向があります。

このような考え方をする人は長期的な展望を持っていることから、物事を総合的に見る傾向がある人が少なくありません。このような家庭では教育に力を入れつつ、日々を楽しく過ごすという人もいるようでそんな様子が書かれたサイトがありました。日常的なことが詳しく書かれていたので参考になさってください。

5月生まれの男の子におすすめな漢字⑤陽(よう)

日光と子供のイメージ画像

5月生まれの男の子におすすめな漢字の5番目は「陽(よう)」です。5月は春から夏に移行する季節であることから、太陽の光が降り注ぐ日が多いので、太陽の「陽」という字を名前に付ける人もいます。

太陽は生命の源であり、光り輝くイメージにとても良い印象を感じる人は少なくありません。うつむき加減で暗い子供になるよりも、困難や問題に前向きに取り組んで解決していく気概を持った子供になって欲しいと考える方は少なくありません。

子供は親の鏡と言われることから、親が前向きな姿勢を見せることで、そんな親の姿を見た子供も前向きになることがあると言われています。そういった姿勢を子供に見せるためにも、以下の記事を参考になさってください。くよくよしたり悩むことなく、前向きな生き方や考え方になるコツについて詳しくお伝えしています。

関連記事

くよくよしない&悩まない方法は?前向きな生き方・考え方になるコツ

くよくよしない生き方ができればそうしたくはありませんか?ここでは、悩ま

Small thumb shutterstock 162783653

5月生まれの男の子におすすめな漢字⑥春也(しゅんや)

春のイメージ画像

5月生まれの男の子におすすめな漢字の6番目は「春也(しゅんや)」です。5月の春のイメージに、人気のある「也」という漢字を使った名前です。「也」という漢字には、断定するといった意味合いがあることから、男らしくて自信のあるイメージを子供に託したい場合につけられるケースが多いと言われています。

また「也」という漢字は、水を入れるための器に由来するという言葉でもあるので、生命の源である水を入れる大切な器といった意味合いを込めている人もいると言われています。「也」という漢字については、以下のサイトで詳しく記載されていたので参考になさってください。

名付けで男の子におすすめしない漢字4選

名付けで男の子におすすめしない漢字①子

名付けを考える人の画像

名付けで男の子におすすめしない漢字の1番目は、「子」という漢字です。「子」という漢字は、一般的に女の子に使われる漢字であると言われています。

そのため男の子に「子」という漢字を使うと、女の子に間違われやすい、からかわれたりいじめられたりするきっかけになる恐れがあると考えて避ける人は多いと言われています。

また子供が成人したり、高齢になった時に周囲の人から変わった名前と思われる可能性も考えられることから、おすすめしない漢字と考える人は少なくありません。

名付けで男の子におすすめしない漢字②花

花の画像

名付けで男の子におすすめしない漢字の2番目は、「花」という漢字です。「花」という漢字も、一般的に女の子の名前として使われるケースが多いと言われています。

そのため男の子に「花」という漢字を名付けることは、周囲の人への印象などをふまえて避けられる傾向にあると言われています。男の子に対して春の花をイメージした名付けをする場合には、高嶺撫子(たかねなでしこ)というなでしこ科の花から「高嶺(たかみね)」などといった漢字を命名する方もいます。

名付けで男の子におすすめしない漢字③亜

暗いイメージをもつ亜の画像

名付けで男の子におすすめしない漢字の3番目は、「亜」という漢字です。「亜」という漢字は、暗くて良くないイメージを意味すると言われています。見た目が良くないことやお墓ととらえられることもある漢字であると言われており、おすすめしない漢字として挙げられることがあります。

「死」や「災」など、良くないイメージを連想させる漢字は避けられることが多いですが、「亜」という漢字は使われることも珍しくないので、こういった側面があることを把握しておくことは大切であると言われています。

良くないイメージを連想させる漢字は他にもあるということで、以下のサイトで詳しく紹介されていますので参考になさってください。

名付けで男の子におすすめしない漢字④久

癇癪や発達障害のイメージ画像

名付けで男の子におすすめしない漢字の4番目は、「久」という漢字です。「久」という漢字には、病に倒れた人に寄り添うといった意味や障害があることを表すといった側面があります。発達障害などの言葉を連想する人もいることから「久」という漢字を避ける人もいます。

ただ子供の成長過程では一時的に癇癪を起こすこともあり、そういった癇癪と発達障害の区別に迷う方もいます。以下のサイトでは一時的な癇癪を乗り越えて良い子に戻したという実体験が語られていたので参考になさってください。

5月生まれらしい男の子の名前の漢字の選び方は?

5月生まれらしい男の子の名前の漢字の選び方①「五」のつく漢字を選ぶ

名前を考える人の画像

5月生まれらしい男の子の名前の漢字の選び方の1番目は、「五」のつく漢字から選ぶというものです。5月生まれの男の子ということで「悟志」や「五木」、「大吾」などの「五」が含まれる漢字をつけられる方が多いと言われています。

「ご」という読み方自体にも男らしさがあると感じる人が多いため、男の子の名前に「五」という漢字を使って名付ける際には、非常に名付けやすいと言われています。

5月生まれらしい男の子の名前の漢字の選び方②5月のイメージで選ぶ

イメージを思い浮かべる画像

5月生まれらしい男の子の名前の漢字の選び方の2番目は、5月のイメージで選ぶというものです。5月には男の子のための行事である端午の節句があることから、すくすくと元気に育つように「元気」と名付ける方も少なくありません。

また、子供らしくおおらかに育ってほしいという願いを込めて「悠大」と名付ける方もいらっしゃいます。他にも端午の節句にちなんで男の子らしく大きな志をもって成長して欲しいと願う方には「大志」と名付ける方もいらっしゃいます。

端午の節句以外にも5月や6月の暖かいイメージから連想して「みどり」や「春」にちなんだ名前を付ける方や「憲法記念日」にちなんで名付ける方もいらっしゃいます。また少し視点を変えて女の子の名付けの傾向などを把握するとより良い名づけのヒントになるかもしれませんので、以下の記事も合わせてご覧ください。

関連記事

女の子1位は「陽葵」!意味や読み方は?赤ちゃん名前ランキングTOP10

女の子の赤ちゃんの名前ランキングの1位である「陽葵」という名前の読み方

Small thumb shutterstock 217534642

5月生まれの男の子の名前を把握してより良い名前を付けましょう

5月生まれの男の子には、5月の行事やイメージにちなんだ名前を付ける人が少なくありません。子供の名前は親だけではなく、子供に関わる人全てに関係することですので、5月生まれの男の子の名前を予め把握して、より良い名前を付けましょう。

最後にこれからの子育てをより良いものにするために役立てていただける記事を紹介します。子育ての疑問や不安の解消につながるおすすめの育児書についての記事です。また今後の生活を安定して充実したものとするためにも、子供の教育費についての記事も参考になさってください。

関連記事

初めての子育てにおすすめの育児書ランキングTOP10|悩み別の育児本も

この記事では初めての子育てにおすすめの育児書ランキングを紹介します。悩

Small thumb shutterstock 158445599

関連記事

年齢別の教育費の平均は?塾など学校外でかかる子供の教育資金の目安も

年齢別の教育費の平均や塾などの学校外でかかる子供の教育資金の目安はご存

Small thumb shutterstock 404908750

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事