Icon search 36px

腹巻きダイエットの効果・口コミは?

腹巻ダイエットの効果①汗をかきやすくなった

汗

腹巻ダイエットの効果は、汗をかきやすくなったです。人間は、体温がたった1℃上がるだけで10%もの代謝があがります。特に、お腹には肝臓がありますね。肝臓には全身の血液の18%もの血液が流れています。

肝臓を温める事で、全身に回る血液が温められます。その結果、体温が上がり代謝も良くなります。代謝が良くなると、体に溜めこんでいた水分も排出しやすくなります。そして、何よりも痩せやすい体質になります。

腹巻ダイエットの効果②腸の動きが良くなった

お腹

腹巻ダイエットの効果は、腸の動きが良くなったです。お腹には沢山の臓器があります。その中でも、腸を温めると、便通が安定するようになります。便通が良くなると、ポッコリ出ていたお腹も引っ込み体重も落ちます。

昔から、お腹を冷やさないようにと親に言われませんでしたか?それは、お腹を冷やすことで体調も悪くなりがちになりますし、お腹の調子も悪くなるからそういわれています。宿便を溜める事で、太る可能性が上がるのでお腹を温めて腸の働きを良くしましょう。

腹巻ダイエットの効果③冷え性が改善された

冷える

腹巻ダイエットの効果は、冷え性が改善されたです。代謝が悪いと、末梢血管にまで血液が行かず、冷え性になってしまいます。お腹を温める事で、体全体の血液循環が良くなります。そうすると、末梢血管にまで、血液が届くようになり、冷え性が改善されます。

末梢血管にまで、血液が届くようになると、肌の調子も良くなります。その結果、美肌効果にも大きな効果も表れます。良いことが沢山ありますね!

腹巻ダイエットの口コミ①食欲を抑える事ができる様になった

食欲

腹巻ダイエットの口コミ1つ目は、食欲を抑える事ができる様になったです。腹巻きの少しきつめのタイプをつけていると、胃が圧迫されるので、あまり食欲がわかなくなると口コミがありました。つい食べ過ぎてしまうタイプの人には、とても良いダイエット方法ですね!

普段から、間食をしていた人も、お腹を押さえられている感じから、間食をしたいと思わなくなったと口コミがあります。体を温めて代謝だけを上げてしまうと、反対に食欲が増してしまいます。しかし、腹巻きダイエットはしっかりと食欲を抑えてくれるのでおすすめだと口コミで言われています。

腹巻きダイエットの口コミ②姿勢が良くなったことで痩せた

ウエストダウン

腹巻きダイエットの口コミ2つ目は、姿勢が良くなったことで痩せたです。少ししっかりした、腹巻きをしている場合です。つい、猫背になっていた姿勢が腹巻のお陰で、姿勢を正しく保てるようになったと口コミがありました。姿勢が正しく保つと言うことは、お腹に力が入るので、腹筋が鍛えられます。

腹筋が鍛えられることで、ウエストがあっという間に2センチもダウンしたと口コミがありました。ゆるゆるの腹巻きを巻くよりも少し圧迫感のある腹巻をした方が効果的なようです。あまりにも締め付けがきついと、足が痺れたりするので注意が必要です。

腹巻きダイエットで痩せるコツは?

腹巻きダイエットで痩せるコツ①腹巻きを巻いたまま運動

運動

腹巻きダイエットで痩せるコツ、1つ目は腹巻きを巻いたまま運動をするです。腹巻きをしたまま、運動をすれば代謝が上がっている状態から更に運動で代謝を上げるので、カロリー消費が良くなり痩せやすくなります。

運動の中でも、有酸素運動が効果的だと言われています。激しい運動よりも、ウォーキングやヨガなどの有酸素運動で汗を流すと良いでしょう。

運動をしたいけど、1人だと何をしたらいいか分からない…と言うあなたには、1人でできるスポーツや気軽に楽しめるスポーツについて書いた記事がありますので、合わせて読んでみてください。

関連記事

一人でできるスポーツ10選!一人でも気軽に楽しめるおすすめの運動は?

運動不足を感じながらも、では何をしたら良いのかと思うことはありませんか

Small thumb shutterstock 533087773

腹巻きダイエットで痩せるコツ②腹巻きの上から更にカイロで温める

腹巻きダイエットで痩せるコツ2つ目は、腹巻きの上から更にカイロで温めるです。上の方でも紹介しましたが、肝臓を温めると代謝があがると言われているので、肝臓がある場所にカイロを張って、効率よく代謝をアップしましょう。

ただし、肝臓を温めるときの注意点があります。1日中温めるよりも、時間を決めて温めましょう。肝臓を温めすぎるのもよくありませんので、ほどほどに温めてください。

腹巻きダイエットで痩せるコツ③腹巻きを巻く位置は上の方

腹巻きダイエットで痩せるコツ3つ目は腹巻を巻く位置は上の方です。肝臓や胃を温めないとダイエット効果は薄くなります。腹巻きを巻くと言うと、下腹に巻きそうになりますが、下腹ではなく胃がある場所からおへそより少し下までしっかりと巻きましょう。

内臓全部を包み込むことで、成功できるのが腹巻きダイエットです。通常の腹巻きとは少し違うので、内臓全体を包み込める長いタイプの腹巻きを選んで購入しましょう。

腹巻きダイエットで痩せるコツ④腹巻きと一緒に食事管理も

食事管理

腹巻きダイエットで痩せるコツ4つ目は腹巻きと一緒に食事管理もしようです。腹巻を巻くだけでは、代謝が良くなったりはしますが、劇的に痩せる事は難しいでしょう。せっかく、代謝があがっても、腹巻きがあるからと油断して、甘いものなどを食べ過ぎると効果はありません。

そこで、大切になってくるのが、食事管理です。痩せやすい食事は、しょうがです。しょうがを使った料理を考えて、痩せる体質を作っていきましょう。

食事管理をしていると、食べたくてたまらなくなる時がありませんか?そんな時は、ダイエット中にもいい食べ物や食べ癖の治し方が詳しく書いた記事がありますので、こちらも合わせて読んでみてください!

関連記事

口寂しい時に食べる原因と心理は?ダイエット中もいい食べ物や食べ癖の治し方も

今回は、「口寂しいときに食べる原因と心理」をテーマに、ダイエット中もい

Small thumb shutterstock 546629683

腹巻きダイエットで痩せるコツ⑤少しきつめの腹巻き

腹巻きダイエットで痩せるコツ5つ目は、少しきつめの腹巻きを着用するです。少しきつめの、腹巻きを巻くことで、胃が最大まで膨らまないので食欲を抑える事ができます。食べ過ぎを防止する効果があります。

緩めの腹巻きは心地よいですが、食べ過ぎによるカロリーオーバーで痩せる事が難しくなります。腹巻きでお腹を温めるだけでは痩せません。

腹巻きダイエットで痩せるコツ⑥記録をつけて継続する

ノート

腹巻きダイエットで痩せるコツ6つ目は、記録をつけて継続するです。腹巻きダイエットは、腹巻きを365日巻いてこそ、効果が出るダイエットです。腹巻きをつけるくらい簡単!そう思って始めても、案外続けることが難しい人も多いようです。

そこで、自分のモチベーションを保つためにも、ノートに記録をつけてみましょう。毎日の体重や、食べたものをつけてみましょう。食べたものは、カロリーまで分からなくても大丈夫です。カロリーまで書いていたら、ややこしくて続かなくなります。ノートでなくても、ブログでも良いので記録をつけましょう。

おすすめの腹巻き4選

おすすめ腹巻き①お腹すっぽり腹巻メンズ・レディース男女兼用腹巻

おすすめ腹巻き1つ目は、お腹すっぽり腹巻メンズ・レディース男女兼用腹巻です。ロングタイプの腹巻きになります。胃から下の内臓を全て包み込んでくれるので、胃も肝臓も十分に温められます。素材もコットンとシルクで出来ていて、とても暖かく柔らかい素材です。

更に、伸びが良く、上下にも左右にも伸びるので、どんな体系の人にもぴったりとフィットしてくれます。妊婦さんにも、つけられるほどの伸縮性があるので、体系が変わっても長く使うことができます。

おすすめ腹巻き②漢医美健めぐりMAX腹巻きコットン100%

おすすめ腹巻き2つ目は、漢医美健めぐりMAX腹巻きコットン100%です。こちらは、東京理科大学の招聘講師が設計と開発をした商品です。その名の通りコットン100%で、とても暖かく肌の弱い方でも安心して使えます。

長年の臨床と研究を積み重ねて科学の力で生まれた、腹巻きです。美容とダイエットにこだわり12年もの月日をかけて作り上げたものなので、信用して使用する事ができます。

おすすめ腹巻き③シェイプアップベルト男女兼用薄手ダイエットベルト

おすすめ腹巻き3つ目は、シェイプアップベルト男女兼用薄手ダイエットベルトです。スポーツの専門家である、フィットネスのパーソナルトレーナーが長年の経験をもとに発案したダイエット用の腹巻きになります。

生地の内側に薄い発泡ポリウレタン製素材を接着加工した商品になります。発汗性抜群でダイエットにはとても適しています。腹巻きをして運動をする際には1つ持っておきたいですね。

おすすめ腹巻き④clausius骨盤矯正レディース腹巻脂肪燃焼

おすすめ腹巻き4つ目は、clausius骨盤矯正レディース腹巻脂肪燃焼です。こちらは、骨盤矯正も同時にできる腹巻きになります。自然に腹筋に負荷を与えて刺激してくれます。姿勢を正しく保ってくれます。姿勢が良くなると、自然とお腹に力が入ります。

お腹に力を入れて生活する癖がつくと、腹筋がついてきて、たるんだお腹が引き締まってきます。更に、くびれの無くなったウエストを矯正してくれます。

腹巻きダイエット以外におすすめの楽々ダイエットは?

その他の楽々おすすめダイエット①姿勢をキープするだけダイエット

姿勢

その他の楽々おすすめダイエット1つ目は、姿勢をキープするだけダイエットです。人間はつい、楽な姿勢をとりがちになります。スマホをしている時、パソコンをしている時、テレビを見ている時、猫背になっていませんか?

猫背になっている時は、腹筋にも背筋にも力が入っていません。力が入らない事で、カロリー消費が落ちてしまいます。腹筋に力を入れる事で、姿勢が正しく保たれます。その結果、腹筋も背筋も使いますので、特別な運動をしなくてもカロリー消費をしていることになります。

その他の楽々おすすめダイエット②腹式呼吸でダイエット

呼吸

その他の楽々おすすめダイエット2つ目は、腹式呼吸でダイエットです。普段何気なくしている呼吸法は、「胸式呼吸」と言います。ダイエットのためには「腹式呼吸」をした方が、カロリー消費が良く痩せやすい体になります。では、「腹式呼吸」とはどんな風にやればよいのでしょうか?詳しく説明します。

    腹式呼吸の仕方

  1. 1仰向けに寝転びましょう。この時リラックスしてください。
  2. 2お腹を風船だと思って息を吸った時に膨らましましょう。
  3. 3今度は、膨らんだ風船を縮ませるように息をゆっくりと吐きましょう。

腹式呼吸をする時の注意点は、息を吸った時に肩や胸が動かないようにしましょう。あくまでも、息を吸うときも吐くときも、動くのはお腹だけです。それ以外の場所が動いている場合は、腹式呼吸ができていない可能性が高いです。慣れてきたら、座ったり立ったりしていても、できる様になります。

その他の楽々おすすめダイエット③朝はバナナでダイエット

バナナ

その他の楽々おすすめダイエット3つ目は、朝はバナナでダイエットです。朝ごはんをしっかりと食べると約400キロカロリ~500キロカロリーになります。これを、バナナ1本に置き換えると、約100キロカロリーになるので、カロリーを随分抑えられることになります。

バナナの栄養成分には、カリウムが含まれています。カリウムは、体の水分を外に出してくれる働きをします。この働きのお陰で、女性には大敵なむくみを抑える事ができます。水分が外に排出されると、その分の体重が落ちます。続ける事で、ダイエット効果につながります。

更に、バナナには、食物繊維が含まれています。食物繊維は便秘解消などにも効果的で、便秘でのポッコリお腹を解消する事ができます。ダイエットには最適な食べ物になります。

その他の楽々おすすめダイエット④暖かい飲み物を飲む

飲み物

その他の楽々おすすめダイエット4つ目は、暖かい飲み物を飲むです。飲み物を飲むときに冷たい飲み物を飲んでいませんか?冷たい飲み物は、体を冷やしてしまいます。体が冷えると代謝が落ちてしまいます。

代謝が落ちると、太る原因になります。そこで、暖かい飲み物を飲むと、代謝が上がるのでダイエットを促進してくれることになります。

腹巻きダイエットはコツを掴めば最高のダイエット

腹巻きダイエットの仕方を紹介しましたが、いかがでしたか?腹巻きを巻くだけでダイエットと聞くと、ただ巻けばいいのかと思いますが、簡単ですが正しいコツを知らないと痩せない事がわかりましたか?コツさえわかれば、最高のダイエット方法です!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事