Icon search 36px

基本的な花壇の準備や作り方とは?

基本的な花壇の作り方や準備に必要なもの

ピンクの花

基本的な花壇の作り方として、まずは基本的な花壇作りに必要なものをご紹介します。まずは、軍手などの手袋を用意します。素手で花壇作りをしても構いませんが、爪や手のシワに土や泥が入り込んでしまい、後で落とすのが大変になってしまいますから、なるべく軍手などを準備しましょう。

また、スコップなども必要になります。そうしたら、土を作るための材料も準備するようにしましょう。よく園芸用の土などが販売されていますからそれを利用しても構いませんし、自宅の土をそのまま使うのであれば肥料だけ購入しましょう。基本的な花壇の作り方に必要な材料はこれだけです。

基本的な花壇には下準備が必須

工具

基本的な花壇の作り方として、下準備も必要になります。花壇を作るということは、植物を育てるということになります。植物を育てるためには、植物が育つための土が必要になりますから、花壇の作り方として、土をしっかり作るのは重要です。

おすすめなのは、園芸用で販売されている土を買ってきて、自宅の土と混ぜ合わせることです。自宅の土に肥料を混ぜて、花壇に適した土に改良しても良いですが、大変な場合は市販の園芸用土を購入するのが一番簡単なやり方だと言えます。もしも改良するなら、まずは自宅の庭の石やガラス片などを取り除くようにしましょう。

基本的な花壇の作り方にはホームセンターがおすすめ

買い物

基本的な花壇の作り方や基本的な花壇の作り方に必要な材料をご紹介しましたが、これらの材料を揃えるためにはホームセンターがおすすめです。ホームセンターであれば、園芸用の土や肥料、花壇の作り方に必要な材料が全て揃っていますから、一箇所で用事が済んでしまいます。

ホームセンターは、基本的な花壇の作り方に必要な材料が全て揃うだけでなく、どの材料を買えばいいのか悩んだ時には、店員さんにアドバイスを聞くことができます。これは、花壇作り初心者の人には非常に嬉しいことですよね!

初心者でもできるおしゃれな花壇の作り方とは?

初心者でもできるおしゃれな花壇の作り方①囲いを作る

レンガ

初心者でもできるおしゃれな花壇の作り方1つ目にご紹介するのは「囲いを作る」という作り方です。おしゃれな花壇を作るためには、花壇の中の花なども重要ですが、それを囲う囲いも重要になってきます。花壇を手作りで作ろうと思ったら、まずは、花壇の囲いの部分から取り掛かりましょう。

花壇の囲いを作る場合、素材は何でも構いません。木材でもエッジ材や石などでも構いませんが、初心者の方にはレンガがおすすめです。レンガは扱いやすいだけでなく、使う事によっておしゃれな雰囲気を出す事ができますから、初心者が始めて花壇を作る場合には、ぴったりな素材だと言えるでしょう。

初心者でもできるおしゃれな花壇の作り方②土を作る

紫の花

初心者でもできるおしゃれな花壇の作り方、2つ目にご紹介するのは「土を作る」という点です。花壇の囲いの部分を作ったら、いざ主役の植物を植える段階へと移りましょう。植物がしっかりと育つためには土壌がしっかりしていなければなりません。花壇のなかの土を掘り起こし、大きな石や根っこやゴミを取り除きます。

植物を植える土壌をなるべくふかふかで柔らかいものにするためには、土をよく掘り起こして、土の中に空気を入れてあげる事も重要です。土がほぐれてきたら次に栄養素となる消石灰を土の中に混ぜて、土の品質を植物が育つような品質に改良していきます。

初心者でもできるおしゃれな花壇の作り方③花を植える

女性

初心者でもできるおしゃれな花壇の作り方、3つ目にご紹介するのは「花を植える」という作業です。土壌が完成したらいよいよ主役となる花や植物を植えていきましょう。花はホームセンターや花屋さんなどで咲いた状態で売っているものもあれば、球根や種を蒔いて、1から育てるタイプのものもあります。

初心者が花壇を作る場合には、その季節に合った花を選ぶようにしましょう。やはり季節の花はその季節に植えると健康的で力強く咲いてくれます。また、花を選ぶ際にもう一つ注意したいのは、色合いを考える事です。花壇全体の色合いなどを考えることでおしゃれな花壇を、初心者でも作りあげる事ができますよ。

【画像つき】おしゃれな花壇のレイアウトデザイン

おしゃれな花壇のレイアウトデザイン画像①円形花壇

おしゃれな花壇のレイアウトデザイン画像、1つ目にご紹介するのは円形花壇です。レンガを使って円形に花壇を作るのは、自分で花壇を作る人には至ってポピュラーな方法です。しかし、レンガで円形花壇を作ると非常におしゃれでセンスの良い花壇が出来上がるようになりますから是非一度は試して欲しい花壇のレイアウトです。

レンガを使って円形花壇を作るだなんて、とても難しいことのように思われるかもしれませんが、案外簡単な作業なので、初心者の人でも丁寧に作業をすれば、問題はありません。たくさんアレンジを利かせれば、自分だけのオリジナル円形花壇が作れるようになりますから是非チャレンジしてみてください。

おしゃれな花壇のレイアウトデザイン画像②プランターを活用

おしゃれな花壇のレイアウト画像、2つ目にご紹介するのはプランターを活用したレイアウト画像です。プランターというのは、日本語に直すと「鉢植え」のことです。プランターの中で花を育てることで、花壇のない人でもガーデニングを楽しめると人気のある道具なのですが、これを活用するとおしゃれな花壇になるのです!

庭の花壇に花を植えてもなんだか物足りないというか、もう少しオリジナリティが欲しいと思いますよね。そんな時は、プランターをいくつか花壇の近くに置くことで、オリジナリティのあるおしゃれな花壇が完成します。プランターも様々な種類があるので、自分の構想に合ったものを吟味すると良いですよ。

おしゃれな花壇のレイアウトデザイン画像③庭の角を利用

おしゃれな花壇のレイアウト画像、3つ目にご紹介するのは庭の角を利用したレイアウト画像です。花壇を作る際に、まず最初に悩むのが、庭のどこに花壇を作ろうかという問題ですよね。こんな時におすすめなのが庭の角に花壇を作る事です。角であればレイアウト的にすっきりとした印象になります。

また、庭の角を利用して花壇を作ると、小さなスペースの花壇にしたとしても非常に存在感が出てきますから、初心者の方には特におすすめしたいレイアウトです。また、角を利用しているので、材料費が普通に花壇を作った時よりかからないという点も魅力的ですよね。

おしゃれな花壇のレイアウトデザイン画像④小物を上手に使う

おしゃれな花壇のレイアウト画像、4つ目にご紹介するのは小物を上手に使うというレイアウトです。他の人と差をつけた花壇を作りたいと思ったのなら、小物を積極的に活用するのがおすすめです。小さな鉢植えや缶など、自分のセンスを最大限に活かすことで、おしゃれな花壇が完成します。

おしゃれな花壇のレイアウトデザイン画像⑤高低差をつけて

おしゃれな花壇のレイアウトデザイン画像、5つ目にご紹介するのは高低差をつけたレイアウトデザインです。花壇を作る場合、大きな花壇でも小さな花壇でも、高低差をつけてメリハリを出すことは重要です。花の高さなどを計算して、高低差のある花壇を作ると、おしゃれな花壇に近づきますよ!

今回は、おしゃれな花壇のレイアウトデザインとして5つの花壇をご紹介しましたが、以下の記事でも花壇のレイアウトデザインをご紹介しています。こちらの記事では春夏秋冬の季節に合わせているので、是非合わせてチェックしてみてくださいね。

関連記事

【春夏秋冬】花壇のレイアウトデザイン例10選!花壇におすすめの花も

おしゃれな花壇にレイアウトするにはデザインをどのように決めて作っていく

Small thumb shutterstock 521498527

【小さい庭・広い庭別】おしゃれなDIY術

小さい庭のおしゃれDIY術

クローバー

小さい庭の場合には、なるべく空間を意識したDIYをすると良いでしょう。小さい庭では、地面の面積が少ないですから、小さい空間の代わりに、その高さに注目すると良いです。庭の塀にプランターをかけたりするなど、庭の地面だけでなく、庭全体を意識してDIYするようにすると、小さい庭でも素敵な庭ができます。

また、小さい庭の場合、庭の一部分にウッドデッキを敷くなど、地面に変化をもたせるようにすると小さい庭でもおしゃれなDIYをすることができます。重要なのは、小さな空間の中でどれだけ変化をつけて、充実した空間の庭にするかという点ですから、そのような部分に着目してDIYすると良いでしょう。

広い庭のおしゃれDIY術

ラベンダー

広い庭のおしゃれDIY術としておすすめなのは、なるべく無駄な隙間を作らないという作り方です。広い庭の場合、中途半端に花壇を作ってしまうと、花壇以外の余分なスペースが目立ってしまって、逆に淋しい印象の庭になってしまいます。

そのため広い庭では、花壇は小さすぎないようなサイズ感で作りあげ、いくつか複数の花壇を作る場合には、あまり無駄なスペースができないように、広い庭の広いスペースを全体的に捉えて、レイアウトやDIYを考えると良いですよ!広いスペースを有効活用しましょう!

モダンな花壇や庭の作り方のポイントとは?

モダンな花壇や庭の作り方のポイント①シンプルにする

花

モダンな花壇や庭の作り方、1つ目にご紹介するのはシンプルにするという作り方です。モダンな花壇はごちゃごちゃとしていない、シンプルなものであることが大前提です。そのために、花の色や形などもなるべく統一させ、花壇の材料もシンプルなものを使うようにしましょう。

モダンな花壇や庭の作り方のポイント②統一性を持たせる

チューリップ

モダンな花壇や庭の作り方のポイント、2つ目にご紹介するのは統一性を持たせるという作り方です。モダンな花壇や庭を作るためには、なるべく全体的な素材や質感、雰囲気が同じになるように統一させることが、作り方のポイントとしては重要です。

おしゃれな花壇を作ってみよう!

いかがでしたか?家は自分の財産ですから、なるべく綺麗に彩りたいですよね。今回ご紹介した方法などを参考にして、是非おしゃれな花壇を作ってみてください。また、以下の記事ではおしゃれな庭作りについて紹介していますから、合わせてチェックしてみてくださいね!

関連記事

【DIY】おしゃれな庭づくりのデザイン5選|初心者向けガーデニングも

庭づくりのデザインにお悩みではありませんか?おしゃれなデザインの庭のあ

Small thumb shutterstock 365023982

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事