Icon search 36px

木炭が作られる原理とは

木炭が作られる原理①炭は燃えカスではなく炭素の塊

炭素

木炭が作られる原理の1つ目は、炭は燃えカスではなく炭素の塊です。ほとんどの人は、木炭のことを燃えカスだと思っていることでしょう。しかし、実は炭素の塊なのです。かまどの中で蒸し焼きにすることで炭化させて作るのです。

そして、炭は燃焼させることで作ることができる。また、燃焼は発熱をすることにより酸化反応が起きます。その酸化反応が起こることで余分なエネルギーなどを出し切ることで炭ができるのです。

木炭が作られる原理②薪などのように煙が出ない

煙

木炭が作られる原理の2つ目は、薪などのように煙が出ないです。木炭は長い時間継続して使うことができることが特徴です。また、薪とは違い炭は燃やしても煙が出ることはないのです。そして、炎が立つこともないので、薪よりも炭の方が安全と言えます。

また、外や室内の空気などに合わせて炭自身が燃焼温度を変えたり、火加減を調節したりすることができるのです。しかし、風邪などが強すぎたりしてしまうと炎が立っていないので、消えやすくなってしまうこともあるのです。

木炭の用途3選

木炭の用途①除湿や消臭の効果

消臭

木炭の用途の1つ目は、除湿や消臭の効果にもなることです。炭には消臭効果があるのです。そのため、消臭剤や脱臭剤の中には、木炭や竹炭などを使っているものもあります。そのため、木炭や竹炭を冷蔵庫の中や下や、下駄箱のところに置くことで消臭効果が期待出来ます。

ですから、木炭や竹炭の作り方をマスターしたら、ただ燃やしたりするのではなく、消臭として使っていくのもオススメです。以下の記事は、100均炭について紹介してあります。是非以下の記事も参考にて見てください。

関連記事

【100均炭】ダイソー・セリアの12個!着火剤/トング/木炭

木炭を使うアウトドアなどは、道具を揃えるのにお金がかかるイメージがある

Small thumb shutterstock 437833375

木炭の用途②インテリア

インテリア

木炭の用途の2つ目は、インテリアです。木の味わいがある木炭はインテリアとしても活用することが出来ます。前述したように木炭は消臭効果もあるので、インテリアとして飾ることでオシャレにもなりますし、それと同時に臭いも消してくれるので一石二鳥なのです。

また、インテリアには花炭と呼ばれるまつぼっくりを使ったものもインテリアにはかなりオススメです。しかし、こちらの花炭は観賞用なので、燃やしたりすることも、消臭として使うこともできません。以下の記事は消臭剤について紹介しています。花炭を使う場合は、消臭剤も一緒に付けることをオススメします。

関連記事

【100均芳香剤】ダイソー・セリアの21個!消臭剤・スプレーも

みなさんは香りでハッピーな気分になったことはありませんか?今回は幸せな

Small thumb shutterstock 549099997

木炭の用途③料理

料理

木炭の用途の3つ目は、料理として使うことも出来ます。木炭の使い方としては炭火焼気などの料理に使うのが一般的だと思っている人も少なくないです。炭火でゆっくりとじっくりと焼くことで味がさらに引き締まり美味しくなります。

また、自宅で簡単にできる木炭の作り方が分かったら、バーベキューに試して見ることもオススメです。また、バーベキューする際に自分が一生懸命頑張って作った木炭と買ってきた木炭とでは満足さはかなり変わってきます。

【簡単】自宅できる木炭の作り方4選

【簡単】自宅できる木炭の作り方①準備編

炭

簡単に自宅できる木炭の作り方の1つ目は、準備編です。まず、木炭を作る際に必要な材料を紹介します。材料は作る手順によって変わってきますが、軍手、空き缶、アルミホイル、金網、ガスコンロ、そして空き缶に入る程度の木材です。また、空き缶に入らない場合は空き缶の代わりに一斗缶やダッチオーブンを使っていきます。

そして、木炭を作る際に大切なのは酸素の少ない状態にすることです。まず、木材をアルミホイルや空き缶、一斗缶などに入れます。その後、金網を乗せたガスコンロの上に置きます。煙が出なくなってきたら火を止めて冷めるまで待ちます。また、一斗缶で作る際には煙がかなり出るので住宅街では作らないことをオススメします。

自宅の庭で作る場合にも注意が必要で、灰などが大量に舞う可能性があります。風が強い日には作ることをしないことは当然なのですが、それだけではなく、洗濯物に灰がつかないように気をつけることも頭に入れておきましょう。

【簡単】自宅できる木炭の作り方②アルミホイルを使う

アルミホイル

簡単に自宅できる木炭の作り方の2つ目は、アルミホイルを使うです。アルミホイルを使って作るのは他のものと比べるとシンプルでかなり簡単です。まず、割り箸などの木材をアルミホイルに巻きます。そして、金網の上に置いてガスコンロで熱します。

そして、先端を2cm程余らせて、片方を潰してもう片方は開けて起きます。アルミホイルの両端を上に向かせて、熱します。煙が出てこなくなったら火を止めます。基本どの自宅や家庭にもあるものを置いてあるものだけで簡単に作れます。ですから、気軽に挑戦することができます。

【簡単】自宅できる木炭の作り方③一斗缶を使う

一斗缶

簡単で自宅できる木炭の作り方の3つ目は、一斗缶を使うです。一斗缶を使って木炭を作ると今まで紹介してきた作り方と比べて少し本格的な作り方になります。まず、レンガを使ってかまどを作ります。そして、レンガを2つ並べてその上に一斗缶を乗せます。レンガの間に燃料となる薪木をセットします。

そして、一斗缶の中に木材を入れて蓋を閉めてから火を付けます。大体1時間程熱します。一斗缶から上がっていた煙が無くなったら完成です。また、完成した際に完成した際にすぐ一斗缶から炭を取り出さないことがポイントです。まず、一斗缶を丸ごと土の中に埋めます。そのまま火が完全に消えるのを数時間待ちます。

この際に気をつけることは、1度熱した一斗缶はかなりかなり熱くなってしまうので、木材を入れている分重くなるので、この作り方を実践する際は危険を伴う可能性があるので、十分に注意をする必要があります。

【簡単】自宅できる木炭の作り方④ドラム缶を使う

ドラム缶

簡単で自宅できる木炭の作り方の4つ目は、ドラム缶を使うです。ドラム缶を使った木炭の作り方は、かなり難易度が高くなります。グラインダーを使い、木材を入れる穴を作ります。また、ドラム缶の下側に煙突の穴、上側に焚口となる穴を開けます。

そして、一斗缶の作り方と同じように土で覆う必要もあります。そして、この作り方はかなり重労働の作り方になるので、念入りに準備をすることと体力、そして、厳重な安全管理が必要となります。また、一斗缶で作るのより煙の量が多くなってしまうので、住宅街で作業するのはオススメできません。

自宅や家庭でできる自作の炭の作り方のコツ・ポイント

自宅や家庭でできる自作の炭の作り方のコツ・ポイント①道具を使う

道具

自宅や家庭でできる自作の炭の作り方のコツ・ポイントの1つ目は、道具を使うことです。自宅で木炭や竹炭、備長炭を作る際は道具を使って作ることのがコツ・ポイントです。より本格的に木炭などを作りたい場合は、前述したようにアルミホイルだけではなく、ドラム缶や一斗缶などを使うことをオススメします。

また、道具などを使う際には周りの安全管理がしっかりしている時のみにすることをオススメします。そして、遊び半分で道具を使うとなると火傷をしたり、大怪我になりかねないので遊び半分で木炭や竹炭、備長炭などを作ることはあまりオススメはできません。

ちなみに、炭を作ったり扱ったりする際におすすめの道具として長めのトングが挙げられます。熱くなった炭を掴んだり移動させるのに非常に重宝します。同時に軍手を着用してトングを扱うことで火傷予防にもなります。試してみましょう。

自宅や家庭でできる自作の炭の作り方のコツ・ポイント②慣れる

なれる

自宅や家庭でできる自作の炭の作り方のコツ・ポイント2つ目は、慣れることです。木炭や竹炭、備長炭を作る1番のコツとしては沢山作ったりして方法などを覚えることで簡単に作ることが出来ます。どんなものでも手際などを覚えることで一気に上達するケースはよくあることです。

竹炭や備長炭を家庭で自作する場合も同じです。全くの素人がやれば何度も失敗するかもしれませんが、それらの失敗を繰り返すことで竹炭や備長炭などを自宅で自作する方法をマスターできるようになっていくのです。

自宅で炭を作る際の注意点

自宅でまつぼっくりを使って炭を作る際の注意点①軍手を着ける

軍手

家庭で炭や備長炭などを自作する際の注意点の1つ目は、自宅でまつぼっくりを使って炭を作る時には軍手を着けて行うということです。まつぼっくりを拾って作る場合でも販売されているものを使う場合でも必ず軍手を着用しましょう。

軍手をすることで手が汚れることを防げるだけでなく、怪我などを防ぐ効果もあります。まつぼっくりの隙間に思わぬゴミが隠れていることがあります。これらのゴミで怪我をしたりしないためにも必ず軍手をして作業するようにしましょう。

自宅でペール缶を使って炭を作る際の注意点②換気などをきちんとする

換気

家庭で炭や備長炭などを自作する際の注意点のつける2つ目は、自宅でペール缶を使って炭を作る時には換気をきちんと行うということです。自宅で炭などを作る場合には必ず換気をしてください。換気をしない場合、気づかない間に一酸化炭素中毒になる危険性があります。

当然、密室での炭の仕様や竹炭や備長炭の使用も控えてください。出来上がった炭を使う場合も炭を作る場合も一酸化炭素は出てきます。思わぬ事故に遭う前に換気などの事前の予防をするようにしましょう。

換気扇が無い部屋では窓を開けるなどで換気ができます。しかし、換気扇と窓がある場合には、換気扇を回し、窓を開けることで空気が循環するのでおすすめです。注意点は、換気扇と窓が近い場所にある場合には外に出た一酸化炭素が循環されて部屋に舞い戻ってきてしまうので、その場合には片方だけにするようにしましょう。

自宅で作る木炭の作り方や原理を理解しよう!

いかがでしたか?自宅で備長炭などの作り方やその原理について解説してきました。今回の記事を参考にして自宅で炭をぜひ自作してみましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事

RANKING

人気の記事