Icon search 36px

一人暮らしにおすすめな魚7選

一人暮らしにおすすめな魚①めだか

一人暮らしにおすすめな魚の1つ目は、めだかです。近くに川があれば川でもめだかは獲れます。比較的獲りやすい魚ということもあり、飼いやすい魚でもあります。最近ではホームセンターなどでもめだかは販売されています。

小学生でも飼える手軽さからペットに人気が高いのがめだかです。簡単に飼えるのはいいのですが、めだかだけではなんとなく色気がありません。そこで、水槽に入れる石や水草できれいに飾ってあげましょう。

一人暮らしにおすすめな魚②金魚

一人暮らしにおすすめな魚の2つ目は、金魚です。金魚は簡単に飼えるのでペットに最適です。それだけではなく、きれいで映えるペットです。上手に飾ってあげることで心安らぐ空間が生まれます。

一人暮らしにおすすめな魚③アカヒレ

一人暮らしにおすすめな魚の3つ目は、アカヒレです。水道水でも飼うことが可能なので簡単に飼えるペットとしておすすめです。魚を飼ってみたいけれどもめだかや金魚では物足りないという人には特におすすめのペットと言えます。赤い線がきれいで神秘的な魚です。

一人暮らしにおすすめな魚④グッピー

一人暮らしにおすすめな魚の4つ目は、グッピーです。非常に飼いやすくかつたくさんの子供を増やしてくれるので、どんどん増えていってくれます。色もきれいなので見た目も映えます。

ただし、グッピーは共食いという行為を行うことがあります。特に産まれたばかりの赤ちゃんは大人のグッピーに食べられてしまいます。別の水槽に移してあげるか、ペットボトルなどで囲いを作って保護してあげましょう。

一人暮らしにおすすめな魚⑤ミナミヌマエビ

一人暮らしにおすすめな魚の5つ目は、ミナミヌマエビです。厳密には魚ではありませんか熱帯魚屋さんなどに行くとよく見かけます。一風変わったペットを望みの場合などにおすすめです。

その見た目は透明に近くグッピーと同じくらい繁殖力もあるため、増やすのが簡単というメリットがあります。更には、比較的長生きするため、水槽いっぱいのミナミヌマエビという状態も夢ではありません。

一人暮らしにおすすめな魚⑥ネオンテトラ

一人暮らしにおすすめな魚の6つ目は、ネオンテトラです。何と言っても単価が安いというのが魅力の1つです。また、見た目もきれいなのでたくさんのネオンテトラを水槽に入れることで見ごたえのある水槽を演出することができます。特にグッピーと一緒に飼うとよりカラフルできれいに見えます。

一人暮らしにおすすめな魚⑦ベタ

一人暮らしにおすすめな魚の7つ目は、ベタです。闘魚とも呼ばれており、オス同士を同じ水槽に入れてしまうとどちらかが死ぬまで戦うという習性を持っているので注意は必要です。しかし、その色彩鮮やかでかつコップ1つあれば飼えるという手軽さから非常に人気の高いペットです。

非常に人懐こい性格で、水槽の壁に指を近づけると「エサちょうだい」と寄ってきます。愛嬌もありとてもきれいなのでいつまで見ていても飽きません。また、その可愛さからか、ベタを飼うほとんどの人は女性だとも言われています。

一人暮らしにおすすめな魚の水槽5選

一人暮らしにおすすめな魚の水槽①ワイングラス

ワイングラス

一人暮らしにおすすめな魚の水槽の1つ目は、ワイングラスです。ベタを飼う時やアカヒレやネオンテトラのような小さな熱帯魚をちょっとおしゃれに演出するならばワイングラスがおすすめです。

ワイングラスを水族館のような展示品として飾り、そこに熱帯魚を入れてあげればとてもおしゃれなアクアリウムが完成します。以下の記事に初心者でも作れるアクアリウムの作り方が載っていますのでそちらも参考にしてみてください。

関連記事

初心者のアクアテラリウムの作り方とは?水槽レイアウトや滝の作り方も

1つの水槽で水中と陸地の世界を表現するアクアテラリウムは熱帯魚や爬虫類

Small thumb %e5%ae%ae%e5%b4%8e2

一人暮らしにおすすめな魚の水槽②ビンかペットボトル

ペットボトル

一人暮らしにおすすめな魚の水槽の2つ目は、ビンかペットボトルです。会社のデスクに癒しが欲しい場合などにおすすめです。机の上に手軽に置けるという点が非常に大きいです。簡単に飼える熱帯魚を中に入れて仕事の癒し空間を作ってみましょう。

一人暮らしにおすすめな魚の水槽③ボトルアクアリウム

一人暮らしにおすすめな魚の水槽の3つ目は、ボトルアクアリウムです。普通のアクアリウム水槽を丸くしたい方にもおしゃれな水槽です。きれいな砂と水草を入れれば少ない熱帯魚でも十分映える水槽になります。

特に水槽の形が丸いので普通の四角い水槽よりも目を引くという点も大きなポイントとなっています。テーブルの上にちょこんと置けるので家のテーブルの上や職場のデスクに最適です。ペットボトルやワイングラスを使った水槽はあくまでも即席の水槽なので、少し本格的な水槽が欲しい人向けの水槽と言えます。

熱帯魚用の水を使えば購入した熱帯魚をすぐに水槽に入れて飼うことができますが、水道水を丸一日日光で消毒した水を水槽の水の3分の1入れるという方法も可能なので試してみてください。

一人暮らしにおすすめな魚の水槽④アクアリウム水槽

一人暮らしにおすすめな魚の水槽の4つ目は、アクアリウム水槽です。普通の水槽よりも小さめの水槽です。玄関先に設置したりおしゃれな人はキッチンに置いたりしています。ボトルアクアリウムは電源を必要としませんでしたが、アクアリウムの場合は中を照明が照らすので電源が必要です。

しかし、電源も濾過機も必要ない小さなアクアリウム水槽も存在します。そんな水槽の場合にはベタのような水の手入れの必要がない熱帯魚を入れることをおすすめします。まずは自分が飼いたい魚が濾過を必要とするかしないかで、電源ありか無しかのアクアリウム水槽を選びましょう。

一人暮らしにおすすめな魚の水槽⑤熱帯魚用水槽

一人暮らしにおすすめな魚の水槽の3つ目は、熱帯魚用水槽です。水温を一定に保つヒーターや酸素を送るエアーや濾過機など電気をたくさん使います。もちろん照明も必要です。電気代だけでも月におよそ5000円程度かかりますが、その分本格的な熱帯魚を飼うことができます。

まずは、設置する場所を確認します。そこには電源があるかもチェックしておきましょう。水槽を購入したら、設置場所に置いて下に砂を敷き詰めます。水草を植える場合には多めの砂を敷き詰めるようにします。次に水を入れます。それから電気系統を接続し、スイッチを入れたら、最後に魚を入れます。

通常熱帯魚は、購入したら購入先の水と一緒にビニール袋に入れられています。まずは買ってきた魚が水槽の温度に慣れるようにするため、袋のまま水槽の中に入れて1時間程度放置してから、中の水ごと水槽に放してあげるといいですよ。

一人暮らしのペットに魚がおすすめな理由は?

一人暮らしのペットに魚がおすすめな理由①簡単に飼えるから

簡単に飼える

一人暮らしのペットに魚がおすすめな理由の1つ目は、簡単に飼えるからです。お手軽に飼えるというのは大きなメリットと言えます。ペットは飼いたいけれども、犬や猫はちょっと大変だという方は意外と多いです。そんな人におすすめなのが魚というわけです。

簡単に飼えるという点で見れば、ウサギやハムスターもお手軽ですが、一人暮らしとなると、仕事中に何されるかわからないウサギはちょっと大変なイメージです。いくらゲージに入れていても匂いもするので、気になる人もいるでしょう。

しかし、熱帯魚ならば匂いもしませんし、見た目もカラフルできれいです。自分なりに水草や敷き詰める石を変えることでアレンジもできます。簡単に飼えるだけでなく、アレンジができるという大きなメリットがあるのは熱帯魚だけです。

一人暮らしのペットに魚がおすすめな理由②お手軽なベタなら見た目も美しい

見た目も美しい

一人暮らしのペットに魚がおすすめな理由の2つ目は、お手軽なベタなら見た目も美しいからです。熱帯魚の中でも特にベタという魚は一人暮らしの人にはおすすめです。熱帯魚で唯一大変なのが水を変えるという作業です。

せっかくの休みの日の半日も水槽掃除や水を変えるのに消えてしまうのはペットを飼っている宿命とはいえなんだかもったいないと感じてしまいます。しかし、ベタならば水を変える必要がほとんどありません。気になった時に水を足してあげる程度で問題ありませんし、水も汚しません。

これらの理由から、更に見た目も美しいベタは熱帯魚の中でも特におすすめしたいペットと言えます。ペットと言えばペットを飼う夢を見た場合には以下の夢占いの記事を参考にしてみてください。何か大きな意味があるかもしれませんよ。

ペットを飼うメリットは?

ペットを飼うメリット①簡単に飼えるペットは世話が楽なのに癒される

癒し

ペットを飼うメリットの1つ目は、簡単に飼えるペットは世話が楽なのに癒されるという点です。熱帯魚に限らずウサギやハムスターなども癒されるペットです。世話が楽なのに癒されるというのは飼い主からしたらとても大きなメリットです。日ごろのストレス発散になること間違いなしです。

ペットを飼うメリット②命の大切さを知れる

命の大切さ

ペットを飼うメリットの2つ目は、命の大切さを知れるということです。特に小さな子供は幼い頃からペットを飼うことで命の大切さを知る優しい子に育つと言われています。ペットを飼うことでペットの『死』を身近に受け、命の大切さを知れるのは大きなメリットと言えます。

ペットを飼うデメリットは?

ペットを飼うデメリット①住む場所が限定される

住む場所

ペットを飼うデメリットの1つ目は、住む場所が限定されるという点です。自分で購入した家ならばオーナーが自分なのでペットは自由ですが、借家の場合はそうはいきません。ペット不可の場所も多く存在します。ペットを飼っていて最大のデメリットは、ペット不可の場所には住めないという点です。

ペットを飼うデメリット②費用がかかる

費用

ペットを飼うデメリットの2つ目は、費用がかかるということです。当たり前ですが、ペットを飼うということは、ペットを飼っていない人に比べて出費が多いです。思いもよらない費用がかかることもあるので、デメリットと言えそうです。

一人暮らしでも簡単に飼える魚をペットにしよう!

いかがでしたか?一人暮らしでも飼えるペットとして熱帯魚を紹介してきました。今回の記事を参考にして、自分の癒しになるようなペットとの生活を見つけてみてください!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事