Icon search 36px

初心者向けのアクアテラリウムの作り方とは?

アクアテラリウムとは水槽の中に陸地と水中を作る飼育槽のこと

観葉植物

アクアテラリウムとは水槽の中に陸地と水中を作り植物や生き物を飼育する水槽のことです。アクアテラリウムとは「アクアリウム」と「テラリウム」が組み合わさった造語で、アクアリウムは水中、テラリウムは陸地を意味しています。

熱帯魚などの生き物を水槽で飼育するアクアリウム、苔や植物を瓶などの植物で栽培するテラリウムの要素を融合させたのがアクアテラリウムで、水槽の中に水中と陸地を再現することができると近年注目が集まっています。

1つの水槽に水中と陸地を作り上げるのは初心者には難しそうと思うかもしれませんが、アクアテラリウムは水槽初心者でも手軽に始めることができます。また水槽で爬虫類や両生類といった生き物、熱帯魚を飼育したいという人にもおすすめです。

初心者向けのアクアテラリウムの作り方①レイアウトを考える

水中のインテリア

初心者向けのアクアテラリウムの作り方1つ目はレイアウトを考えることです。いきなり作り始めてもイメージ通りに完成するとは限らず、作っている途中でイメージと違ってしまうことも考えられます。特に初心者は失敗しないように、最初にしっかりとレイアウトを考えることが大切です。

水槽の大きさを決め、水槽の中で水中と陸地をどのように作るか考えます。そして植物をどれくらい増やすのか、何の種類の植物を使用するのかも考えておきましょう。

初心者向けのアクアテラリウムの作り方②爬虫類など飼育する生き物を考える

白ヘビ

初心者向けのアクアテラリウムの作り方2つ目は爬虫類や両生類など飼育する生き物を考えることです。水槽で飼育する生き物というと熱帯魚が一般的ですが、水槽は爬虫類や両生類を飼育するのにも適しています。

アクアテラリウムのレイアウトを決めたら、水槽の大きさや水量に合わせて飼育する生き物を考えましょう。アクアテラリウムの水中で熱帯魚を飼育し、陸地でヘビやトガゲなどの生き物を飼育することもできます。

初心者の人は飼育しやすい熱帯魚や淡水魚をアクアリウムで飼育するのもおすすめです。以下の記事では初心者でも飼いやすいおすすめの魚について紹介していますので併せて参考にしてみてください。

関連記事

飼いやすい魚おすすめランキングTOP11|熱帯魚/淡水魚/初心者

飼いやすい熱帯魚や淡水魚はご存知でしょうか。魚は一人暮らしの方でも飼育

Small thumb shutterstock 365175962

アクアテラリウムの水槽レイアウト11選

アクアテラリウムの水槽レイアウト①浮き草をレイアウトしためだかの水槽

アクアテラリウムの水槽レイアウト1つ目は浮き草をレイアウトしためだかの水槽です。浮き草は熱帯魚を飼育する水槽に入れるのに人気があり、アクアテラリウムの水槽レイアウトに使用しても自然な雰囲気を演出することができます。めだかは初心者でも飼育しやすいので、初心者にもおすすめの水槽レイアウトです。

アクアテラリウムの水槽レイアウト②流木と苔のレイアウト

アクアテラリウムの水槽レイアウト2つ目は流木と苔のレイアウトです。流木を使ってアクアテラリウムの土台と陸地を作り、苔を流木に植栽して緑のある美しい景観を演出しています。水中から出た流木の動きに躍動感があり、水槽を眺める角度によって色々な表情を楽しむことができます。

アクアテラリウムの水槽レイアウト③モンステラやアイビーの植物レイアウト

アクアテラリウムの水槽レイアウト3つ目はモンステラやアイビーなどの植物をレイアウトした例です。葉に切れ込みの入ったモンステラは観葉植物としても人気があり、アクアテラリウムの水槽レイアウトに使用してもその存在感は抜群です。アイビーやテーブルヤシなどの植物をバランス良く配置して美しい景観を演出します。

アクアテラリウムの水槽レイアウト④流木と石のレイアウト

アクアテラリウムの水槽レイアウト4つ目は流木と石のレイアウトです。大きな流木と大きな石を使ったレイアウトで、水槽を囲むような流木が自然の迫力を感じさせます。流木と石がメインですが、バランス良くあしらわれた植物がより自然の雰囲気を高めていますね。水中ではウーパールーパーを飼育している例です。

アクアテラリウムの水槽レイアウト⑤石の洞窟のような淡水魚の水槽

アクアテラリウムの水槽レイアウト5つ目は石の洞窟のような淡水魚の水槽レイアウトです。大きな石を積み重ねて洞窟のようなイメージを表現しています。石の洞窟と水草が作り出す世界に淡水魚が美しく映え、自宅にいながら水族館のような気分を味わえる水槽レイアウトとなっています。

アクアテラリウムの水槽レイアウト⑥流木と植物の大型水槽レイアウト

アクアテラリウムの水槽レイアウト6つ目は流木と植物で作る大型水槽のレイアウトです。大型水槽は横に長い流木と背の高い植物をレイアウトすることでバランスの良いレイアウトに仕上がります。流木から自然と植物が生えているかのようなレイアウトです。

アクアテラリウムの水槽レイアウト⑦水草とオブジェのレイアウト

アクアテラリウムの水槽レイアウト7つ目は水草とオブジェのレイアウトです。水槽の中にお城のオブジェを配置し、水の中の都のような幻想的な雰囲気を醸し出しています。このようにオブジェを置いて幻想的かつ存在感のある水槽レイアウトを楽しんでみるのもおすすめです。

アクアテラリウムの水槽レイアウト⑧植物の壁のレイアウト

アクアテラリウムの水槽レイアウト8つ目は植物の壁が美しい水槽レイアウトです。緑の壁があるアクアテラリウムは自然の雰囲気たっぷりで美しいですよね。侘び草ウォールを活用すると初心者でも手軽に緑の壁を楽しむことができます。流木や苔との相性も抜群です。

アクアテラリウムの水槽レイアウト⑨石の陸地と苔のレイアウト

アクアテラリウムの水槽レイアウト9つ目は石の陸地と苔のレイアウトです。石を積み重ねて陸地を作り、苔を中心に植栽して緑豊かな水槽レイアウトに仕上げています。苔の持つ和の風合いが落ち着いた雰囲気のアクアテラリウムを演出します。

アクアテラリウムの水槽レイアウト⑩滝のあるレイアウト

アクアテラリウムの水槽レイアウト10個目は滝のあるレイアウトです。流木と植物が作り出す陸地は迫力があり、中央の滝が水の流れの美しさを演出しています。水中の美しさと陸地の美しさの両方を楽しめる水槽レイアウトです。

アクアテラリウムの水槽レイアウト⑪流木と苔の爬虫類飼育向けレイアウト

アクアテラリウムの水槽レイアウト11個目は流木と苔の爬虫類の飼育向けレイアウトです。トカゲやヘビなどの爬虫類は流木の上で過ごすことも多いので、画像のように枝状流木を使ってレイアウトをしてみるのがおすすめです。流木をより美しく見せるように苔を植栽して、自然の景観を表現しています。

アクアテラリウムの滝の作り方

アクアテラリウムの滝の作り方①流木

木材でDIYする人

アクアテラリウムの滝の作り方1つ目は流木を使った作り方です。水槽のフチに流木を掛け、流木の穴の開いている部分から水を流して滝を作ることができます。水が出る外部フィルターにホースを被せ、そのホースを流木の穴に通すことで滝のように水が流れるようになります。以下の動画の作り方を参考にしてみてください。

    流木を使ったアクアテラリウムの滝の作り方

  1. 1流木にホースが通るくらいの穴を開けます。
  2. 2水が出る外部フィルターにホースを被せます。
  3. 3ホースを流木の穴に通して水の流れを確認します。
  4. 4流木の穴とホースを隠すように植物をあしらって出来上がりです。

アクアテラリウムの滝の作り方②石

ハートと四角の石

アクアテラリウムの滝の作り方2つ目は石を使った作り方です。石を組み合わせて川を作り、段になるように接着することで滝の流れを再現することができます。石は大きめのものと小さめのものを用意すると良いでしょう。石を使った滝の作り方は以下の動画で紹介されているので参考にしてみてください。

    石を使ったアクアテラリウムの滝の作り方

  1. 1石材用の接着剤を使って大きの石の周りに小さめの石を接着して川を作ります。
  2. 2石を段になるように重ねて接着します。
  3. 3塩ビ管から流れる水の下に石を置いて出来上がりです。

アクアテラリウムの土台の作り方

アクアテラリウムの土台作りに必要な機材

鉢植え植物

アクアテラリウムの土台作りをするにあたって必要な機材があります。アクアテラリウムの水中の景観を美しくするために、水をろ過するろ過装置を設置してから土台作りの作業に入ります。ろ過装置は底面式フィルターや外部フィルターを使うのが一般的ですので、土台作りの前に水槽に合った機材を設置しておきましょう。

発泡スチロールと石を使ったアクアリウムの土台の作り方

DIYの材料

アクアテラリウムの土台の作り方1つ目は発泡スチロールと石を使った作り方です。発泡スチロールで土台を作り、土台の上に石を貼り付けて陸地を作っていきます。石で川や滝を作ることもできるので、自分なりのレイアウトを楽しめる作り方です。

    発泡スチロールと石を使ったアクアリウムの土台の作り方

  1. 1水槽の大きさに合わせて発泡スチロールをカッターで削り出します。
  2. 2発泡スチロールにレイアウト用の石を接着して陸地を作っていきます。
  3. 3陸地の形を整え、苔や植物を植栽して水槽に設置をして出来上がりです。

流木を使ったアクアテラリウムの土台の作り方

木材と花

アクアテラリウムの土台の作り方2つ目は流木を使った作り方です。普段から流木の扱いに慣れている人は簡単に土台と陸地を作ることができますし、積み上げやすい流木は初心者でも扱いやすいです。市販の流木を使用しても良いですし、拾った流木を使用して土台作りをすることができます。

    流木を使ったアクアテラリウムの土台の作り方

  1. 1水槽に底面式フィルターを設置し、流木を組み合わせて土台と陸地を作ります。
  2. 2お好みで赤玉土などを水槽の底に敷き詰めます。
  3. 3植物をレイアウトして出来上がりです。

アクアテラリウム作りに挑戦しよう

アクアテラリウムは1つの水槽で水中と陸地の景観を楽しむことができ、熱帯魚や爬虫類、両生類などの生き物の飼育にも最適です。アクアテラリウムの土台や陸地作りは石や流木を使えば初心者でも手軽に始められますし、水の流れを美しく演出する滝もちょっとした工夫を加えることで作ることができます。

アクアテラリウム初心者の人は小さい水槽から始めて、石や流木のレイアウト、植物のレイアウトなど自分なりの表現を楽しんでみてください。水と緑の世界を同時に表現するアクアテラリウムは作り始めるとハマること間違いなしですよ。自分だけのアクアテラリウム作りに挑戦してみてくださいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事