Icon search 36px

ねぎらいの言葉の例文5選

ねぎらいの言葉の例文①あなたのおかげです

笑顔の女性

ねぎらいの言葉の例文の1つ目は「あなたのおかげです」という言い回しです。この言葉は、相手の功績を認める言葉であり、言われた相手は嬉しい気持ちになれる言葉です。また、「あなたのおかげです」というねぎらいの言葉は、身分や年齢の上下関係なく使うことが出来る点でもおすすめしたい言い回しです。

ねぎらいの言葉をかける場合には、相手を認めたり、相手の功績や行動を認めたりすることが大切です。もちろん感謝を述べることも大切なのですが、感謝とねぎらいの言葉の違う部分は相手の何かを認めているかという部分になります。そのため、ねぎらいの言葉の方が言われると嬉しいことが多くなっているのです。

このねぎらいの言葉は「実力も経験も不足している私がここまで来れたのはあなたのおかげです。あなたの親身なサポートなしではここまでたどり着くことはできませんでした」といった形で使うことができます。長く付き合っていきたい相手には是非積極的に使っていきたい言い回しです。

ねぎらいの言葉の例文②あなただから出来たのです

腕を組む男性

ねぎらいの言葉の例文の2つ目は「あなただから出来たのです」という言い回しです。この言い回しは、相手の実力を最大限認めている言い回しになります。もしも相手に何かしらの分野で実力がなければこのような言い回しはできないですし、またこのような言い回しをされると相手は自分の実力が認められたと感じられます。

ただし、このような言い回しを使う場合には相手方に本当に実力がある場合や、相手方がその分野に関して自信がある場合に限られます。お世辞でこのような言い回しをしてしまうと、相手に響かないどころか相手に不信感を与えてしまうことがあります。そのため、このねぎらいの言葉には、その言葉をかける根拠が必要です。

このねぎらいの言葉は「こんなに完成度が高い製品は見たことがない。これはあなただから出来たのですよ」といった形で使います。かなり大袈裟に聞こえる表現ですので、使いどころには十分に注意するようにしましょう。

ねぎらいの言葉の例文③体をいたわってください

孫と祖母

ねぎらいの言葉の例文の3つ目は「体をいたわってください」という言い回しです。このねぎらいの言葉は相手を認めるというよりは、相手をいたわる言葉である側面が強いのですが、身体を壊しそうになるくらい、長い間頑張り続けていることを認める言い回しであり、このねぎらいの言葉も相手を認める言い回しになります。

特にこのねぎらいの言葉は、相手が身体的あるいは精神的に弱っている場合に言ってあげたい言い回しです。このようなねぎらいの言葉がかけられるようになると、お互いのコミュニケーションが円滑になり、またお互いに相手に対しての信頼感も生まれる可能性が高くなります。

このねぎらいの言葉は「今まで夜通し頑張ってこられて、疲労が蓄積されているかと存じます。どうか体をいたわってください」といった形で使うことができます。

ねぎらいの言葉の例文④あなたにお願いして良かったです

微笑む女性

ねぎらいの言葉の例文の4つ目は「あなたにお願いして良かったです」という言い回しです。この言葉は「ここまでしっかり仕上げてくれるのはあなただけです。あなたにお願いして良かったです」といった形で使います。相手の功績を具体的に認めるねぎらいの言葉で、色々なシーンで使いやすくおすすめの表現となります。

ねぎらいの言葉の例文⑤いつも流石の仕事ぶりですね

受付での笑顔受付

ねぎらいの言葉の例文の5つ目は「いつも流石の仕事ぶりですね」という言い回しです。このねぎらいの言葉は「やっぱり佐々木さんが手がけられていたのですね。他とは一味違う内容だとお見受けしていました。いつも流石の仕事ぶりですね」といった形で使います。

このねぎらいの言葉に関しては、長らく相手の功績を認め続けていることを暗に示している言い回しになります。そのため、長く付き合っている人に対して使うと、信憑性が増し相手も嬉しくなるねぎらいの言葉であると言えます。

メールでねぎらいの言葉を送る時書き方は?

メールでねぎらいの言葉を送る時書き方①基本はビジネスメールの形式で

パソコンを打つ男性

メールでねぎらいの言葉を送る時書き方の1つ目は、基本はビジネスメールの形式で送ることです。メールでねぎらいの言葉をかける時に、普段敬語を使っていないような相手であれば通常、メールも親しみを持てるように敬語は使わないようにしがちなのですが、敬語で送ることを意識した方がベターです。

何故なら現状はLINEやTwitter等のSNSでプライベートなメッセージ発信はできるようになっておりメールは比較的フォーマルな要素が強いものと住み分けが進みつつあるからです。そのため特に会社関連の相手であれば、仕事の中でのねぎらいはたとえ普段は敬語を使っていなくてもこの場に限り敬語を使いましょう。

メールでねぎらいの言葉を送る時書き方②話言葉よりは丁寧にするのが基本

パソコンを打つ女性

メールでねぎらいの言葉を送る時書き方の2つ目は、話言葉よりは丁寧にするのが基本です。ねぎらいの言葉は基本的に同僚や部下に送るものなので、必要以上に丁寧にする必要はないのですが、最低限丁寧語で送った方がいいでしょう。何故なら対面で伝えるよりメールの言い回しの方が高圧的に感じることがあるからです。

また、たまには改まった形で、丁寧な言葉でメッセージをもらうと、相手から信頼をされている印象を受け、ねぎらいの言葉をかけられた方は嬉しくなるものです。敬語でのメッセージは相手への信頼も意味するのです。そのため、このようなメッセージを送る場合にはほど良く丁寧な敬語表現を使うようにしましょう。

メールでねぎらいの言葉を送る時の文例5選

メールでねぎらいの言葉を送る時の文例①メールでも使える敬語の文例

笑顔の男性

メールでねぎらいの言葉を送る時の文例の1つ目は、メールでも使える敬語の文例を紹介します。メールでも使える敬語の文例としては「いつも佐々木様に頼ってばかりで申し訳ありません。佐々木様のおかげで私どもも何とか現状維持で進めている状況でございます。いつもありがとうございます」といった言い回しがあります。

この例文では「おかげで」という表現を使うことで相手の功績を認めていることを伝えています。また「健康には十分に留意されてください」など、相手をいたわるメッセージも付け加えると、より気持ちが込められた表現になります。

メールでねぎらいの言葉を送る時の文例②ビジネスにおけるねぎらい

メールを見る女性

メールでねぎらいの言葉を送る時の文例の2つ目は、ビジネスにおけるねぎらいを紹介します。ビジネスにおけるねぎらいの文例としては「佐々木様が担当で本当に良かったです。いつも丁寧な仕事ぶりに感謝しております。どうかお身体には十分に気を付けて過ごしてください」といった言い回しがあります。

「担当で良かったです」という前置きをした上で具体的に相手の良い部分を伝えることで言葉に信憑性が増すので、こういったねぎらいの言葉を相手にかけると、相手からの信頼感も増すことでしょう。

メールでねぎらいの言葉を送る時の文例③知人に対するねぎらい

2人での仕事

メールでねぎらいの言葉を送る時の文例の3つ目は、知人に対するねぎらいです。知人に対するねぎらいの文例としては「いつも頑張ってますね。寒さ厳しい季節にはなりますが、健康面には十分に気を付けて過ごしてください」といった形になります。相手を認め、相手を心配する気持ちが十分に伝わる文例と言えます。

メールでねぎらいの言葉を送る時の文例④家族に対するねぎらい

料理の風景

メールでねぎらいの言葉を送る時の文例の4つ目は、家族に対するねぎらいです。家族には「昔から頑張り過ぎて辛そうにしてることもあるけど、自分のこともちゃんと考えて生活してください。頑張ることも大切ですが、あなたが笑顔でいることが私にとって一番の喜びです」といったねぎらいの言葉が有効です。

家族には飾らず、思ったことをしっかり伝えるだけで十分なねぎらいになります。良い家庭ではこのようなねぎらいの言葉が日常において聞かれることが珍しくありません。下記の関連記事は理想の家族について紹介していますので、こちらも確認して様々なシーンでの良好な人間関係について考えてみましょう。

関連記事

理想の家庭像とは?男女別の理想の家庭像や理想の家族構成も

理想の家族像や理想に思う家庭像があると思います。理想の家族とは何かどん

Small thumb shutterstock 556507171

メールでねぎらいの言葉を送る時の文例⑤同僚に対するねぎらい

窓を見る

メールでねぎらいの言葉を送る時の文例の5つ目は同僚に対するねぎらいです。同僚に対しては「あなたの存在が私にとっていつも刺激になっています。いつまでもいい友人、そして良きライバルでいてください」といったねぎらいの言葉があります。相手を認め、相手が大切な存在であることをしっかり伝えている文例になります。

部下にねぎらいの言葉をかける言葉は?

部下にかけるねぎらいの言葉①期待してるよ

腕を組む男性

部下にかけるねぎらいの言葉の1つ目は「期待してるよ」という言い回しです。部下にかけるねぎらいの言葉は基本的に相手の実力を認め、また今後も活躍して欲しい願いを込めることが少なくありません。「期待してるよ」という表現はありきたりかもしれませんが、言われると非常にうれしくなる表現です。

部下にかけるねぎらいの言葉②今後も頼むね

2人での仕事

部下にかけるねぎらいの言葉の2つ目は「今後も頼むね」という言い回しです。「期待してるよ」という言い回しよりも、「今後も頼むね」という言い回しの方が、期待がより具体的であり、言われた方もより相手からの期待が大きいと感じることができる言葉です。

部下にかけるねぎらいの言葉③いつも頼りにしてるよ

笑顔の男性

部下にかけるねぎらいの言葉の3つ目は「いつも頼りにしてるよ」という言い回しです。部下にねぎらいの言葉をかける場合には、「いつも頼りにしてるよ」という表現は本当に信頼している部下にかけられる言葉です。何故なら他の表現に比べると、継続性を感じることができる言い回しだからです。

ねぎらいの言葉の意味とは?

ねぎらいの言葉の意味とは①苦労に対しての感謝や激励を示す

2人での仕事

ねぎらいの言葉の意味の1つ目は、苦労に対しての感謝や激励を示すことです。労いの言葉には感謝の意味もあるのですが、それ以上に激励の意味や相手の存在や功績を改めて認めるという意味合いもあります。むしろ感謝の意味合いよりも、激励や相手の存在を認める意味の方が大きい場合が少なくありません。

例文をいくつか見てきましたが、いずれも感謝よりは相手を認めたり激励したりするニュアンスの方が強くなっています。そのため、ここで紹介しているような例文のフレーズを同僚や部下に向けることで、コミュニケーションが良化する可能性が高くなります。ねぎらいの言葉は相手との関係性を良化させるのです。

ねぎらいの言葉の意味とは②目上からの発信が基本

ミーティングの風景

ねぎらいの言葉の意味の2つ目は、目上からの発信が基本です。ねぎらいの言葉は上司から部下にかけるといった、目上からの発信が基本です。ねぎらいの言葉の中には、部下から上司に伝えると、偉そうに感じられてしまい、相手が失礼だと受け止めるものもあるので注意が必要です。

もちろんビジネスの中で相手のことを気に掛ける気持ちは上司も部下も同じなのですが、相手のことをケアするという役割はどちらかというと上司側にあります。そのため、基本的にねぎらいの言葉は上司が部下に発信するもの、年上が年下に発信するものであるという認識を持っておくようにしましょう。

ねぎらいの言葉の意味とは③良好なコミュニケーションを維持するツール

ミーティングの風景

ねぎらいの言葉の意味の3つ目は、良好なコミュニケーションを維持するツールです。ねぎらいの言葉は、もらった方が嬉しいのはもちろんなのですが、それをかける方もやはり相手に喜んでもらうのは嬉しいものです。このように、ねぎらいの言葉には相互作用的な意味合いがあります。

そのためねぎらいの言葉がコミュニケーションの中に存在すると、良好なコミュニケーションを長く維持することが出来るのです。ねぎらいの言葉は良好なコミュニケーションを維持するツールとしての意味合いを持っており、特にビジネスでは相手との関係性を維持する重要な役割を担うことが少なくないのです。

相手の心に響くねぎらいの言葉をかけよう!

ここまで、ねぎらいの言葉に関する例文をはじめ、ねぎらいの言葉をかける場合の注意点も紹介してきました。ねぎらいの言葉は相手への信頼を意味しており、それを伝えることがコミュニケーションにおいて非常に大切です。

ここで紹介してきた例文をはじめ、気持ちが込められたねぎらいの言葉を相手に送ることに早速チャレンジしてみましょう。自分からそういったものを発信していくことに意味があります。そういった発信を続けることで、時間はかかるかもしれませんが、周囲の人間関係が良化してきます。是非チャレンジしてみてください!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事