Icon search 36px

丼ものの魅力は?

丼ものの魅力①手軽に作れる

女性

丼ものの魅力1つ目は「手軽に作れる」ことです。どんぶりにはかつ丼や親子丼と家庭でも簡単い作れるものからアレンジの幅も広い料理ですが、かつ丼や親子丼だけでなく中華丼などでも簡単にアレンジすることが出来るのが魅力とも言えます。

どんぶりは簡単に作ることができ、尚且つアレンジの幅も広く色々楽しめる部分です。丼ものの自宅でもお店でも変わらない共通する魅力は、手軽に作れて低予算で美味しく頂けることです。

丼ものの魅力②多くの食器が汚れない

男性

丼ものの魅力2つ目は「多くの食器が汚れない」ことです。主婦的な視点から見た丼ものの魅力となりますが、丼ものにすることでどんぶり一杯だけ使用するので、他の食器が汚れることがありません。そのため食器洗いといった忙しい時間だと手間となることも減らすことができます。

丼ものの魅力③さっと食べれる

男性

丼ものの魅力3つ目は「さっと食べれる」ことです。丼ものの最大の魅力といえば、時短でしっかりと食べることができます。ビジネスマンなど忙しい人にとっては丼ものというのは魅力的なランチとなります。また、丼ものは色々なレパートリーを楽しむことができますので、さっと食べ飽きたくないという方におすすめです。

丼ものの魅力④どんぶり1杯で満足

女性

丼ものの魅力4つ目は「どんぶり1杯で満足」です。ほとんどの方がどんぶりを1杯食べるだけで満足となります。どんぶりには通常使われているお茶碗よりも多くのご飯が盛られており、丼ものとなるおかずもしっかりと乗っていますので、満足いく1品となっています。

ランチに食べたいそぼろ丼の弁当レシピ5選

ランチに食べたいそぼろ丼の簡単弁当レシピ①定番そぼろ弁当

ランチに食べたいそぼろ丼の簡単弁当レシピ1つ目は「定番そぼろ弁当」です。そぼろ弁当には様々なアレンジrしぴがありますが、やはり人気があり老若男女問わず喜ばれるのは定番の味付けそぼろ弁当です。

そぼろ弁当に使用するひき肉の種類は、人それぞれで鶏肉派だったり豚肉派の方に分かれますが、お弁当にするなら油分の少なくさっぱり頂けるの鶏ひき肉がおすすめです。

豚ひき肉にすることで豚からでる油が冷えることで、食べることには美味しくなくなるということがあります。また、豚の独特な臭みが残る可能性がありますので、基本は鶏ひき肉がおすすめです。ただし、温めることができる場合はどちらのお肉でも構わないと思います。

    定番そぼろ弁当の作り方

  1. 1ひき肉100gを醬油小さじ2味醂小さじ2砂糖小さじ2を混ぜます。
  2. 2調味料を混ぜたひき肉をフライパンで火が通るまで炒めます。
  3. 3卵をボウルで溶き、フライパンで炒り卵を作ります。
  4. 4お弁当にご飯を盛り付け、そぼろと炒り卵を半分に分け盛り付けします。

ランチに食べたいそぼろ丼の簡単弁当レシピ②5色のそぼろ弁当

ランチに食べたいそぼろ丼の簡単弁当レシピ2つ目は「5色のそぼろ弁当」です。基本2色から3色で楽しむのがそぼろご飯ですが、色とりどりで美味しく楽しめるのが5色のそぼろ弁当です。5色のそぼろ弁当にすることで見た目の楽しみだけでなく、幅広い味を楽しめます。

白色の食材は「シラス」「かまぼこ」「ごぼう」などです。シラスは魚独特の臭みがある可能性がありますので、臭みを消すことのできる味付けにしましょう。また、ゴボウは白色にしたいので、皮の部分を使用せず白い中身を使用することをおすすめします

5色のそぼろ弁当に使用する食材はお好みで構いません。緑色の食材でおすすめするとしたら「ほうれん草」「小松菜」「インゲン」などです。赤色の食材は「にんじん」「たらこ」「カニカマ」などがおすすめです。たらこを入れる場合は、生だと危険ですので、火を通して焼きたらこにしましょう。

    5色のそぼろ弁当の作り方

  1. 1そぼろと炒り卵は上記と同じ調理方法を使用します。
  2. 2ほうれん草を茹で、ゴマと醬油で軽く味付けをします。
  3. 3にんじんは細かく細切りで、食べやすいサイズにカットし茹でます。
  4. 4ごぼうは皮をむき柔らかくなるまで茹でておきます。
  5. 5ご飯をお弁当に盛り付け、そぼろ、炒り卵、ほうれん草、にんじん、ゴボウと色とりどりになるように飾り付けれると完成です。

ランチに食べたいそぼろ丼の簡単弁当レシピ③ロコモコ丼風そぼろ弁当

ランチに食べたいそぼろ丼の簡単弁当レシピ3つ目は「ロコモコ丼風そぼろ弁当」です。ロコモコ丼風そぼろ弁当は定番のそぼろ弁当に飽きたという方におすすめするアレンジレシピです。ロコモコ丼風そぼろ弁当はそぼろをロコモコ風の味付けにすることで簡単に出来ます。

また、ロコモコ丼と言えば半熟卵ですが、お弁当に半熟卵は危険ですので、茹で卵もしくは目玉焼きがおすすめです。炒り卵でも美味しく頂けるのですが、ロコモコ丼風そぼろ弁当にする場合は、茹で卵や卵焼きがおすすめです。

    ロコモコ丼風そぼろ弁当の作り方

  1. 1鶏ひき肉を醤油、お酒小さじ1を混ぜてそぼろ状に炒めます。
  2. 2炒めたそぼろにケチャップ、ウスターソース小さじ1、コンソメを少々を入れ混ぜます。
  3. 3卵を目玉焼きしていきます。
  4. 4ご飯をお弁当に盛り付け、そぼろと目玉焼きを乗せれば完成です。

ランチに食べたいそぼろ丼の簡単弁当レシピ④お肉をガッツリそぼろ弁当

ランチに食べたいそぼろ丼の簡単弁当レシピ4つ目は「お肉をガッツリそぼろ弁当」です。そぼろ弁当にすると味わ美味しいのですが、お肉感がなく少し物足りないランチとなってしまうという方がいると思います。そんな定番そぼろ弁当では物足りないという方に、おすすめのそぼろ弁当があります。

ひき肉を使用せずもも肉などを使ったそぼろ弁当です。お肉をそのまま乗せてしまうとそぼろ弁当ではありませんが、焼く前に粗く細切れにすることで、しっかりとガッツリ食べることのできるそぼろ弁当が完成します。卵は通常の炒り卵がおすすめです。

    お肉をガッツリそぼろ弁当の作り方

  1. 1鶏のもも肉を粗く細切れにします。
  2. 2粗く細切れにした鶏もも肉を中火で炒め、火が通ったら醤油、味醂、砂糖各小さじ1を入れ炒めます。
  3. 3卵をボウルを溶きフライパンで炒り卵を作っていきます。
  4. 4ご飯をお弁当に盛り付けし、鶏そぼろと炒り卵を乗せれば完成です。

ランチに食べたいそぼろ丼の簡単弁当レシピ⑤豚キムチ風そぼろ弁当

ランチに食べたいそぼろ丼の簡単弁当レシピ5つ目は「豚キムチ風そぼろ弁当」です。定番のそぼろ弁当に飽きたという方は簡単に作ることのできる「豚キムチ風そぼろ弁当」がおすすめです。豚キムチ風そぼろ弁当に使用するお肉は豚肉でなくても大丈夫です。

仕事で温める環境がないという方は豚肉を使用するよりも鶏肉を使用することをおすすめします。作り方はとても簡単でそぼろを作る時にキムチを入れて炒めるだけで完成です。

    豚キムチ風そぼろ弁当の作り方

  1. 1味付けなしの鶏そぼろを作り、そこに食べやすいサイズにカットしたキムチを混ぜ炒めます。
  2. 2卵をボウルに溶きフライパンで炒り卵を作ります。
  3. 3ご飯をお弁当に盛り付けし、鶏そぼろと炒り卵を乗せれば豚キムチ風そぼろ弁当の完成です。

ランチに食べたい中華丼の弁当レシピ5選

ランチに食べたい中華丼の弁当人気レシピ①定番中華丼

ランチに食べたい中華丼の弁当人気レシピ1つ目は「定番中華丼」です。定番の中華丼と言えば八宝菜を乗せたどんぶりです。中華丼はあっさりした味わいですがしっかりと食べることのできるどんぶりです。

    定番中華丼の作り方

  1. 1白菜、にんじん、豚肉などの食材を炒め、醤油、オイスターソース、料理酒を各小さじ1を入れます。
  2. 2炒め終わった食材に片栗粉を入れ餡状にしていきます。
  3. 3あとは、ご飯にかければ完成です。

ランチに食べたい中華丼の弁当人気レシピ②もやしと豚のあんかけ中華丼

ランチに食べたい中華丼の弁当人気レシピ2つ目は「もやしと豚肉のあんかけ中華丼」です。中華丼と言っても色々なレパートリーと楽しめるのが魅力です。あっさり低カロリーで楽しめるのが「もやしと豚のあんかけ中華丼」です。では作り方をご紹介します。

    もやしと豚のあんかけ中華丼の作り方

  1. 1豚肉ともやしを炒め、醤油、鶏ガラのもと、お酒を各小さじ1を入れ、水を100ml入れます。
  2. 2火が食材に通ったら、餡状に仕上げていきます。
  3. 3ご飯に餡になった食材を乗せれば完成です。

ランチに食べたい中華丼の弁当人気レシピ③麻婆豆腐丼

ランチに食べたい中華丼の弁当人気レシピ3つ目は「麻婆豆腐丼」です。中華丼の種類で定番で欠かせないものと言えば麻婆豆腐丼です。麻婆豆腐丼は麻婆豆腐を掛けるだけの簡単レシピです。

ランチに食べたい中華丼の弁当人気レシピ④天津飯

ランチに食べたい中華丼の弁当人気レシピ4つ目は「天津飯」です。中華丼にもう一つ欠かせないのが天津飯です。天津飯は餡とご飯の間にたまごを挟むことで、お弁当として食べても餡でご飯がベチャベチャになることを防げます。また、冷たい状態でも美味しく食べれるのが天津飯の魅力です。

    天津飯の作り方

  1. 1溶き卵を薄焼きにします。
  2. 2醤油、料理酒、砂糖、オイスターソースを各小さじ1を入れ、お水50ml、お酢を少々加え餡状にしていきます。
  3. 3ご飯に卵を乗せ餡をかければ完成です。

ランチに食べたい中華丼の弁当人気レシピ⑤本格中華丼

ランチに食べたい中華丼の弁当人気レシピ5つ目は「本格中華丼」です。中華丼と言えば八宝菜ですが、本格的な中華丼を楽しみたいという方は、豚肉、チンゲン菜を主に使ったレシピがおすすめです。八宝菜よりもあっさりと食べることができるので、定番の中華丼に飽きたという方はこちらをおすすめします。

    本格中華丼の作り方

  1. 1豚肉、食材をチンゲン菜、もやしを炒め、鶏がらスープの素と醤油を各小さじ1を入れ味付けします。
  2. 2味が付き食材に火が通れば餡状にすると完成です。
  3. 3ご飯の上に餡状なった食材を掛ければ完成です。

ランチに食べたいかつ丼の弁当レシピ5選

ランチに食べた便利なかつ丼の弁当レシピ①定番かつ丼

ランチに食べた便利なかつ丼の弁当レシピ1つ目は「定番かつ丼」です。かつ丼と言えば卵でとじたカツをご飯の上に乗せた贅沢どんぶりです。かつ丼は手軽に作ることができ、男性でもしっかりと満足ができる1品です。

    定番かつ丼の作り方

  1. 1玉ねぎを薄切りにし、だし汁100ml、醤油、味醂、砂糖を各小さじ1を入れます。
  2. 2玉ねぎが柔らかくなれば、かつを入れ卵でとじます。
  3. 3カツとじができれば、ご飯の上に乗せれば完成です。

ランチに食べた便利なかつ丼の弁当レシピ②チーズ乗せかつ丼

ランチに食べた便利なかつ丼の弁当レシピ2つ目は「チーズ乗せかつ丼」です。定番かつ丼でも十分美味しいのですが、さらなる簡単アレンジをしたいという方におすすめなのが、チーズ乗せかつ丼です。チーズ乗せかつ丼は出来上がったかつ丼にチーズをのせオーブンで焼くことで完成です。

ランチに食べた便利なかつ丼の弁当レシピ③ソースかつ丼

ランチに食べた便利なかつ丼の弁当レシピ3つ目は「ソースかつ丼」です。かつ丼のレパートリーで忘れてはいけないのが、ソースかつ丼です。ソースかつ丼はかつにソースを掛けるだけという簡単レシピです。ただし、ソースかつ丼弁当にするときはキャベツの使用は衛生面禁止です。

ランチに食べた便利なかつ丼の弁当レシピ④洋風かつ丼

ランチに食べた便利なかつ丼の弁当レシピ4つ目は「洋風かつ丼」です。洋風かつ丼と言うのは、ソースかつ丼のような見た目ですが、使用するのはソースではなくデミグラスソースです。デミグラスソースを使用することで、洋風な味わいへと進化します。ソースかつ丼をアレンジしたいという方におすすめです。

ランチに食べた便利なかつ丼の弁当レシピ⑤味噌のっけかつ丼

ランチに食べた便利なかつ丼の弁当レシピ5つ目は「味噌のっけかつ丼」です。味噌のっけかつ丼は味噌ソースを使用したかつ丼です。ソースかつ丼よりもあっさり食べることができるおすすめレシピです。

    味噌ソースの作り方

  1. 1味噌大さじ1、料理酒、味醂、ニンニク各小さじ1を混ぜます。
  2. 2電子レンジで1分温めれば完成です。

ランチに食べたいおすすめの丼ものレシピを知ろう

ランチにおすすめのそぼろ丼、中華丼、かつ丼の定番レシピからアレンジレシピなどは参考になったでしょうか。丼ものは手軽に作れ、美味しくしっかりと食べることのできる料理です。忙しいランチや満足に食べたいという方におすすめです。

ここで紹介しました丼もの意外にもまだまだ、美味しく簡単に作れるレシピがまだまだあります。そして、アレンジも簡単に出来るので、あなたが食べたいと思う丼ものを作ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

休日ランチの簡単レシピ24選|美味しい丼ぶりやおすすめのヘルシー料理も

ゆっくり楽しめる休日のランチは至福のひとときですよね。ここでは、休日ラ

Small thumb shutterstock 515921338

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事


RANKING

人気の記事