Icon search 36px

【男性】目を合わせられない人の心理10選

男性で目を合わせられない人の心理①その人のことが嫌い

男性で目を合わせられない人の心理の1つ目は、その人のことが嫌い、という心理です。男性の場合、目を合わせられない場合はその人のことが嫌いであったり、嫌悪感を抱いている可能性が高くなります。「嫌い」という気持ちが先行して、「見るのも嫌だ」という心理が働くのです。これはどちらかというと無意識の行動です。

男性で目を合わせられない人の心理②自信がない

男性で目を合わせられない人の心理の2つ目は、自信がない、という心理です。男性の場合は、自信がなくなると目を合わせられなくなります。自分の自信のなさを相手に知られたくない、という思いと、自分の自信のなさを認めたくない、という二つの思いがあるのです。どちらの思いも隠したくて、目が合わせられなくなります。

男性で目を合わせられない人の心理③嘘をついている

男性で目を合わせられない人の心理の3つ目は、嘘をついているという心理です。男性の場合は嘘をついていると、その罪悪感や後ろめたさから目を合わせられなくなります。「嘘をついてごめんなさい」という素直な気持ちがあるのです。ですが、嘘をつかなければならない自分なりの理由があるので、その気持ちが目に表れます。

男性で目を合わせられない人の心理④劣等感がある

男性で目を合わせられない人の心理の4つ目は、劣等感がある、という心理です。男性の場合は、自分の中に劣等感があると、それを打ち消そうと必死になります。劣等感は自分の中では、絶対認めたくない心理なのです。その心理を打ち消そうと躍起になると、それが目に表れます。目を合わせられないのは打ち消したいからです。

男性で目を合わせられない人の心理⑤自分に否定的

男性で目を合わせられない人の心理の5つ目は、自分に否定的、という心理です。男性の場合、自分に否定的になると、目を合わせられなくなります。「どうせ自分は」という思いが視線を下へ向けさせるのです。「目を合わせられない」というよりは、「視線が下へ落ちてしまう」と表現した方が、しっくりくるかもしれません。

男性で目を合わせられない人の心理⑥攻撃されたくない

男性で目を合わせられない人の心理の6つ目は、攻撃されたくない、という心理です。男性の場合、自分の意見や考えを相手に伝える際に、それが攻撃対象になるかもしれない、という不安や恐れの感情があると、自然と視線が対象者から外れます。受け入れて欲しいという思いではなく、攻撃されたくないという思いがあるのです。

自分の意見や考えを受け入れて欲しいという思いはありません。ただ、「それは違うよ」などのように、全否定されて攻撃されたくないのです。訂正箇所がある場合には、優しい言い方で訂正して欲しい、という思いがあります。

男性で目を合わせられない人の心理⑦かまって欲しくない

男性で目を合わせられない人の心理の7つ目は、かまって欲しくないという心理です。男性の場合、「放っておいて欲しい」や「一人にしておいて欲しい」または「かまって欲しくない」という思いが強くあると、相手の目を見て話すことをしません。視線をあえて外すこととで、かまって欲しくないという思いを伝えているのです。

男性で目を合わせられない人の心理⑧人間が怖い

男性で目を合わせられない人の心理の8つ目は、人間が怖い、という心理です。男性の場合、人間全体に対して何らかの恐怖があると、目を合わせられなくなります。人間への恐怖心の原因は、人によって様々です。または、自分でも気づいていない場合もあります。ですが、人間に恐怖心があると、視線は相手から外れます。

男性で目を合わせられない人の心理⑨自分の考えがない

男性で目を合わせられない人の心理の9つ目は、自分の考えがないという心理です。男性の場合、自分なりの意見や考えがない場合は相手の目を見ることができなくなります。目を合わせてしまうと、「あなたはどう思いますか?」や「あなたの考えを教えて下さい」などのように質問されるからです。それを避けようとしています。

男性で目を合わせられない人の心理⑩自分を消している

男性で目を合わせられない人の心理の10個目は、自分の存在を消そうとしている、という心理です。男性の場合、その空間の中から自分の存在を消そうという意志や意図があると、自然と視線が下へ落ちます。相手と目を合わせないことで、「自分はこの場にいません」や「私はいません」という思いを相手に伝えているのです。

【女性】目を合わせられない人の心理9選

女性で目を合わせられない人の心理①好意がある

女性で目を合わせられない人の心理の1つ目は、好意がある、という心理です。女性の場合、相手の男性に好意があると、目が合わせられなくなります。これは、相手の男性に「自分の本心を知られたくない」や「本心を知られることが恥ずかしい」という思いがあるからです。男性の場合とは真逆の心理的な行動になります。

女性で目を合わせられない人の心理②話を聞く気がない

女性で目を合わせられない人の心理の2つ目は、話を聞く気がないという心理です。女性の場合、相手の話に興味がない、または何らかの理由で話を聞きたくない、と感じている場合、相手の目を見て話さなくなります。話に興味がないのは、純粋に興味がないからでしょう。聞きたくないのは、相手の事が嫌いなのかもしれません。

女性で目を合わせられない人の心理③自分の意見を曲げたくない

女性で目を合わせられない人の心理の3つ目は、自分の意見を曲げたくない、という心理です。女性の場合、絶対に自分の意見を押し通したい、という強い思いがある場合は、相手の目を見て話すことをしません。目を見て話すと、相手の意見を聞かなければならなくなるからです。このタイプの女性は大変頑固な性格の持ち主です。

女性で目を合わせられない人の心理④怒っている

女性で目を合わせられない人の心理の4つ目は、怒っている、という心理です。女性の場合、大変憤慨していることがあったり、イライラしていることがあると、相手と目を合わせられなくなります。怒りを爆発させたり、イライラを相手にぶつけたりすることが良くないと思い、自分の中で何とか解消しようとしているのです。

女性で目を合わせられない人の心理⑤過去のトラウマ

女性で目を合わせられない人の心理の5つ目は、過去のトラウマ、という心理です。女性の場合、特にパワハラやセクハラなど、人間関係でのトラウマが過去にあったら、相手の目と目を合わせられなくなります。女性にとって人間関係のトラウマは、大きな心の傷になるのです。傷が癒えない限り、目を合わせる事は難しいのです。

女性で目を合わせられない人の心理⑥プライドが高い

女性で目を合わせられない人の心理の6つ目は、プライドが高い、という心理です。女性の場合、大変プライドが高い性格の持ち主なら、相手の目を見てはさない、という行動を取ることが多くなります。「私はあなたと目を見て話すなんてことはできません」という、少々高飛車な思いがあるのです。その価値がないという事です。

女性で目を合わせられない人の心理⑦納得できない

女性で目を合わせられない人の心理の7つ目は、納得できないという心理です。女性の場合、話の内容が納得できなかったり、「自分に厄介ごとを押し付けられそうだ」と感じたら、相手と目を合わせないという行動を取ります。目を合わせないことで、「私は納得していません」や「引き受けません」という意思表示をしています。

女性で目を合わせられない人の心理⑧忙しい

女性で目を合わせられない人の心理の8つ目は、忙しい、という心理です。女性の場合、仕事が立て込んでいたり、仕事のことで頭がいっぱいな状態になると、相手と目を合わせない、という行動を取ります。女性はマルチタスクがあまり得意ではない為、一つの事しか集中できないのです。「話しかけないで」という意思表示です。

女性で目を合わせられない人の心理⑨嫉妬している

女性で目を合わせられない人の心理の9つ目は、嫉妬しているという心理です。女性の場合、相手に強い嫉妬心を抱いていると、相手と目を合わせられなくなります。相手と目を合わせてしまうと、嫉妬心から何を言い出すか自分でもわからない為です。自分の嫉妬心を抑え込み、相手を攻撃しないようにという思いが働いています。

目を合わせられない人に好意があるかどうか見極める方法は?

目を見て話さない人の好意を確認する方法①急に態度が変わった

目を見て話さない人の好意を確認する方法の1つ目は、ある日急に態度が変わった、という確認方法です。相手が男性なら、急に目を見て話さない状態になったら、嫌われている可能性が高くなります。相手が女性なら、急に目を見て話さない状態になったら、それは好意を寄せています。男性と女性では行動と心理が反対です。

目を見て話さない人の好意を確認する方法②声の大きさ

目を見て話さない人の好意を確認する方法の2つ目は、声の大きさです。男性の場合は、声が小さくなったら、それは相手に好意を寄せているのでしょう。女性の場合は、声が急に大きくなったら、それは相手に好意を寄せていると考えられます。男性は相手を落ち着かせようという思いがあり、女性は元気さをアピールします。

目を見て話さない人の好意を確認する方法③声のトーン

目を見て話さない人の好意を確認する方法の3つ目は、声のトーンです。男性の場合は、声のトーンが低くなったら、それは相手に好意を寄せている可能性があります。女性の場合は、声のトーンが高くなると、相手に好意を寄せています。男性は声のトーンで安心感を与えようとし、女性は女性らしさや明るさをアピールします。

目を見て話さない人に好意を確認する方法④視線の動き

目を見て話さない人の好意を確認する方法の4つ目は、視線の動きです。これは男性の場合は、好意を寄せている相手と話をする場合には、目を見て話をします。ですが、女性の場合は、相手に好意を寄せている場合は、視線が斜め下を見るようになります。まともに顔は見れないけれど、視線の端では捉えようとしているのです。

目を見て話さない人に好意を確認する方法⑤身体の向き

目を見て話さない人の好意を確認する方法の5つ目は、身体の向きです。これは女性の場合の確認方法です。女性は相手に好意を抱いている時は目を見て話さなくなります。ですが、身体は相手の方を向きます。外すのは視線だけで、気持ちは相手に向いている為、その気持ちが向いているというサインを身体の向きで送っています。

目を見て話さない人に好意を確認する方法⑥顔の向き

目を見て話さない人の好意を確認する方法の6つ目は、顔の向きで確認する方法です。これも女性の場合の確認方法です。女性は相手に好意を抱いている時、視線を合わせることはできなくなりますが、顔は斜め下を見るようになります。これは、視線の端で、相手の表情を捉え、感情を確かめたい、という思いがあるからです。

目を合わせられない人との上手な付き合い方は?

目を見てくれない人との付き合い方①受け入れる

目を見てくれない人との付き合い方の1つ目は、受け入れる、という付き合い方です。目を見てくれないからといって、それが嫌われているのかどうかは、実際確認してみないとわかりません。また、そういう病気もあります。目を見て話ができない人なのだ、と受け入れて付き合う方が、お互いの為に良い方法と言えるでしょう。

目を見てくれない人との付き合い方②確認する

目を見てくれない人との付き合い方の2つ目は、確認する、という付き合い方です。これは、自分が嫌われているのかどうかを確認する、という意味ではありません。話の内容をきちんと理解してくれているのかどうかを、逐一確認する、ということです。相手の言葉で復唱してもらうと、より確実な確認方法となるでしょう。

目を見てくれない人との付き合い方③メールやメモ

目を見てくれない人との付き合い方の3つ目は、メールやメモを使う、という付き合い方です。目を見てくれない人や、目を見て話さない人の中には、そのような病気であったり、過去の辛い出来事がトラウマになっていたりする場合があります。相手の精神的な負担を軽くする為に、メールやメモを使って伝えると良いでしょう。

目を見てくれない人との付き合い方④一言声をかける

目を見てくれない人との付き合い方の4つ目は、一言声をかける、という付き合い方です。何か重要な要件を相手に伝えなければならない場合には、先に話がしたい旨を、相手に一言伝えておきましょう。その上で、相手の都合の良いタイミングで、声をかけてもらうようにしましょう。これは、相手が忙しい場合に有効な方法です。

目を合わせて話すことのメリットは?

目を合わせて話すことのメリット①信頼感を与えられる

目を合わせて話すことのメリットの1つ目は、相手に信頼感を与えられる、というメリットです。目を合わせて話すことで、「この人は自分に自信がある人なんだ」と相手に思ってもらえます。すると「それだけ自信があるのなら任せても大丈夫だ」と思ってもらえるようになり、相手に大きな信頼感を持ってもらえます。

目を合わせて話すことのメリット②好感を持ってもらえる

目を合わせて話すことのメリットの2つ目は、好感を持ってもらえる、というメリットです。人は目を合わせてくれない人よりも、目を合わせてくれる人に好感を抱きやすくなります。目を合わせ貰うことで、相手が自分を受け入れてくれている、という思いが湧いてくるからです。自分を受け入れてくれる人には、好感が持てます。

目を合わせて話すことのメリット③自信をアピール

目を合わせて話すことのメリットの3つ目は、自信をアピールすることができる、というメリットです。目を合わせることは、自分の自信の表れです。相手にも「この人は大変堂々としている」という印象を与えることができます。自信をアピールすることで、多くの人たちから信頼され、良い人間関係を築くことができます。

目を合わせて話すことのメリット④仕事で勝つ

目を合わせて話すことのメリットの4つ目は、仕事で勝つことができる、というメリットです。特にこれは、相手に何かを売り込む時や、商談ごとの際に有効です。相手の目を見て話すことで、自分の意見や考えを押し切る事ができます。それだけ自分の意見や考えに自信があることを相手に伝え、それが仕事を勝利へと導くのです。

目を合わせて話すことのメリット⑤評価が上がる

目を合わせて話すことのメリットの5つ目は、自分の評価が上がる、というメリットです。想像してみてください。目を合わせてくれない人よりも、目を合わせて話をしてくれる人の方が、安心感がありませんか?「この人なら大丈夫だろう」という思いを抱かせてくれる人は、自然と周囲からの評価も上がっていくのです。

じっと目を見つめる男性について、その目の状態別に心理をご紹介している関連記事があります。リンクいたしますので、ご覧ください。

関連記事

じっと見つめる男性心理19選|トロンとした目/後ろ姿/ガン見/ギラギラ

女性を見つめる男性心理は、その見つめ方により異なります。トロンとした目

Small thumb shutterstock 485161798

目を合わせられないのを克服する方法は?

目を合わせられないのを克服する方法①視線の位置

目を合わせられないのを克服する方法の1つ目は、視線の位置を考える、という克服方法です。何も相手の目をじっと見つめ続けて、話をする必要はありません。むしろこれは、相手に喧嘩を売っているという印象を与えてしまう場合があります。視線は相手の目よりも少し下の辺りに固定するようにすると、良いでしょう。

目を合わせられないのを克服する方法②仲の良い人で練習

目を合わせられないのを克服する方法の2つ目は、仲の良い人で練習する、という克服方法です。まずは仲の良いお友達に練習台になってもらいましょう。そして、あなたにとって一番落ち着く視線の位置を探してください。どのあたりまで視線を相手の目に近づけることができるかを探し、練習すると克服できるでしょう。

目を合わせられないのを克服する方法③原因を考える

目を合わせられないのを克服する方法の3つ目は、目を合わせられない原因を考える、という克服方法です。あなたが目を合わせられないのには、きっと何か理由があるはずです。過去のトラウマが原因になっているのかもしれません。その原因を突き止め、解決させることで克服できるかもしれません。原因を考えてみましょう。

目を合わせられないのを克服する方法④精神科を受診する

目を合わせられないのを克服する方法の4つ目は、精神科を受診する、という克服方法です。もしかするとあなたは、『正視恐怖症』という病気なのかもしれません。これはれっきとした病気なのです。精神科を受診し、その疑いがないかどうかを診てもらうと良いかもしれません。もしそうなら、治療をして克服していきましょう。

目を合わせられない理由は男性女性によって異なります

目を合わせられない、目を見て話せないなどの理由や原因は、男性と女性で全く異なります。特に恋愛感情がそこにあると、真逆の行動を取ることになります。更に、『正視恐怖症』という病気の可能性もあるのです。嫌われていると思うのではなく、あらゆる可能性を視野に入れて、受け入れてあげることをお勧めいたします。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事