Icon search 36px

日焼けで皮がむける理由とは?

①サンバーン

日焼け

日焼けで皮がむけるのは、サンバーンが起きていることが理由です。サンバーンは、肌が紫外線の影響を受けて真っ赤になった状態です。メラニン要素が少ない色白の人や肌が弱い人などは、紫外線の影響を受けやすく、真っ赤で痛い日焼けのサンバーンが起きるため、皮がむける原因になってしまいます。

②肌のターンオーバー

頬

サンバーンで皮がむける理由は、肌の細胞がターンオーバーしているためです。肌は日焼けで細胞が死んでしまっても、ターンオーバーを繰り返して新しく生まれ変わります。日焼けによってダメージを受けた細胞は、新しくなった細胞に置き換えられることで、古い皮膚がむける理由になり皮むけが起こります。

日焼けの皮むけの正しい対処方法7選

①皮をむかない

鏡を見ている

日焼け後に皮がむけてきても、無理にむかないようにしましょう。むけてきた皮は我慢して、自然にむけるのを待つのがきれいに治すコツです。皮むけるのは皮膚がターンオーバーを行い、再生しようとしている状態です。無理矢理皮をめくると、完成していない皮膚がむき出しになってしまうため、自然にむけるまで待ちましょう。

②保水

多くの種類

保水力が高い化粧水で、いつもの2~3倍の量を塗り込むようにしましょう。顔や腕などに塗り込む場合は、低刺激性や敏感肌向けなどの化粧水がおすすめです。使い過ぎと思うくらいの量を使用することで、皮むけがきれいに治りやすくなります。

③保湿

フタを開けた容器

日焼けの皮むけをさらに早く治す対処方法として、保湿がとても大切です。肌は乾燥していると治癒力が低くなることが理由となり、新しい皮膚が作られにくい状態のため、保水した後は乳液やクリームなどの油分でしっかり保湿をしましょう。

④美容液を塗り込む

スプレー

肌の状態が落ち着いたら、美容液を塗り込むようにします。火照りが治まった1~2日後に美白効果や保湿効果がある美容液をしっかりと塗り込むと、肌のターンオーバーが促されることが理由となり、皮むけをきれいに治せます。美容液は顔だけでなく、腕や足にも塗るのもおすすめです。

⑤水分補給

コップに入っている

日焼け後は顔や手だけでなく、身体も水分不足になっています。しっかりと水分補給をし、身体の中から乾きを癒すことで、ダメージを受けた肌が再生しやすくなります。コップ1杯の常温の水を、1時間おきに飲むのがおすすめです。

⑥ビタミンを摂取

お皿に入っている

皮むけには、ビタミン類の摂取がおすすめです。特に肌に良いビタミンCを摂取できる野菜や果物は、積極的に取り入れましょう。またアボカドや大豆などに含まれるビタミンEは、ビタミンCと一緒に摂ると、日焼け後の肌の回復効果が良くなります。

⑦タンパク質を摂取

鉄板

皮むけの対処方法として、タンパク質を摂取することも大切です。タンパク質は肌を作るために必要な栄養素のため、不足すると肌の再生が促されません。タンパク質が多く含まれる食材の肉や魚をしっかり取ることが、肌をきれいに治すコツになります。

日焼けのアフターケアは、下記の記事でも紹介されています。UVダメージや肌荒れの修復方法、敏感肌や毛穴をきれいにケアする方法など、紫外線を浴びた後の対処方法が詳しく解説されていますので、興味のある方は併せてご覧ください。

関連記事

【2020年最新】紫外線ケア最前線!肌荒れ・ダメージを修復する方法を解説!

紫外線は老化や肌荒れの原因にもなるため、直射日光を浴びた後はきちんとケ

Small thumb shutterstock 156996335

日焼け前|実践したい日焼けの皮むけ予防方法3選

①日焼け止めを塗る

顔に塗っていく

日焼けで皮がむけるのを予防するためには、日焼け止めを塗ることも大切です。顔や手だけでなく、目立たない足先や耳の後ろなども忘れずに塗りましょう。日焼け止めで予防することによって、肌がむける理由になるサンバーンが起こりにくくなります。

日焼け止めはクリーム・ジェル・ミルクなどのテクスチャーの違いや、敏感肌用などの肌質によって、タイプ別に特徴があります。下記の記事で、日焼け止めをタイプ別に分類して、選び方やおすすめ商品を紹介していますので、日焼け止めを購入する際の参考にしてください。

関連記事

もう迷わない!【日焼け止めの選び方】タイプ別マニュアル♡口コミあり!

紫外線対策に欠かせない日焼け止めですが、正しく選べていますか?この記事

Small thumb shutterstock 627842393

②飲む日焼け止めを使用

錠剤

皮むけを予防するための日焼け防止には、飲む日焼け止めを使用する方法もあります。塗るタイプの日焼け止めが体質に合わないという場合は、飲むタイプを検討するのも良いでしょう。汗などで流れ落ちることや塗り直す必要がないことから、長時間の外出にもおすすめです。

③日傘や帽子を使用

海辺

日傘や帽子を使うことで、日焼けを予防する方法もおすすめです。日焼け止めをしていても、紫外線を浴びることがあります。日焼けの理由になる紫外線を防ぐために日傘や帽子を使用して、日焼けをしっかり予防することで皮むけなどの肌トラブルがなくなります。

日焼けの皮むけを防ぐためには、紫外線を浴びないことが一番の対策になります。下記の記事では、紫外線について、量やピークの時間帯などが紹介されています。日焼けしないために、おでかけする際は是非参考にしてください。

関連記事

紫外線ピークの時間帯は夕方?日焼けしたくない乙女のためのおでかけ戦略を解説!

紫外線ピークの時間帯をご存知ですか?紫外線は年中降り注いでいます。夕方

Small thumb shutterstock 791500099

日焼け後|実践したい日焼けの皮むけ予防方法5選

①72時間以内にケアする

時計

日焼け後は、72時間以内にきちんとしたケアを行いましょう。日焼けは肌の火傷と同じ状態のため、なるべく早くケアを行うことが大切です。適切な対処を72時間以内に行うことで、皮むけや日焼け跡などの予防に繋がり、日焼け後の肌をきれいに治します。

②冷却する

風呂

日焼け後すぐに、肌を冷却すると皮むけの予防になります。水風呂や冷たいシャワーを浴びたり、保冷剤や濡れタオルを当てたりして、火照った肌を冷やすようにします。氷や保冷剤を直接当てると、日焼けした肌に刺激を与えてしまい、肌トラブルを起こす理由になります。タオルやガーゼで巻いて、当てるようにしましょう。

③日焼け止めを落とす

クレンジング

日焼け止めは肌に刺激があり、負担になるものが多くあります。UV効果が高い日焼け止めほど、肌にかかる負担は大きくなります。日焼けした後は、なるべく早くクレンジングで優しく丁寧に洗い流しましょう。痛みがある場合はクレンジングを使用せず、ぬるま湯のみで洗うことで、日焼け前のきれいな肌に戻りやすくなります。

④ローションパック

顔にのせている

ローションパックは皮むけ予防に、おすすめの方法です。日焼けで火照った肌に、ローションパックを隅々まで貼り付けることで、冷やしにくい細かい部分までケアできます。さらに乾燥している肌に水分を与えて、ターンオーバーを促し、肌を早くきれいに治す効果が期待できます。

⑤身体にはボディローション

身体に塗り込む

肩や背中などの身体の火照りには、ボディローションがおすすめです。薬用成分が配合されているため、肌を清潔に整えて、乾燥を防ぎながら火照りを抑えます。肌荒れを防ぐ効果も期待でき、日焼けの皮むけを予防してきれいな肌に戻します。

日焼けの皮むけ対処法の注意点は?

①そのまま放置しない

太陽の下

日焼け後の肌は、そのまま放置しないように注意しましょう。日焼け後のダメージを受けた肌をケアせずにそのまま放置すると、皮むけが起きるたけでなく、水ぶくれなどの火傷の症状が出る場合もあります。素早くケアして、ダメージを回復させるようにしましょう。

②肌をゴシゴシ擦る

ボディタオル

日焼けした後の肌を、ゴシゴシ擦って洗うのは避けましょう。日焼けによって敏感になっている肌は力を入れて擦ると、刺激が強過ぎて肌を傷めてしまいます。ボディタオルなどは使用せず、手を使って優しく洗い流すようにしましょう。

③火照りがある時は美白ケアをしない

美容液

日焼け後すぐの火照った肌には、シミやそばかす予防の美白ケアをしないように注意しましょう。美白効果のあるスキンケアは、日焼け後のデリケートな肌に強い刺激を与える成分が含まれている可能性があります。日焼けした当日や火照りがある間の使用は避け、肌が落ち着いてから美白ケアを行いましょう。

④ひどい日焼けは皮膚科へ

医院

ひどい日焼けの症状がある場合には、セルフケアでは対応できないことがあります。ヒリヒリする痛みや腫れなどに間違った対処をすると、症状を悪化させる危険性もあるため、早めに皮膚科を受診した方が良いでしょう。

鼻の皮むけを隠すメイク術

日焼けの皮むけの正しい対処方法や予防方法をご紹介してきましたが、ケアしていても鼻の頭は日焼けしやすく、皮むけすることがありますよね。下記に鼻の皮むけを隠すためのメイク術をご紹介していますので、皮がむけてしまった時の参考にしてください。

①アルガンオイルを塗る

オイル

鼻の皮むけを隠すためには、最初にアルガンオイルを塗りましょう。化粧水前に使用することで、ブースターの役割をして肌を保湿し、化粧水が浸透しやすくなります。不純物が配合されていないアルガンオイルで、しっかり保湿されたスキンケアの土台を作りましょう。

②化粧水と乳液をたっぷり塗る

保水

ブースターで保湿された肌に、化粧水と乳液をたっぷり塗ることも皮むけを隠す方法です。化粧水はいつもよりたっぷりの量を使用して保水し、乳液でしっかり保湿をします。乾燥した肌に水分を十分に浸透させて、保湿することで肌を整え皮むけを隠すようにしましょう。

③ワセリンで下地

オイル

鼻の皮むけ部分を隠すには、下地としてワセリンを塗ります。十分な保湿をしていても、乾燥してしまう皮むけ部分には、油分でしっかりとフタをする必要があります。さらに皮膚の表面が滑らかになり、皮むけ部分を隠すメイクがしやすくなります。ただし油分が多いため、ごく少量を塗るようにしましょう。

④ファンデーションを塗る

メイク

皮むけ部分を隠すスキンケアができたら、ファンデーションで隠すメイクをします。リキッドタイプがおすすめで、カサつきにくいしっとりとした肌に仕上がります。ベタつきが気になる場合は、フェイスパウダーを仕上げに使用して、ファンデーションを落ち着かせることで、崩れにくくしっかり皮むけを隠すメイクが完成します。

日焼けは素早い対処と予防で皮むけを防ごう

振り返る

日焼けの皮むけは、素早く対処することが重要です。なるべく早くケアすることで、日焼けの定着を防ぎ、皮むけの予防になります。ダメージを受けた肌は敏感になっているため、刺激を与えないように優しくお手入れしましょう。

日焼け後は皮むけ以外にも、シミや乾燥などの肌トラブルが気になりますよね。下記の記事では、日焼け直後のアフターケアやおすすめのアイテムなどが紹介されています。また絶対焼けない日焼け止めも紹介されていますので、日焼け防止の参考にしてください。

関連記事

日焼け後のお肌におすすめのアフターケア|絶対焼けない日焼け止めって?

皆さんは日焼けをした後のケアはどうしていますか?痛い・赤い日焼けはその

Small thumb shutterstock 156996335

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事

RANKING

人気の記事