Icon search 36px

ウォータープルーフの意味とは?

ウォータープルーフの意味とは水で落ちないという意味

サンダルやサングラス

ウォータープルーフの意味とは、簡単に言うと水で落ちないという意味を持ちます。特に化粧品に使われる場合には、汗や涙にも強く、落ちにくい機能の事を指す場合が多いです。言い方を変えると、「耐水性」という言葉で表現されます。

ウォータープルーフは塗布後に特に落ちにくい事が求められる製品に多い

キャップを外したマスカラ

ウォータープルーフは、化粧品の中でも特に、塗布後に落ちないという事を求められる化粧品に使われます。例えば、マスカラや化粧下地、ファンデーションや日焼け止めもそうです。特に、夏の時期にはプールや海に出掛けるという人も多いと思いますので、ウォータープルーフの化粧品は重宝します。

日焼け止めの場合には、海やプールに入って落ちてしまうと日焼け止めの意味を成しませんので、特に重要です。また、ウォータープルーフの日焼け止めの中には、専用のクレンジングでなければ落ちない物も多くあります。しかし、専用のクレンジングはコストも掛かります。

ここに、プチプラで購入できる日焼け止めのおすすめを紹介している記事がありますので、自分のニーズに合わせた日焼け止めを選ぶヒントにしてみて下さい。

関連記事

プチプラで安いおすすめ日焼け止め10選!下地にも使えるサラサラな日焼け止めも

プチプラで安い人気おすすめ日焼け止め10選をご紹介します!今回は、化粧

Small thumb shutterstock 679783102

日焼け止めが重要視される理由は?

日焼け止めが重要視される理由①日焼けはシミやくすみの原因となる

考える緑のドレスの女性

日焼け止めが重要視される理由1つ目は、日焼けはシミやくすみの原因となるからです。紫外線には、3つの波長があり、その中でもB波という波長は強いエネルギーを持っています。屋外でB波の影響を受けると、黒く日焼けさせるだけでなく、炎症を起こして火傷のような症状を引き起こします。

また、女性の大敵でもあるシミやそばかすの直接の原因となる懸念もあります。しかし、比較的、波長が短いので長い時間浴びなければ影響はないとされています。夏場などはプールや海、バーベキューなど屋外でのレジャーに出掛ける事も増えると思いますので、しっかり紫外線対策はしたい所ですよね。

日焼け止めが重要視される理由②シワやたるみの原因になる

眉間にしわを寄せる女性

日焼け止めが重要視される理由2つ目は、シワやたるみの原因になるからです。紫外線の中でもA波という波長が長い波長があります。このA波は、肌の表面が真っ赤になるB波とは違い、肌の奥深くに影響を及ぼす危険性があります。肌内部にまで到達してしまうので、肌を再生する成分まで傷つけてしまいます。

これにより、肌は弾力を失い、シワやたるみができてしまう原因となってしまうのです。B波の場合には、すぐに目に見えて肌へのダメージがわかりますが、A波の場合には見た目にもわかりずらいので、注意が必要なのは明らかです。

ここに、日焼け後のお肌のアフターケアについての記事がありますので、日焼けをしてしまった時の参考にしてみて下さい。アフターケアをしっかりしておけば、紫外線の影響を最小限に抑える事も可能なので、ぜひケアの仕方について学んでみて下さい。

関連記事

日焼け後のお肌におすすめのアフターケア|絶対焼けない日焼け止めって?

皆さんは日焼けをした後のケアはどうしていますか?痛い・赤い日焼けはその

Small thumb shutterstock 156996335

日焼け止めを選ぶときのポイントは?

日焼け止めを選ぶときのポイント①顔用か体用かを確認する

クリームを顔に塗る女性

日焼け止めを選ぶときのポイント1つ目は、顔用か体用かを確認するというものです。日焼け止めを選ぶ際には、メーカー推奨の部位を確認するというのは重要なポイントです。しかし、体用の日焼け止めを顔につけたとしても問題はありません。それでもメーカー推奨部位以外に使用してもその効果は得られないという事です。

日焼け止めを選ぶときのポイント②シーン別に適切なSPF・PAの物を選ぶ

海ではしゃぐ女性

日焼け止めを選ぶときのポイント2つ目は、シーン別に適切なSPFやPAを配合した日焼け止めを選ぶという事です。どのくらいの紫外線を浴びる可能性があるか、どれ位の時間紫外線を浴びるかなどを考慮してうえで、日焼け止めを選びましょう。SPFは、日焼けや赤みの原因となるB波に有効に働きます。

数値が高くなればなるほど、B波に対する耐性が強いという事になります。そして、PAは肌のより深い部分に影響すると言われているA波に有効に働きます。PAはPA+~PA++++までの4段階に分類され、PA+が多い程効果的だという事になります。

ここに、美白や美肌を保つ為に欠かせない日焼け止めのおすすめを紹介している記事がありますので、この記事を参考にして、日焼け止め選びの参考にしてみて下さい。

関連記事

【美白】日焼け止めおすすめランキングTOP10|美容液・乳液・スキンケア

美白や美肌を保つには欠かすことの出来ない日焼け止めを、おすすめ順のラン

Small thumb shutterstock 597169565

落ちない強力なおすすめウォータープルーフ日焼け止め5選

おすすめ人気日焼け止め①ビオレ UV アスリズム┃¥1,480

41etgpgr4ml. sl500 ac ss350

花王

ビオレ UV アスリズム スキンプロテクトエッセンス 日焼け止め 70g SPF50+/PA++++

Amazonで詳細を見る

こちらの日焼け止めは、高温多湿の環境下でも日焼けしないという事にこだわって作られた日焼け止めです。汗や涙、水などに触れた時だけでなく、擦れにも強いのでウォータープルーフの日焼け止めを探している方にもおすすめです。軽い付け心地ですが保湿力にも優れた日焼け止めです。

白浮きしないので、下地としての効果も発揮してくれますよ。べたつかないので、日焼け止めのべたつきが苦手な人にもおすすめのウォータープルーフの日焼け止めです。

おすすめ人気日焼け止め②サンカットQ10 EX ジェル┃¥2,200

512bl9r3rol. sx425

DHC

サンカットQ10 EX ジェル80g

Amazonで詳細を見る

美容成分にこだわって日焼け止めを選びたい方にこそ、おすすめのウォータープルーフの日焼け止めです。乾燥をケアするような成分を配合しているので、紫外線によって起こる肌の乾燥を防ぐ事も可能です。ジェル状の軽いテクスチャーなので、軽い付け心地を求めている方にはおすすめのウォータープルーフの日焼け止めです。

おすすめ人気日焼け止め③高密着ケアUVミルキィジェル┃¥888

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89  6

ニベアサン

高密着ケア UVミルキィジェル 80g SPF50+ PA++++

Amazonで詳細を見る

コストを抑えてウォータープルーフの日焼け止めを探している方には、コスパの良いこちらがおすすめです。ジェルという表記はありますが、どちらかと言うと乳液のような見た目です。肌への密着力にこだわりのある日焼け止めになるので、よれにくく、保湿力にも優れているので乾燥知らずです。

保湿や密着力という意味では、シンプルな日焼け止めですので美容成分など余計な物を必要としていない場合には、こちらのウォータープルーフの日焼け止めで十分だと思います。

おすすめ人気日焼け止め④ アクアリッチウォータリーエッセンス┃¥850

51h7zs0ojzl. sl500 ac ss350

ビオレ

UVアクアリッチウォータリー エッセンスタイプ

Amazonで詳細を見る

こちらの日焼け止めは、顔や体両方に使えるだけでなく、肌馴染みの良さでも人気の高い日焼止めとなっています。また、汗や涙にも強いので、屋外で活動する際にはもってこいのアイテムです。SPFやPAも最強なのに、コストを抑えた価格設定なので、コスパの良さでも定評があります。

色付きの物ではありませんが、下地としても使用している人も多いです。やはり、これ1本で全身の日焼け止め対策ができるというのは楽という意味でもおすすめです。また、お手持ちのボディーソープやクレンジングでスッキリ落ちますので、専用のクレンジングも必要ありません。

おすすめ人気日焼け止め⑤パーフェクトUVスキンケアジェル┃¥2,138

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89  7

アネッサ

パーフェクトUV スキンケアジェル

Amazonで詳細を見る

こちらのウォータープルーフタイプの日焼け止めは、強力なUV対策機能を持ちながらスキンケア成分を50%も配合した肌にも優しい日焼け止めです。汗や水にも強い効果を持つスーパーウォータープルーフで、汗や水に触れるとさらにその機能が強くなるアクアブースター技術という機能も兼ね備えています。

化粧下地としても使えるので、色付きの下地以外を使用しているという場合には、こちらを使うとコスパも良いと思います。また、石鹸で落とせるのも嬉しいですよね。ここに、日焼け止めの最強ランキングを紹介している記事があるので、顔や体両方に使えるような効果を持つ日焼け止めを探す参考にして下さい。

関連記事

日焼け止めのおすすめ人気ランキングTOP16!最強に焼けない商品は?

日焼け止めの人気おすすめTOP8をランキング形式で一気にご紹介します!

Small thumb shutterstock 262540697

ウォータープルーフの日焼け止めの塗り方のポイントは?

ウォータープルーフの日焼け止めを塗る効果的な順番(顔編)

手の甲にクリームを乗せている女性

    効果的に顔に塗る順番

  1. 1顎・両頬・額・鼻に日焼け止めを乗せる
  2. 2指全体を使って、面積の広い両頬から塗り広げていく
  3. 3額は、中心から髪の生え際に向かって広げる
  4. 4鼻筋は上から下に、顎は中心からフェイスラインに向かって馴染ませる
  5. 5目もとは、目頭から目尻に向かって優しく馴染ませる

ウォータープルーフの日焼け止めを使っていても、正しい塗り方をしなければその効果を得る事はできません。下地としても使用したい時には、化粧がよれてしまう原因となってしまう懸念もあります。色付きの日焼け止めを使用している場合には、化粧ノリも悪くなりがちです。

日焼け止めを顔に塗る際には絶対に日焼けしないという意味でたっぷりと使う

並べられた基礎化粧品

顔に日焼け止めを塗るポイントは、量が少なすぎないというのがポイントになります。塗る際には、ゴシゴシと擦るように塗るのではなく、叩くようなイメージで乗せていくのがベストです。それにより、汗などでも落ちる事なく、その効果を最大限に発揮できます。

体に日焼け止めを塗る際には体の側面も忘れずに塗る

水着を脱ぐ女性

体に日焼け止めを塗る際に、見落としがちなのが体の側面です。西日が強い場合には、体の側面は焼けやすくなってしまいますので、それだけ念入りに塗る必要があるのは明らかです。汗を掻きやすい部分でもありますので、体の側面にも忘れずに塗りましょう。

また、膝や膝の裏も見落としがちです。膝裏は、立ったままだと塗りにくいと感じると思いますので、椅子に座った状態で塗ると比較的、塗りやすいでしょう。汗で落ちやすくなってしまう部分ですので、念入りに塗る事で日焼けを防ぐ事ができます。

ここに、日焼け止めの落とし方を紹介している記事があるので、洗顔やクレンジングで日焼け止めを落とす方法の参考にしてみて下さい。色付きのものであれば、普段使いしているという人も多いと思います。色付きの物を普段使いしている場合には、しっかり落とさなければ肌トラブルを引き起こすので、しっかり学んで下さい。

関連記事

日焼け止めの落とし方|洗顔やクレンジングで落とす時に注意することは?

日焼け止めの落とし方をご紹介!洗顔やクレンジングで落とす時に注意するこ

Small thumb shutterstock 356223779

ウォータープルーフの日焼け止めを効果的に使用して日焼け知らずになろう

今回は、「ウォータープルーフの日焼け止めのおすすめ人気ランキング」をテーマに、塗り方のポイントや選び方なども併せて紹介してきましたが、いかがでしたか?今では、下地としても使用できる色付きの物も多く市販されています。色付きの物であれば、下地と日焼け止め両方使えるので、コスパの面でも最強です。

しかし、色付きの日焼け止めは、使い勝手から普段使いしているという人も多いと思います。それ故、しっかり毎日、落としておかなければ毛穴の詰まりなどを引き起こして、吹き出物ができてしまう原因となってしまいます。その為、日焼け止めを使った日は、念入りに落とすように意識しましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事