Icon search 36px

一人暮らしの洗濯頻度・回数はどれくらい?

一人暮らしの洗濯頻度・回数①毎日

毎日

一人暮らしの洗濯頻度・回数1つ目は毎日です。毎日洗うと水道代が少し高めになるのと、仕事が終わった後だと疲れて大変なことが挙げられます。利点は洗濯物をためずに済むということです。また、汗などの匂いがある場合は、洋服に染み付かず清潔に保つことができます。

一人暮らしの洗濯頻度・回数②週に2~3回(2~3日に1回)

週に2~3回

一人暮らしの洗濯頻度・回数2つ目は、週に2~3回(2~3日に1回)です。毎日は大変・ある程度洗濯物がたまってからという場合は、一週間に2~3回程度・3日に1回程度の頻度で洗うといいでしょう。月曜日から3日1回と考えると、週の真ん中の水曜日と休日の土曜日という配分になると思われます。

一人暮らしの洗濯頻度・回数③週に1回

週に1回

一人暮らしの洗濯頻度・回数3つ目は、週に1回です。洗濯物があまり出ない・洗濯物をためて一気に洗うという場合は週に1回程度の頻度でしょう。欠点として、洗濯機に洋服を詰め込むため洗い残しがでやすいです。また、干す洗濯物が多いためスペースの余裕が必要になります。

一人暮らしの洗濯頻度が低い場合のメリット・デメリットとは?

洗濯頻度が低い場合のデメリットは雑菌が繁殖し清潔感がない

清潔感

洗濯頻度が低い場合のデメリットは雑菌が繁殖し清潔感がないことです。人によっては事情により毎日洗濯ができなくて、3日に1回程度になることがあると思います。その場合、溜めている洗濯物には雑菌が繁殖し、悪臭の発生・清潔感を損なう・汚れが落ちづらくなるなどのことが起きます。

そのため3日に1回よりは毎日洗う方が、清潔感や菌の繁殖という観点から言って良いと言えます。ですが、仕事が忙しいなどの理由があればどうしようもないですから、人によっては頻度が低くなるのは仕方がない側面もあります。

洗濯頻度が低い場合のメリットは水道代が安くなる傾向にある

水道代

洗濯頻度が低い場合のメリットは、水道代が安くなる傾向にあることです。一度の洗濯で使う水の量は結構多いため、毎日マメに回していると約900円ほどの水道代がかかります。逆に3日に1回だと約300円程度で済みます。毎日回すほど水道代は高く、3日1回など頻度が低いほど安くなります。

一人暮らしの洗濯をする時間帯はいつまで?

一人暮らしの洗濯をする時間帯はいつまで①午後7時~9時が限度(平日)

時間帯

一人暮らしの洗濯をする時間帯はいつまで1つ目は、午後7時~9時が限度(平日)です。仕事が終わってから洗濯をする人は、夜に洗濯機を回すことになります。その場合、夜でも多くの人が起きている時間帯の間に洗濯機を回し終えてしまうことが大切です。洗濯機はうるさいため深夜はやめるべきでしょう。

一人暮らしの洗濯をする時間帯はいつまで②休日の7~12時の明るい時間

明るい時間

一人暮らしの洗濯をする時間帯はいつまで2つ目は、休日の7~12時の明るい時間です。毎日も洗わず、3日に1回ていどの人は、休日の明るい時間帯に回すといいでしょう。洗濯機を回すことによる騒音も気にせず、明るい時間帯なので天日干しが可能になります。

一人暮らしの洗濯をする時間帯はいつまで③地域により遅くても良い場合も

遅い時間

一人暮らしの洗濯をする時間帯はいつまで3つ目は、地域により遅くても良い場合もあることです。例えば都心などは夜遅くまで大丈夫な場合があります。どの時間帯まで大丈夫かは住んでいる地域にもよりますが、迷惑になりそうだと思う時間帯はやめておくほうが無難です。

一人暮らしでシーツや布団の洗濯回数・頻度は?

シーツや布団の洗濯回数・頻度①夏なら週に1回・冬は2週に1回

洗濯回数

シーツや布団の洗濯回数・頻度1つ目は、夏なら週に1回・冬は2週に1回です。人は寝ている間でも汗をかいています。そのため、暑くて汗をかきやすい夏はこまめにシーツや布団を交換する必要があるといえます。冬場でも汗をかかないわけではないので、半月に1回ぐらいで交換するといいでしょう。

シーツや布団の洗濯回数・頻度②たたんで洗濯ネットに入れて洗う

洗う

シーツや布団の洗濯回数・頻度2つ目は、たたんで洗濯ネットに入れて洗うことです。布団やシーツは、そのまま洗濯機の中に入れると傷みます。ですので、シーツも布団も洗濯ネットにたたんで入れて洗うようにしましょう。干すときは天日干しだと紫外線で傷むため、陰干しがおすすめです。

シーツや布団の洗濯回数・頻度③洗わないとダニの温床になる

ダニの温床

シーツや布団の洗濯回数・頻度3つ目は、洗わないとダニの温床になることです。布団やシーツは、洋服と比べて洗うのを後回しにしがちではないでしょうか。シーツや布団には人の汗・皮脂・髪の毛などが落ちており、ダニの餌となってしまいます。洗わないと知らないうちにダニが繁殖している可能性があります。

一人暮らしの浴室乾燥機の利点とは?

一人暮らしの浴室乾燥機の利点①部屋干ししても臭いがつきづらい

臭いがつきづらい

一人暮らしの浴室乾燥機の利点1つ目は、部屋干ししても臭いがつきづらいことです。浴室乾燥機とは浴室についている乾燥設備のことです。洗濯した洋服を浴室にかけて乾燥させれば、部屋干しでも嫌な臭いをつけずに乾かすことができます。

一人暮らしの浴室乾燥機の利点②外に干せないとき重宝する

外に干せない

一人暮らしの浴室乾燥機の利点2つ目は、外に干せないとき重宝することです。梅雨・雨の日・夜間など洗濯しても外に干せない場合があります。そういったときでも浴室乾燥機があれば、室内でも洗濯物を乾燥させることができます。

一人暮らしで洗濯物を回すときのコツとは?

一人暮らしで洗濯物を回すときのコツ①悪臭は漂白剤・重曹で殺菌する

殺菌

一人暮らしで洗濯物を回すときのコツ1つ目は、悪臭は漂白剤・重曹で殺菌することです。溜まった洗濯物を洗う際に、重曹や漂白剤で洋服についた雑菌の嫌な臭いを軽減することができます。やり方は酸素系漂白剤を購入するか、重曹があれば溶かしたものを洗剤と併用するだけで効果があります。

一人暮らしで洗濯物を回すときのコツ②洗濯槽の中に洋服を溜めない

洋服を溜めない

一人暮らしで洗濯物を回すときのコツ2つ目は、洗濯槽の中に洋服を溜めないことです。洗濯槽の中は通気性が悪く、雑菌が繁殖しやすい環境になっています。そのため、洗濯物を溜めると雑菌の悪臭が発生しやすくなるため、できればランドリーバスケットなどを利用する方が良いです。

一人暮らしで洗濯物を回すときのコツ③二度洗いは洋服が傷むので控える

傷みやすい

一人暮らしで洗濯物を回すときのコツ3つ目は、二度洗いは洋服が傷むので控えることです。洗濯物を1回ではなく2回する二度洗いというものがあります。回す回数が多いほど洗濯物がきれいになったような気がしますが、衣類が傷みます。また、一度の洗濯でほとんどの汚れは落ちていると言われ、二度洗いは過剰だと言えます。

一人暮らしで洗濯物を回すときのコツ④汚れがひどいときは事前に洗う

事前に洗う

一人暮らしで洗濯物を回すときのコツ4つ目は、汚れがひどいときは事前に洗うことです。泥がこびりついている、ソースなど油性の汚れがついているといったとき、事前に洗うと落としやすいです。洗濯機にそのまま入れると、落ち切らずシミになる場合があります。事前洗いした方がキレイにとれます。

一人暮らしで洗濯機ではなくコインランドリーを使った場合の利点とは?

一人暮らしでコインランドリーを使う利点①洗濯する時間を気にしなくていい

時間帯を気にしない

コインランドリーを使うメリット1つ目は、洗濯する時間を気にしなくていいことです。洗濯するとき音が出るので、時間帯を気にしますよね。しかしコインランドリーの場合は、時間を気にせずに洗うことができます。もし時間帯の都合で洗濯物が洗いづらいならコインランドリーを利用するのも一つです。

一人暮らしでコインランドリーを使う利点②洗濯が低頻度でも洗った後が綺麗

仕上がりがきれい

一人暮らしでコインランドリーを使う利点2つ目は、洗濯が低頻度でも洗った後が綺麗なことです。洗濯の頻度が低いと服に雑菌が繁殖するなど不潔です。しかし、コインランドリーはまとめ洗いが基本な上、高温で衣類を乾燥させるため殺菌が期待できます。そのため、週の洗濯回数が少なくても洗濯物を清潔に保てます。

一人暮らしでコインランドリーを使う利点③水道代・電気代がかからない

水道代

一人暮らしでコインランドリーを使う利点3つ目は、水道代・電気代がかからないことです。コインランドリーの料金だけで済みます。といっても、週に数回通い続けると一年でそれなりの料金がかかります。しかし、仕事の転勤が多いなどの理由で、家庭用の洗濯機を買ったり処分したりの経費を考えると安い場合があります。

一人暮らしでコインランドリーを使う欠点①洗濯物を外に持ち出す必要がある

外に持ち出す

一人暮らしでコインランドリーを使う欠点は、洗濯物を外に持ち出す必要があることです。コインランドリーは外にあるので、当然洗濯物をもっていかなければなりません。もしコインランドリーが遠かったり洗濯物が重い場合は、毎回コインランドリーに持っていって洗濯するのが辛い場合があります。

一人暮らしでコインランドリーを使う欠点②定住する場合はコストの方が高い

コストが高い

一人暮らしでコインランドリーを使う欠点2つ目は、定住する場合はコストの方が高いことです。引っ越しなどで処分も視野に入れると、コインランドリーの方がいい場合があります。しかし、今住んでいる土地から当分動く予定がないという場合は、洗濯機を購入した方がトータルでは安くなります。

ベストな洗濯頻度は個人の生活スタイルによる

以上が一人暮らしの洗濯頻度における回数やコツなどについてでした。どれくらい洗濯するかは個人差があり、少なくても3日に1回や週に1回の頻度で洗う人が多いです。頻度が少ないと清潔感が損なわれますが、水道代は安くなる傾向があります。また、場合によっては浴室乾燥やコインランドリーを利用しても便利です。

ほかにもシーツを洗濯する頻度・洗濯物の臭い消しについてまとめている記事があります。よろしければ、そちらも併せてご覧ください。

関連記事

シーツを洗濯する頻度は?正しい布団の干し方やカバー・枕の交換も

こちらの記事ではシーツを洗濯する頻度をご紹介します。シーツは毎日のベッ

Small thumb shutterstock 663927028

関連記事

洗濯物の臭い消し|洗濯したのになぜ?生乾き&部屋干し臭の取り方と対策

洗濯物の臭い消しについてご紹介します。洗濯をしたのになぜか匂ってくる生

Small thumb shutterstock 259242638

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事