Icon search 36px

学年別可愛いノートの書き方

小学生の可愛いノートの書き方:キャラものシールやキラキラを使用する方法

シールやキラキラ

小学生の可愛いノートの書き方は、キャラものシールやラメ入りのキラキラなペンを使用する方法です。たくさん可愛いシールやキラキラしたデコレーションを使用することで、小学生らしいかわいらしいノートが出来上がります。

ただし、シールやキラキラは勉強や授業に関係のないものを貼っても意味が無いので、可愛いながらも授業や勉強に関係のあるものを使用しましょう。シールは友達と交換もできるので楽しさが増えるアイテムです。例えば、アニメキャラが勉強をしているようなシールを貼るなどの工夫が必要です。

中学生の可愛いノートの書き方:好みのイラストをつける方法

イラスト

中学生の可愛いノートの書き方は、自分好みのイラストをつけるという方法です。中学生は小学生と比べて大人になりたい意識が高いです。シールやキラキラしたものを子供っぽいと感じる場合には、自分でイラストを描いてみるのがおすすめです。

中学生にもなると美術の授業も出てくるので、絵に興味が出てくる人も多いはずです。完成度の高いイラストを描いてもいいですし、アニメや漫画のキャラクターやオリジナルのキャラクターを描くのもありです。大人と子供の間のような存在が中学生なので、自分に合ったイラストを使いましょう。

授業のポイントや勉強のポイントをキャラクターの吹き出しで強調したり、モノトーンの絵柄でおしゃれなノートにするなど自分の好みに仕上げる楽しさが広がります。

高校生の可愛いノートの書き方:カラーペンを使ってカラフルにする方法

ペン

高校生の可愛いノートの書き方は、カラーペンを使ってカラフルにする方法です。小学生や中学生の頃は、イラストやシールなどで可愛いノートにしてきましたが、高校生になるともう大人の仲間入りです。

もう高校生がイラストやシールは恥ずかしいと考える人が多いです。そこでカラフルなペンを使って中身を可愛いだけでなく綺麗に見せる方法がおすすめです。勉強や授業のポイントを色を変えたりする工夫や自分の好みの色を使うなど、書き方は人それぞれになるのでオリジナル感が増えます。

高校生の授業や勉強において、きれいで見やすいノートは勉強が捗る大きなポイントにもなります。可愛いだけでなく、見やすいを意識した書き方をカラフルなペンで意識してみましょう。

大学生以上の可愛いノートの書き方:シンプルで大人な感じにする方法

シンプル

大学生以上の可愛いノートの書き方は、シンプルで大人な感じにする方法です。大学生や社会人は中学生や高校生とは違い立派な大人です。カラフルにしたい乙女心もわかりますが、それと同時に周りの目を気にする年ごろです。中学生や高校生は、周りの人もカラフルなノートにしている人が多かったはずです。

しかし、高校生を卒業すると一気に周りが大人になります。ノートの書き方も可愛いからおしゃれに変わります。授業や勉強に使うノートでも仕事で使うノートでも大人らしさが重要になります。シンプルでありながらもおしゃれな書き方が要求されます。

また、女らしさを少し見せたいので可愛いも多少は取り入れたいところです。そこで、ワンポイントなどを利用してシンプルでおとなしめなノートの書き方をしてみると一気にノートがおしゃれになります。

使い方例から見る可愛いノートの書き方

使い方例から見る可愛いノートの書き方①イラストで勉強を分かりやすく

使い方例から見る可愛いノートの書き方の1つ目は、イラストで勉強を分かりやすくしている方法です。こちらの画像は中学生の頃の高校受験に向けたノートの書き方です。可愛いだけでなく、非常にわかりやすくまとめられているのが分かります。

授業のポイントをしっかりと抑えて、イラストで自分なりにわかりやすく表現した方法です。同じイラストでも子供っぽさが出るイラストと、しっかりと大人らしさが出るイラストが書き方次第で変わるということが分かる使い方例です。

使い方例から見る可愛いノートの書き方②見た目重視

使い方例から見る可愛いノートの書き方の2つ目は、見た目重視な使い方例です。一目見ただけで綺麗でおしゃれなのがわかります。また、この使い方例の大きなポイントは、横に付箋を付けている点です。

ノートを閉じていても、開きたいページを開くことが可能になっており、見た目と使い方を重視した使い方例となっています。以下の記事に使いやすい付箋が紹介されています。そちらも参考にしてみてください。

関連記事

【100均ふせん】ダイソー・セリアの34個!全面のり/ポストイット

ダイソーやセリア等100均にあるふせんを厳選して32選紹介します。全面

Small thumb shutterstock 556907218

簡単にできるかわいく見えるノートの作り方

可愛く見えるノートのコツ①文字はひらがな多めにする

ノートのコツ

可愛く見えるノートのコツの1つ目は、文字はひらがなを多めにするということです。見た目の問題になりますが、漢字はどうしても堅苦しい見た目になってしまいます。それに比べてひらがなは丸みがあり何となく可愛らしい見た目に見えるのです。

そこで、読みやすい書き方をすることはもちろんなのですが、ひらがなを多少多めに使うという方法もあります。ただし、国語の勉強や漢字の授業のノートでひらがなが多めでは意味がありませんので、そこは臨機応変に工夫をしましょう。また、ひらがなばかりだと逆に読み辛いノートになるので注意しましょう。

ひらがなが多めのノートを作る場合、使うノートに気を遣う必要があります。例えば、罫線が色付きのノートにしたり、自分で使うペンのカラーを変えるなどの工夫が大前提です。以下の記事におすすめのノートが紹介されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

【100均ノート】ダイソー・セリアの25個!文房具も!万年筆/家計簿

ノートは日常生活に欠かせないアイテムです。ダイソーやセリアなど、100

Small thumb shutterstock 518480599

可愛く見えるノートのコツ②文字ではなく貼る

貼る

可愛く見えるノートのコツの2つ目は、文字ではなく貼るという方法です。ノートに直接文字を書くだけがノートの使い方ではありません。ノートに切り抜きを貼るという方法もおしゃれな活用方法です。例えば、授業で配られたプリントを自分なりに切り抜いて貼り付ける方法があります。

また、大き目の付箋に必要なことを記入して、それをノートに貼るという方法もあります。付箋の色を変えれば一気に見やすいノートになります。さらに付箋に書いてある文字のカラーを変えることで可愛さもアップできます。

可愛いだけじゃないおしゃれなノートの書き方

おしゃれなノートのまとめ方①全体的に統一感を出す

統一感

おしゃれなノートのまとめ方の1つ目は、全体的に統一感を出す方法です。今まで紹介してきたおしゃれなノート活用術を全て1つのノートで使うことは至難の業です。逆に見た目が汚くなる可能性もあります。カラフルなノートは確かに綺麗ですがごちゃごちゃしたノートは見辛いものです。

そこでおすすめなのが、統一感を出すという方法です。例えば、シールや付箋で『貼る』に特化したノートを作るのであれば、イラストを描いたり、カラフルなペンを使うことは控えるようにします。どうしても使いたい場合には、付箋にイラストを描いたりペンを使うようにします。

こうすることで、このノートは『貼る』ことでおしゃれ感を演出しているとおしゃれポイントが明確になります。どの様な統一感を出すかをしっかりと自分なりに考えるのが大事です。

おしゃれなノートのまとめ方②文字は行間を意識して書く

行間

おしゃれなノートのまとめ方の2つ目は、文字は行間を意識して書くという方法です。文字をたくさん書きたい人におすすめの方法です。ノートの1ページにたくさんの文字を書くと、手紙や日記のようなノートが出来上がります。見る方もワクワクしてきます。

しかしその反面、読むのが大変になることもあります。人によってはその見た目、文字数の多さだけで目がチカチカしてしまう人もいます。しかし、行間を意識して文字を書くだけで一気に見やすくなります。

小説などが読みやすいように工夫されているのは、言葉の選び方や書き方だけではなく、しっかりとした行間が取られているからです。ノートも同じように行間を開けることで一気に読みやすいノートに変わります。

ノートをおしゃれに仕上げるコツや方法

おしゃれなノートのまとめ方やコツ①ペンの使い方

ペン

おしゃれなノートのまとめ方やコツの1つ目は、ペンの使い方です。例えば、ノートはボールペンで書くだけで一気におしゃれなノートに仕上がります。授業で大事なポイントはペンの色を変えるのもいいのですが、マーカーペンを使うのも一つの方法です。

マーカーペンを使うことで一気に華やかなノートが仕上がります。強調したいポイントだけをマーカーするのがマーカーペンの役割ではありません。ノートを華やかに見せるために、文字にマーカーするのではなく、例えば、ノートの縁取りをマーカーしてみましょう。一気に華やかになるはずです。

また、文字を書くときにボールペンを使うと間違えた時に消せなくなりそうだということを心配する場合には、最近では消せるボールペンが発売されています。そちらを使用して、修正液を使わないで済む工夫をしましょう。

おしゃれなノートのまとめ方やコツ②文字ではなくスタンプを活用

スタンプ

おしゃれなノートのまとめ方やコツの2つ目は、文字ではなくスタンプを活用するという方法です。キャラクターものや動物のスタンプも可愛らしくて捨てがたいのですが、ここでは大人っぽいスタンプを活用してみましょう。例えば、モノクロで四角い縁取りのスタンプを押します。

その中に重要な物を書き込むだけで、味気ないノートに広がりが見えてきます。重要というスタンプを押すだけで一目で大事なことだと分かるようにもなります。この様に、スタンプを上手に活用するのもおすすめです。

おしゃれなノートのまとめ方やコツ③マスキングテープを使用

マステ

おしゃれなノートのまとめ方やコツの3つ目は、マスキングテープを使用するということです。ノートにマスキングテープを貼るだけで、マーカーペンを使ったような華やかさが生まれます。

また、マスキングテープの上に文字を書くことで、おしゃれなノートに早変わりするだけでなく、ポイントが一目で分かるようにもなります。

可愛いノートの書き方を覚えよう!

いかがでしたか?可愛いノートの書き方やコツなどについて紹介してきました。今回の記事を参考にして、自分のノートを可愛くおしゃれに仕上げてしまいましょう!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事