Icon search 36px

6畳1Kの一人暮らし|インテリアのレイアウトのポイント

6畳のレイアウトのポイント①最初にベッドの位置を決める

ダブルベッド

6畳1Kのレイアウトのポイント1つ目は、ベッドのレイアウトを決めることです。一人暮らしの部屋に置く家具の中でベッドが1番大きい家具、という人は多いのではないでしょうか?

ベッドは、窓やクローゼット、ドアの位置によって、どこにレイアウトするかが限定されてしまいます。まずはベッドをどこに配置するか決め、空いたスペースでタンスやドレッサーなどのレイアウトを考えましょう。

6畳のレイアウトのポイント②どう過ごしたいかをイメージする

考える女性

6畳1Kのレイアウトのポイント2つ目は、過ごし方をイメージする事です。例えば、太陽の光を浴びて目覚めたいとか、日中過ごす場所は窓際がいい、カフェのように過ごしたいなど、自宅で過ごす時間をイメージしながらレイアウトを考えると、理想に近い一人暮らしの部屋が出来上がります。

6畳のレイアウトのポイント③収納方法を考える

収納

6畳1Kのレイアウトのポイント3つ目は、収納方法を考える事です。6畳1Kの部屋は、キッチンが広めのタイプから、通路にキッチンがついているようなコンパクトなタイプまで様々です。

キッチンが広ければその分大きめの家具を置く事もできますが、タンスやドレッサーなど家具が増えればもちろん部屋が狭くなります。基本的にクローゼットが付いている物件が一般的ですが、その広さは様々です。クローゼットに入らないものは空間をうまく使って、見せる収納で素敵にレイアウトする方法もおすすめです。

6畳1Kの一人暮らし|インテリアのレイアウト10選

6畳1Kのインテリアのレイアウト①ミニマルモダン

6畳1Kのインテリアのレイアウト、1つ目の部屋はミニマルモダンです。ベッドは壁に寄せて配置されています。必要最低限の家具でスッキリとコーディネートされたミニマルな部屋ですね。

シンプルながらも、オシャレなテーブルや時計がポイント、モダンな印象をプラスしています。壁掛けのテレビは場所を取らず、狭い部屋を広く使うことができる優れものですね。

6畳1Kのインテリアのレイアウト②北欧ナチュラル

6畳1Kのインテリアのレイアウト、2つ目の部屋は北欧ナチュラルです。ベッドを低めに配置すると、部屋を広く見せることができます。木の温もりを大切に、ベージュやグレーでコーディネートされたナチュラルでスタイリッシュな居心地のいい部屋です。ベッドの上のオブジェも部屋の雰囲気にマッチして素敵です。

6畳1Kのインテリアのレイアウト③ナチュラルレトロ

6畳1Kのインテリアのレイアウト、3つ目の部屋はナチュラルレトロです。ベッドは窓に寄せて空間を広く使っています。ベッドもソファもテーブルもコンパクトなサイズをチョイスすれば、全てをバランスよくレイアウトできます。

少しレトロな雰囲気のソファと、木の温もりを感じる机やベッドサイドの棚の色彩バランスが良く、落ち着いてくつろげる部屋になっています。

6畳1Kのインテリアのレイアウト④スタイリッシュモード

6畳1Kのインテリアのレイアウト、4つ目の部屋はスタイリッシュモードです。ベッドは壁に寄せて配置しています。窓が多く、タンスや棚など大きめの家具が置きづらい間取りですが、上手くレイアウトされています。

ハンギングの洋服は、クローゼットを使わず見せる収納に配置されていて、インテリアの一部になっています。全てがスタイリッシュでモード、オシャレなコーディネートです。

6畳1Kのインテリアのレイアウト⑤シンプルモノトーン

6畳1Kのインテリアのレイアウト、5つ目の部屋はシンプルモノトーンです。ちょっと複雑な間取りをうまく利用したレイアウトです。デスクとドレッサーの両方を6畳の部屋にレイアウトしようとすると、かなり場所をとってしまいます。

ハリウッドミラーを配置した窓際のデスクはドレッサーとしても使え、コンパクトで機能的です。メイクが好きな女性におすすめのレイアウトです。

6畳1Kのインテリアのレイアウト⑥アンティークテイスト

6畳1Kのインテリアのレイアウト、6つ目の部屋はアンティークテイストです。ベッドやカーテン、チェストなど、アンティークな雰囲気で統一されたエレガントで素敵なコーディネートです。ベッドサイドのチェストはサイドテーブル代わりとしても使えます。

6畳1Kのインテリアのレイアウト⑦ミックススタイル

6畳1Kのインテリアのレイアウト、7つ目の部屋はミックススタイルです。様々なテイストのアイテムがたくさん取り入れられていますが、色彩バランスよくまとまっているコーディネートです。至るところに見せる収納術が上手く取り入れられていて、クローゼットにも植物などがレイアウトされています。

6畳1Kのインテリアのレイアウト⑧アジアンテイスト

6畳1Kのインテリアのレイアウト、8つ目の部屋はアジアンテイストです。タンスなどの家具も全て揃えるとなると、お金もかかるし難しいという時には、ラグやカーテンなどのファブリックだけでもアジアンテイストにしてみましょう。部屋の雰囲気が一気にアジアンテイストに変わります。

6畳1Kのインテリアのレイアウト⑨和モダン

6畳1Kのインテリアのレイアウト、9つ目の部屋は和モダンです。和室は嫌煙されがちですが、和室と雰囲気の合うモダンなタンスやドレッサー、オシャレなファブリックなどもたくさんあります。和室ならではのコーディネートを楽しみましょう。

6畳1Kのインテリアのレイアウト⑩こたつのある部屋

6畳1Kのインテリアのレイアウト、10個目はこたつのある部屋です。一人暮らしには、コンパクトでスタイリッシュなこたつがおすすめです。場所を取らず、夏はローテーブルとして使えます。冬は部屋のポイントになるので、可愛い掛け布団を選びたいですね。

6畳1Kの一人暮らしのレイアウト|ベッドの位置

6畳のベッドの位置①窓に寄せるレイアウト

6畳1Kのベッドのレイアウト1つ目は、窓に寄せるレイアウトです。窓の広さによっては、窓から外に出ることが難しくなりますが、朝日を浴びて目覚めることができる気持ちのいい配置です。特に、長方形の部屋で短編に窓がある場合、他のスペースを広く使うことができるのでお勧めです。

6畳のベッドの位置②壁に寄せるレイアウト

6畳1Kのベッドのレイアウト2つ目は、壁に寄せるレイアウトです。このレイアウトは、部屋が長方形で窓が短編にある場合、空間が縦に長くなってしまいます。家具などを配置するスペースが限定されてしまいますが、日中窓際で過ごしたい方にはおすすめのレイアウトです。

6畳のベッドの位置③ソファベッドのレイアウト

6畳1Kのベッドのレイアウト3つ目は、ソファベッドのレイアウトです。狭い6畳の部屋では、ベッドを配置すると机やソファのスペースを広く使うことが難しくなります。そんな時にはソファベッドがおすすめです。くつろぐ空間や、タンス、ドレッサーなどを配置するスペースを広く確保できます。

6畳1Kの一人暮らしのレイアウト|机とソファ・椅子のタイプ別

6畳の机とソファ・椅子のタイプ別レイアウト①ローテーブル×ソファ

6畳1Kの机と椅子のタイプ別レイアウト、1つ目はローテーブル×ソファです。家具を置くと6畳の部屋は以外と狭いと感じます。ソファを配置しても狭さを感じない部屋にするには、1.5人掛けのコンパクトなソファがおすすめです。圧迫感が少なくゆっくりくつろぐことが出来ます。

ソファで過ごす時間が1番大切!という方は、ベッドをセミシングルにして、ゆったりくつろげるカウチソファをレイアウトしてもいいですね。また、ソファベッドならスペースを気にせず大きなサイズを選ぶことが出来ます。

6畳の机とソファ・椅子のタイプ別レイアウト②テーブル×ソファ

6畳1Kの机と椅子のタイプ別レイアウト、2つ目はテーブル×ソファです。ソファはダイニングソファとして使うことを前提にレイアウト、このバランスなら食事もしやすいですね。カフェのように、バラバラのソファをコーディネートしても素敵です。

6畳の机とソファ・椅子のタイプ別レイアウト③ローテーブル×床

6畳1Kの机と椅子のタイプ別レイアウト、3つ目はローテーブル×床です。座る場所を限定せず床に自由に座るスタイルであれば、広さも確保でき、人数も制限されないというメリットがあります。クッションやラグなどを敷いて快適な空間にしましょう。

6畳の机とソファ・椅子のタイプ別レイアウト④テーブル×椅子

6畳1Kの机と椅子のタイプ別レイアウト、4つ目はテーブル×椅子です。キッチンが狭い一般的な6畳1Kに、ダイニングテーブルを配置するのは難しいですね。でも、テーブルと椅子できちんと食事がしたい方には、コンパクトな机と椅子のレイアウトがおすすめです。

さらに折りたためるタイプを選べば、気分や来客に合せてレイアウトを変えられとても便利です。もちろん、1人のティータイムも快適です。

6畳1Kの一人暮らしのレイアウト|狭い部屋の収納

6畳の収納レイアウト①デッドスペースを収納として使う

狭い6畳1Kにおすすめの収納レイアウト、1つ目はデッドスペースの有効利用です。ベッドやソファ下にはデッドスペースができてしまいます。狭い6畳の部屋ではそんなスペースも最大限に活用したいですね。衣装ボックスやプレンティボックスをレイアウトしたり、収納付きベッドを配置してデッドスペースを無くしましょう。

6畳の収納レイアウト②ハイベッドの配置

狭い6畳1Kにおすすめの収納レイアウト、2つ目はハイベッドの配置です。ハイベッド下のスペースは部屋のように使え、デスクやドレッサー、タンスを置いたり、クローゼットにしたりと自由にレイアウトできます。クローゼットが狭い部屋で、物が多い方にはおすすめです。

6畳の収納レイアウト③ユニットシェルフの配置

狭い6畳1Kにおすすめの収納レイアウト、3つ目はユニットシェルフの配置です。6畳の狭い部屋では、備え付けのクローゼットに入りきらない物もたくさんあります。クローゼットから溢れた物をスッキリ収納するには、ユニットシェルフがおすすめです。

ユニットシェルフは、テレビ台、机や本棚、タンスやクローゼット、ドレッサーなど様々な用途で使えます。自分好みにセッティングし、必要なパーツがあればプラスも可能、狭い空間を天井まで最大限に使うことができます。1箇所に全てをレイアウトすれば、部屋がスッキリ見えます。

POINT

細かいものの収納方法

細かい物を収納するときは、見えても可愛いボックスなどをいくつか使いジャンルごとに分けましょう。後で分かりやすく、見た目も美しく収納できます。

これから引越しや模様替えを考えている方は、部屋のレイアウトだけでなく、断捨離術や安くて可愛い収納も気になりますね。関連記事もあるのでぜひ参考にしてみてください。

関連記事

ミニマリストの断捨離術とは?スッキリした部屋6選!趣味や貯金も

こちらの記事では、ミニマリストならではの断捨離術について紹介しています

Small thumb shutterstock 575394781

関連記事

セリアの人気の収納商品17選|キッチンやインテリアに見えるアイデアも

100均セリアの人気のおすすめ収納商品についてご紹介しています。キッチ

Small thumb shutterstock 576257071

部屋は自分の城!6畳1Kの一人暮らしを快適なレイアウトで楽しもう

6畳1K、一人暮らしのインテリアのレイアウトはいかがでしたか?ちょっとした工夫で自分好みにコーディネートでき、快適な空間を作ることができます。部屋は自分の城、素敵な空間で毎日を楽しく過ごしてくださいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事