Icon search 36px

人の気持ちがわからない人の特徴4選

人の気持ちがわからない人の特徴①友達よりも自分優先

自分

人の気持ちがわからない人の特徴1つ目は、友達よりも自分優先なことです。周囲の人よりも自分の心身を大切にしているため、他人のことを全く気にしていません。その態度が表に出た結果、気持ちを読み取る能力を持っていないのです。

人の気持ちがわからない人の特徴②日頃から人と関わっていない

孤立

人の気持ちがわからない人の特徴2つ目は、日頃から人と関わっていないことです。現在に至るまで、人との接点が全くないために気持ちを読み取る能力が欠如しています。このタイプの人は、仕事以外で人と接することは全くないでしょう。

人の気持ちがわからない人の特徴③相手のことを考えずに言葉を発する

発言

人の気持ちがわからない人の特徴3つ目は、相手のことを考えずに言葉を発することです。対面している人の状況や立場について深く考えずに、自分の思ったことをそのまま言葉にするため周囲に不快感を与えたり辛い気持ちにさせたりします。

人の気持ちがわからない人の特徴④相手の気持ちに対する想像力がない

想像

人の気持ちがわからない人の特徴4つ目は、相手の気持ちに対する想像力がないことです。相手が深い悩みを抱えていたり仕事が辛くて落ち込んでいた場合、その気持ちを読み取ったり想像する力を持っていないので相手を追い込みがちです。

【前編】人の気持ちがわからない原因・理由6選

人の気持ちがわからない原因・理由①仕事に対して生真面目

真面目

人の気持ちがわからない原因・理由1つ目は、仕事に対して生真面目なことです。仕事に対する思いが真剣なので、相手を不快にさせるような言葉を発しがちです。そのため、たとえ正しいことであっても単語選びが下手なせいで嫌な気持ちにさせてしまいます。

こちらの記事では、真面目な人の性格についてまとめられています。物事において熱意を持って取り組んでいく真面目な人は、理屈っぽい言動が原因で協調性にかける場合がありますが、信頼できる一面を持ち合わせています。そんな彼らとうまくやっていくためにもこちらの記事を読んで、対処方法を学びましょう。

関連記事

真面目な人の性格の特徴5選|生真面目な男性の長所・短所も

真面目な人の特徴や性格にはどういったものがあるのでしょうか。人間には個

Small thumb shutterstock 531015667

人の気持ちがわからない原因・理由②大人になっても心が子供のまま

子供

人の気持ちがわからない原因・理由2つ目は、大人になっても心が子供のままなことです。体が大人として成長しても心の成長を体験していないので、見た目とは反する幼すぎる言葉を発しがちです。そのため、仕事仲間からは子供と接するような感覚に陥る場合もあるでしょう。

人の気持ちがわからない原因・理由③大人の接し方がわからない

対応

人の気持ちがわからない原因・理由3つ目は、大人の接し方がわからないことです。仕事上、相手と話し合ったり連絡し合う必要がありますが、どう接すれば相手に伝わるのかわかっていないために相手を怒らせたり不快感を与えがちです。

【後編】人の気持ちがわからない原因・理由6選

人の気持ちがわからない原因・理由④人との関わりが少ない

1人

人の気持ちがわからない原因・理由4つ目は、人との関わりが少ないことです。昔から今に至るまで人との関わりを避けてきたりその機会が得られなかったせいで交流に関する経験値が溜まっていません。そのため、気持ちを読み取る能力も身についていないのです。

人の気持ちがわからない原因・理由⑤両親から理不尽なことをされている

親子

人の気持ちがわからない原因・理由5つ目は、両親から理不尽なことをされていることです。大人の女性が過去に母親からなぜか叩かれるといった、他人から見たらなぜそんな目にあったのかと思うような出来事を体験している事があります。この場合、トラウマのせいで上手く対応できていない可能性があります。

人の気持ちがわからない原因・理由⑥言葉を鵜呑みにしている

会話

人の気持ちがわからない原因・理由6つ目は、言葉を鵜呑みにしているからです。相手の言葉をそのまま飲み込んでしまうため、言葉の裏に隠された真意に気付かないでいます。そのため、皮肉をいったつもりでも褒められたと誤解することが多々あります。

人の気持ちがわからない時の対策・対処法4選

人の気持ちがわからない時の対策・対処法①なぜそうしたのか考える

思考

人の気持ちがわからない時の対策・対処法1つ目は、相手の立場になって考えることです。例えば、相手が「ゴミ箱が溜まっている」と発言した時、なぜそれを言ったのか相手の立場になって考えてみましょう。これによって「これを捨てに行って欲しいのでは?」などの思考を巡らせられます。

人の気持ちがわからない時の対策・対処法②表情や態度を見る

表情

人の気持ちがわからない時の対策・対処法2つ目は、表情や態度を見ることです。相手の発言のみに注目するのではなく、それ以外の動きに注目してみましょう。表情や見た目を観察すれば、相手がなぜその発言をしたのか、相手の心情についてわかるようになります。

人の気持ちがわからない時の対策・対処法③相手の発言をオウム返しする

鳥類

人の気持ちがわからない時の対策・対処法3つ目は、相手の発言をオウム返しすることです。言葉の真意を読み取れない場合は、相手の発言をそのままオウム返しにして発言してみましょう。これにより、会話にワンクッション置けるようになって考える時間が作れます。また、相手に安心感も与えられるのでスムーズに進みます。

人の気持ちがわからない時の対策・対処法④意見を発言するのを止める

意見

人の気持ちがわからない時の対策・対処法4つ目は、意見を発言するのを止めることです。思ったことをそのまま発言したりすぐ口にするような人は、一度口に出さずに留めた後にそれを伝えるとどうなるのか考えてみましょう。少しだけでも時間を置くことで、それが言って良い発言か悪い発言かを見極められるようになります。

他人の感情を理解するための改善法4選

他人の感情を理解するための改善法①人の話を最後まで聞くようにする

傍聴

他人の感情を理解するための改善法1つ目は、人の話を最後まで聞くようにすることです。人の話を遮ってまで自分の思いを伝えてしまうような人は、一度話を最後まで聞くようにしましょう。これによって相手が伝えたいことを把握し、気持ちも理解できるようになります。

他人の感情を理解するための改善法②相手の発言をそのまま受け取らない

受け取り

他人の感情を理解するための改善法2つ目は、相手の発言をそのまま受け取らないことです。仕事の合間や雑談中に気になる発言を向けられたら、一度受け止めた後、なぜそれが送られてきたのが考えてみましょう。これによって、相手は建前で発言したのか自分を皮肉るために発言したのかわかるようになります。

他人の感情を理解するための改善法③相手を知る気持ちを大事にする

大切

他人の感情を理解するための改善法3つ目は、相手を知る気持ちを大事にすることです。「気持ちがわからないから対処したい」や「原因を改善したい」という思いは根本的に治すために必要な要素です。これを普段から気にかけることで、現状を変えるきっかけに繋がります。

他人の感情を理解するための改善法④様々な価値観を知る

勉強

他人の感情を理解するための改善法4つ目は、様々な価値観を知ることです。大抵の人は自分の価値観で人を見てしまうため、「自分がこう思うから相手もこう思うだろう」という考えに捉われがちです。これを解決するためにも自分と人は違うことを知りましょう。

他人の気持ちがわからない人への対処法5選

他人の気持ちがわからない人への対処法①自分の想いや要望を伝える

気持ち

他人の気持ちがわからない人への対処法1つ目は、自分の想いや要望を伝えることです。相手のことを理解していない人の中には、自覚できていない場合が大半です。お互いのためにも早めに思っていることを伝えるようにしましょう。

他人の気持ちがわからない人への対処法②極力関わらないようにする

距離感

他人の気持ちがわからない人への対処法2つ目は、極力関わらないようにすることです。こちらの気持ちを読み取ろうとしない人の相手をしてもただ疲れるだけです。無理に接して不愉快な気持ちになった時は、その人と距離を取るようにしましょう。

他人の気持ちがわからない人への対処法③気にせず感情をぶつける

感情

他人の気持ちがわからない人への対処法3つ目は、気にせず感情をぶつけることです。このタイプの場合、鈍感で図太い性格が原因でこちらの感情を全く考慮していない傾向にあります。この場合、相手に対して無理に気遣う必要はありません。思い切って大人げない態度を見せましょう。

他人の気持ちがわからない人への対処法④優しく接してみる

愛情

他人の気持ちがわからない人への対処法4つ目は、優しく接してみることです。自分の意見を伝えても全く理解してくれない場合、相手への不安が原因で全く聞けていない可能性があります。

この場合、一度話をおいてから可能な範囲で優しさを見せてみましょう。こうすることで、相手は心を開いてこちらの話を素直に聞いてくれるかもしれません。

他人の気持ちがわからない人への対処法⑤相手とは違うことを認める

認知

他人の気持ちがわからない人への対処法5つ目は、相手とは違うことを認めることです、自分と相手はどうしても違う生き物なので、分かり合うのはどうしても難しくなります。お互いのためにも無理に共感しようとするのではなく、「自分は自分、相手は相手」というようにお互い違う者として接するようにしましょう。

人の気持ちがわからない原因を把握して対処しましょう!

相手の感情がわからないために、なぜ怒っているのかわからないという表情をしがちなこの人たちは、子供の頃から理不尽な目にあったせいで大人になっても年相応ではない言動をとりがちです。

ですが、うまく原因を把握して対処できるようになると、お互いにどう接すれば良いのかわかるようになります。相手がこちらの気持ちをなぜかわかってくれないと嘆く前に、こちらからうまく対処するようにしましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事