Icon search 36px

肩にもたれかかる|もたれる男性心理・理由5選

①落ち込んでいる

落ち込む男性

肩にもたれかかる・もたれる男性心理・理由一つ目は、落ち込んでいるからになります。肩にもたれかかるということは、気分的に落ち込んでいるという事です。そのため誰かに頼りたくなり、肩にもたれかかることがあります。

しかし男性は基本的に見栄っ張りです。そのため気を許していない相手には、もたれることがありません。ですのでもしも男性が肩にもたれかかった場合は、信用されているということになります。

②何か悩みがある

頭を抱える男性

肩にもたれかかる・もたれる男性心理・理由二つ目は、何か悩みがあるになります。男性は何か悩みがあると、無意識に肩にもたれることがあります。人に寄りかかることで、悩みを冷静に考えたいという心理です。

そのため悩んでいる状態でもたれる男性に対しては、基本的に見守ることが必要です。もしも話を聞いてほしい時は、相手から話しかけてくるためその時には話を聞いてあげましょう。

③相手に頼りたい

疲れている男性

肩にもたれかかる・もたれる男性心理・理由三つ目は、相手に頼りたいということになります。相手に頼りたいという事は、もたれる相手のことを信用しているという事です。そのため嫌がらず、もたれさせてあげましょう。

また頼りたいという心理で肩にもたれかかる場合は、何か困っていることがある証拠でもあります。そのため心当たりがある場合は、ゆっくり話を聞くことも重要です。相手が気軽に頼れるように、声をかけてあげることもおすすめになります。

④すごく疲れている

仕事で疲れている

肩にもたれかかる・もたれる男性心理・理由四つ目は、すごく疲れているということになります。男性はぎりぎりまで疲労感を溜めてしまう傾向にあります。そのためすごく疲れてしまうと、自然と横の人にもたれかかることが多いです。

そういった場合は目を閉じていたりすぐ眠ったりすることが多いです。そのためそっとしておいてあげることが、一番のおすすめになります。無理に避けようとすると、相手も傷つくことがあるため注意しましょう。

⑤相手のことが好き

スキンシップしたい男性

肩にもたれかかる・もたれる男性心理・理由五つ目は、相手のことが好きになります。男性は相手の女性が好きであると、スキンシップの一環で肩にもたれかかることがあります。

この時は明確に相手に好意を持っており、仲良くなりたいという心理でもたれかかっているということです。特に二人きりの時にもたれることが多く話し方も優しいため、分かりやすい心理でもあります。そのため気になる男性の場合は、積極的にアプローチしてみてください。

肩にもたれかかる|もたれる女性心理・理由5選

①興味を持ってほしい

和やかな男女

肩にもたれかかる・もたれる女性心理・理由一つ目は、興味を持ってほしいになります。女性は興味を持ってほしい相手に対して、スキンシップを図ることがあります。その一つが相手の肩にもたれかかるということです。

この場合の女性は相手のことが気になっていたり、異性として興味がったりすることが多いです。そのため仲良くなりたい女性である場合は、拒否せず受け入れることがおすすめになります。

②相手に甘えたい

手を取り合う男女

肩にもたれかかる・もたれる女性心理・理由二つ目は、相手に甘えたいになります。女性は特に男性に甘えたいとき、相手の肩にもたれかかります。これは甘やかしてほしいという心理です。

特にそういった心理をもっている女性は、上目遣いをしたりさらにスキンシップを図ってくることがあります。そのためそういった女性に対しては、頭を撫でたり話を聞いてあげることがおすすめです。

③くっついていたい

くっついている男女

肩にもたれかかる・もたれる女性心理・理由三つ目は、くっついていたいということです。女性は好意を持っている異性だけではなく、多くの男女に寂しいからくっついていたいと思い肩にもたれることがあります。

誰でもいいわけではありませんが、信頼している男女にはこの心理で肩にもたれることが多いです。そのため確実に好意を持っているわけではないため、注意が必要な心理になります。しかしくっついていたい時は寂しい時であるため、素直に肩を貸してあげましょう。

④相手のことが好き

いい雰囲気の男女

肩にもたれかかる・もたれる女性心理・理由四つ目は、相手のことが好きだからになります。相手のことが好きな女性は、好意を示す一環として肩にもたれかかることがあります。

好意を持っているとき女性は、肩にもたれると照れることが多いです。そのため好意を持っているかは、確認しやすいスキンシップでもあります。こういった心理の場合、女性に優しく接してあげると好感度がアップするためおすすめです。

⑤疲れてることに気づいてほしい

疲れている女性

肩にもたれかかる・もたれる女性心理・理由五つ目は、疲れてることに気づいてほしいからになります。女性は疲れていることをアピールするために、肩にもたれることがあります。

この時の女性は「疲れた」「しんどい」と伝えてくることが多いです。そのため疲れていることを察し、優しい言葉をかけてあげましょう。こういった女性は無視すると、機嫌が悪くなることがあるため注意してください。

肩にもたれかかる・頭を乗せる|男女別の脈ありサインは?

脈ありサイン|肩ズンする

肩を寄せ合う男女

男性の肩にもたれかかる・頭を乗せる脈ありサインは、肩ズンすることになります。肩ズンとは、男性が女性の肩にズーンともたれかかる甘えるスキンシップの一つです。男性はプライドが高い人も多いため、この行為を行うことは脈ありのサインになります。

そのためこの肩ズンをされて頭を乗せることがある場合は、素直に甘えさせてあげましょう。普段の男性とのギャップで、すごくキュンとすることを言ってくれることもあるためおすすめです。

脈ありサイン|髪の毛触ってくる

抱き合う男女

女性の肩にもたれかかる・頭を乗せる脈ありサインは、髪の毛触ってくるになります。女性が異性の髪の毛を触るというのは、抵抗のある行為になります。そのため頭を乗せるかつ髪の毛触ってくる女性は、男性に対して脈ありのことが多いです。

髪の毛を触る仕草は、甘えている行動でもあります。そのためその時は、頭を撫でたり指を絡めたりしてみてください。そうすることで、女性との距離がぐっと近くなるためおすすめです。

【男性編】肩に寄りかかる以外のおすすめスキンシップは?

①頭をなでる

頭をなでる男性

男性の肩に寄りかかる以外のおすすめスキンシップ一つ目は、頭をなでるになります。女性は男性に頭をなでられると、すごくキュンとします。そのためおすすめのスキンシップの一つです。しかし人前では恥ずかしく、嫌がられることもあるため注意しましょう。

②肩ズンからの手を握る

手を握っている男女

男性の肩に寄りかかる以外のおすすめスキンシップ二つ目は、肩ズンからの手を握るになります。肩ズンは女性がキュンキュンする動作です。そこさらに手を握ると、相手との距離を瞬く間に縮めることができます。そのため好きな女性に行うには、とてもおすすめのスキンシップになります。

③肩を抱く

肩を抱く男性

男性の肩に寄りかかる以外のおすすめスキンシップ三つ目は、肩を抱くになります。ある程度距離感の近い女性に対しては、肩を抱くスキンシップは非常におすすめです。女性は肩を抱かれると、守られている感覚になります。そのため男性に好意を抱くこともあり、好感度をあげることができます。

【女性編】肩に寄りかかる以外のおすすめスキンシップは?

①指を握る

手が触れ合う男女

女性の肩に寄りかかる以外のおすすめスキンシップ一つ目は、指を握るになります。男性は指をぎゅっと握られると、その女性が愛おしくなり守りたくなるものです。そのため距離を縮めたい男性がいる場合は、とてもおすすめなスキンシップの一つになります。

②腕を絡める

腕を絡めあう男女

男性の肩に寄りかかる以外のおすすめスキンシップ二つ目は、腕を絡めるになります。男性の腕に女性が腕を絡めると、距離感がぐっと縮まります。そのため密着することができ、男性も悪い気はしません。なかなか気持ちが伝わらない男性に対して、おすすめのスキンシップです。

③太ももに手を置く

デート中のカップル

男性の肩に寄りかかる以外のおすすめスキンシップ三つ目は、太ももに手を置くになります。ありがちなスキンシップの一つではありますが、かなり効果的です。さらに太ももに手を置き頭を乗せると、男性との距離を縮めることが可能です。スキンシップを試したい方は、ぜひ実践してみてください。

女性からボディタッチしたくても、なかなか実践できない人も多いですよね。こちらの記事では、そんな女性から行うボディタッチの方法について紹介しています。自分からもどんどんスキンシップしたいという女性の方は、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

肩にもたれかかる・もたれる男女別の心理を知り恋愛に役立てよう!

肩にもたれかかる・もたれる男女別の心理や脈ありの場合、他におすすめのスキンシップについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。肩にもたれかかる場合にも、脈ありかどうか様々な場合があると知っていただけたと思います。異性から肩にもたれかかられたという時は、ぜひ参考にしてみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事


RANKING

人気の記事