Icon search 36px

愛情いっぱいに育てられた子の特徴10選

愛情いっぱいに育てられた子供の特徴①愛嬌がある

仲良し家族

愛情いっぱいに育てられた子供の特徴一つ目は、愛嬌があるということです。愛情いっぱいの子供には、愛嬌があります。見ているだけで癒されてしまうような、子供らしい愛嬌が見て取れるのがその特徴です。その屈託のない表情には、どんな大人も心洗われるような気になることでしょう。

愛情いっぱいに育てられた子供の特徴②純粋で真っ直ぐなものの考え方

笑顔の子供

愛情いっぱいに育てられた子供の特徴二つ目は、純粋で真っ直ぐなものの考え方をしているということです。愛情いっぱいの子供は、純粋で真っ直ぐに育ちます。悪いことを考えることもなければ、変に勘ぐるようなこともありません。ひねくれることなく、真っ直ぐにピュアな心を持つことができるのです。

愛情いっぱいに育てられた子供の特徴③嘘をつかない

大家族

愛情いっぱいに育てられた子供の特徴三つ目は、嘘をつかないということです。愛情いっぱいに育った子供は、素直で嘘をつきません。嘘をつく必要性さえ感じることがないのが、愛情たっぷりの子供の特徴です。愛情がいっぱいの子供は、周りの顔色ばかり伺うことはせず、ただただ素直でいることができます。

愛情いっぱいに育てられた子供の特徴④明るく前向き

ピクニックする

愛情いっぱいに育てられた子供の特徴四つ目は、明るく前向きだということです。愛情いっぱいに育てられた子供は、前向きな考えを持っています。ネガティブに考えたりするようなことは微塵もありません。ただ子供らしい好奇心があるのみです。愛情が足りていると、子供は自然とポジティブになるものなのです。

愛情いっぱいに育てられた子供の特徴⑤活発で元気

笑顔の家族

愛情いっぱいに育てられた子供の特徴五つ目は、活発で元気だということです。愛情たっぷりに育った子供は、活発で明るく、元気です。子供らしくはしゃぐこともあれば、その場を明るくしてくれるような存在感もあります。愛情が満ち満ちているからこそ、子供は子供らしくいることができるのです。

愛情いっぱいに育てられた子供の特徴⑥他人に対して思いやりがある

二人で遊ぶ

愛情いっぱいに育てられた子供の特徴六つ目は、他人に対して思いやりがあるということです。愛情いっぱいに育てられた子供は、他人に対しての思いやりの気持ちを持っています。無条件で他人に優しくすることもできれば、思いやりをもって親切にすることもできるのが特徴です。

愛情いっぱいに育てられた子供の特徴⑦しっかりしている

料理を手伝う

愛情いっぱいに育てられた子供の特徴七つ目は、しっかりしているということです。愛情いっぱいに育てられた子は、個が確立するのも早く、同世代の子供よりもしっかりする傾向にあります。まだ小さな子供とは思えないくらいしっかりしていて、善悪の判断もつくのが特徴です。

愛情いっぱいに育てられた子供の特徴⑧自信を持っている

みんなで食卓

愛情いっぱいに育てられた子供の特徴八つ目は、自信を持っているということです。愛情たっぷりな子供は、自分に自信を持っています。自分を否定するようなこともなければ、卑下するようなこともありません。子供が自分を好きでいられるのは、愛情が満ち足りているからなのです。

愛情いっぱいに育てられた子供の特徴⑨笑顔が多い

おんぶする父

愛情いっぱいに育てられた子供の特徴九つ目は、笑顔が多いということです。愛情いっぱいに育った子供は笑顔でいることが多く、子供らしい無邪気さをのぞかせます。愛情たっぷりな子供が無表情でいるようなことは少なく、常に楽しそうにしていることでしょう。

愛情いっぱいに育てられた子供の特徴⑩自己主張がはっきりしている

冒険する二人

愛情いっぱいに育てられた子供の特徴十個目は、自己主張がはっきりしているということです。愛情いっぱいに育てられた子供は、自己主張がはっきりしていて、臆することなく発言できます。他人に対して堂々と意見を述べることができるのは、愛情をかけられているという証拠なのです。

愛情不足の子供がみせるサインとは?

愛情不足の子供がみせるサイン①わざと人を困らせる

ゲームする

愛情不足の子供がみせるサイン一つ目は、わざと人を困らせるということです。愛情不足の子供は、わざと嘘をついたり、誰か他人のものを隠したりすることで、周りの人を困らせようとします。このようなイタズラに出ることで、他人の気を引こうとしているのです。子供の成長過程でこんな傾向が見られたら要注意です。

愛情不足の子供がみせるサイン②自らすすんで一人になろうとする

落ち込む子供

愛情不足の子供がみせるサイン二つ目は、自らすすんで一人になろうとするということです。愛情不足の子供は、友達と遊んだり一緒にいることに対して価値を見出すことができません。むしろ、いつも一人でいようとする傾向にあります。もしあなたの子供がこの傾向にあるなら、愛情不足のサインと考えられます。

愛情不足の子供がみせるサイン③色を使った絵を描かない

お化けの絵

愛情不足の子供がみせるサイン三つ目は、色を使った絵を描かないということです。愛情不足の子供は、色を使った絵を描こうとしません。モノクロのような、色彩に乏しい絵を描くのがその特徴です。子供の絵というとカラフルなイメージがあるでしょうが、愛情不足の子供の場合は黒一色など暗い印象の絵を描きます。

例えば、黄色やピンクなどの可愛らしい色は、子供の心が満たされている状態、あるいは好奇心旺盛な状態を意味しますが、黒く塗りつぶされた絵を描く場合はそこに子供の抱える不安が隠されているということができます。あなたの子供の絵は該当していないか、よく確認しましょう。

愛情不足の子供がみせるサイン④親以外の気を引こうとする

家族のシルエット

愛情不足の子供がみせるサイン四つ目は、親以外の気を引こうとするということです。愛情不足の子供は、自分の親以外の気を引こうと必死になります。親は愛情を注いでくれないから、そこで不足した愛情を他人に求めようとするのです。もし他人に過度に甘える子供がいたら、愛情不足のサインを疑いましょう。

以下に関連記事として、愛情不足の子供の特徴やサインについてまとめられているものがあります。愛情不足で育った子供は、恋愛がうまくいかない大人になるって本当なのでしょうか。この記事を読めば、愛情不足の子供について、詳しくそのサインが知れることでしょう。あなたの子供は大丈夫か確認しながら見てください。

関連記事

愛情不足の子供の特徴やサイン10選!恋愛が上手くいかない大人になる?

親からの愛情が不足すると子供は見た目や行動で何らかのサインを送ってきま

Small thumb shutterstock 250656247

愛情いっぱいに育てられた子に育てる為の言葉のかけ方は?

愛情たっぷりに育てる為の2歳頃から子供への愛情をかける言葉①大好きだよ

仲良し親子

愛情たっぷりに育てる為の子供への2歳頃から愛情をかける言葉一つ目は、「大好きだよ」です。子供に愛情を伝えるには、やはりこの言葉を外すことはできません。愛情をかけるために一番必要なのは、このたった一言なのです。愛情不足な子供にならないように、日頃から「大好きだよ」の声がけは欠かさないでいてくださいね。

愛情たっぷりに育てる為の2歳頃から子供への愛情をかける言葉②偉いね

牛乳を注ぐ

愛情たっぷりに育てる為の2歳頃から子供への愛情をかける言葉二つ目は、「偉いね」です。子供が何かを頑張った時や、我慢した時などに、「〇〇ちゃんは偉いね」と言って褒めてあげるようにしましょう。たっぷり愛情を感じてもらうには、褒めることは必須です。子供の出した成果の一つ一つをきっちり褒めてあげてください。

愛情たっぷりに育てる為の2歳頃から子供への愛情をかける言葉③味方だよ

クローバー

愛情たっぷりに育てる為の2歳頃から子供への愛情をかける言葉三つ目は、「味方だよ」です。子供は、親が自分の見方をしてくれていると思うと、絶大な安心感に浸ることができるものです。そこで自分の子供には、積極的に「お母さんは〇〇ちゃんの味方だからね」などといったような言葉をかけてあげるようにしましょう。

愛情いっぱいに育てられた子に育てる為に必要なスキンシップは?

愛情たっぷりな子供の成長に必要なスキンシップ①頭を撫でる

向き合う親子

愛情たっぷりな子供の成長に必要なスキンシップ二つ目は、頭を撫でることです。子供に愛情たっぷり感じてもらうためには、頭を撫でることも必要なスキンシップのうちの一つです。子供のことを褒めながら頭を撫でてあげることで、自己肯定感を高めるお手伝いにもなります。子供のことは素直に認めて褒めてあげてください。

そこに頭を撫でるというスキンシップが加わることで、子供はかつてないほどの絶大な安心感を感じることになります。愛情たっぷりに育てられた子供は、この安心感を常に胸に抱えているのです。安心感こそが子供を健やかに育ててくれるので、言葉下手な親は特に、スキンシップを積極的に取り入れるようにしてください。

愛情たっぷりな子供の成長に必要なスキンシップ②抱きしめる

抱きしめる母親

愛情たっぷりな子供の成長に必要なスキンシップ二つ目は、抱きしめることです。愛情たっぷりな子供に育てるには、抱きしめることで大切に思っているという意思を伝えるようにしてください。言葉で伝えることももちろん大切ですが、スキンシップがもたらす子供への安心感は絶大なものであるということができます。

特に口下手な人ほど、子供にはスキンシップで愛情を伝えてあげることが必要になります。スキンシップをとれば、どんな子供も、親からの愛情を受け取ることができるでしょう。子供のことはたくさん抱きしめて、大切な宝物だと思っていることを伝えてあげてくださいね。

愛情いっぱいに育てられた子に育てよう!

愛情いっぱいに育てられた子供は、見ていてよくわかるくらい色々な特徴があります。この記事を参考にしながら、自分の子供は果たして愛情を受けて育てているのかどうか、確認してみましょう。その上で、もし愛情が足りていないようであれば、愛情をかけることができるよう、スキンシップや言葉を大切にしてください。

愛情不足で育つより、愛情たっぷりに育てられた方が、子供は子供らしく育つものです。大人になってからも、アダルトチルドレンなどになる可能性はグッと減少することから、長い目で見ても愛情をかけることは極めて大切なことです。自分の子供には愛情不足のサインが見られないか、今一度よく確認してくださいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事