Icon search 36px

硬くて太い髪向けのトリートメントの選び方とは?

①ヘアケア効果のあるものを選ぶ

サラサラの髪

硬くて太い髪に悩んでいるのなら、ヘアケア効果のあるトリートメントを選んでください。髪のごわつきや硬さの原因は、紫外線や熱などによるダメージです。ヘアケア成分が入っているトリートメントを使えば、傷んだ髪の表面が補修されて髪が柔らかくなるといわれています。

②保湿成分が配合されているものを選ぶ

保湿効果のあるトリートメント

硬くて太い髪質の人は、保湿成分が配合されているトリートメントを選ぶのも良いです。髪を保湿して潤いを与えることで、ごわつきや硬さが抑えられるとされています。特に保湿効果が高いといわれているヒアルロン酸やホホバオイル、グリセリンなどの成分が入っている商品がおすすめです。

③好きな香りのものを選ぶ

花の香り成分

好きな香りのトリートメントを選ぶようにする、というのもおすすめです。好みの匂いの商品ならばストレスなく使用できますし、無理なく使い続けられます。フローラル系や柑橘系、石鹸の香りなど、様々なタイプの匂いがあるので好みに合わせて選びましょう。

洗い流すタイプ|硬くて太い髪におすすめのトリートメント4選!

①エッセンシャルフラット ボリュームダウントリートメント

0255b247 c87c 498f 885a c6e78966bedc

flat

エッセンシャルフラット ボリュームダウントリートメント

Amazonで詳細を見る

剛毛やくせ毛に悩んでいるなら、flatの「エッセンシャルフラット ボリュームダウントリートメント」がおすすめです。うねりやくせをケアするダメージ補修成分が配合されており、広がりにくくまとまりやすい髪を実現するといわれています。

②オイルイントリートメント(リッチ&リペア)

Dd0ac645 b678 4851 a61e c19e0a9812d1

ディアボーテ

オイルイントリートメント(リッチ&リペア)

Amazonで詳細を見る

ディアボーテの「オイルイントリートメント(リッチ&リペア)」も、剛毛やくせ毛の方におすすめの商品です。髪が太く毛量が多い方のために作られており、うねりやパサつきをケアします。くせ毛の原因である毛の歪みを整えて、しっとりとまとまりやすい髪質へと仕上げてくれるでしょう。

また脂質や水分をキープするプレミアムひまわりオイルEXが配合されているため、髪の乾燥を予防するともいわれています。エレガントフローラルの温かい香りも人気のポイントですので、ぜひチェックしてみてください。

③エクストラダメージケア デイリー補修トリートメント

F9de6926 ec3b 4b40 985b 927754baa841

パンテーン

エクストラダメージケア デイリー補修トリートメント

Amazonで詳細を見る

「エクストラダメージケア デイリー補修トリートメント」は、パンテーンから発売されている商品です。プロビタミン処方で傷んだ髪を濃密に補修し、ダメージを和らげてうねりやパサつきを補修するのが特徴だとされています。傷んだ髪やくせ毛、剛毛に悩んでいる方向けのトリートメントです。

④スーパーリッチシャイン ダメージリペア

899450b6 2e04 434c 90cb b6f178f0652a

LUX

スーパーリッチシャイン ダメージリペア

Amazonで詳細を見る

LUXの「スーパーリッチシャイン ダメージリペア」も、硬くて太い髪質に人気の商品です。アルガンオイルやシアバターなどのオーガニック保湿ケア成分が入っており、髪のダメージを和らげるといわれています。30秒から1分ほど置いて流すだけなので、時短で手軽にヘアケアができるのも魅力です。

グレープフルーツやリンゴ、スズランなどをブレンドした香りなので、さっぱりとした匂いが好きな方におすすめです。300gの大容量タイプなので、残りの量を気にせずたっぷり使えるのも特徴ですよ。

洗い流さないタイプ|硬くて太い髪におすすめのトリートメント4選!

①アロマエステ ヘアエマルジョン

161946df a8ca 4700 84ca 15ba8d0d7eb4

La CASTALa CASTA

アロマエステ ヘアエマルジョン

Amazonで詳細を見る

「アロマエステ ヘアエマルジョン」は、La CASTALa CASTAから発売されている商品です。オーガニック由来の植物成分やハーブエキスを配合しており、ダメージを受けて広がった髪を整えるとされています。髪の表面に潤いを与え、美しくなめらかな質感に仕上がると人気ですよ。

レモンやカモミール、ラベンダーなどの植物由来の清々しい香りも特徴で、甘すぎる匂いが苦手な方やさっぱり感が好きな人に向いています。ヘアケア効果の高い商品を探している方や、オーガニックにこだわりたい人におすすめしたいトリートメントです。

②オイルトリートメント ライト

74f2aa1f ca1a 409f b134 e52b0d189bca

MOROCCANOIL

オイルトリートメント ライト

Amazonで詳細を見る

MOROCCANOILの「オイルトリートメント ライト」も、硬くて太い髪質の方に人気です。オメガ3オイル・アルガンオイルなどの保湿成分や、ビタミン・プロテインといった補修成分を配合しているのが特徴です。髪の表面だけでなく内側もしっかりケアして、自然な輝きを与えてくれるといわれていますよ。

③エマルジョン+

E6000cbe fc64 4fa7 8318 533c860c1f0a

ミルボン

エマルジョン+

Amazonで詳細を見る

「エマルジョン+」は、ミルボンから発売されている洗い流さないトリートメントです。傷んだ髪をケアする「CMADK」というたんぱく質が配合されており、根元から毛先のダメージを補修するのが特徴です。髪のうねりやパサつき、ごわつきが気になっている人におすすめの商品ですよ。

④海藻ヘアエッセンス しっとり

Cfe65188 c4c9 4fb2 b997 1858f7918be9

La sana

海藻ヘアエッセンス しっとり

Amazonで詳細を見る

La sanaの「海藻ヘアエッセンス しっとり」も、剛毛に悩んでいる人向けの商品です。ミネラルやアミノ酸、海洋エキスなどの美髪成分のみで作られており、髪表面の保護やダメージケアを行うとされています。またツヤやハリ感を与えるオリーブオイルも配合されており、しなやかで美しい髪質になれると人気ですよ。

またこちらに、おすすめの洗い流さないトリートメントが紹介されている記事を載せておきます。オーガニックタイプやヘアケア効果に優れているアイテムなど、様々な商品がまとめられていますよ。洗い流さないトリートメントの使用を考えている方は、こちらの記事もぜひ読んでみてください。

関連記事

ヘアケアに必須!洗い流さないトリートメントのおすすめランキングTOP15!

忙しい日でも手軽ヘアケアができる「洗い流さないトリートメント」は、髪の

Small thumb shutterstock 503108821

洗い流すタイプ|硬くて太い髪用のトリートメントの使い方とは?

おすすめのトリートメントを使っていても、使用方法が間違っていてはヘアケア効果は半減してしまいます。以下にトリートメントのタイプ別の使用方法をまとめていますので、目を通してみてください。

①水気を切ってからトリートメントを馴染ませる

濡れた髪の毛

洗い流すタイプのトリートメントを使う前は、髪の水気をしっかりと切りましょう。水気が残っているとトリートメントがなじまず、ヘアケア効果が薄れるといわれています。シャンプーをした後はきちんと水気を切り、トリートメントを髪につけてください。

②トリートメントは髪の中間から毛先につける

ボブヘアー

トリートメントをつける際は、髪の毛の中間から毛先に塗布するようにしましょう。トリートメントを髪の根元につけてしまうと、毛穴が詰まって頭皮トラブルやうねりの原因になりかねません。根元に近い部分には使わず、ダメージを受けやすい毛先を中心にトリートメントを使用してください。

③ホットタオルとラップを巻く

タオルを巻き付ける女性

ダメージやうねりが酷い場合は、トリートメントを塗布した後髪にホットタオルとラップを巻きましょう。タオルをお湯で温めてから水気を絞り、髪全体を包むように巻きます。その上からラップを巻き付け、15分ほど置いておきましょう。

こうすることで熱や蒸気で髪の毛が温まり、トリートメントに含まれるヘアケア成分が浸透しやすくなります。ただし毎日行うと髪や頭皮に負担がかかってしまうため、1週間に2・3回ほど行うのがおすすめです。

④ぬるま湯でしっかりすすぐ

シャワー

トリートメントが十分髪の毛に馴染んだら、ぬるま湯でしっかりとすすぎましょう。トリートメントが髪の毛に残っていると、頭皮の詰まりやヘアダメージの原因になる恐れがあります。また洗い流す際に熱湯を使うと、髪のキューティクルが開いて潤いが失われてしまいます。必ずぬるま湯を使用して、念入りにすすいでください。

洗い流さないタイプ|硬くて太い髪用のトリートメントの使い方とは?

①タオルドライをしてから使う

白いタオル

洗い流さないタイプのトリートメントを使用する前は、必ずタオルドライを行なってください。髪の毛が濡れたままトリートメントを使っても、十分にヘアケア成分が浸透しないといわれています。トリートメントを使う前に髪を乾かすかどうかが、仕上がりを決める大切なポイントですよ。

まず乾いたタオルを用意して、頭を揉み込むようにしながら髪の根元の水分を拭き取ります。次に襟足や耳裏の髪にタオルを当て、直接水分を拭き取ってください。最後に毛先をタオルで包み込み、優しくプッシュしながら水分を吸い取ります。濡れた状態の髪はダメージを受けやすいので、強く擦ったり叩いたりするのはNGです。

②手のひらにトリートメントを伸ばす

ヘアケアのクリーム

タオルドライで髪の毛の水分を拭き取ったら、手のひらで洗い流さないトリートメントを出して伸ばします。こうすることで髪全体にトリートメントが行き渡り、仕上がりにムラが出にくくなります。指先までしっかりとトリートメントを伸ばしたら、髪の毛に塗布してください。

③コームで髪の毛を梳かす

目の粗いコーム

洗い流さないトリートメントを全体に馴染ませたら、コームで髪の毛を梳かしてください。コームを使用するとトリートメントが髪の毛の内側にもなじみ、よりヘアケア効果が高まるといわれています。また使用するコームは目の細かいものではなく、少々粗めの方が髪全体にトリートメントが行き渡るためおすすめです。

④ドライヤーの温風と冷風を使って乾かす

ドライヤーを使う女性

コームで髪全体にトリートメントを行き渡らせた後は、ドライヤーで乾かします。まずはドライヤーの温風で髪を乾かし、その後冷風を当てましょう。冷風を使うことで髪の表面にあるキューティクルが閉じ、潤いが逃げにくくなります。またドライヤーを使用する際は、根元から毛先に向かって風を送るのがおすすめです。

またこちらに、美容院で使用されているおすすめのドライヤーがまとめられた記事を載せておきます。プロが仕上げたようなサラサラ髪が手に入る人気商品が、12種類も解説されていますよ。ドライヤーにこだわって髪のうねりやくせ毛を改善したいと考えている方は、是非こちらの記事にも目を通してみてくださいね。

関連記事

【美容院御用達のおすすめドライヤー12選】プロ級のサラサラ髪が手に入るのはコレ!

美容院で使われているドライヤーを使えば、サロン級の仕上がりを自宅で手に

Small thumb shutterstock 326885012

おすすめのトリートメントを使って硬くて太い髪を改善しましょう!

使用するトリートメントにこだわれば、硬くて太い髪質を改善できるといわれています。また商品だけでなく、トリートメントの使い方にも注意してみてください。今回紹介したおすすめの商品やトリートメントの使用方法を参考にしながら、ごわごわの髪質を改善しましょう!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事


RANKING

人気の記事