Icon search 36px

愛情不足の子供の特徴やサイン10選!

愛情不足の子供の特徴やサイン①指しゃぶりや爪噛み

愛情不足の子供の特徴やサイン1つ目は「指しゃぶりや爪噛み」です。子供が指しゃぶりや爪噛みをするのは、精神的な原因が含まれている可能性が高いようです。子供が緊張や不安があるときに、指しゃぶりや爪噛みをしていたりしませんか?指しゃぶりや爪噛みを怒らず、緊張や不安を取り除いてあげるようにしましょう。

親が子供に緊張や不安を与えていることも考えられます。癖になってしまっている場合がありますので、子供が安心して、親に甘えたり、一緒に遊んであげたりするなど関わりを持ってあげましょう。

愛情不足の子供の特徴やサイン②おねしょ

愛情不足の子供の特徴やサイン2つ目は「おねしょ」です。3歳を過ぎるとおねしょの回数は減ってくるはずなのに、いつまでもおねしょをしているからといって強く叱るのは逆効果です。怒った時ほどおねしょをしてしまうかもしれませんよ。叱られることが原因でストレスになっている可能性があります。

大人になってまでおねしょをすることはありません。今の時期だけだとおおらかに接してあげましょう。親が広い心を持って付き合ってあげれば自然におねしょをしなくなりますよ。

愛情不足の子供の特徴やサイン③嘘をつく

愛情不足の子供の特徴やサイン3つ目は「嘘をつく」です。親の気をひくために子供は嘘をつくことがあります。例えば、お母さんと離れるのが嫌で仮病を使うケースがあります。子供は嘘をついているという自覚がない場合もあります。「うちの子は嘘つきだ。このまま大人になったら大変だ」と思わず話を聞いてあげましょう。

どうしてそんな嘘をついているのかを子供の立場になって考えてみましょう。大人の嘘をつく心理と子供の嘘は意味合いが違っています。大人の嘘をつく人の心理についての記事がありますので、合わせてご覧下さい。

関連記事

嘘をつく人の心理・特徴16選|平気で嘘ばかりつく人との付き合い方も

嘘をつく人は身近にいませんか?これから虚言癖がある人の心理や特徴・原因

Small thub shutterstock 478422880

愛情不足の子供の特徴やサイン④怒りっぽい性格になる

愛情不足の子供の特徴やサイン4つ目は「怒りっぽい性格になる」です。子供は親とスキンシップを取ると、成長ホルモンが分泌され、その効果で気持ちが穏やかになったり、自分を抑えやすくなります。しかし、親とのスキンシップが不足すると、自制できず、癇癪を起こしたりわがままになったりするのです。

愛情不足の子供の特徴やサイン⑤寝ぼけ

愛情不足の子供の特徴やサイン5つ目は「寝ぼけ」です。頻繁に夜寝ている時に寝ぼけたり、大声で泣き始める場合があります。本人は夜中に泣いたり、叫んだりしている自覚はありません。それは眠りが浅い段階で起き、昼間に感じた強いストレスを思い起こし、パニックになっている可能性があります。

愛情不足の子供の特徴やサイン⑥親以外への甘え

愛情不足の子供の特徴やサイン6つ目は「親以外への甘え」です。親には安心して甘えられないため、外部へ愛情を求めて甘えてくる場合があります。また、本来自分の親が子供にとっては安全な場なのですが、そこでは安心が得られないので、親を避けたり、拒絶をする子供もいます。

愛情不足の子供の特徴やサイン⑦独特な絵を描く

愛情不足の子供の特徴やサイン7つ目は「独特な絵を描く」です。子供が描く絵には様々な心理状態が現れます。心のSOSが現れる場合は、絵を描かせるとわかると言われています。例えば、色を使わず全体的に暗い絵を描く時は、気持ちが沈んでストレスを溜めている傾向が強まります。

全体を塗りつぶしたり、顔を描いた時に目だけを黒く塗り潰すなど異様な絵を描いた時は恐怖やストレス、プレッシャーなどで小さな心を傷めているかもしれません。子供が描いた絵による心理状態について、詳しく解説された記事がありますので、そちらもご覧下さい。

関連記事

絵から分かる子供の心理状態12選!カラフルな色で描く心理や対処法も

子供の絵には様々な心理が隠されています。親に愛されている幸せを意味して

Small thub shutterstock 605013488

愛情不足の子供の特徴やサイン⑧大人の顔色をうかがう

愛情不足の子供の特徴やサイン8つ目は「大人の顔色をうかがう」です。我が子は大人の顔色をうかがう性格だと思う場合は、自分の行動を振り返ってみましょう。子供を強い口調で叱ったり、突き放すような言葉を言っていませんか?子供にとって頼れるのは親だけです。

その親に見放されたら生きてはいけません。その恐怖を子供が感じ取り、親の前ではいい子でいようとしている可能性があります。子供にとって自分を守るためにとっている行動ですが、後の子供が人間関係でも同じような行動に出てしまうようになってしまいます。エスカレートすれば自己肯定感の低い人間になってしまいますよ。

愛情不足の子供の特徴やサイン⑨チック症状が出る

愛情不足の子供の特徴やサイン9つ目は「チック症状が出る」です。チックとは目をパチパチさせたり、肩を小刻みにゆすったり、うっうっなどの声を出し続けるなどの反復運動のような行動で、一時的に症状が激しくなる場合もあります。原因は様々で親が厳しすぎて起こると言われたり、遺伝的要因があるとも言われています。

愛情不足とチック症状に関連性があるかは判断が難しいところではありますが、チックの症状があらわれた時は、子供がなんらかのストレスを感じている可能性がありますので、チックを止めるよう子供に強くとがめず、ストレスや不安の原因を取り除いてあげられるように、様子をちゃんと見てあげましょう。

愛情不足の子供の特徴やサイン⑩表情がない

愛情不足の子供の特徴やサイン10個目は「表情がない」です。子供が小さいうちは、なんでも親に話しかけてきます。忙しい親はそんな子供をときにはうるさく感じてしまう気持ちもわかります。しかし、子供が親に話しかけてきた時に対応は、その後の子供の性格に大きく影響してきますよ。

子供の頃に親に話しかけても、無視されたり、邪魔扱いされると徐々に子供は表情を無くしていきます。嬉しい、楽しい、悲しいなどの感情表現が乏しくなってしまうのです。

子供の時に愛情不足だった大人の特徴は?

子供の時に愛情不足だった大人の特徴①自分に自信がない性格

子供の時に愛情不足だった大人の特徴1つ目は、自分に自信がない性格になりがちだと言うことです。子供は親との関係でコミュニケーションを学んでいきます。無条件に愛情を注いでくれる人間は親しかいないのです。親から愛情を受けて子供は、たくさん褒められ、自分に自信をつけていくのです。

その過程がないと大人になっても自信がないゆえに、対人依存な性格になったり、対人恐怖症でひきこもりになったりする場合もあるのです。

子供の時に愛情不足だった大人の特徴②恋愛下手

子供の時に愛情不足だった大人の特徴2つ目は、恋愛下手になる可能性が高いと言うことです。親から愛情を受けていないため、大人になってもいつも不安でいっぱいで、誰かに必要とされたいという欲が強くなります。しかし、愛情表現が苦手なため、相手に好意をもたれてもそっけない態度をとってしまうのです。

何を考えているかわからない人になってしまい、恋愛のチャンスが少なく、やっと出会った相手への執着心が強まることもあるでしょう。相手中心の生活になり、DVなど世間的には問題のあるような人とお付き合いをし、幸せを逃してしまいます。

子供の時に愛情不足だった大人の特徴③投げやりな人生を歩む

子供の時に愛情不足だった大人の特徴3つ目は、投げやりな人生を歩むこともありえると言うことです。愛情をたっぷり受けなければいけない時期にうけていないで育ってしまうと、人間関係のコミュニケーションが取れない性格になり、自分は何のために生きているのかとその価値を見いだせなくなってしまいます。

やりがいのある仕事や、自分を愛してくれる恋人、楽しい時間を共有してくれる仲間などがあるから、人は前向きに生きていけるのでしょう。それがないと「自分なんてどうなっても良い」と投げやりな性格になり、犯罪に手を染めるなどし、家族を悲しませたり、自分を大事にできない生き方をしてしまうのです。

子供に愛情不足で辛い思いをさせないための親の心がけや改善点は?

スキンシップは症状改善に最適

子供に愛情不足で辛い思いをさせないための親の心がけや改善点として、スキンシップの重要性に注目していただきたいのです。子供には欲しいものを買い与え、学校行事にはちゃんと出ているからうちの子供は大丈夫と思っていませんか?手をつないだり抱っこをして、子供を安心させてあげることが大切です。

たくさん褒めてあげる

子供に愛情不足で辛い思いをさせないための親の心がけや改善点もうひとつは、たくさん褒めてあげることでしょう。我が子にはいい学校に入ってもらい、良いところに就職してもらいたい。そう思うのは親心だと思うかもしれません。しかし、それは子供が望んでいることでしょうか?子供はたくさん親から褒められたいのです。

たくさん褒められて自信をつけた子供は親が心配しなくても、自分で自分にぴったりの道を見つけ歩みます。多くのことを経験させ、ともに喜び合い、たくさん褒めてあげればどんどん成長していくのです。

愛情不足のまま大人になった恋人と恋愛する時に大切なことは?

人を愛する喜びを教えてあげましょう

愛情不足のまま大人になった恋人と恋愛する時に大切なこと1つ目は、人を愛する喜びを教えてあげることです。本気で恋人に向き合い、気持ちをぶつけてみましょう。強い精神力が要求されるかもしれませんが、諦めずに時間をかけて接することで、人を愛し、愛する喜びがわかるはずです。

世界でたったひとりの大事な存在であることを伝えよう

愛情不足のまま大人になった恋人と恋愛する時に大切なこと2つ目は、世界でたったひとりの大事な存在であることを伝えることです。親にとって子供は宝なので、他で代用できるものではありません。子供が育っていく過程で、感じ取り学んでいくものですが、それを得ずに育ってしまったのです。

世界で一人しかいない大切な存在であることを、わかってもらいましょう。真剣に向き合うことで、いつかきっとわかってくれる日がくるでしょう。

愛情不足かと感じたら今からでも遅くありません

思い当たたる子供のサインがありませんでしたか?忙しい毎日の中で子育てをしていると、思うように子供へ愛情を注げないこともあるでしょう。しかし、子供の成長はあっという間です。長い人生の中でもわずかな時間なのです。後で取り返したくても、取り戻せない幸せな時間ですよ。

サインを出している今なら、まだ間に合います。子供の話を笑顔で聞いてあげて、たくさんスキンシップをとってあげてくださいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード

NEW

新着記事

RANKING

人気の記事

CATEGORY

カテゴリー