Icon search 36px

寝てる間に巻き髪を作る方法5選

寝てる間に巻き髪を作る簡単な方法①100均のカーラーを使う

カーラーを使おうとする女性

寝てる間に巻き髪を作る簡単な方法1つ目は、100均のカーラーを使う方法です。寝ている間の巻き髪を作る方法といえば、昔から馴染みのあるカーラーです。カーラーにも2種類あり、カーラーを温めて使うホットカーラーとそのまま使う通常タイプのカーラーがあります。夜寝ている間に使うのは通常のカーラーです。

寝る前にカーラーを髪の毛に巻いてそのまま寝るだけで良いのでとっても簡単です。コテを使うよりも簡単に巻き髪を作れるだけでなく、ホットカーラーやコテのように熱を使う必要もないので髪にも優しいのが特徴です。カーラーは100均でも購入できるので、安く済ませたい方は100円のカーラーがおすすめです。

寝てる間に巻き髪を作る簡単な方法②貧乏パーマのソックスで巻き髪を作る

靴下

寝てる間に巻き髪を作る簡単な方法2つ目は、貧乏パーマのソックスで巻き髪を作る方法です。家にカーラーがない方は寝ている間に巻き髪を作れませんよね。ですが、家に一つはあるアイテムのソックスをカーラー代わりに使うことで寝ている間も巻き髪を作ることができます。ソックスを用いた巻き髪の作り方は簡単です。

靴下は先端をカットして長さを揃えておくと使いやすいのでおすすめです。まず、高い位置にポニーテールを作ります。ポニーテールの毛先にソックスを当て、そのままポニーテールの根元までソックスを巻きながらお団子になるようにくるくる丸めていきます。最後にお団子が崩れないようにピンで固定すれば完成です。

ポニーテールを作るときは、寝る時に頭が枕に付く面よりも高い位置に作るとお団子が崩れにくく朝まできれいなお団子をキープできるのでおすすめです。ロングヘアの方なら長いソックスを、ショートヘアの方なら短めのソックスを使いましょう。

寝てる間に巻き髪を作る簡単な方法③三つ編みで癖付け

三つ編みヘア

寝てる間に巻き髪を作る簡単な方法3つ目は、三つ編みで癖付けする方法です。三つ編みも寝ている間に巻き髪を作る方法の定番でもあります。三つ編みをすると髪の毛が絡まったりすることもあるので避けている方もいるかもしれませんが、しっかりヘアケアをすることで髪のツヤをキープし、巻き髪が作れます。

三つ編みを取り入れた作り方ですが、夜寝る前に三つ編みを作って寝るだけなので、巻き髪の作り方も簡単です。できれば両サイドに三つ編みを作って寝るようにしましょう。両サイドに三つ編みを作れば、寝ている間も崩れにくくほつれにくいのでおすすめです。

少しふんわり感が欲しい方は、三つ編みを作ったらニュアンスを出す程度にほぐしておきましょう。また、巻き髪の太さによって三つ編みの数を調整すれば様々な巻き髪ヘアを楽しむことができます。コテのサイズのように変化をつけて色々な巻き髪を楽しんでみましょう。

寝てる間に巻き髪を作る簡単な方法④くる巻きジェンヌを使う

寝てる間に巻き髪を作る簡単な方法4つ目は、くる巻きジェンヌを使う方法です。くる巻きジェンヌは、コテなしでも巻き髪が作れるヘアアイテムで、日中に使う以外にも夜寝る前に使うアイテムとしても大人気の商品です。楽天やアマゾンなどのネットでの購入はもちろん、近くのドラッグストアなどの店舗にも置いてあります。

くる巻きジェンヌにも太さの種類があるので、好みの巻き髪に合わせてサイズを選びましょう。くる巻きジェンヌに髪の毛を巻いて寝るだけなのでとっても簡単に巻き髪が完成します。寝ている間にも使える専用の種類もあり、巻き髪を作る専用のアイテムが欲しい方にもおすすめです。一つ600円前後で購入できます。

寝てる間に巻き髪を作る簡単な方法⑤ヘアスポンジカーラーを使う

寝てる間に巻き髪を作る簡単な方法5つ目は、ヘアスポンジカーラーを使う方法です。スポンジタイプなのでとっても軽く違和感がないので初心者の方にもおすすめです。通常のカーラーよりも軽いので、頭皮に負担をかける心配もありません。スポンジでできているため、痛みがないのも魅力的です。

ヘアスポンジカーラーは髪の毛を巻いて寝るだけで簡単に巻き髪が作れます。スポンジカーラーの使い方としては、シャンプー後の濡れた髪の毛の状態で使います。乾ききっていない状態でスポンジカーラーを巻きつけて寝るだけです。朝起きた時に完全に乾いていない時はドライヤーをしてから外しましょう。

寝てる間に巻き髪を作るコツは?

髪を乾かす時に少し濡れた状態で巻き髪の癖をつける

髪を触る女性

寝てる間に巻き髪を作るコツは、髪を乾かす時に少し濡れた状態で巻き髪の癖をつけることです。寝ている間に巻き髪を作る方法としては、カーラーなどのアイテムに髪の毛を巻きつける方法を使うことになります。髪の毛が乾いた状態でカーラーに髪の毛を巻きつけてもしっかり癖付けができないので途中で崩れることもあります。

なので、夜シャンプー後にタオルドライをして髪が完全に乾ききっていないタイミングで巻き髪を作るようにしましょう。カーラーを使う方三つ編みなど髪の毛を縛って巻き髪を作ります。この時にトリートメントを髪に馴染ませてから髪を巻くとダメージから髪を守ることができるのでツヤ髪をキープできるようになりますよ。

巻き髪を固定したら寝る前に冷風を当てる

ドライヤーをする女性

寝てる間に巻き髪を作るコツは、巻き髪を固定したら寝る前に冷風を当てることです。まだ乾ききっていない状態で三つ編みをしたりカーラーを巻いて巻き髪を作ったあとは、ドライヤーで髪の毛を乾かします。乾かした後に冷風を当てることで髪の毛も引き締まり、その状態を固定しやすくなるので巻き髪も崩れにくいです。

寝てる間に巻き髪を作るコツは、巻き髪を固定したら寝る前に冷風を当てることです。まだ乾ききっていない状態で三つ編みをしたりカーラーを巻いて巻き髪を作ったあとは、ドライヤーで髪の毛を乾かします。乾かした後に冷風を当てることで髪の毛も引き締まり、その状態を固定しやすくなるので巻きかみも崩れにくいです。

また、冷風を当てることでキューティクルが引き締まるのでツヤのある仕上がりにもなりますよ。トリートメントと合わせて使うことできれいなツヤのある美髪を目指すこともできます。

寝てる間に巻き髪を作るときの注意点は?

寝ている間に髪の毛がほつれない巻き方をする

カーラーを巻く

寝てる間に巻き髪を作るときの注意点は、寝る前に作った巻き髪が寝ている間にほつれない巻き方をすることです。カーラーや三つ編みをゆるく巻いていると寝ている間に寝返りなどをうって崩れてしまう可能性があります。人は寝ている間に体を動かすことも多いので、寝ている間にほつれないようにしっかり巻きましょう。

また、夜中にトイレに目覚めることもあります。寝る前に固定しておいた巻き髪が動作によって崩れないようにしておくことも大切です。カーラーで髪の毛を巻いた後は軽く頭を振ってカーラーが取れないかをチェックしましょう。三つ編みやお団子ヘアでも同じようにちょっとした動作で崩れないかをチェックしてください。

髪の毛はふまないように広げて寝るようにする

寝る女性

寝てる間に巻き髪を作るときの注意点は、髪の毛はふまないように広げて寝るようにすることです。特にカーラーは頭の後ろで巻き髪を固定してしまうと寝る時に頭の下になるので寝る体勢が取れません。なので、カーラーを使うときは寝る時に髪の毛を広げるようにしてふまないようにしましょう。

コテなしでゆるふわウェーブを作る方法3選

コテなしでゆるふわウェーブを作る方法①髪をねじり縛りにして寝る

ねじり髪

コテなしでゆるふわウェーブを作る方法1つ目は、寝てる間に髪をねじり縛りにするです。まず髪の毛を一つ縛りにしてポニーテールを作ります。できるだけ高い位置に作った方が寝る時に楽です。ポニーテールを作ったら、髪の毛の先から根元に向かってねじります。ねじったらポニーテールの根元部分にぐるぐる巻きにします。

最後はピンで止めて完成です。そのままの状態で寝て朝にぽんやゴムを取り外せば、コテなしでもゆるふわウェーブを作ることができます。髪の毛の量に合わせてねじり縛りをいくつかに分けて作るのもおすすめです。

コテなしでゆるふわウェーブを作る方法②朝起きたらスタイリング剤をつける

クリーム

コテなしでゆるふわウェーブを作る方法2つ目は、朝起きたらスタイリング剤をつける方法です。寝ている間に巻き髪を作る方法と合わせてスタイリング剤を使うのも効果的ですが、特に何もしていない方でもスタイリング剤を毛先にもみ込むだけで簡単にゆるふわウェーブを作ることもできます。

ゆるふわウェーブを作るなら泡タイプのスタイリング剤がおすすめです。スタイリング剤をもみ込むだけなので、寝ている間の髪へのダメージもありませんし、コテによる熱ダメージもないので傷んだ髪をいたわりたい方にもおすすめです。

コテなしでゆるふわウェーブを作る方法③ヘッドバンドに髪を巻きつける

ヘアバドをつける

コテなしでゆるふわウェーブを作る方法3つ目は、寝てる間にヘッドバンドに髪を巻きつける方法です。こちらも寝ている間にゆるふわウェーブ作る方法となります。やり方としては、まずヘッドバンドを頭につけます。髪の毛をブロッキングしてねじり、ねじった毛をヘアバンドにめがけでさらにねじりながら巻きます。

イメージとしてはギブソンタックを作るような感じです。しっかり巻きつけることができるので崩れにくく、なのにふんわり自然なゆるふわウェーブを作ることができます。

コテなしでゆるふわウェーブの巻き方のコツは?

夜寝ている間に癖付けをすることでコテなしでもウェーブが作れる

巻き髪ポニーテール

寝てる間に癖付けをすることでコテなしでもウェーブを作ることができます。コテを使わずにゆるふわウェーブを作ろうとするとなかなか難しいものですよね。朝は時間もないので夜寝る前にしっかりゆるふわウェーブを作っておくと朝にスタイリングをしなくても良いのでおすすめです。ヘアセットは朝でなく夜やりましょう。

ヘアトリートメントで毎日ケアすることできれいなウェーブが完成する

ヘアケアをする

ヘアトリートメントで毎日ケアすることできれいなウェーブが完成します。コテなしでも理想のヘアスタイルをするのであれば、まとまりのある健やかな髪にしておくことが良いので、毎日のヘアトリートメントでアレンジしやすい髪質にしましょう。ヘアパックなどで栄養を補給するのもおすすめです。

寝てる間に巻き髪を作るおすすめヘアアイテム4選

巻き髪を作るおすすめヘアアイテム①Kingsie ヘアカーラースポンジ

巻き髪を作るおすすめヘアアイテム1つ目は、Kingsieのヘアカーラースポンジです。黒色に白の水玉模様が可愛らしいヘアカーラースポンジで、髪の毛を巻きつけるだけで簡単に巻き髪が作れます。髪の毛を巻き付けて縛るだけの簡単ステップです。髪にも優しいソフト素材で寝ている間も痛くありません。

巻き髪を作るおすすめヘアアイテム②たて巻きカーラー

巻き髪を作るおすすめヘアアイテム2つ目は、たて巻きカーラーです。寝ている間に巻き髪にアプローチできるカーラーで、こちらはたて巻き髪を作りたい方におすすめです。カーラーに髪の毛を螺旋状に巻くだけで良いので使い方も簡単です。自力でたて巻きにすることができずに悩んでいる方のお役立ちアイテムとなるでしょう。

巻き髪を作るおすすめヘアアイテム③フルリフアリ 寝ながらカーラー

巻き髪を作るおすすめヘアアイテム3つ目は、フルリフアリ寝ながらカーラーです。ピンク色の花柄カーラーが特徴で、花柄カーラーに髪の毛を巻くだけで簡単に巻き髪を作ることができます。寝ながらも使えるので、朝になってもかなりカールが残るので時短にもつながります。

巻き髪を作るおすすめヘアアイテム④ラッキートレンディ変身カーラー

巻き髪を作るおすすめヘアアイテム4つ目は、ラッキートレンディ変身カーラーです。従来のカーラーの形状に似ているスポンジ素材のカーラーで、髪にも頭皮にも優しく寝ている間も痛くありません。サイズはSMLの3種類が選べるので、髪の量に合わせて使うことができます。黒の髪留めも付いていて初心者も使いやすいです。

寝てる間に巻き髪を作って朝の時間に余裕を持とう!

素敵な女性

寝てる間に巻き髪を作る方法には、お金をかけずに作れるやり方やコテがなくてもウェーブが簡単に出来る方法などがあります。寝ている間に巻き髪の癖付けをして、忙しい朝は少しアレンジするくらいにして朝の時間に余裕を持ちましょう。関連記事に「巻き髪の簡単ヘアアレンジ」もあるので合わせて読んでください!

関連記事

巻き髪の簡単ヘアアレンジ20選|コテを使った基本的な髪の毛の巻き方

今回は、コテを使った巻き髪の基本の巻き方や巻き髪を使った簡単なヘアアレ

Small thumb shutterstock 256912663

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事