Icon search 36px

敬語からタメ口にする自然なタイミング・コツ3つ

敬語からタメ口にする自然なタイミングやコツ①呼び方を変えるとき

通勤中

敬語からタメ口にする自然なタイミングやコツ一つ目は、呼び方を変えるときです。呼び方を変えるときに敬語からタメ口にすれば、自然に移行することができます。相手の呼び方を変えるついでに、敬語からタメ口に変えてしまいましょう。まずは呼び方を変えて良いか聞いてから、その流れでタメ口に変更を申し出てください。

出会って間もない頃は、お互いのことを名字に「さん」づけなどをするのが基本ですが、親しくなってくるにつれ下の名前で呼ぶようになったりするものです。この機会に、敬語からタメ口にするのはごく自然な流れであると言えるでしょう。

以下に関連記事として、名前を呼ぶ効果や呼び方の心理についてまとめられているものがあります。さん付けや呼び捨ての人の心理についても触れられているので、好きな人の呼び方を変えるときの参考にしてみてください。呼び方をスムーズに変えることができたら、敬語からタメ口にするのも難しくなくなるはずです。

関連記事

名前を呼ぶ効果・呼び方の心理9選!さん付け・呼び捨ての人の心理は?

人の名前を呼ぶ心理や、女性の名前の呼び方を変える男性の心理にはどんなも

Small thumb shutterstock 246844747

敬語からタメ口にする自然なタイミングやコツ②他の人に倣って

みんなでパーティ

敬語からタメ口にする自然なタイミングやコツ二つ目は、他の人に倣って移行することです。他の人が好きな人に対してタメ口に移行しているのをみたら、それに便乗してしまいましょう。他の人に倣って移行することで、スムーズにタメ口にすることができます。ただ、そんなにタイミングよく第三者は現れないものでしょう。

そこで、友達など身近な人間に頼んでしまうのがオススメです。敬語からタメ口に移行しても良いか尋ねて欲しいと言い出してもらうことで、それに便乗したいという旨を伝えてみましょう。協力してくれる友達がいれば、あとはそれに便乗するだけです。

敬語からタメ口にする自然なタイミングやコツ③タメ口でいいよと促す

座って向かい合う

敬語からタメ口にする自然なタイミングやコツ三つ目は、タメ口でいいよと促すことです。自分から相手に対し「敬語からタメ口にして良いよ」と言えば、好きな人も「じゃあ自分に対しても敬語からタメ口にして良いよ」と言ってくれるはずです。その言葉を聞くことができたら、あとは便乗してタメ口で話せば良いだけです。

敬語からタメ口にしたい時のメールやLINEの文例は?

先輩に敬語からタメ口にしたい時のメールやLINE①もっと仲良くなりたい

寝転ぶ

先輩に敬語からタメ口にしたい時のメールやLINEの文例一つ目は、「もっと仲良くなりたい」です。「もっと仲良くなりたいから敬語からタメ口にして良い?」と聞けば、大半の場合相手はOKを出してくれることでしょう。もっと仲良くなりたいと言えば、好きな人の心を揺さぶることだってできてしまうはずです。

先輩に敬語からタメ口にしたい時のメールやLINEの文例②まっすぐ質問

スマホを見る

先輩に敬語からタメ口にしたい時のメールやLINEの文例二つ目は、まっすぐ質問することです。先輩や好きな人に対して敬語からタメ口に変更したいときは、ストレートに質問してしまうのが良いでしょう。LINEやメールで「敬語からタメ口にしても良いですか?」と聞いてみましょう。

勇気がいるかもしれませんが、こうすることが最もトラブルを起こさず話し方を変えることのできる確実な方法です。まっすぐに質問することで、敬語からタメ口に気持ちよく変えられるようにしましょう。

先輩に敬語からタメ口にしたい時のメールやLINEの文例③織り交ぜてみる

くつろぐ

先輩に敬語からタメ口にしたい時のメールやLINEの文例三つ目は、敬語の中にタメ口を織り交ぜてみることです。これまで敬語しか使わなかった相手とのメールやLINEの中に、タメ口を織り交ぜてみましょう。少しずつタメ口を入れ込むようにすることで、自然な流れでタメ口にすることができます。

ただし、全く何も言わずに勝手にタメ口にすることをよく思わない人もいるので、メールやLINEにタメ口を入れ込んでそれが浸透してきたら、頃合いを見計らってタメ口で話してもいいか聞いてみましょう。ここでOKしてもらうことができたら、今後もタメ口で話すことができるようになるはずです。

【恋愛】異性が敬語からタメ口になる時の男性心理は?

異性が敬語からタメ口になる時の恋愛男性心理①距離が縮まったようで嬉しい

散歩する

異性が敬語からタメ口になる時の恋愛男性心理一つ目は距離が縮まったようで嬉しいというものです。異性が敬語からタメ口になったとき、男性は心の距離が縮まったような気がするものです。特に相手が好きな人や先輩という場合、これまでよりも親密になることができたような気がして、ついつい嬉しくなるのだと言います。

異性が敬語からタメ口になる時の恋愛男性心理②周りに勝ったような気になる

親しげな二人

異性が敬語からタメ口になる時の恋愛男性心理二つ目は、周りに勝ったような気になるというものです。男性は、異性が敬語からタメ口に変わるのをみて、周りに勝ったような気持ちになるのだと言います。特に周りの人に対して相手の女性が敬語を貫いているような場合、特別感を感じられて優越に浸るということもあります。

特にプライドの高い男性からすると、自分だけが特別扱いされている状況というのは嬉しいものです。敬語からタメ口に変えてもらえたことで、周りよりもリードしていると感じられるのが男性心理なのです。

異性が敬語からタメ口になる時の恋愛男性心理③告白を考えるようになる

カフェでおしゃべり

異性が敬語からタメ口になる時の恋愛男性心理三つ目は、告白を考えるようになるというものです。男性は、異性が敬語からタメ口に変わることで、自分は好かれているのだと思うようになります。そこから、相手が好きな人の場合、告白しようと考えることもあるのです。タメ口に変わったというのは彼らにとって自信となります。

【恋愛】異性が敬語からタメ口になる時の女性心理は?

異性が敬語からタメ口になる時の恋愛女性心理①大胆になろうと思える

ワインで乾杯

異性が敬語からタメ口になる時の恋愛女性心理一つ目は、大胆になろうと思えるということです。女性は、好きな人が敬語からタメ口に変わるのをみて、大胆になろういう決心をつけることができます。タメ口になったことで二人の距離が縮まったのを肌で感じ、今までよりハッキリとアピールができるようになるのです。

異性が敬語からタメ口になる時の恋愛女性心理②もっとたくさん話したい

楽しげな二人

異性が敬語からタメ口になる時の恋愛女性心理二つ目は、もっとたくさん話したいというものです。女性は、異性が敬語からタメ口に変わると、もっといろいろなことをたくさん話したいと思うようになります。敬語だと積極的に話す気にはなれなくても、タメ口に変わることで友達のように話せるようになるからです。

つまり、女性にタメ口で話すことは、二人の接点を増やすきっかけにもなるのです。敬語からタメ口に変えることで嫌な気持ちにさせてしまうのではないか、などと考えすぎないようにすることが、恋の秘訣と言えるでしょう。敬語からタメ口にしてたくさん話したいと思ってもらうことで、恋愛を発展させましょう。

異性が敬語からタメ口になる時の恋愛女性心理③友達が好きな人に変わる

笑顔の女性

異性が敬語からタメ口になる時の恋愛女性心理三つ目は、友達が好きな人に変わるというものです。女性は、男性が敬語からタメ口になることで、一気に相手のことを気になる傾向にあります。そのため、それまで友達だと思っていた相手が好きな人に変わるようなこともあるのです。タメ口は、女性の導火線に火をつけます。

それまではどこか他人行儀なところがあっても、タメ口に変わることで信頼して話をすることのできる恋人関係のように変化します。これによって、女性は一気に相手の男性のことを好きになるのです。きになる女性がいるなら、積極的にタメ口を使うようにすると、相手に気にかけてもらえること間違いなしです。

タメ口でいいよと言う人の心理とは?

タメ口でいいよと言う人の心理①先輩だからと気を遣われるのが嫌

みんなで食事

タメ口でいいよと言う人の心理一つ目は、先輩だからと気を遣われるのが嫌だというものです。人が相手に対してタメ口でいいよというのは、自分が先輩だからといって気を遣われたくないからです。先輩でも気を遣うことなく親しんでほしいという思いから、タメ口でいいよという人が圧倒的多数です。

タメ口でいいよと言う人の心理②もっと仲良くなりたいと思っている

仲良しの職場

タメ口でいいよと言う人の心理二つ目は、もっと仲良くなりたいと思っているというものです。相手ともっと仲良くなりたいと思った時に「タメ口でいいよ」という人もいます。タメ口にしてもらうことで、より関係性を深められるのではないかと期待しているのです。この仲良くなりたいという気持ちは好意の表れでもあります。

仲良くなりたいからと先輩や好きな人からタメ口でいいよと言われたら、遠慮することなく移行してしまった方が良いでしょう。素直に従って敬語からタメ口にすることができれば、好きな人や先輩とよりより関係を築くことができるようになるはずです。

タメ口でいいよと言う人の心理③自分もタメ口で話したい

向かい合う

タメ口でいいよと言う人の心理三つ目は、自分もタメ口で話したいというものです。相手とタメ口で話したいという理由から、まずは率先して自分から「タメ口でいいよ」という人もいます。いきなり「タメ口でいい?」と聞くのは不躾な感じがしても、先に相手に許可を出すことで抵抗なくタメ口で話せるようになるからです。

自然なタイミングで敬語からタメ口に変えてみよう!

敬語からタメ口に変えるときは、自然に行うことが何よりも大切です。タイミングを見計らわずに適当に話し方を変えてしまうと、場合によっては失礼にあたってしまうこともあるからです。この記事を読んだあなたは敬語からタメ口に変える適切なタイミングがわかったはずです。参考にして自分なりのタイミングを掴みましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事