Icon search 36px

爪やすりの使い方5選

爪やすりの使い方①爪やすりを使う前の準備

爪

爪やすりの使い方1つ目は爪やすりを使う前の準備です。新しい爪やすりは爪や肌が切れてしまう事もあります。ファイルや古くなったやすりを新しい爪やすりのヘリの所に合わせて削っておきましょう。爪やすりを使う前には爪をお湯に3分程浸して柔らかくしておくと傷みにくいです。入浴後に爪をケアするのがおすすめです。

爪やすりの使い方②長さを整える

爪やすりの使い方2つ目は爪の長さを整えます。伸びた爪を短く調整します。爪切りよりも爪やすりを使うほうがダメージを減らす事ができます。爪の中央にやすりを当てて90度の角度で一方向に動かして削ります。その後に爪の角も丸く整えます。45度の角度で一方向に手首を使いながら削ると上手くできます。

爪やすりの使い方③爪先や表面を整える|かけ方のコツも

爪やすりの使い方3つ目は爪先や表面を整えます。目の粗さが180〜220グリットのバッファーを使います。爪がデコボコしている方もこれをすると良いです。爪が引っかかりにくくなるので、赤ちゃんや高齢者の方は爪がめくれやすいので特にケアするようにしましょう。バッファーは爪を往復するかけ方でも大丈夫です。

爪やすりの使い方④シャイナーで表面を仕上げ磨きをしてネイルいらず

爪やすりの使い方4つ目はシャイナーで表面を仕上げ磨きをします。表面を仕上げ磨きをするとマニキュアを塗らなくても爪が輝きます。シャイナーの目が粗い方で軽く磨き、細かい方でキュッと音がなるまで磨きます。往復させて素早く動かすとできるので簡単です。爪が輝いていると印象も良くなりますね。

爪やすりの使い方⑤爪やすりをかけた後には保湿が大切

保湿

爪やすりの使い方5つ目は保湿をします。爪を削ったり磨いた後にはネイルエッセンスやオイルを使って爪の表面や爪と皮膚の間、爪の根元に優しくなじませる事が大切です。しっかりと保湿して爪の奥に浸透させる事でより健康的で綺麗な爪になります。甘皮処理をした時にもしっかり保湿しましょう。

爪やすりで綺麗にケアをするコツは?|かけ方にも工夫が必要

爪やすりで綺麗にケアをするコツ①爪を柔らかくしてから削る

爪

爪やすりで綺麗にケアをするコツ1つ目は爪を柔らかくしてから削る事です。何もしないまま削ろうとするとどうしても爪への負担がかかってしまうので、お湯につけたりお風呂の後にすると爪が柔らかくなるので削りやすいです。お風呂に入れない時には手浴もおすすめです。手浴をすると疲れもリフレッシュできますよ。

爪やすりで綺麗にケアをするコツ②手で指の腹を抑えて削る

指

爪やすりで綺麗にケアをするコツ2つ目は手で指の腹を抑える事です。爪と皮膚がくっついていると皮膚にやすりが当たって上手く削れない事や、皮膚が切れてしまう事もあります。指でしっかり押さえて爪を出して真ん中は爪に対して90度、角は45度に当てて同じ方向に削りましょう。誰かの爪を切る時にも注意しましょう。

爪やすりで綺麗にケアをするコツ③爪の形をどうするか

爪の形

爪やすりで綺麗にケアをするコツ3つ目は爪の形です。深爪や角を落とすような切り方ではなく先端をストレートに切るスクエアや爪を長くみせてくれるスクエアオフ、ナチュラルなラウンドや爪先を少しとがらせたオーバルやさらに細くとがらせたポイントなど爪の形により与える印象も変わるのでなりたい印象でえらびましょう。

爪やすりで綺麗にケアをするコツ④爪の形をスクエアにする

スクエア

爪やすりで綺麗にケアをするコツ4つ目は爪の形をスクエアにする事です。先端がまっすぐで強度があるスクエアはネイルの定番の形です。デスクワークでも気になりにくく、きちんとケアしている印象を与えてくれます。爪が服や髪の毛に引っかかりやすい事もあるので注意しましょう。

爪やすりで綺麗にケアをするコツ⑤爪の形をスクエアオフにする

スクエアオフ

爪やすりで綺麗にケアをするコツ5つ目は爪の形をスクエアオフにする事です。スクエアよりも角を丸くしていて衝撃にも強いので、おすすめの形です。ネイルケアもしやすくて普段の生活もしやすいので便利な爪の形です。爪が長く見えるので手を細長く綺麗に見せたい方にはおすすめです。

爪やすりで綺麗にケアをするコツ⑥爪の形をラウンドにする

ラウンド

爪やすりで綺麗にケアをするコツ6つ目は爪の形をラウンドにする事です。爪先端がゆるやかなカーブになっていて角はストレートの形で強度もしっかりあります。爪が小さい方や家事などで手をよく使う方にはこうした形だと爪もかけにくいのでおすすめです。ナチュラルな印象を与えてくれるネイルの形です。

爪やすりで綺麗にケアをするコツ⑦爪の形をオーバルにする

オーバル

爪やすりで綺麗にケアをするコツ7つ目は爪の形をオーバルにする事です。爪先を細くとがらせて全体的には丸く仕上げていく爪の形です。強度は落ちてしまいますが、見た目が可愛らしくて人気のある形です。女性らしい雰囲気になるので、女子力をアップさせたい方にはおすすめです。

爪やすりで綺麗にケアをするコツ⑧爪の形をポイントにする

ポイント

爪やすりで綺麗にケアをするコツ8つ目は爪の形をポイントにする事です。爪の先端をオーバルよりもさらに細くとがらせていて、大人っぽくてセクシーなイメージを与えます。強度はないですが、ネイルケアをしているという感じがして爪先までオシャレがいき届いているイメージを与えます。引っかかないように注意しましょう。

爪やすりの使い方の注意点は?道具選びも大切

爪やすりの使い方の注意点①エメリーボードかアクリルファイルなのか

爪やすりの使い方の注意点1つ目はエメリーボードかアクリルファイルなのかという事です。爪やすりにも様々です。ガラス製や木製など種類が豊富です。注意したいポイントはアクリルファイルはスカルプやアクリルの爪に使う為の物なので自分の爪には使わないようにしましょう。

爪やすりの使い方の注意点②目の粗さ|爪やすりのかけ方以外にも大切

爪やすりの使い方の注意点2つ目は爪やすりの目の粗さです。爪やすりには様々な種類があり目の粗さにも色々あります。目が粗いとそれだけ早く削る事ができますが、爪への負担が大きくて傷みやすくなります。反対にやすりの目が細かいと削るのに時間をかかりますが爪への負担を抑える事ができます。爪の状態で選びましょう。

爪やすりの使い方の注意点③爪と皮膚の間の薄皮に注意

爪 間

爪やすりの使い方の注意点3つ目は爪と皮膚の間の薄皮です。ここにはハイポニキウムと呼ばれる組織があり、爪と皮膚を繋いでいるもので細菌やゴミの侵入を防いでくれます。ゴミが気になる問には爪用のブラシや歯ブラシを使い優しくかきだすようにしましょう。かけ方に工夫して切ってしまわないようにしましょう。

爪やすりの使い方の注意点④爪の状態に合わせて使い方も変える

爪やすりの使い方の注意点4つ目は爪の状態に合わせて使う事です。爪にダメージがある時はかけ方以外にも粗いやすりで削ったり強く削りすぎない事が大切です。オイルやクリームで保湿をしたり生活習慣やストレスの緩和、良質な睡眠をとる事が大切です。心配な場合は爪水虫になっていないか皮膚科で診てもらいましょう。

爪やすりでネイルケアにおすすめな種類3選|これだけは揃えておくと安心

爪やすりでネイルケアにおすすめな種類①エメリーボード

爪やすりでネイルケアにおすすめな種類1つ目はエメリーボードです。爪に負担がかからないように薄い板でできていて何枚かセットになっているお得な物が多いです。目の細かさは80~220ほどの物があり、細かすぎると消耗が早くて荒すぎると爪に負担がかかる事があるので自分の爪の硬さや状態に合わせて使いましょう。

爪やすりでネイルケアにおすすめな種類②スポンジファイル

爪やすりでネイルケアにおすすめな種類2つ目はスポンジファイルです。バッファーと呼ばれる事もあり、やすりで削った爪の断面を整えたり爪の表面を削る為に使います。ドラッグストアでも販売されていて手に入りやすくネイルケアに使っている方も多いです。形が豊富なので使い方も工夫できます。

爪やすりでネイルケアにおすすめな種類③シャイナー|爪を磨きやすい

爪やすりでネイルケアにおすすめな種類3つ目はシャイナーです。シャイナーは爪の表面を輝かせてくれます。自然な艶がでるのでネイルができない職業の方や男性にも人気です。目が細かく小さな削りカスが出るので洗える物の方が清潔に使えます。かけ方次第でネイルがいらない輝く爪になります。

爪やすりをした後のケア方法|オイルなどで保湿と爪の保護をしよう

爪やすりをした後のケア方法①保湿が大切

保湿

爪やすりをした後のケア方法1つ目は爪の保湿と保護をしましょう。乾燥により爪が割れやすくなったりささくれができたり2枚爪の原因になります。指先が乾燥していると荒れた印象を持たれてしまうのでオイルやエッセンシャルを使い優しく保湿しましょう。爪と皮膚の間に馴染ませると綺麗で健康的な爪になります。

爪やすりをした後のケア方法②甘皮処理もしよう

甘皮

爪やすりをした後のケア方法2つ目は甘皮処理です。甘皮はとりすぎるのはよくないですがたまに優しくケアしてあげるとさらに印象がよくなります。専用のケア用品を使っても良いですがハンドクリームと綿棒で簡単にケアできます。クリームを塗りぬるま湯に付けた後綿棒で優しく押し上げて拭き取ると完了です。

ネイルケアを自分でする方の抑えておきたいバッファーや磨き方のコツについて分かりやすく書かれてある記事です。こちらも参考にしてみて下さい。

関連記事

バッファーの使い方は?ネイルにおすすめなセルフの爪の磨き方やコツも

今回は、セルフネイルに必要なネイルバッファーの使い方について詳しくご紹

Small thumb shutterstock 95185612

爪が割れてしまったりかけてしまう事もあると思います。そんな時に気を付けたいポイントや爪やすりのかけ方について詳しく書かれている記事です。こちらも見ておきましょう。

関連記事

割れる爪のケア方法5選!自爪の綺麗な磨き方に整え方や手入れ道具も

爪が綺麗に整っていると、手全体が美しくみえます。今回は割れる爪をネイル

Small thumb shutterstock 547046794

爪やすりで爪を磨いてネイルいらず

ネイル

爪やすりを使い綺麗な自爪に仕上げる事でネイルをしなくても輝く爪になり、ネイルにかかる費用も節約でき見た目も健康的になるので爪やすりでケアする事はおすすめです。こまめにネイルケアをしておけば面倒に感じる事もなく、常に綺麗な手元にできます。手が綺麗だと印象も変わるので女性も男性もネイルケアは大切ですね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事