Icon search 36px

鶏がらスープの素とは?

鶏がらスープの素とは鶏がらで出汁をとった万能調味料

鶏がらスープの素とは、鶏がらで出汁をとった万能調味料です。鶏ガラを煮出したものを加工して作られています。中華に使用されることが多いですが、他にも和食やアジア料理などいろんな料理に使用することができます。あっさりした味わいが、料理に深みやコクを与えてくれるんです。常備しておくと、とても便利ですよ!

鶏がらスープの素は形状も様々

料理

鶏がらスープの素は、様々な様々な形状のものが販売されています。1番一般的に使われていて種類が多いのが、顆粒タイプのものです。水に溶けやすく、いろんな料理に活用することができます。顆粒タイプの他にも、ペーストやチューブタイプのものが販売されています。用途や自分の使いやすさによって、買い分けましょう。

下記の記事では、ダイソーで販売されている食品をご紹介しています。鶏がらスープなどの調味料やお菓子など、いろんなものが100円で販売されています。レシピも一緒にまとめていますので、是非参考にしてくださいね!

関連記事

ダイソー食品おすすめ10選!買うべき調味料やお菓子・100均レシピも

ダイソーの食品を買われたことはありますか?100均とは思えない本格的な

Small thumb shutterstock 609739646

鶏がらスープの素とコンソメやウェイパーなどの中華だしの違いは?

コンソメやウェイパーなどの中華だしとの違い①主原料

食材

コンソメやウェイパーなどの中華だしとの違い1つ目は「原料」です。大きな違いは、調味料それぞれに使われている素材です。鶏がらスープの素は鶏がらを利用していますが、中華だしは主に牡蠣や豚など様々な素材が主体となっています。これは、商品により異なります。また、コンソメは鶏や牛の骨を利用して作られています。

コンソメやウェイパーなどの中華だしとの違い②使用ジャンル

料理

コンソメやウェイパーなどの中華だしとの違い2つ目は「使用ジャンル」です。鶏がらスープは和食や洋食、中華など様々なジャンルに使用される調味料です。コンソメや中華だしは、それぞれ洋風や中華風味になるように香辛料や食材が使用されています。そのため、コンソメは洋食らしく、中華だしは中華らしい風味になります。

鶏がらスープの素の代わりになる代用品7選

鶏がらスープの素の代わりになる代用品①中華だし

鶏がらスープの素の代わりになる代用品1つ目は、「中華だし」です。鶏がらスープの素に1番近いとされている調味料が、中華だしです。料理に旨味やコクをプラスすることが可能です。チキンエキスなどが入っているため、似た風味を作ることができます。

また、オイスターソースなど調味料も入っているので、中華料理を作る際には1番適している代用品になります。鶏がらスープの素よりも濃い味になるので、塩分量を考えて少し控えめに使用するといいでしょう。鶏がらスープの代わりだけではなく、中華だしがないときの代用品として鶏がらスープを使うこともできますよ。

鶏がらスープの素の代わりになる代用品②香味ペースト

鶏がらスープの素の代わりになる代用品2つ目は、「香味ペースト」です。鶏がらスープとの大きな違いは、ペーストであることなのではないでしょうか。スープなどに使用する際は溶かさなければなりませんが、中華だしなどと同じように中華調味料なので、鶏がらスープの素の代用品として使用することができます。

鶏がらスープの素の代わりになる代用品③ウェイパーやシャンタン

鶏がらスープの素の代わりになる代用品3つ目は、「ウェイパーやシャンタン」です。この2つは、中華調味料として販売されています。また、原材料もほとんど同じで味も似ています。鶏がらスープの素の代用品として、家庭に常備している方も多いでしょう。

鶏がらスープの素よりも少し味が濃く、塩気が強いため味を見ながら好みの味に調節するといいでしょう。野菜炒めやスープ、チャーハンなどいろんな中華料理に使用することができるので、とても便利です。

鶏がらスープの素の代わりになる代用品④コンソメ

鶏がらスープの素の代わりになる代用品4つ目は、「コンソメ」です。コンソメは、主に洋食に使用されることが多いです。そのため、洋風な味わいになってしまいます。しかし、コクを出したり旨味をプラス目的として使用することは可能です。洋食で鶏がらスープを使う際の代用品にはぴったりです。

鶏がらスープの素よりも塩分が濃いので、同じ分量で加えてしまうとしょっぱくなってしまいます。味をみながら、少しずつ調節するといいでしょう。

鶏がらスープの素の代わりになる代用品⑤ほんだし

鶏がらスープの素の代わりになる代用品5つ目は、「ほんだし」です。ほんだしは、かつお節がベースとなっている調味料です。主に、和食に使用されることが多く、和風な風合いになります。しかし、あっさりした味わいなので中華料理に使用する代用品ならば、ごま油などをプラスすると中華調味料として使うことができます。

鶏がらスープの素の代わりになる代用品⑥味の素

鶏がらスープの素の代わりになる代用品6つ目は、「味の素」です。旨味調味料として販売されている味の素も、鶏がらスープの代用品として使用することができます。料理に旨味をプラスして引き立ててくれるでしょう。ラーメンなどにも使用される調味料なので、どんなジャンルにも活用できるのではないでしょうか。

鶏がらスープの素の代わりになる代用品⑦しいたけだし

鶏がらスープの素の代わりになる代用品7つ目は、「しいたけだし」です。しいたけは、旨味がたっぷり含まれている三大旨味成分の1つとされています。干ししいたけを使っただしは、様々な料理に使用することができます。

香りがしっかりしていますが、薄味のため醤油や塩などでで調節しましょう。他の調味料の邪魔をしないので、鶏がらスープの素の代わりとしても使える万能だしです。

鶏がらスープの素の代用品の使い分けのポイントは?

鶏がらスープの素の代用品の使い分けのポイント①作るジャンルで使い分ける

調味料

鶏がらスープの素の代用品の使い分けのポイント1つ目は、「作るジャンルで使い分ける」です。和食を作るのに中華調味料を使用してしまうと、風味が変わって違った味わいになってしまいます。中華料理を作るならシャンタンやウェイパー、和食を作るならほんだしなど料理のジャンルによって使い分けるといいでしょう。

鶏がらスープの素の代用品の使い分けのポイント②塩分量を調整する

料理

鶏がらスープの素の代用品の使い分けのポイント2つ目は、「塩分量を調整する」です。鶏がらスープの素の代用品として他の調味料を使用する際、レシピと同じ通りに作ってしまうと塩辛くなってしまったり、薄味だったりしてしまう場合があります。

それは、調味料それぞれの塩分量の違いによって、味の濃さが違うためです。まずは少量から料理に加え、味見をしながら調節するといいでしょう。

鶏がらスープの代用品を使っても美味しい中華レシピ3選

鶏がらスープの代用品を使っても美味しい中華レシピ①玉子の中華スープ

鶏がらスープの代用品を使っても美味しい中華レシピ1つ目は、「玉子の中華スープ」です。しいたけやニラ以外にも、人参やしめじ、ほうれん草など冷蔵庫の中にある食材で作ることができます。汁物が欲しいなと思ったときにすぐ作ることができるので、とても便利です。シャンタンや香味ペーストでも美味しく作れますよ!

    玉子の中華スープの材料

  • 卵 2個
  • ニラ 1束
  • しいたけ 2個
  • 中華だし 大さじ1
  • 水 550cc
  • 塩 小さじ1
  • 醤油 小さじ1
  • 酒 小さじ1
  • ごま油 大さじ1
  • こしょう 少々

    玉子の中華スープの作り方

  1. 1ニラは4cm程の長さに、しいたけは薄切りにします。卵は溶いておきます。
  2. 2鍋に水を入れ、沸騰させます。
  3. 3中華だしとしいたけを入れて、一煮立ちさせます。
  4. 4塩、醤油、酒、ニラを入れます。
  5. 5ニラが煮えたら、弱火にして卵を注ぎ入れます。
  6. 6卵が固まってきたら、ごま油とこしょうを加えます。

鶏がらスープの代用品を使っても美味しい中華レシピ②和風中華丼

鶏がらスープの代用品を使っても美味しい中華レシピ2つ目は、「和風中華丼」です。鶏がらスープの素などの中華調味料を使用して作る中華丼です。ほんだしを使用して和風にするといつもとは違う味わいを作ることができます。コーンやウズラの卵などをプラスしても美味しいです。野菜がたっぷり食べられて、栄養満点ですよ!

    和風中華丼の材料

  • 豚肉 100g
  • しいたけ 3個
  • ほうれん草 2束
  • 人参 1/3個
  • 玉ねぎ 1/2個
  • 白菜 1/8個
  • 油揚げ 1枚
  • ほんだし 小さじ2
  • 水 300cc
  • 醤油 大さじ1
  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 塩こしょう 少々
  • 水溶き片栗粉 適量
  • ご飯 適量

    和風中華丼の作り方

  1. 1豚肉と白菜は食べやすい大きさに切ります。
  2. 2人参と油揚げは細切り、玉ねぎはくし切り、ほうれん草は3cm程、しいたけは薄切りにします。
  3. 3フライパンを熱して油を敷き、豚肉を加えて炒めます。
  4. 4豚肉の色が変わってきたら、人参と玉ねぎ、白菜の芯部分を加えて火を通します。
  5. 5白菜の葉、しいたけ、ほうれん草、油揚げを加えて炒めます。
  6. 6火が通ったら醤油、みりん、酒、ほんだし、水を加えて一煮立ちさせます。
  7. 7塩こしょうで味を調えます。
  8. 8水溶き片栗粉を回し入れて、とろみをつけます。
  9. 9ご飯の上に盛り付けます。

鶏がらスープの代用品を使っても美味しい中華レシピ③中華おこわ

鶏がらスープの代用品を使っても美味しい中華レシピ3つ目は、「中華おこわ」です。もちもちの中華おこわは、コンソメでも作ることができます。固形を使う場合は、砕いてから入れるといいでしょう。具をたっぷり入れて、具だくさんにするとより美味しい中華おこわができますよ。

    中華おこわの材料

  • もち米 3合分
  • 豚肉 200g
  • たけのこの水煮 200g
  • 人参 1本
  • しいたけ 4個
  • ごま油 適量
  • 水 3カップ
  • コンソメ 1個
  • 砂糖 大さじ1
  • 塩 小さじ1
  • 酒 大さじ1
  • 醤油 大さじ2.5

    中華おこわの作り方

  1. 1豚肉とたけのこは食べやすい大きさに、しいたけは薄切り、人参は細切りにします。
  2. 2フライパンを熱して油を敷き、豚肉を炒めます。
  3. 3色が変わってきたら、たけのことしいたけを入れて炒めます。
  4. 4炊飯器に研いだもち米、調味料を全て入れてから3合の目盛まで水を加えます。
  5. 5炒めた具材も加え、炊飯します。
  6. 6炊き上がったら5分蒸らしてから、よく混ぜます。

鶏がらスープの代用方法を知ろう!

いかがでしたか?料理を作っている際、鶏がらスープの素がない!焦ってしまうこともあるかもしれません。しかし、代用品を知っていれば慌てて買いに行く必要もなく、美味しい料理を仕上げることができるでしょう。是非、参考にしてくださいね!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事

RANKING

人気の記事