Icon search 36px

父子家庭の娘の性格・特徴6選

父子家庭の娘の性格・特徴①家事が得意でしっかりしている

掃除機をかける女性

父子家庭の娘の性格・特徴一つ目は、家事が得意でしっかりしているということです。父子家庭の場合、父親が家にいないということも多いです。そのため家事などは、子供が行わなければいけません。

ですので特に父子家庭の娘の場合は、家事が得意でしっかりとした人が多い特徴があります。性格的にも、自立心が強く計画性のある子が多いです。

父子家庭の娘の性格・特徴②お父さんのことが大好き

赤ちゃんが手を握る画像

父子家庭の娘の性格・特徴二つ目は、お父さんのことが大好きということです。父子家庭で育った女の子は、基本的にファザコンです。お父さんのことが大好きで、尊敬していることが多いです。

そのため父親のことを馬鹿にしたり悪口を言ったりすり人は、まず遠ざけてしまいます。またファザコンだということをほとんど隠さず生活しているため、非常に分かりやすいという特徴があります。

父子家庭の娘の性格・特徴③年上とばかり付き合うことが多い

年の差カップルの画像

父子家庭の娘の性格・特徴三つ目は、年上とばかり付き合うことが多いということです。父子家庭で育った娘というのはファザコンと紹介しました。そのため年上の男性に理想を抱き、恋愛感情を持つことも多いです。

その結果年上とばかり付き合うことが多い、という特徴を持っています。だからといって父親に恋愛感情を抱いているわけではありません。しかし年下は恋愛対象にならないことが多いため、注意しましょう。

父子家庭の娘の性格・特徴④現実をしっかり見据えて行動できる

仕事を行う女性

父子家庭の娘の性格・特徴四つ目は、現実をしっかり見据えて行動できるということです。父子家庭だけでなく母子家庭といった片親で育った娘というのは、非常に現実的です。同年代の子供と比べても大人な考えを持っています。

そのため無茶な夢は持たず、現実的に堅実に行動することが多いという特徴があります。しかしそのせいで本当の夢を追うことができず、安全策ばかり追ってしまうという傾向にあります。

父子家庭の娘の性格・特徴⑤テキパキと行動できる

スーツを着た女性の画像

父子家庭の娘の性格・特徴五つ目は、テキパキと行動できるということです。父子家庭の場合父親のいない家庭を支えるのは、娘の役割になることが多いです。そのためなんでもテキパキと行動できるようになってしまいます。

逆に誰かに甘えて自分で何もしなかったり、だらだらと行動する人間があまり好きではありません。そのため周囲からは焦っているようにも見え、近寄りがたい印象を与えている人もいます。

父子家庭の娘の性格・特徴⑥家庭の事情を人に話したがらない

喧嘩をしたカップルの画像

父子家庭の娘の性格・特徴六つ目は、家庭の事情を人に話したがらないということです。父子家庭で育った娘は、父子家庭ということをコンプレックスに思っているわけではありません。しかし周りから同情されるのが嫌で、自分で家庭の事情を話すことは少ないです。

とても親しい友人や彼氏には家庭の事情を相談することもありますが、そのような場合はかなり困っている状況になります。そのため家庭の事情を話したがらない性格を踏まえ、接していくことが重要です。

父子家庭で特に困るのは、娘の反抗期だと思います。しかし反抗期の特徴や予兆が分からないという方も多いですよね。こちらの記事では、そんな5歳の男の子・女の子の反抗期の特徴について紹介しています。幼い子供を育てる父子家庭のお父さんは、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

関連記事

5歳の男の子・女の子の反抗期の特徴6選|言うことを聞かない時の対処も

5歳は反抗期を迎える年頃です。2~3歳のイヤイヤ期が終わってホッとして

Small thumb shutterstock 309370064

父子家庭の息子の性格・特徴5選

父子家庭の息子の性格・特徴①家事全般得意

掃除機をかける男性

父子家庭の息子の性格・特徴一つ目は、家事全般得意ということです。普通息子と言えば、家事などは一切できないイメージがあると思います。しかし父子家庭では家事をやらざる負えないため、嫌でも家事全般得意なことが多いです。

しかし家事全般得意なことを誇りに思っているわけではありません。そのため家事ができることを褒められたり、からかわれたりすることがとても苦手です。そういった感情を理解し、相手に声をかけるようにしましょう。

父子家庭の息子の性格・特徴②一人が嫌いな寂しがりや

メールを見て寂しがる男性

父子家庭の息子の性格・特徴二つ目は、一人が嫌いな寂しがりやということです。父子家庭で育った息子は、一人の時間を寂しく過ごした幼少期があります。そのため一人の時間が嫌いで、寂しがりやなことが多いです。

しかし寂しがりやのおかげで人に甘えやすく、友達が多い傾向にあります。また愛される性格であるため、親しみやすい印象を持ってもらいやすいです。ですが繊細な一面もあるため、接し方には注意が必要です。

父子家庭の息子の性格・特徴③なんでも我慢するようになる

座り込む男性の画像

父子家庭の息子の性格・特徴三つ目は、なんでも我慢するようになるということです。父子家庭で育つと、一般的な家庭のようにはいきません。そのため諦め癖が付き、我慢するようになります。

しかし自分では我慢していることに自覚がないことも多く、無意識のうちに諦めているという事も少なくありません。だからといって家庭環境に問題があるわけではないため、父親でも接し方に悩むことが多いです。

父子家庭の息子の性格・特徴④早く自立したいという気持ちが強い

スーツを着た男性の画像

父子家庭の息子の性格・特徴四つ目は、早く自立したいという気持ちが強いということです。父子家庭で育つと、父親に迷惑をかけているという気持ちが人一倍強くなります。そのため早く自立したい、と思うことが多いです。

その自立したい気持ちは決して家が嫌なのではなく、早く父親に楽をさせてあげたいという感情になります。また男で一つで育ててくれた父親のように、早く立派になりたいという気持ちでもあります。

父子家庭の息子の性格・特徴⑤反抗期が長い

殴りかかる男性の画像

父子家庭の息子の性格・特徴五つ目は、反抗期が長いということです。これは一般的な家庭の反抗期とは異なり、ちょっとした反抗期が長く続く傾向にあるということです。

父子家庭では、思い切った反抗というのはなかなかできません。しかし自分の気持ちに気づいてほしく、小さな反抗期を長く続ける傾向にあります。そういった息子のSOSに、いち早く気づいてあげることが反抗期を止めるコツです。

父子家庭の子供と上手に付き合う方法は?

父子家庭の子供と上手に付き合う方法①家庭の事情に深入りしない

ゲームをする男女の画像

父子家庭の子供と上手に付き合う方法一つ目は、家庭の事情に深入りしないということです。父子家庭であるというのは、母親が亡くなったり離婚していたりと複雑な家庭環境があります。そのため子供は深入りしてほしくありません。

もしも家庭の事情を話したい場合は、子供自身から話してくれます。その前にぐいぐい深入りしようとしてしまうと、上手に付き合っていくことは難しいです。適切な関係を築くためにも、一定の距離を保つようにしましょう。

父子家庭の子供と上手に付き合う方法②同情や憐れみを持たない

女性を慰める画像

父子家庭の子供と上手に付き合う方法二つ目は、同情や憐れみを持たないということです。父子家庭の子供というのは、同情や憐れみを持たれることが一番嫌いです。

特に普通の家庭と変わりないと思っているため、そのように接してくれる人が上手に付き合っていける人ということになります。無意識のうちに同情していると、いつの間にか距離が開いてしまうため注意しましょう。

父子家庭の子供と上手に付き合う方法③一人っ子の場合は特によく連絡を取る

スマホを打っている画像

父子家庭の子供と上手に付き合う方法三つ目は、一人っ子の場合は特によく連絡を取るということです。父子家庭の子供で一人っ子というのは、特に寂しがりである傾向にあります。

そのため見捨てられたと子供が感じないように、よく連絡を取り合うことが上手に付き合うコツになります。しかし用もないのに頻繁に連絡をすることは、逆効果になることもあるため注意しましょう。

父子家庭の子供と上手に付き合う方法④特別視せず普通に接する

三人の友人の画像

父子家庭の子供と上手に付き合う方法四つ目は、特別視せず普通に接するということです。父子家庭は決して特別ではありません。そのため特別視されると、不信感を抱いてしまいます。

不信感を抱かれると、それ以上親しくなることは難しいです。そのため相手が違和感を持たないためにも、特別視するのではなく普通に接するようにすることがおすすめです。

父子家庭の読み方や父子家庭と母子家庭の違い

父子家庭の読み方|ふしかてい

父と息子の画像

父子家庭の読み方は、ふしかていになります。母子家庭の読み方はよく聞きますが、父子家庭は聞かないため分からないという方も多いですよね。父子家庭は「ふしかてい」と読むため、今後困らないためにも覚えておいてください。

父子家庭と母子家庭の違い①受けられる助成制度が違う

お金に囲まれた子供

父子家庭と母子家庭の違い一つ目は、受けられる助成制度が違うということです。父子家庭と母子家庭では、何が違うのか分からない人も多いと思います。実は父子家庭と母子家庭では、行政から受けられる助成制度が異なります。

特に父子家庭の場合は母子家庭に比べ、受けられない助成制度が多いです。これは経済状況や父子家庭が少ないという事が原因にあります。

父子家庭と母子家庭の違い②平均的な経済状況が違う

お金を持っている女の子の画像

父子家庭と母子家庭の違い二つ目は、平均的な経済状況が違うということです。父子家庭と母子家庭の経済状況を比べたとき、平均的に父子家庭の方が安定した経済状況にあります。

父子家庭の場合父親は会社員であることが多く、母子家庭の場合は非正規労働である場合が多いです。このような違いもあり、父子家庭は逆に肩身の狭い思いをする機会が多いです。

父子家庭の子供の特徴を知り上手に付き合っていこう!

父子家庭の子供の特徴や上手な付き合い方について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。父子家庭の子供は、寂しがり屋で自立心が強いことを知っていただけたと思います。父子家庭の友人や異性と付き合っていく場合は、ぜひ参考にしてみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事