Icon search 36px

離婚する夫婦の特徴16選

離婚する夫婦の特徴①束縛が激しい

束縛が激しい

離婚する夫婦の特徴1つ目は「束縛が激しい」夫婦です。束縛は自由な行動を取らせないだけでなく、全ての意思や言動も押さえつけてしまうことがあります。束縛の激しさにもよって自由度が違ってきますが、束縛する気持ちが強ければ強いほど行動に制限が掛かります。

束縛は相手の気持ちや行動を押さえつけるだけでなく、束縛相手をとても苦しめる行為です。そして、束縛されることで、社会的信用を得ることもできなくなり、仕事にも支障が出ることもあります。束縛したくなる気持ちは分かりますが、限度を知っておきましょう。

離婚する夫婦の特徴②浮気性

浮気性

離婚する夫婦の特徴2つ目は「浮気性」です。浮気や不倫は人によって基準が様々で、性行為をしたことだけが浮気や不倫となるワケではありません。一緒に食事に行ったり、デートに行くというのも浮気や不倫になる場合あり、当然手をつなぐなどの行為も浮気とみなす方もいます。

浮気の基準が人によって違うのですが、異性と高頻度で交流するという方は浮気と疑われたりします。また、浮気は夫婦関係を壊す原因ではダントツと言えるほど関係悪化に繋がる行為です。浮気は夫婦関係の修復を不可能にするほどの力を持っています。浮気癖のある夫婦はすぐに離婚してしまう特徴です。

離婚する夫婦の特徴③亭主関白・かかあ天下

かかあ天下

離婚する夫婦の特徴3つ目は「亭主関白、かかあ天下」です。亭主関白は昔からよく知られ、現代ではあまり亭主関白になる男性も少なくなってきたと言われていますが、亭主関白の対義語にかかあ天下があります。かかあ天下は亭主関白の女性バージョンです。

亭主関白やかかあ天下というのは男性または女性が一緒に生活することを苦痛と感じさせる行為であり、ストレスをため込みやすい生活を送ることとなります。亭主関白またはかかあ天下は夫婦としての在り方としては現代では正しくないとされていることもあります。亭主関白やかかあ天下の夫婦関係は離婚する特徴です。

離婚する夫婦の特徴④喧嘩ばかりする

喧嘩ばかりする夫婦

離婚する夫婦の特徴4つ目は「喧嘩ばかりする」夫婦です。喧嘩をするのは決して悪いことだけではありません。喧嘩をすることでお互いの思いをぶつけ合い、相手の本心を知りさらに仲良くなれることもあります。喧嘩ばかりすることがなぜ離婚原因になるのか言いますと解決しないことです。

夫婦の喧嘩が長く続くのは、お互いに思う気持ちや嫌う気持ちがあるからですが、長く続く原因に多いのが毎回の喧嘩を解決し仲直りしないからです。一方的に意見を押し付け分からせようとする方法を取り続けると仲直りや解決はできません。夫婦喧嘩をしてしまうのは仕方がないことですが、仲直りはしましょう。

離婚する夫婦の特徴⑤コミュニケーションがない

コミュニケーションがない女性

離婚する夫婦の特徴5つ目は「コミュニケーションがない」夫婦です。長年連れ添った恋人や夫婦がよく言うのが「何も話さなくても相手の言いたいことがわかるからコミュニケーションはあまり必要ない」というものですが、この考えは離婚してしまう夫婦の特徴となります。

何も言わなくても相手の気持ちがわかると言いますが、本当にコミュニケーションなしで相手の本心が理解できるのでしょうか。コミュニケーションというのは必ず必要なもので相手の本心だけでなく、今考えていることを理解できる必要なツールです。夫婦の間にコミュニケーションが無くなれば夫婦関係は終わりと考えましょう。

離婚する夫婦の特徴⑥助け合わない

助け合わない喧嘩夫婦

離婚する夫婦の特徴6つ目は「助け合わない」ことです。助けて欲しい時に助け合わない夫婦や助けて欲しい時でも頼らない夫婦がいます。助け合う合わないは夫婦間の問題でしかありませんが、助け合わない夫婦や頼らない夫婦は離婚してしまう特徴です。

助け合わな夫婦は緊急時でも助け合うことがないので、夫婦間で壁ができてしまいます。助け合わない、頼らないというのは信用や信頼がないことです。そして、夫婦で助け合わないことは離婚してしまう原因となります。

離婚する夫婦の特徴⑦相手のせいにする

不仲の夫婦

離婚する夫婦の特徴7つ目は「相手のせいにする」ことです。出来なかったことを夫の責任または妻に責任を押し付け合う夫婦は他の場面で息が合い楽しく関係を築けていたとしても、離婚してしまう可能性があります。

離婚する夫婦の特徴⑧理想を押し付ける

理想を押し付け

離婚する夫婦の特徴8つ目は「理想を押し付ける」ことです。誰にでも結婚相手には理想があり、理想の相手に近い人と結婚すると思いますが、理想を押し付け本当の相手の心理や気持ちを考えずに、自分に取って理想となる人を作ろうとするのは夫婦関係が悪化してしまい離婚してしまう原因となります。

お互いの理想に近付くために努力し合うのはとてもいいことで、夫婦としても仲良く長続きする特徴ですが、理想を一方的に押し付けるのは離婚しやすい夫婦の特徴となり、必ずとは言いませんが離婚に近付きますのでやめましょう。

離婚する夫婦の特徴⑨相手の親と仲が悪い

仲の良い家族

離婚する夫婦の特徴9つ目は「相手の親と仲が悪い」ことです。夫婦関係がとても仲が良くても相手の親と息が合い良い関係を築けるかとなるとそれは別の話です。夫婦間では仲が良くても姑との関係が悪かったり義理親の性格や考え方が合わないとどうしても仲良く交流することはできなくなります。

また、昔の家族なら姑が嫌な人でも義理親と価値観や考え方が合わなくても我慢して関わることが常識とされ、ほとんどの方が行ってきた文化でしたが、今では義理親との交流が頻繁ではなくなってきましたので、我慢して交流することもなくなりました。義理親と合わないことは離婚しやすい夫婦の特徴となります。

離婚する夫婦の特徴⑩浪費家

浪費家

離婚する夫婦の特徴10個目は「浪費家」です。お金を稼ぐ人であっても浪費家では家計を支える妻にとっては苦痛と感じてしまい。浪費する専業主婦の妻を持っている夫は浪費が酷くストレスとなります。浪費はお互いの意見で行われるのならいいのですが、意見が合わない状態で浪費するのは離婚原因となります。

離婚する夫婦の特徴⑪将来を考えない

バイクに乗る夫婦

離婚する夫婦の特徴11個目は「将来を考えない」ことです。結婚した後も将来のことを考えて生活するのが、夫婦生活を上手く行かせるために必要なことですが、結婚して夫婦となればゴールと考えている夫婦は、短い期間では離婚はしませんが、長期的に見ると離婚しやすい夫婦の特徴となります。

離婚する夫婦の特徴⑫価値観が合わない

合わない価値観

離婚する夫婦の特徴12個目は「価値観が合わない」ことです。夫婦生活を上手く行かせるには好きだから、一緒にいて安心するからという考えでは、長い期間仲良く幸せに過ごすことはできません。特に価値観が合わない夫婦は事あるごとに喧嘩をするか、不満を抱える生活を送ることとなります。価値観は夫婦にとって大切です。

離婚する夫婦の特徴⑬モラハラ

モラハラ夫婦

離婚する夫婦の特徴13個目は「モラハラ」です。夫婦の間で問題となるのがモラハラです。モラハラはしたいと思わなくても自然と出た言葉で傷を付けてしまうことがあり、モラハラが原因で離婚することもあります。モラハラをする人と一緒にいるのは難しく、気を使った生活や傷付きながら生活を送ることとなります。

離婚する夫婦の特徴⑭自己中心的

歩く男性

離婚する夫婦の特徴14個目は「自己中心的」です。自己中心的な考えを持つ方は男性でも女性でもいるものです。自己中心的な考えの人と生活するのは難しく、厳しい生活となりストレスを抱えることとなります。自己中心的な考えは夫婦の間でも問題となり最終的には離婚となることもあります。

離婚する夫婦の特徴⑮収入が少ない・不安定

収入が少ない

離婚する夫婦の特徴15個目は「収入が少ない、不安定」なことです。お金がないと夫婦としてやっていくことはおろか生活することができなくなります。夫婦にとってお金は愛の次に大切なものであり、なくてはならない存在です。お金がないと喧嘩になり、最終的には離婚をすることとなります。

離婚する夫婦の特徴⑯好みが合わないのは離婚リスクが高い

好みが合わない夫婦

離婚する夫婦の特徴16個目は「好みが合わないは離婚リスクが高い」ことです。好みというのはとても大切なことで、一方的に合わせることも意見が分かれるというのは離婚する夫婦の特徴となります。好みが合わないと喧嘩になってしまったり、不満を抱えながら生活することとなります。

離婚しない仲良し夫婦の特徴は?すぐ離婚する夫婦との違いは?

離婚しやすい夫婦と別れない夫婦やカップルの違い①コミュニケーション

仲の良い夫婦

離婚しやすい夫婦と別れない夫婦やカップルの違い1つ目は「コミュニケーション」です。コミュニケーションはどんなに仲の良い夫婦でも必ず必要となるもので、仲の良い夫婦ほどもコミュニケーションをよく取っています。コミュニケーションはお互いの思いを知れる方法でもあり、夫婦を繋ぐ大切なツールです。

離婚しやすい夫婦と別れない夫婦やカップルの違い②二人の時間を楽しむ

じゃれ合う二人

離婚しやすい夫婦と別れない夫婦やカップルの違い2つ目は「二人の時間を楽しむ」ことです。夫婦二人で同じ部屋にいても夫婦二人では何もしないという家庭がほとんどだと思いますが、夫婦の関係をいい関係で築くには、二人の時間を作り楽しむことです。二人で楽しめる趣味を持つことをおすすめします。

離婚しやすい夫婦と別れない夫婦やカップルの違い③一人の時間も持つ

一人の時間も持つ夫婦

離婚しやすい夫婦と別れない夫婦やカップルの違い3つ目は「一人の時間も持つ」ことです。関係をよくするには二人の時間も必要ですが、一人の時間も持つようにしましょう。一人の時間を楽しみ、夫婦の時間を楽しむことが1番いい関係が築ける方法です。

離婚しやすい夫婦と別れない夫婦やカップルの違い④思いやりがある

思いやりがある夫婦

離婚しやすい夫婦と別れない夫婦やカップルの違い4つ目は「思いやりがある」ことです。奥さんや旦那さんに思いやりのある行動や言葉は掛けられていますか。思いやりのある行動や発言は夫婦の関係を良くする秘訣です。

離婚する夫婦に見られる離婚しそうな前兆は?

すぐ離婚する夫婦に見られる離婚しそうな前兆・予兆①会話が減る

会話が減る

すぐ離婚する夫婦に見られる離婚しそうな前兆や予兆1つ目は「会話が減る」ことです。付き合っていた時と結婚してからは会話の量は変化ありましたか。結婚してから会話する内容もなくなり減ってきたという時は離婚してしまうかもしれません。

すぐ離婚する夫婦に見られる離婚しそうな前兆・予兆②夫婦で出かけない

夫婦で出かけない

すぐ離婚する夫婦に見られる離婚しそうな前兆や予兆2つ目は「夫婦で出かけない」ことです。夫婦だけで出かけることが無くなったという方は離婚しそうな夫婦の前兆となります。時間を合わせてでも夫婦で出かけるようにしましょう。

すぐ離婚する夫婦に見られる離婚しそうな前兆・予兆③返事がない

返事がない夫婦

すぐ離婚する夫婦に見られる離婚しそうな前兆や予兆3つ目は「返事がない」ことです。質問しても返事がない夫婦は離婚しそうな前兆となります。返事をするのは大切なので一言でも良いので返事をしましょう。

離婚する夫婦に見られる離婚しそうな前兆・予兆④名前を呼び合わない

名前を呼び合わない夫婦

すぐ離婚する夫婦に見られる離婚しそうな前兆や予兆4つ目は「名前を呼び合わない」ことです。付き合っている時のように下の名前もしくはあだ名で呼び合わなくても良いのですが、結婚してから「おい」「お前」などと呼び合うようになればすぐに離婚しそうな前兆です。

離婚する前兆がある時に夫婦仲を修復するには?

離婚する前兆がある時に夫婦仲を修復する方法①完璧や理想を求め過ぎない

喧嘩する仲

離婚する前兆がある時に夫婦仲を修復する方法1つ目は「完璧を求め過ぎない」ことです。完璧を相手に求めるのは仕方がないことですが、完璧を押し付けられた人は答えようとする気持ちとできない現実でストレスとなります。相手に理想を押し付けないようにしましょう。

旦那とうまくいかない夫婦仲を修復する方法②問題点を話し合う

問題点を話し合う夫婦

旦那とうまくいかない離婚する前兆がある時に夫婦仲を修復する方法2つ目は「問題点を話し合う」ことです。不仲になるのは問題があり解決できないからです。問題点が見つかって解決できそうな問題なら早急に解決しましょう。解決せずに長引かせると関係悪化となります。

離婚する前兆がある時に夫婦仲を修復する方法③一緒に居る時間を作る

一緒に居る時間楽しむ夫婦

離婚する前兆がある時に夫婦仲を修復する方法3つ目は「一緒にいる時間を作る」ことです。一緒にいる時間がないと隙間が生まれ壁を作ることになりますので、一緒にいる時間をなるべく増やしましょう。一緒にいることを意識することで自然と会話が生まれます。

離婚する夫婦の特徴を知ろう

結婚式

離婚しそうな夫婦の特徴やすぐ離婚する夫婦と離婚しな夫婦の違いなどは参考になったでしょうか。夫婦は結婚すればゴールではありません。結婚後もカップルのようにいることで仲良くいることができ、離婚する可能性を低くすることができます。相手を変えるのではなく自分が変わりましょう。

関連記事

離婚の前兆15選|離婚しやすい夫婦の特徴・離婚する人の特徴も

離婚をしてしまう夫婦は、離婚に至る前にその前兆が見えてきます。その前兆

Small thumb shutterstock 250075303

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事