Icon search 36px

貸したお金を返さない人の心理・特徴15選

貸したお金を返さない人の心理や特徴①だらしない

適当な男性

貸したお金を返さない人の心理や特徴の1つ目は、だらしないことです。基本的に女性関係に関しても、そして仕事や日常生活に関しても、だらしない人は貸したお金を返さないことが多い傾向にあります。何故なら様々なことにだらしない人がお金のことだけはきっちりしているということがまずないからです。

「この人は見ていて本当にだらしがないな」と思うような人にはお金を貸さない方がいいでしょう。何かと言い訳をして、お金を返してもらえない可能性が高いと言えますので、十分に気を付けるようにしましょう。

貸したお金を返さない人の心理や特徴②いつも嘘をつく

考える女性

貸したお金を返さない人の心理や特徴の2つ目は、いつも嘘をつくことです。嘘をつく人は、お金が返せない理由も嘘である可能性が高いと言えます。そのため、本当は返せるのに返さないことも大いにあり得ます。何かと嘘をつくことが多いなと感じる人に対してはお金を貸さない方が賢明です。

こういった人は言い訳をしてお金を返さないばかりでなく、お金を借りる場合にもその理由について嘘をつきます。無駄遣いをされるリスクも高いので、気を付けるようにしましょう。

貸したお金を返さない人の心理や特徴③借金癖がある

お金を持つ男性

貸したお金を返さない人の心理や特徴の3つ目は、借金癖があることです。借金癖がある人は、多くの人にお金を借りるので借金をしていることが有名になります。そのような状態において、借金を繰り返しているような人はお金に苦しい可能性が高く、貸したお金は返ってくる可能性は低いと言えます。

また、借金癖がある人は借金をしている現状に開き直っている傾向にもありますので、お金を借りることだけでなく、お金を返さないことに対しても抵抗がないと言えます。そのため、このような人にお金を貸すと何度も貸すことになり、自分の経済状況も苦しくなります。トラブルに巻き込まれないよう、近づかない方が賢明です。

貸したお金を返さない人の心理や特徴④浪費癖がある

遊ぶ人たち

貸したお金を返さない人の心理や特徴の4つ目は、浪費癖があることです。金遣いが荒い人はお金をすぐに使ってしまう傾向にあるため、返して欲しくてもそのお金がない、という状況が想定される可能性が高くなります。浪費癖がある人に借金を頼まれたら、断った方が無難だと言えます。

貸したお金を返さない人の心理や特徴⑤もてたい気持ちが強い

積極的な女性

貸したお金を返さない人の心理や特徴の5つ目は、もてたい気持ちが強いことです。もてたい気持ちが強い人は、見栄のためにお金を使う傾向にあります。それは、決して生産的なお金の使い方であるとは言えないでしょう。そのような傾向にある人から借金を頼まれたら何のために使うのかを問い詰めてみましょう。

きっと明確に必要だという理由が答えられないので、貸す必要がなくなります。もしももっともらしい理由を言ってきたら、それが事実がどうかをしっかり見極めるようにしましょう。このような人には貸さない方向で話を進めるのが無難です。

貸したお金を返さない人の心理や特徴⑥自己中心的

笑う女性

貸したお金を返さない人の心理や特徴の6つ目は、自己中心的であることです。貸したお金を返さない人は人のことを考えません。自分がお金を必要としているから人からお金を借りるのであり、他人の都合は一切考えません。無理に借金を頼んでくるような人は、借金を返さない人だと考えて間違いはないでしょう。

貸したお金を返さない人の心理や特徴⑦人の苦しみが分からない

微笑む女性

貸したお金を返さない人の心理や特徴の7つ目は、人の苦しみが分からないことです。借金が返ってこないことで貸した方がどれだけ苦しむか、あるいは貸した方がどれだけ嫌な思いをするか、それが想像できる人であれば借金を返しています。人の苦しみを想像しないからこそ、借金をして返さなくても堂々としているのです。

貸したお金を返さない人の心理や特徴⑧承認欲が強い

相談する2人

貸したお金を返さない人の心理や特徴の8つ目は、承認欲が強いことです。承認欲とは人から認められたいという欲望です。この欲望が強い人は、人から借金をしてそれを満たすために使うことも少なくないのですが、その結果に納得できなければ、借金を返さない傾向にあります。

何故なら、承認欲の強い人はそれが満たされないことがストレスであり、承認欲が満たされないのに自分が借金をしていて、それを返さなければならないという状況を受け入れることができないからです。このような人は借りる前と借りた後で態度が豹変することも少なくないため、注意が必要です。

貸したお金を返さない人の心理や特徴⑨楽天的で計画性がない

サングラスの女性

貸したお金を返さない人の心理や特徴の9つ目は、楽天的で計画性がないことです。計画性がなく、状況を楽天的に分析する人は、いつかお金が入ってくるから、その時に借金を返せばいいと考えます。返す宛もないのに借金をするのが楽天的な人の特徴です。

とはいえこのような人は、普段は大変人当たりがよく、借金を頼まれると断るのが非常に難しい側面もあります。そのため、もしもこのような人に借金を頼まれた場合には、どのように返済をするのかその計画を聞き、それに納得できた時だけ貸すようにするのも一考です。とはいえ、お金の貸し借りがないのがベストと言えます。

貸したお金を返さない人の心理や特徴⑩さみしがりや

泣く女性

貸したお金を返さない人の心理や特徴の10個目は、さみしがりやであることです。こういった傾向のある人は、自分に構って欲しいから借金を頼む場合があります。そうすると、借金があるうちは「いつ返す」「いくら返す」というやり取りでさみしい思いをしなくて済むので中々返しません。

貸したお金を返さない人の心理や特徴⑪人当たりがいい

本と女性

貸したお金を返さない人の心理や特徴の11個目は、人当たりがいいことです。人当たりがいい人が深く頭を下げながら「本当にごめんなさい。次は必ず返します」と言えば、それに対して今すぐに返せとは言いづらくなることでしょう。人当たりのいい人はそれを逆手にとって中々借金を返さないことも少なくありません。

このような人に対しては、こちらもそれ以上に頭を下げて「そのお金を返してもらわないと、来月たった一人の弟の結婚式に行けなくなってしまうんです。今週中には何とかしてもらえないでしょうか」などと同情を誘うような形に持ち込むと、返してもらえる可能性がグッと上がってきます。

貸したお金を返さない人の心理や特徴⑫ギャンブルが好き

トランプを持つ男性

貸したお金を返さない人の心理や特徴の12個目は、ギャンブルが好きであることです。ギャンブルが好きな人が、ギャンブルのために借金をする場合には、まず間違いなく借金は返ってきません。何故ならお金のない人がギャンブルのために借金をして、負けたら返す宛が無くなってしまうのは明白だからです。

「この人はギャンブル好きなんだな」と思う人から借金を頼まれた場合には、まずお金が返ってこないことを想定した上で対応をすべきでしょう。ここで紹介する中でも、最も借金が返ってくる可能性が低い人種に該当すると言えるでしょう。

貸したお金を返さない人の心理や特徴⑬羽振りがいいかケチか極端

お金が落ちる

貸したお金を返さない人の心理や特徴の13個目は、羽振りがいいかケチか極端であることです。羽振りがいい人は返すお金をなくす傾向にありますし、極端にケチな人は返すお金を出し惜しみする傾向にあります。そのため、お金の使い方に極端なものを感じる人に対してお金を貸す時には十分に注意するようにしましょう。

貸したお金を返さない人の心理や特徴⑭借金にネガティブなイメージがない

コインがたくさんある

貸したお金を返さない人の心理や特徴の14個目は、借金にネガティブなイメージがないことです。そのため、自分が借金をしていることや、その借金の正当性をベラベラとしゃべります。

そのような人は借金で生活をやりくりしていることが多く、返済のことを考えていない傾向にあります。借金の必要性を熱く語ったり、借金をまるで自分の勲章のように語る人には十分に注意しましょう。

貸したお金を返さない人の心理や特徴⑮目が笑ってない

パソコンを打つ女性

貸したお金を返さない人の心理や特徴の15個目は、目が笑ってないことです。いつも笑っていても、目が笑っていない人は、その場をやり過ごすために笑っていることが多く、感情を表に出しません。そのため腹の中が分からず、お金を貸すのは危険と言えます。返して欲しい時に交渉が難しい傾向にあるからです。

そしてこのような人は、お金を借りるために必要な表情を自由自在に作りあげることができます。それはあくまでも借りるために必要な表情であり、借りてしまえばあとは知らないという人が少なくないのです。しかし、目だけは嘘をつくことができません。

お金を返さない人に貸した心理は?

お金を返さない人に貸した心理①怒り

怒る女性

お金を返さない人に貸した心理の1つ目は、怒りです。お金を返さない人に対して、貸した人はまず怒りを覚えます。それはお金を返さないことに対してでもあり、自分が好意が報われないことに対する怒りでもあります。お金を返さないことに対し、貸した方は何らかのストレスを感じるものなのです。

お金を返さない人に貸した心理②失望

落胆する女性

お金を返さない人に貸した心理の2つ目は、失望です。お金を貸した人に対して何らかの信頼があってお金を貸したものの、その信頼を裏切られたことに対する失望が、貸したお金が返って来ないことにより芽生えます。

ちなみに一度失った信頼を取り戻すことは生半可なことではありません。下記のおすすめ関連記事には失ってしまった信頼を取り戻す方法が書かれていますので、参考にしてみてください。

関連記事

信用を取り戻すには?失ってしまった彼女の信頼回復方法や行動5選!

友達や彼女、職場の人を裏切ってしまったあなたに、信用を取り戻す方法をご

Small thumb shutterstock 237930475

お金を返さない人に貸した心理③悲しみ

泣く男

お金を返さない人に貸した心理の3つ目は、悲しみです。お金が返って来ないことが分かると、お金を失った喪失感と、信頼していた人から裏切られた失望により悲しみの感情を抱くようになります。その悲しみは、時間が経ちお金が戻ってきても完全に拭い去ることはできず、嫌な思い出として残り続けることでしょう。

お金を返さない人と上手に付き合う方法は?

お金を返さない人と上手に付き合う方法①お金を貸さない

拒否する女性

お金を返さない人と上手に付き合う方法の1つ目は、お金を貸さないことです。お金を貸して欲しいと言われた時に、いつも親密にしている人であるほど断るのが難しいかもしれませんが、逆に「〇〇さんとはずっと仲良くしたいから、お金のことでギスギスしたくない」と訴えかけ、貸さないのも一考です。

お金を返さない人と上手に付き合う方法②最初から返してくれないと諦める

手を握る

お金を返さない人と上手に付き合う方法の2つ目は最初から返してくれないと諦めることです。お金を返さない人と分かっていても、どうしても貸してあげないといけない、と思う場合は、お金をあげるつもりで渡しましょう。そうすれば精神的ダメージは軽減されることでしょう。そしてそれが嫌なら貸さない以外にないでしょう。

貸したお金を返してもらえる言い方は?

貸したお金を返してもらう言い方①彼女に貸すためにお金が必要

真面目なカップル

貸したお金を返してもらう言い方の1つ目は、彼女に貸すためにお金が必要です。「彼女がお母さんの治療費のために必要だからお金を渡さないといけないんだ。ここでお金を渡さなかったら格好がつかないよ」と、自分のためではなく、彼女など誰か他の人のために返して欲しいと訴えかけます。意外に効果のある方法です。

貸したお金を返してもらう言い方②今思いついたように返済を催促する

驚く女性

貸したお金を返してもらう言い方の2つ目は、今思いついたように返済を催促することです。返済を催促する時に、何度も言っているというニュアンスで訴えかけるよりも、大勢の前で「あ、そういえば!」と切り出し返済を迫ることで、相手は返さざるを得ない状況に追い込まれます。

貸したお金を返してもらう言い方③分割や金券等も提案してみる

口をおさえる男性

貸したお金を返してもらう言い方の3つ目は、分割や金券等も提案してみることです。もちろん一括かつ現金での返済が理想ですが、分割や現金以外のものでの返済も提案してみましょう。少しずつでも返す方向に気持ちが向きやすく、また相手にとっても返済がスムーズになる可能性が高いと言えます。

お金を返さない人の心理を理解して人付き合いに役立てよう!

お金を返さないのは良くないとみんな分かっているものの、お金の貸し借りがどうしても出てくる場面はあるものです。そんな時に困らないよう、ここで紹介したことを覚えておき、いざそんなシチュエーションになった時には是非役立ててくださいね!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事