Icon search 36px

【2019年】関西の梅雨入り・梅雨明けはいつ頃?|明けは7月11日頃

2019年の関西の梅雨入りの時期はいつ頃か|5月30日から6月10日頃

マーク付きのカレンダー

2019年の関西の梅雨入りの時期はいつ頃かというと、5月30日から6月10日頃になります。関西は全国的にも平均的な梅雨入りの時期です。

しかし徐々に梅雨入りの時期が早まっていることもあり、五月下旬に梅雨入りする可能性もあります。そのため関西地区や近畿地方に住んでいる方は、5月下旬から梅雨入りの準備をすることがおすすめです。

2019年の関西の梅雨明けの時期はいつ頃か|7月11日から7月21日頃

コーヒーとカレンダー

2019年の関西の梅雨明けの時期はいつ頃かというと、7月11日から7月21日頃になります。関西の梅雨明けは全国で見ても、平均的な時期になります。

7月11日から21日といえば、学生では夏休みに差し掛かります。海開きなども始まり、夏の遊びを楽しみたい時期になります。そのため梅雨明け予想をしっかり把握し、雨に被らないように予定を立てましょう。

梅雨になると湿度が高く、過ごしにくい日が続きます。そのため除湿する方法を知りたいという方も多いですよね。こちらの記事では、そんな梅雨におすすめの湿度を取る方法について紹介しています。梅雨に向けて準備したいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

家の湿気取り対策7選|梅雨の湿度や防止策と寝室の除湿グッズも

梅雨の時期は湿度が上がるため、湿気取りをしないと様々なデメリットが起こ

Small thumb shutterstock 379747969

関西(近畿)の梅雨の特徴は?

関西(近畿)の梅雨の特徴①梅雨の期間は30日から45日間程度

憂うつそうな電話する女性

関西(近畿)の梅雨の特徴一つ目は、梅雨の期間は30日から45日間程度ということです。全国的に梅雨は、40日から50日程度続くといわれています。そのため関西や近畿地方の梅雨の期間は、全国よりもやや短いという特徴があります。

関西(近畿)の梅雨の特徴②降水量は全国平均より低め

パソコンの中の棒グラフ

関西(近畿)の梅雨の特徴二つ目は、降水量は全国平均より低めということです。関西や近畿というのは、降水量がそこまで多くありません。そのため全国的に見ても、梅雨の時期の降水量は低めになっています。

関西(近畿)の梅雨の特徴③一極集中的に雨が降ることが多い

雨を見ながらコーヒーを飲む女性

関西(近畿)の梅雨の特徴三つ目は、一極集中的に雨が降ることが多いということです。関西は降水量が平均より少ないですが、局所的に大雨が降る傾向にあります。そのため小雨であっても、大雨になる可能性を考えた準備が必要です。

【2019年】番外編!関東の今年の梅雨入り・梅雨明け予想はいつ頃?

2019年の関東の今年の梅雨入り予想|5月30日から6月15日前後

カレンダーの画像

2019年の関東の今年の梅雨入り予想は、5月30日から6月15日前後になります。関東の梅雨入りというのは日にちを見てわかるように、関西とほとんど変わりません。

関東の梅雨入りも全国平均的で、5月末から6月初めに始まることが多いです。梅雨入りといえば6月というイメージがあると思いますが、5月末から始まる可能性もあるため早めに準備を行いましょう。

2019年の関東の今年の梅雨明け予想|7月11日から7月25日前後

カレンダーの画像

2019年の関東の今年の梅雨明け予想は、7月11日から7月25日前後になります。関東の場合も関西同様に、7月中旬に梅雨明けすることが多いです。しかし関東の場合は、関西より数日梅雨が長い傾向にあります。

7月下旬になれば、初夏に差し掛かり蒸し暑くなってくる時期です。それに雨が加わることで、過ごしにくい日が続くことも予想されます。そのため早い段階での、除湿対策を行うことがおすすめです。

関東の梅雨の特徴①降水量は全国平均的

グラフをみる人の画像

関東の梅雨の特徴一つ目は、降水量は全国平均的ということです。関東は平年、降水量が全国平均的です。そのため九州などのような、洪水が起きることは少ないといわれています。

しかし例年とは異なり、最近は異常気象も多いですよね。そのため平年通りと油断せず、雨具や除湿アイテムを準備して梅雨に供えることが必要です。

関東の梅雨の特徴②1日中一定の雨が降りやすい傾向がある

傘をさす男女の画像

関東の梅雨の特徴二つ目は、1日中一定の雨が降りやすい傾向があるということです。関東の梅雨というのは、雨の降り方が一定のことが多いといわれています。

大きな降水量の変化はありませんが、梅雨の雨は予測することが難しいです。そのためいざという時のために、職場や学校にも雨具の予備を準備しておくことがおすすめになります。

今年の地方の梅雨入り・梅雨明けの時期はいつ?|7月11日頃

九州地方の梅雨入りの時期はいつか|5月20日から6月10日頃

地図を見る人の画像

九州地方の梅雨入りの時期はいつかというと、5月20日から6月10日頃になります。九州は全国的に見ても、梅雨入りが10日ほど早いです。そのため九州に住んでいる方は、梅雨入りは5月末のイメージを持っていると思います。

さらに沖縄に限定すると、5月頭に梅雨入りすることが多いです。そのため沖縄や九州に旅行する場合は、梅雨入りに注意して日程を立てなければ雨が降っている、という事になるため注意してください。

九州地方の梅雨明けの時期はいつか|7月5日から7月19日頃

雨でキスをするカップル

九州地方の梅雨明けの時期はいつかというと、7月5日から7月19日頃になります。九州は梅雨入りが早い分、梅雨明けも10日ほど早いです。しかし期間は全国平均的であるため、決して梅雨が短いわけではありません。

四国地方の梅雨入りの時期はいつか|5月26日から6月10日頃

地図を見ている男性の画像

四国地方の梅雨入りの時期はいつかというと、5月26日から6月10日頃になります。四国に関しても関西や関東と比べると、やや梅雨入りが早いという事が分かります。

四国の梅雨は例年、降水量が多いことで有名です。さらに梅雨の期間もやや短いことから、1回の雨で降る雨の量が多いという事が分かります。そのため四国で梅雨を迎える場合は、大雨への対策を行うことがおすすめです。

四国地方の梅雨明けの時期はいつか|7月11日から7月24日頃

傘をさす男女の画像

四国地方の梅雨明けの時期はいつかというと、7月11日から7月24日頃になります。四国の梅雨明けは7月11日から24日と、梅雨入りと梅雨明けの期間がやや短いということが分かります。

しかし先ほど説明したように、降水量は非常に多いです。そのため梅雨が短いと油断せずに、5月下旬からは梅雨に向けた対策を考える必要があります。

東海地方の梅雨入りの時期はいつか|6月2日から6月16日頃

地図の画像

東海地方の梅雨入りの時期はいつかというと、6月2日から6月16日頃になります。東海地方の梅雨入りは全国平均的もしくは、少し遅い時期になります。

また東海は台風が通過することが多いことで有名で、梅雨の時期と台風が重なることも考えられます。そのため梅雨だけではなく、台風に対する対策も必要です。

東海地方の梅雨明けの時期はいつか|7月15日から7月29日頃

晴れた日の画像

東海地方の梅雨明けの時期はいつかというと、7月15日から7月29日頃になります。東海地方の梅雨明けは特に大きな特徴がなく、平均的です。梅雨明けを知り、夏に向けた予定を立ててみてください。

中国地方の梅雨入りの時期はいつか|5月25日から6月10日頃

雨を見るぬいぐるみ

中国地方の梅雨入りの時期はいつかというと、5月25日から6月10日頃になります。中国地方の梅雨入りは、やや早めの傾向があります。そのため5月下旬からの、梅雨に対する準備が必要です。

また中国地方の梅雨は、やや降水量が多いことで知られています。大きな降水量の増加はありませんが、大雨が続くことが予想されるためそれに向けた対策を行いましょう。

中国地方の梅雨明けの時期はいつか|7月11日から7月26日頃

晴れた外で楽しむ女性

中国地方の梅雨明けの時期はいつかというと、7月11日から7月26日頃になります。梅雨明けの全国平均がおおよそ7月11日です。そのため7月11日から26日の梅雨明けというのは、平均的な梅雨明けになります。

しかし最近では梅雨明けが早くなる傾向にあります。そのため7月11日を目安にするのではなく、7月入る前後を目安にすることが重要です。梅雨明けに確実に予定を立てたい場合は、7月下旬がおすすめになります。

梅雨入りや梅雨明けについて、もっと知りたいという方も多いと思います。こちらの記事では、そんな梅雨入りや梅雨明けについてさらに詳しく紹介しています。平年の梅雨の期間や定義についても知りたい方は、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

関連記事

梅雨入り・明けはいつ?平年の梅雨の期間や定義・入梅の意味も

あなたは、梅雨入り・梅雨明けはいつ頃なのか、平年の梅雨の期間、梅雨の正

Small thumb shutterstock 342091748

関西の梅雨入り・梅雨明けの時期を知り梅雨に向けて準備をしよう!

西日本から関東地方の梅雨入り・梅雨明けの時期を紹介しましたがいかがでしたでしょうか。関西は降水量が比較的少なめという事を、知っていただけたと思います。梅雨というのは、体調が悪くなったり気分が落ち込んだりする時期でもあります。そのため梅雨の時期をあらかじめ知り、梅雨に向けて準備をしてみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事