Icon search 36px


Tシャツの裾上げは手縫い・テープ・お店どれがおすすめ?

裁縫が得意な方におすすめなのは手縫いのTシャツ裾上げ・着丈直し

裁縫道具

裁縫が得意な方におすすめなのは、手縫いのTシャツの裾上げ・着丈直しです。手縫いの方法は、普段から裁縫をしている方や手先が器用な方、時間に余裕があり裁縫が苦ではない方などに向いています。また、針と糸があればできる方法なので、お店を利用する方法よりもコスパを抑えてTシャツの裾上げ・着丈直しが可能です。

時間やコスパ重視の方におすすめなのはテープのTシャツ裾上げ・着丈直し

Tシャツを着る男性

時間やコスパ重視の方におすすめなのは、テープを使ったTシャツの裾上げ・着丈直しです。テープを使った方法は、手先が不器用な方や裁縫が苦手な方などでも比較的簡単に挑戦できます。また、100均ショップなどの裾上げテープなどを使えば、費用も抑えながらTシャツの裾上げ・着丈直しが可能です。



さらに、自宅に裁縫道具がない方でも、アイロンがあれば、裾上げテープを用意するだけでTシャツの裾上げができます。Tシャツやポロシャツ、パンツなどの裾上げをしたことがない方にもおすすめの方法です。

手間をかけたくない方におすすめなのはお店のTシャツ裾上げ・着丈直し

買い物する女性

手間をかけたくない方におすすめなのは、お店を利用したTシャツの裾上げ・着丈直しです。また、仕上がりの美しさや細かいディティールなどにこだわる方なども、お直し専門店などを利用しましょう。Tシャツの裾上げ・着丈直しは、多くのお直し店が取り扱っており、クリーニング店などでもお直しが可能なお店もあります。

Tシャツの裾上げと同様に、洋服のお直しで多く利用されているのがパンツの裾上げです。下記記事では、人気プチプラブランド「ユニクロ」のパンツの裾上げサービスについて詳しく紹介しています。また、ユニクロのパンツの裾上げの頼み方なども紹介していますので、ユニクロのパンツを購入予定の方などもご覧ください。

関連記事

ユニクロで対応可能な裾上げ・丈直し11種|頼み方やかかる時間・料金も

Small thumb shutterstock 249095608

シルエットが綺麗でオフィスにもカジュアルにも大活躍のユニクロのボトムス



【手縫い】Tシャツの裾上げ・丈詰めの方法は?

【手縫い】Tシャツの裾上げ・丈詰めの方法①裾を折り返してアイロンがけ

裁縫道具

手縫いのTシャツの裾上げ・丈詰め方法1つ目は、裾を折り返してアイロンをかけることです。まず、Tシャツを裏返して、Tシャツの裾を上げたい着丈まで内側に折り返しましょう。続いて、Tシャツの裾の折り返した部分をマチ針などで固定し、折り返した部分にアイロンをかけて癖をつけていきます。

【手縫い】Tシャツの裾上げ・丈詰めの方法②まつり縫いをする

半袖の女性

手縫いのTシャツの裾上げ・丈詰めの方法2つ目は、まつり縫いをします。まず、Tシャツと同系色の糸を選び、針に糸を通して糸の端を玉結びにしましょう。続いて、Tシャツの裾の折り返し部分にマチ針をさしたまま、折り返した部分の生地と身頃の生地を1.5cm程度の間隔でまつり縫いしていきます。

まつり縫いする際は、前身頃を針ですくう際にできるだけ細かくすくいます。そうすることで、Tシャツの表側の糸が見えにくくなるので、丁寧に縫いましょう。

【手縫い】Tシャツの裾上げ・丈詰めの方法③アイロンをかける

半袖の男性

手縫いのTシャツの裾上げ・丈詰め方法3つ目は、アイロンをかけます。まつり縫いが終わったら、折り返し部分や縫い目にアイロンをかけると、手縫いのTシャツの裾上げ・丈詰めの完成です。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード