Icon search 36px

貧乏ゆすりをするのはなぜ?貧乏ゆすりの原因5選

貧乏ゆすりの原因①ストレスがたまっている

ストレス

貧乏ゆすりの原因の1つ目として、ストレスがたまっていることがあげられます。今の状況に強いストレスを感じると、無意識に貧乏ゆすりをしてしまうことがあると考えられています。貧乏ゆすりが始まったら、その貧乏ゆすりをしている人にとって、今の状況が我慢できないほどストレスに感じているということがいえるのです。

ストレスがたまっている人が寝ているときに見る夢の中に、不審者が出てくる夢というものがあります。不審者の夢と一言で表わしても、自分が不審者扱いされる夢や不審者を取り押さえる夢など様々あります。

もし、不審者の夢を見たらどのような内容だったか覚えておいて、こちらの記事で確認してみてください。ストレスとの関係や自分の潜在意識での思いなどを知ることが出来るはずです。

関連記事

【不審者の夢占い】意味20選!不審者が家に侵入する夢はあなたのストレスの表れ?

夢の中で不審者に追いかけられたり付きまとわれて怖い思いをしたことがある

Small thumb shutterstock 476308678

貧乏ゆすりの原因②動ける状態ではないので血行が悪くなっている

血行が悪い

貧乏ゆすりの原因の2つ目として、動ける状態ではないので血行が悪くなっているということがあげられます。エコノミー症候群をご存じですか。エコノミー症候群とは、飛行機の座席に長い時間、同じ姿勢で座っていると、降りるときに足に出来た静脈の血栓が肺に入り、呼吸出来なくなるなどの症状が出るもののことをいいます。

飛行機の座席以外でも、同じような状態になる事はあります。会議などで席を立つことが出来ず、長い時間座っていなければならないときもエコノミー症候群のように血液の流れが悪くなってしまうことがあります。そのため、体が血液を循環させようと貧乏ゆすりをするように指令を出すことがあるのです。

貧乏ゆすりの原因③満たされていない欲求がある

満たされていない欲求

貧乏ゆすりの原因の3つ目として、満たされていない欲求があるということがあげられます。欲求には、食べたいや眠りたい、欲しいものがある、恋人との関係をなんとかしたいなど人によって様々です。求めていることが満たされずにいると、その気持ちを抑えるために貧乏ゆすりをしてしまうことがあるのです。

貧乏ゆすりの原因④体がなまっている

体を動かしたい

貧乏ゆすりの原因の4つ目として、体がなまっているということがあげられます。最近、体を動かしていないと感じていたり、体が固くなってきていると感じたりしているときも、無意識に貧乏ゆすりをしてしまうことがあります。

貧乏ゆすりのように座って足を揺らすことで、実際にウォーキングのような軽い運動をしているのと同じ状態になるといいます。そのため、無意識に体を動かしたいと感じ、貧乏ゆすりをするようになるのです。

貧乏ゆすりの原因⑤体が冷えている

体が冷える

貧乏ゆすりの原因の5つ目として、体が冷えているということがあげられます。座っている姿勢が続くと血流が悪くなります。血行不良の状態が続くと体の冷えに繋がるため、体を動かして血液の流れを良くしようと無意識に足を揺らすようになるのです。

貧乏ゆすりをする人の心理5選

貧乏ゆすりをする人の心理①他のことを考えている

他のことを考えている

貧乏ゆすりをする人の心理の1つ目は「他のことを考えている」です。貧乏ゆすりをしている原因は様々ありますが、嫌な状況に置かれているときにも貧乏ゆすりをしてしまいがちです。そのような時の心理は、今ではない楽しかった過去や、これから起こるかもしれない嬉しい出来事に意識が傾いています。

今の嫌な状況について思っているよりも、仕事が終わって食事に行くことや、前から見たかった映画のことを考えている方が、自分にとって良いことなのです。そのため、貧乏ゆすりをしているときは他のことを考えていることがあるということになります。

貧乏ゆすりをする人の心理②貧乏ゆすりをするとなぜか落ち着く

落ち着く

貧乏ゆすりをする人の心理の2つ目は「貧乏ゆすりをするとなぜか落ち着く」です。貧乏ゆすりは、同じリズムで足を揺らしています。一定のリズムで体を動かしていると、セロトニンと呼ばれる成分が分泌されるようになります。このセロトニンは、心を落ち着かせてくれる働きがあります。

セロトニンの働きを知らなくても、一定のリズムで体を動かすと落ち着くと言うことを体が知っているので、貧乏ゆすりをするのです。

貧乏ゆすりをする人の心理③物事を思い通りに進められずにイライラしている

イライラしている

貧乏ゆすりをする人の心理の3つ目は「物事を思い通りに進められずにイライラしている」です。物事を自分が予測したとおりに進めたいと思っていても、美味く進めことばかりではありません。予想外のトラブルに見舞われたり、会議などでは話が脱線してしまったりすることもあるはずです。

そのような状況になったときに、予定外のことに対応することが出来ずイライラしてしまうことになります。公共機関が時間通りに来ない、一緒に出張に行く相手とペースが合わないなど、自分の思い通りに物事が進まずイライラした気持ちになり貧乏ゆすりをしてしまうのです。

貧乏ゆすりをする人の心理④極度の不安から解消されたい

不安から解消されたい

貧乏ゆすりをする人の心理の4つ目は「極度の不安から解消されたいと思っている」です。例えば、これから発表をしなければならない時など、順番が来るまで待っていることになります。

そのような時の心理としては、キチンと発表することが出来るだろうか、間違うことなくやり終わることが出来るだろうかいう極度の不安を感じている状況になります。その極度の不安から開放されたくて、貧乏ゆすりをしてしまうのです。

大勢の前で発表するときは、ほとんどの人が失敗しないだろうかと不安に思ったり、緊張したりするのではないでしょうか。こちらの記事では、人前でスピーチするときに緊張しないようになるコツがまとめられています。また、緊張をほぐす方法など役立ち情報が満載なので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

関連記事

人前でのスピーチ・挨拶で緊張しないコツ5選|緊張をほぐす方法や対策も

スピーチをするときには誰だって緊張するものです。しかし上手くできる人と

Small thumb shutterstock 1144156625

貧乏ゆすりをする人の心理⑤癖になってしまっているので何も思っていない

何も思っていない

貧乏ゆすりをする人の心理の5つ目は「癖になってしまっているので何も思っていない」です。貧乏ゆすりを始めた頃は、ストレスや血行不良など理由があってしていたはずです。

ですが、何度も貧乏ゆすりをしているうちに癖になってしまい、理由はなくても貧乏ゆすりをするようになってしまうことがあります。そのため、貧乏ゆすりをしているときでも何も思っていないということがあるのです。

うざい他人の貧乏ゆすりを止める方法は?

うざい他人の貧乏ゆすりを止める方法①貧乏ゆすりの状態を一旦受け入れる

受け入れる

うざい他人の貧乏ゆすりを止める方法の1個目は、貧乏ゆすりの状態を一旦受け入れるです。他人の貧乏ゆすりは、気が散ってしまったり気になってしまったりしてしまいますよね。

ですが、貧乏ゆすりをしている人にも貧乏ゆすりをしてしまう理由があるはずですので、あからさまに拒否反応を示すのではなく一旦受入れて様子を見ることも大切です。貧乏ゆすりをしているの人の気持ちがそれるような声かけをしたり、体を少し動くようにしたりすると貧乏ゆすりも止まるようになるでしょう。

うざい他人の貧乏ゆすりを止める方法②貧乏ゆすりが止まらない原因を探る

原因を探る

うざい他人の貧乏ゆすりを止める方法の2個目は、貧乏ゆすりが止まらない原因を探るです。貧乏ゆすりの原因が何なのかを考えて対策をするということでも貧乏ゆすりを止めることが出来るはずです。

例えば、会議中で話がそれてしまっていたら本題に戻したりや、意見を言いたそうだったら話せる雰囲気を作ってみたり、少し休憩時間を取ってみたりするようにします。そうすることで、気持ちが落ち着いたり体をほぐしたりすることが出来るので、貧乏ゆすりを止めることが出来るようになるのです。

貧乏ゆすりする自分の癖の治し方は?

自分の癖の治し方①貧乏ゆすりをしている自分もOKだと認める

OKと認める

自分の癖の治し方の1個目は、貧乏ゆすりをしている自分もOKだと認めることです。貧乏ゆすりをしてしまう自分に対して嫌悪感を抱いてしまうと、それがストレスの原因となり、今よりも貧乏ゆすりをしてしまう可能性があります。そのため、貧乏ゆすりをしてしまう自分もOKだと認めてあげることが大切です。

自分を認めてあげることで少しは気持ちが落ち着くことになります。やってはいけないという気持ちでいるよりは、貧乏ゆすりをしている自分を認めてあげて、ストレスがたまりにくい環境を作ってあげることが貧乏ゆすりの治し方となるのです。

自分の癖の治し方②貧乏ゆすりを始めていることに気づいたら違うことをする

違うことをする

自分の癖の治し方の2個目は、貧乏ゆすりを始めていることに気づいたら違うことをするです。貧乏ゆすりをしてしまうのは、イライラしていたり同じ姿勢でいるために体の負担になっていたりするためです。そのため、気分転換に席を外して深呼吸をしてみたり座っている位置をずらしてみたりすることで止めることが出来ます。

また、席を外すことが出来ない状況の時は、膝の上に手をのせるなど足に軽い刺激を与えることで、貧乏ゆすりを止めることが出来ます。貧乏ゆすりする度に貧乏ゆすりを止めるようにしていくことが、貧乏ゆすりの治し方となるのです。

貧乏ゆすりをする心理を知って貧乏ゆすりを治そう

貧乏ゆすりを治そう

貧乏ゆすりをしてしまう原理や心理について紹介してきました。いかがでしたでしょうか。無意識のうちにしてしまうことが多い貧乏ゆすりですが、意識するようにすることで貧乏ゆすりを止めることが出来るようになります。治し方も参考にしていただいてけたら幸いです。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事