Icon search 36px

夏生まれの男の子の名前の選び方は?

夏生まれの男の子の名前の選び方①夏らしいイメージ

力強い波しぶきに刺すような日照りなど、夏は勇壮なイメージが盛りだくさんです。夏生まれの男の子には、そんな勇ましく力強い名前を付けたい人も多いでしょう。暑くてやる気が出ない、というよりも力強さと生命力を感じさせる名前が、男の子にはふさわしいです。

夏生まれの男の子の名前の選び方②暑苦しさだけではない爽快さも必要

地齋の夏という季節はムシムシして熱いことが多いです。暑苦しいという言葉さえあります。しかし、大事な息子につける名前は、暑苦しさよりも爽快さや夏の持ついいイメージを重視したいものです。夏に関する風物詩や植物などから、何が我が子の名前にふさわしいかを考えましょう。爽快さも夏のイメージの一つです。

「夏」を使った夏生まれの男の子の名前、名付け10選「なつ」と読む名前

「夏」を使った夏生まれの男の子の名前・名付け①夏樹(なつき)

夏の字を使った名前として、「夏樹」という名前はおすすめです。夏に芽生えて伸びてゆく樹というのは、夏生まれの男の子によく合います。奇をてらった名前でもありませんし、響きもいいです。女の子の名前にも使われますが、どちらかというと男の子のイメージが強いでしょう。子供でも大人でも違和感のない名前です。

「夏」を使った夏生まれの男の子の名前・名付け②夏生(なつき・なつお)

夏に生まれた、夏に生きる男、との意味合いで「夏生」という名前もいいでしょう。これは複数の読み方が可能なのでお好きな読み方を選んでください。夏は暑く、エネルギーを感じさせる季節です。夏生という名前は、そんな時期に生まれた子供の存在そのものを示す名前です。一番夏らしい名前とも言えるでしょう。

「夏」を使った夏生まれの男の子の名前・名付け③夏彦(なつひこ)

夏生まれの男の子に気品を持たせたいなら、「夏彦」の名もおすすめです。「彦」とは、かつて男性への敬称でした。「天稚彦(あめのわかひこ)」や「海幸彦(うみさちひこ)」など、神様の名前として使われることもありました。「なつひこ」という響きが何だか優しく、夏の強さと柔和さが融合しています。

「夏」を使った夏生まれの男の子の名前・名付け④夏央(なつお)

中央

男なら、ドンと構えることも必要です。そこで、「央」の字を使った「夏央」をおすすめします。左右対称でバランスがよく、大地に立っている感じの強い字です。意味としては真ん中、中央もありますが、広いという意味もまたあります。ドンと中央に構えつつ、そこから視野を広げるのもいいでしょう。

「夏」を使った夏生まれの男の子の名前・名付け⑤夏人(なつと・なつひと)

夏の人、と書いて「夏人」です。シンプルイズザベストを地で行く印象ですが、「夏生まれの人ですよ」といった単純な意味だけではありません。生まれたての赤ちゃんから子供の期間を経て立派な大人、つまり人になるまでにはそれなりの経験や苦難がいります。年齢だけを重ね他だけの人にならないのは意外と難しいことです。

「夏」を使った夏生まれの男の子の名前・名付け10選「なつ」以外の読み方

「夏」を使った夏生まれの男の子の名前・名付け⑥夏向(かなた)

夏は「か」とも読めます。この読み方は女の子の名前に使われることが多いですが、男の子に使っても違和感はありません。「夏向」と書いて「かなた」と読ませるように、巧みに男らしさを表現できます。夏に向く、夏の方を向く。いずれにせよ、たくましさを感じさせる名前です。

「夏」を使った夏生まれの男の子の名前・名付け⑦晴夏(せな)

夏と言えば青空、というイメージから「晴夏」という名前はいかがでしょう。「せな」という読みは女の子のような響きではありますが、濃いスカイブルーを思わせる快晴の夏空は夏生まれの男の子の名前として適しています。

「夏」を使った夏生まれの男の子の名前・名付け⑧夏空(そら)

秋の空は高く感じる、と古人は言いました。夏の空もまた抜けるように高い印象を持ちます。「夏空」という名前には、無限の広さと可能性が秘められています。恵みの象徴たる太陽が一番力強く燃え盛るこの時期の空を、夏生まれの男の子の名前にすれば、何事にも立ち向かう男になってくれるでしょう。

「夏」を使った夏生まれの男の子の名前・名付け⑨夏矢(せいや・かいや)

言うまでもなく夏は太陽の熱波と高い湿度により、とても暑い季節です。射貫くような日差しの中を、無理せず、しかし勇猛果敢に歩む意味合いで「夏矢」という名前もあります。この名前に込められているのは、太陽のエネルギーを体現したような人物になってほしいとの意味もあるのでしょう。夏らしい、熱い名前です。

「夏」を使った夏生まれの男の子の名前・名付け⑩涼夏(りょうか)

暑苦しい印象のある夏に、涼しいイメージを取り込むなら「涼夏」もおすすめです。女の子向けの名前にも思われますが、自らの知恵で涼をとる、と率先して動くイメージを持てば中々に能動的で男らしい名前と言えます。

赤ちゃんから使える古風な夏生まれの男の子の名前7選

赤ちゃんから使える古風な夏生まれの男の子の名前①涼太郎(りょうたろう)

古風な名前もいいものです。読み違えることはまずありませんし、日本語の持つ良さ、日本文化をしょって立つ男になってほしいとの意味もあるでしょう。日本で男の子の名前によく使われたのが「~太郎」です。古くから使われてきたたこの名前に夏らしい言葉をつければ夏生まれの男の子にいい名づけができます。

夏場に求められるのは涼しさです。そこで、「涼太郎」という名前をおすすめします。涼やかで爽やか、かつ男らしさも感じさせる名前です。赤ちゃんから使える、まさに一生ものの名前と言えるでしょう。

赤ちゃんから使える古風な夏生まれの男の子の名前②蘭丸(らんまる)

7月の異名、蘭月(らんげつ)から蘭の字をとった、「蘭丸」という名前があります。名前の後ろに「丸」を付けるのは何とも古風であり、趣を持ちます。赤ちゃんでも子供でも若者でも違和感がなく品があって、花の名前を使っているのに女々しさがありません。むしろ男性特有の優雅ささえ漂った名前です。

この名前を持った歴史上の人物に、森蘭丸が挙げられます。織田信長を魅了したという美少年ぶりには、性別を超えた魅力があったのでしょう。「丸」という字には良い願いが込められています。魅力にあふれつつ、楽しく長生きすることを願って蘭丸と名付けるのもいいでしょう。

赤ちゃんから使える古風な夏生まれの男の子の名前③巻太(かんた)

夏祭りから名前をイメージし、名付けるのも決して悪いことではありません。お祭り男も時には必要です。また日本伝統の古風な名前というなら、伝統のお祭りから名付けを考えるのも趣があります。「巻太」とは、響きも字面も何だか古風です。元は鉢巻きから来ています。一世一代の大仕事をも感じさせる名前です。

赤ちゃんから使える古風な夏生まれの男の子の名前④錦(にしき)

故郷に錦を飾る。男なら大きな夢を持って羽ばたいてほしいものです。錦という名前は古風なだけではなく、響きがどこか勇ましく、それでいて煌びやかでもある不思議な印象を持ちます。女の子の名前にも使われますが、男の子でも使用は可能です。これは巻太と同様に鉢巻きが元になっています。

夏祭りとは、先祖の霊を迎えたり夏の疲れをいやすために行われてきました。そんなお祭りにぴったりの錦という名前は出世も期待でき、夏生まれの男の子の名前に適していると言えるでしょう。赤ちゃんでも老人でも違和感はありません。

赤ちゃんから使える古風な夏生まれの男の子の名前⑤晋之介(しんのすけ)

7月の異名に大晋というものがあります。そこから一字をとり、「晋之介」という名前はいかがでしょう。一見すると古風ながら夏生まれの印象はないようですが、晋というのは帯にさしこむ短冊のようなものです。七夕のイメージと考えて差し支えありません。子供ながらに願いと期待を背負い、すくすくと育ってほしいものです。

赤ちゃんから使える古風な夏生まれの男の子の名前⑥富士雄(ふじお)

赤ちゃんから使える夏生まれの古風な名前として、「富士雄」もおすすめです。日本一の富士山を息子の名前に据えるのは、親馬鹿と呼ばれる程ではありません。夏生まれでなくても使えそうなこの名前ですが、実は7月の富士山開闢にちなんでの名前でした。赤ちゃんから老人になるまで使える縁起物の名前としてお使いください。

赤ちゃんから使える古風な夏生まれの男の子の名前⑦仙(たかし)

赤ちゃんから使える古風な名前として、「仙」もあります。仙人のようにパーフェクトな存在に、という意味ではありません。7月に咲く植物、鳳仙花から一字をとった名前です。神秘的な字とよく使われる読み方がキラキラネーム扱いされない、いい名前と言えます。

夏らしい植物にちなんだ夏生まれの男の子の名前7選

夏らしい植物にちなんだ夏生まれの男の子の名前①日葵(あおい)

子供の名付けとして、植物をイメージする方法もあります。夏生まれの男の子なら、ヒマワリから「日葵」もいいでしょう。単なる「葵」ではなく「日」を入れることで夏らしさを表しています。太陽に向かうたくましさを取り入れた名前です。

夏らしい植物にちなんだ夏生まれの男の子の名前②紫陽(しよう・しおん)

6月には紫陽花の花が咲きます。そこで、紫陽花の字をとり子供に「紫陽」と名付ける人もいます。じめっとした梅雨の中に咲く爽快さのシンボル的な印象の紫陽花は、紫陽と名付けられたその子を癒しの存在にしてくれるでしょう。

夏らしい植物にちなんだ夏生まれの男の子の名前③樹(いつき)

夏には立派な木にたくさんの葉が茂ります。セミやカブトムシなど、男の子が好む虫が集まるのも木です。それだけではなく、8月には木製の大赤斑がよく見えるので、木星にちなん出の名前でもあります。太陽系で最大の惑星の名前を付けるのも悪くはないでしょう。

夏らしい植物にちなんだ夏生まれの男の子の名前④桐志(とうし)

夏の植物にちなんだ子供の名付けとして、桐からとった「桐志」もおすすめです。桐は高級素材とされます。これにちなみ、高みを目指す人になってほしいとの意味を込めるのもいいでしょう。「志」の部分に、上昇志向を願う気持ちが現れています。

夏らしい植物にちなんだ夏生まれの男の子の名前⑤桃也(とうや)

桃という果物は、7月に採れます。そこで「桃也」の名前はいかがでしょうか。冷たくて甘い桃はのども癒してくれますし、魔よけの意味もあるとされた果物です。日本一の桃太郎と同じイメージで、「桃」の字を使うのもいいでしょう。

夏らしい植物にちなんだ夏生まれの男の子の名前⑥杏平(きょうへい)

6月に採れる杏の字も、夏生まれの男の子の名前に使用可能です。「杏平」など、男の子の名付けによく使用される字を使えば、中々に古風で、かつ今どきの赤ちゃんからも使えるいいあんばいの名前になります。イメージも爽やかで、夏生まれの男の子には良い名前です。

夏らしい植物にちなんだ夏生まれの男の子の名前⑦桂一(けいいち)

夏生まれの男の子におすすめの名前として、8月の異名、桂月より「桂一」もおすすめです。大きな木にはたくさんの葉が茂り、涼むのにうってつけの場所になります。そんな、人々を守れる男になってほしいとの願いを込めた名前です。

子供が生まれた月別・夏生まれの男の子の名前9選

【6月の子供】月別・夏生まれの男の子の名前①陽六(はるむ・ひろむ)

6月生まれの男の子の名前には、生まれ月の「六」をそのまま使うことがあります。6月は梅雨で雨が多いです。何だか鬱々とするこの時期をからりと吹き飛ばす、「陽六」という名前があります。6という数字にはスピリチュアル的な意味もありますし、太陽のパワーとスピリチュアルパワーで、幸福になることでしょう。

【6月の子供】月別・夏生まれの男の子の名前②涼弥(りょうや)

月の異名から名前をとることも少なくありません。6月の名前といえば水無月が有名ですが、他にも異名は存在します。その一つが、弥涼暮月(いすずくれつき)です。あまねく涼しい、ということで「涼弥」という名前があります。字面も響きも雰囲気も何だか涼しげで、男らしさも感じる名前です。

【6月の子供】月別・夏生まれの男の子の名前③純(じゅん)

6月は英語で「June(ジューン)」です。そこで、そのまま日本風に「純」とするのもいいでしょう。夏らしい上に海外でも覚えやすい、国際的な名前と言えます。字は意味も併せて、お好みでお選びください。

【7月の子供】月別・夏生まれの男の子の名前①文也(ふみや)

子供の名付けに月の異名を使うことは多々あります。7月の場合もその例に漏れません。7月の異名は文月が代表的です。文の字は知的な印象を与えますし、キラキラネームになることもまずありません。「文也」を始め、様々な名前に使えます。

【7月の子供】月別・夏生まれの男の子の名前②海渡(かいと)

7月には海の日があります。青く広大な海を渡るという意味の「海渡」との名前がおすすめです。響きも字面も美しく、また「世界を股にかけるほどの大きな男になる」といった願いも込められます。

【7月の子供】月別・夏生まれの男の子の名前③航一(こういち)

海関連の名前としては、航海にちなみ「航一」なども挙げられます。「航」は舟による水路の移動との意味です。夏場にこの字を使うと水を連想させ、涼やかなイメージがわくでしょう。今や飛行機の時代とはいえ、船旅にもロマンがありますし、漁師などの船関係の職業も多いです。

【8月の子供】月別・夏生まれの男の子の名前①和八(かずや)

かわいい赤ちゃんには、和やかな名前を付けてあげたくなるものです。男の子であっても、喧嘩ばかりするより他者と仲良くできる子の方がいでしょう。力強さだけが男らしさではありません。8月生まれの子供には「八」の字を使った名付けも多いです。末広がりで縁起がいいですね。それに平和の「和」の字を使用します。

「和八」という名前が完成します。8月は戦争関係の記念日もあるので、平和について熟考するのにいいでしょう。戦争の開墾よりも、今後の平和を祝う意味で、「和八」の名前をおすすめします。

【8月の子供】月別・夏生まれの男の子の名前②葉平(ようへい)

8月の異名、葉月(はづき)から、葉の文字を使った名前として「葉平」もおすすめです。夏は日差しが強く、緑の葉により守られる時期でもあります。強すぎる刺激から大切な人や物を守れる人になってほしい、と意味を込めるのもいいでしょう。

【8月の子供】月別・夏生まれの男の子の名前③輝夜(てるや)

8月と言えば、夏祭りが盛んにおこなわれる時期です。そこでお祭りにちなんだ名前も多く考えられました。夏祭りと言えば花火です。ぱっと花開く花火は男らしく勇ましく、そして夏らしいので男の子の名付けのイメージにはピッタリでしょう。花火が上がると夜空が輝くことから、「輝夜」という名前が考えられました。

闇を照らすだけではなく、華やかな印象もありますし、空に舞い上がっていく力強さも男らしさを感じさせます。イメージとしても優雅です。

夏生まれの男の子は熱く爽やかな夏男

爽やか

夏生まれの男の子の名前、いかがだったでしょうか。男女両方に使える名前、男らしい名前など色々ありました。共通していることは、どの名前も人生の可能性を感じさせるということです。夏生まれの男の子は、人生を総会で勇壮な夏から始めます。夏の勢いを名前に込めて、人生を謳歌してもらいましょう。

春夏秋冬、生まれた季節を始めとして名付けのヒントはいくらでもあります。以下の記事を参考に、願いを込めた名前を子供につけてあげましょう。

関連記事

春生まれの男の子の名前4選!3月4月生まれの漢字の連想やイメージも

寒い冬が終わり、いよいよ春をむかえます。植物も動物も活動を始める時期で

Small thumb shutterstock 247460536

関連記事

自然にまつわる男の子の名前とは?赤ちゃんの名付け例10選!植物や宇宙も

自然に関連した言葉には、植物や宇宙など色々なものにまつわる言葉がありま

Small thumb shutterstock 447066424

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事