Icon search 36px

春生まれの男の子に人気の名前4選

春生まれの男の子に人気の名前①はると

春生まれの男の子に人気の名前1つめは「はると」です。「春人」「陽斗」など名前に使われる漢字は様々ですが、読みが「はると」という名前が近年のランキングでは常に上位にランクしています。春生まれということで、春をイメージするような名前を付ける人が多いようです。

「はると」という名前を付けたいけど、どんな漢字があるのかと悩む場合に役に立つ「はるとと読む漢字TOP180」という記事があったので、下に載せておきます。漢字の由来や意味も載っているようなので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

男の子の名前で「はると」と読む漢字TOP180|漢字の由来・意味も

妊娠や出産に向けて一番最初に考えるのが子供の名前ではないでしょうか。男

Small thub shutterstock 237930475

春生まれの男の子に人気の名前②ひなた

春生まれの男の子に人気の名前2つめは「ひなた」です。こちらも使われる漢字は様々ですが、「陽向」「陽翔」など暖かな春の陽射しをイメージさせる漢字を選ぶ事が多いようです。漢字も暖かさを感じさせるものばかいですが、「ひなた」という読み方自体が暖かく感じますね。

「ひなた」という名前を付けたいけど、どんな漢字があるのかと悩む場合に役に立つ「ひなたと読む漢字TOP180」という記事があったので、下に載せておきます。漢字の由来や意味も載っているようなので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

男の子の名前で「ひなた」と読む漢字TOP180|漢字の由来・意味も

ここ数年、「音の響きが良い」「明るいイメージがある」などの理由から、男

Small thub shutterstock 217534642

春生まれの男の子に人気の名前③そら

春生まれの男の子に人気の名前3つめは「そら」です。まだまだ寒さが残る春先の空は、朝は凛とした空気で澄み渡り、日中は暖かな陽射しとともにあります。そんな空をイメージして…かどうかはわかりませんが、「そら」という名前も常に上位にランクしている印象です。

「そら」という名前を付けたいけど、どんな漢字があるのかと悩む場合に役に立つ「そらと読む漢字TOP180」という記事があったので、下に載せておきます。漢字の由来や意味も載っているようなので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

男の子の名前で「そら」と読む漢字TOP180|漢字の由来・意味も

爽やかな印象を受ける「そら」という響きの名前は男の子、女の子ともに人気

Small thub shutterstock 217534642

春生まれの男の子に人気の名前④あおと

春生まれの男の子に人気の名前4つめは「あおと」です。この名前も空の色を連想させる「青」の音が使われていますね。春生まれの男の子の名前を考える時、空や太陽、草木を連想させる漢字を使って赤ちゃんに名付ける事が多いようです。

「あおと」という名前を付けたいけど、どんな漢字があるのかと悩む場合に役に立つ「あおとと読む漢字TOP50」という記事があったので、下に載せておきます。漢字の由来や意味も載っているようなので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

男の子の名前で「あおと」と読む漢字TOP50|漢字の由来・意味も

今回ご紹介するのは男の子の名前で「あおと」と読む漢字についてです。名前

Small thub shutterstock 217534642

男の子で春生まれ(3月)を連想する漢字3選

3月生まれを連想する漢字①陽

男の子で春生まれ(3月)を連想する漢字1つめは「陽」です。読み方としては、そのまま「よう」と読んで使う場合やこの1字で「はる」「ひなた」と読む場合もありますが、いずれにしても寒い冬の時期からだんだんと暖かな陽射しの春になってくる季節を連想させる漢字です。

「陽」は太陽の「陽」のイメージが強く、暖かさを感じさせる漢字としてはすぐに頭に浮かんでくるようです。春は柔らかい太陽の光が草木に優しく降り注ぐ...という柔らかく優しいイメージがあるので、名前に使う漢字からも暖かさを感じさせますね。

3月生まれを連想する漢字②弥

男の子で春生まれ(3月)を連想する漢字2つめは「弥」です。3月は「弥生(やよい)」と言われ「いよいよ草木が生い茂る」というような意味合いを持っていて、寒い冬の時期が終わって草木が生い茂る季節になることを表現しているそうです。そこで、3月を表すこの「弥」という漢字を取り入れることが多いようです。

読み方としては「や」「み」などで使う事が多いように思いますが、「わたる」や「あまね」「ひさし」などのように「弥」1字だけで読む事もできるようですので、名前で使う場合も、この1字だけでも3月生まれを連想させることができますね。

3月生まれを連想する漢字③光

男の子で春生まれ(3月)を連想する漢字3つめは「光」です。だんだんと暖かくなってくる3月は、朝の太陽の光が冬のそれとは違って柔らかく暖かく感じますよね。また3月は冬の星空から春の星空に変わる季節でもあり、朝の太陽の光夜の星の光と「光」が変わってくる季節を連想させてくれる漢字です。

読み方としては「ひかり」「ひかる」「あきら」「みつる」「みつ」「こう」など、様々な読み方ができ、1字でも使えますし、他の漢字と組み合わせても存在感がありますね。名前を付ける際には様々な読み方ができると同じ漢字でも幅が広がっていいですね。

男の子で春生まれ(4月)を連想する漢字3選

4月生まれを連想する漢字①春

男の子で春生まれ(4月)を連想する漢字1つめは「春」です。3月4月どちらもイメージできる「春」ですが、まだ冬の名残が残る3月よりは4月の方が「春」をイメージしやすい印象です。

名前として使う場合の読み方としては、「はる」「しゅん」など馴染みのある読み方から「あずま」「はじめ」「かず」など、そんなふうに読めるんだ?とびっくりするような読み方もあります。

4月生まれを連想する漢字②清

男の子で春生まれ(4月)を連想する漢字2つめは「清」です。4月は「清和月」とも言われるそうで「空が晴々し、なごやか」という意味を持っていて、これは4月の空を表す事から4月の異名とされているそうです。

名前として使う場合の読み方としては「きよ」「きよし」「せい」「しん」「しゅん」などがあります。「清」には、すがすがしいとか澄み切っているという意味がありますので、新緑の季節に合いますね。

4月生まれを連想する漢字③青

男の子で春生まれ(4月)を連想する漢字3つめは「青」です。青葉や青空を連想させられますね。名前として使う場合の読み方としては「あお」「あおい」「せい」「しょう」などがあります。

また、名前に使う場合に限っては「はる」「きよ」「お」などと読ませる事もできるようなので「青」と書いて「はる」と読ませ、春をイメージさせる事ができます。

赤ちゃんの名前を名付ける時の漢字の選び方は?

名前辞典などを見て画数を考える

赤ちゃんの名前を名付ける時の漢字の選び方ですが、まずは漠然と自分の好きな漢字や使いたい漢字を挙げます。それから、自分の名字に合う画数を調べます。調べた画数の漢字を見て、意味や自分の思い浮かべていたイメージの合う漢字を探します。

画数で見てみると、最初に挙げた自分の好きな漢字や使いたい漢字が合わない場合がありますが、画数が絶対ということはないのでこだわることはないです。様々な漢字の候補のうちの1つと考えればいいでしょう。ただ、名前として使える漢字かどうかだけはきちんと調べるようにしてください。

また、使いたい漢字の画数が違うからやめるという場合、同じ漢字でも旧漢字だと画数が変わるので、そこも気にしてみるとさらに漢字の幅が広がります。最近では、名前辞典などの本だけでなくインターネットでフルネームにした時の画数や漢字の意味なども簡単に調べられるので、活用してみるといいでしょう。

漢字の読み方や意味で決める

画数にこだわらず、漢字の読み方や意味で決めるという選び方もあります。別の漢字で同じ読み方でも漢字の意味によって名前を付けた時に込めた意味が変わってくるので、意味を先に決めてから漢字を選ぶのもいいでしょう。ただし、ここでもその漢字が名前として使用可能かを調べるのを忘れないようにしましょう。

また、音の響きや書いてみた印象なども大切なので、候補がいくつかある場合は、名字と合わせてフルネームで読み上げてみたり、紙に書いてみたりして印象を感じ取ってみると、また違った見え方がしてくるので、やってみてくださいね。

古風な名前の漢字を選ぶ

最近では、キラキラネームと言われる現代的な名前とは真逆の古風な名前をつけるブームが再来していると言われています。男の子なら、男らしく育ってほしいなどの願いを込めて戦国武将や偉人にあやかった名前を名付けたりするようです。

洋風な名前を当て字で読むことが多いキラキラネームに対して古風な名前は「しわしわネーム」などと呼ばれているそうですが、キラキラネームが主流の今だからこそ逆に古風な名前が珍しい、新しいということでブームが再来し、古風な名前の漢字が選ばれているようです。

赤ちゃんが生まれてからイメージに合った漢字を考える

赤ちゃん

赤ちゃんが生まれてから14日間の間に出生届を出すので、赤ちゃんが生まれてからその子に合ったイメージの漢字を使って名前を考える事もできます。生まれる前からじっくり考えるのも良いですが、本人と対面してからイメージを膨らませるというのもいいですね。

妊娠20週目を超えると性別がわかるので教えてもらえば「男の子だったら...」「女の子だったら...」という考え方ではなく、性別に合った名前を考えることができます。生まれてから考える場合はあえて性別は聞かずに、生まれてからのお楽しみにする旨を産院で伝えておかないと、言われてしまうので注意が必要です。

春生まれの男の子に季節に合わせた名前をつけましょう

春生まれ、3月4月生まれの男の子の名前について書いてきましたが、いかがでしたか?同じ漢字でも、読み方がたくさんあって迷ってしまいますね。名前に限って読み方を使えるものもありますし、ますます種類が豊富になってしまって大変です。

春に季節に生まれるから、季節に合わせた名前にしたい!とか、こんな子に育って欲しいと願いを込めたりと、名前の付け方は様々ですが、名前はご両親から赤ちゃんへの初めてのプレゼントです。たくさん悩んで迷って当たり前です。一生物ですからじっくり悩んで考えましょう。

大きくなってある程度わかる年になった時、自分の名前の意味を知りたくなったり、学校で「自分の名前の由来を調べる」なんていう宿題が出る事もあります。その時にしっかり答えてあげられるように季節や漢字の意味などを考慮して、素敵な名前をつけてあげてくださいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード

NEW

新着記事

RANKING

人気の記事

CATEGORY

カテゴリー