Icon search 36px

「日葵」の読み方は?

「日葵」の読み方①ひまり

女の子の画像

「日葵」の読み方の1番目は「ひまり」です。「日葵」と書いて「ひまり」と読む向日葵(ひまわり)という字から連想されるケースが多いと言われています。「日」という漢字の読み方は、ひ・にち・じつ・かなどと読まれるのが一般的です。

他にも名前で「日」という漢字を用いる場合には、はる・あき・ひるなどという読み方で名付けられる人もいると言われています。日という漢字の一般的な読み方や名前としての読み方などは以下のサイトに詳しく書かれていたので参考になさってください。

「葵」という漢字の読み方は一般的には、あおい・き・ぎと読まれます。その他にも名前として「葵」という字が使われる場合には、まもるという読み方をする場合もあると言われています。ちなみに以下の記事では女の子の名前ランキングについて紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

関連記事

女の子1位は「陽葵」!意味や読み方は?赤ちゃん名前ランキングTOP10

女の子の赤ちゃんの名前ランキングの1位である「陽葵」という名前の読み方

Small thumb shutterstock 217534642

「日葵」の読み方②ひより

ひよりの明るいイメージ

「日葵」の読み方の2番目は「ひより」です。「日葵」と書いて「ひより」と読む場合には向日葵や日和(ひより)という字が由来になっていると考えられています。

「日葵」という漢字は向日葵の漢字から取ってきて、名前の読み方には向日葵の咲くさっぱりと晴れた日和をイメージして名付ける人が多いと考えられています。ちなみに日和という言葉には、晴れ、ちょうどいい天候、穏やかな天気といった意味合いがあります。

日和という言葉にはこのような晴れた良い天気という意味合いがあることから向日葵の咲く気持ちの良い晴天をイメージして「日葵(ひより)」と名付ける人が多いと考えられています。ちなみに日和という言葉の意味については以下のサイトで詳しくまとめられていたので参考になさってください。

「日葵」の名前の意味は?

「日葵」の名前の意味①すくすくと元気な子供に育ってほしい

元気な子のイメージ画像

「日葵」の名前の意味の1番目は、すくすくと元気な子供に育ってほしいという意味です。「日葵」という名前を付ける際には向日葵の花をイメージして名付ける人が多いと言われています。夏に咲く綺麗な向日葵の花は、夏の良い天気と相まって非常に元気で健康的なイメージを抱く人が少なくないと言われています。

子供が生まれてこれから育てていこうという時に多くの親は子供の健康を願うと言われています。そのため夏の眩しい陽射しを受けて元気に咲く向日葵の花のように健康で元気に育ってほしいと願う親は少なくないと言われています。

元気で健康な子供を育てるためには頼りになる育児書を見つけておくと良いと言われています。子供の発達具合や急な病気の対応方法、予防接種の基本などが書かれている本を見つけておくと、いざという時に役立つと言われています。以下の記事ではそんな育児書の人気ランキングをまとめましたので参考になさってください。

関連記事

初めての子育てにおすすめの育児書ランキングTOP10|悩み別の育児本も

この記事では初めての子育てにおすすめの育児書ランキングを紹介します。悩

Small thumb shutterstock 158445599

「日葵」の名前の意味②周囲の人を元気づける明るい女の子

元気をくれる女の子の画像

「日葵」の名前の意味の2番目は、周囲の人を元気づける明るい女の子という意味です。「日葵」という名前には「日」という漢字が入っていることから太陽をイメージする人が多いと言われています。太陽は生命の源であり、様々なことを明るく照らしてくれる存在です。

また「日葵」と名付ける人は向日葵のイメージからインスピレーションを受けて名付ける人も少なくありません。向日葵の花もまた、見る人を元気づける明るい花であると言われています。このようなことから「日葵」という名前に周囲の人を元気づける明るい女の子をイメージする人は少なくないと言われています。

周囲の人を元気づけることができる明るい子は健康で元気なイメージがあります。そういった意味合いが派生して、自分だけではなく周りの人も元気にしてあげられる明るい女の子に育ってほしいといった願いを「日葵」という名前に込める人は少なくないと言われています。

「日葵」の名前の意味③日本人らしい気品のある女の子

日本人の女の子の画像

「日葵」の名前の意味の3番目は、日本人らしい気品のある女の子という意味です。「日葵」という名前には「日」という漢字が入っていることから日本をイメージする人は少なくありません。そのため「日葵」という名前に日本人らしい気品のある女の子に育ってほしいという意味を込めて名付ける人もいます。

気品のある女の子は非常に魅力的であることから清楚な女の子に育つように気を付けながら子育てにあたる人も少なくありません。気品がある子はおしとやかで清楚なイメージがあることから、周囲の人や物事に対して思いやりを持って接することができると考えられています。

このように「日」という漢字から、女の子らしく色んな人や物に愛情を注げる気品のある女の子に育ってほしいという意味を込めて「日葵」という名前をつける人は少なくありません。

「日葵」の名前の意味④たくさんの人に愛される女の子

愛される女の子の画像

「日葵」の名前の意味の4番目は、たくさんの人に愛される女の子という意味です。「日葵」という名前には「日」という漢字が入っていることから太陽をイメージする人が多いと言われています。太陽は生命の源であり、様々なことを明るく照らしてくれる存在です。

また「希望の光が見えた」などと表現されるように太陽の光から希望を連想する人もいます。親にとって赤ちゃんは宝物のような存在であることが多く、まさに親にとっての希望の光のような存在であると言えることから、たくさんの人から愛される女の子に育ってほしいという意味を込めて「日葵」と名付ける人もいます。

たくさんの人に愛されて育った女の子は、良好な人間関係の中でとても充実した人生を送れると考える人も少なくありません。たくさんの人に愛されることで人生を楽しみつつ、困った時には皆で助け合いながら実りある人生を送ってほしいという意味を込めて「日葵」と名付ける人もいます。

「日葵」の名前のイメージは?

「日葵」の名前のイメージ①向日葵

向日葵の画像

「日葵」の名前のイメージの1番目は向日葵です。向日葵は夏の強い陽射しを受けながら逞しく大きく育ちます。人の背丈を超える向日葵も珍しくないことから、大きな人間に成長していってほしいといった向日葵のイメージで「日葵」と名付ける人もいます。

また向日葵は夏のイメージもつながることから、青く晴れた空や広い海に結びつくことも珍しくありません。そのため広く大きな心をもった女の子・晴れ渡った空のようにさっぱりとした性格の女の子に育ってほしいというイメージから「日葵」と名付ける人もいます。

向日葵の明るいイメージや逞しいイメージ、元気なイメージから「日葵」と名付ける人も多く、いずれも健康で元気に力強く成長していって欲しいという願いが込められていると言われています。

「日葵」の名前のイメージ②太陽

太陽と女の子の画像

「日葵」の名前のイメージの2番目は太陽です。太陽は生命の源であり、太陽があるからこそ地球上の生物は暮らしていけると言われています。そのため太陽を神として崇めた人もたくさんいます。こういったことから、太陽のように明るくてエネルギーのある素晴らしい女の子に育って欲しいと願い「日葵」と名付ける人もいます。

また太陽の明るさとエネルギーのイメージから、何事にも活発に取り組むという意味合いを込める親もいると言われています。こういった太陽のイメージから活発に外で遊んだり積極的に人と関わるなど、色んな経験をしながら人として大きく成長していってほしいと考える親は少なくないと言われています。

このように何事にも前向きに取り組む子供を育てたいと考える親の中には、上手く褒めて色んな事に意欲的な子供に育てようと考える人も少なくありません。以下のサイトでは子供を叱らず上手く褒め、日々の子育てを楽しみながら何事にも自ら取り組む子供を育てるという体験談が書かれていたので参考になさってください。

「日葵」の名前のイメージ③陽気

陽気な女の子の画像

「日葵」の名前のイメージの3番目は陽気です。「日葵」という名前には「日」という漢字が使われていることから太陽をイメージし、そこから陽気という言葉を連想する人もいると言われています。陽気という言葉には天気・気候といった意味合いがあります。詳細な陽気の意味については以下のサイトを参考になさってください。

天気・気候という意味の中でも特に過ごしやすい天気、穏やかな陽射しといった意味合いで陽気という言葉を使う人が多いと言われています。「春の陽気に誘われて外出した」などといった表現がされるように、陽気という言葉に過ごしやすい、好ましい天気という意味を込める人もいます。

このようなことから爽やかで過ごしやすい天候のように人当たりがよくて一緒にいて居心地が良いと思われる人に育ってほしいといったイメージを連想する人もいます。周囲の人から好かれたり居心地の良い人と思われると多くの仲間に囲まれて人生を乗り切っていけると考える親は少なくないと言われています。

赤ちゃんの名前の付け方のコツは?

赤ちゃんの名前の付け方のコツ①由来を考える

由来を考える人の画像

赤ちゃんの名前の付け方のコツの1番目は由来を考えることです。赤ちゃんの名前を考える時に由来を考えておくと赤ちゃんに一層愛着が持ちやすいと言われています。由来という言葉の意味は、元になるもの・起源・本来の・これまでの流れといった意味合いがあります。由来の意味については以下のサイトも参考にご覧ください。

そのため赤ちゃんが大きく成長した際に、自分の名前から自分自身という人間の起源やルーツのようなものを感じるケースも少なくないと言われています。自分が一体どういう人間であるかということを知るのは非常に重要だと言われています。そういった名前の由来を知ることで、自分に対する親の願いを知ることもできます。

また自分の名前に込められた意味などの由来を理解することで、一層家族との絆が深まるケースも珍しくありません。子供は成長していく中で色んな問題や困難にぶつかるので、いつも家族との関係が良好であるとは限りません。そんな時に名前の由来を見つめ直すことで家族の大切さを再認識することもあると言われています。

赤ちゃんの名前の付け方のコツ②漢字の意味・イメージをもとに考える

イメージで考える人の画像

赤ちゃんの名前の付け方のコツの2番目は漢字の意味・イメージをもとに考えることです。赤ちゃんは名前が表す漢字の意味やイメージによって大きく印象が異なります。

これからたくさんの人に呼ばれる名前であることから、赤ちゃんの名前を付ける際にはどのような人間になって欲しいかといった願いを込めて名付けると良いと言われています。例えば「日葵」というような明るくて元気なイメージを連想させる漢字は、その名前を呼ばれる赤ちゃんや周りの人のイメージを形成します。

そういったイメージは赤ちゃん自身や周囲の人の潜在意識に訴えかけて刺激を与えることから、本当に明るくて元気な子供に育っていくことも少なくないと言われています。

「日葵」の読み方や意味を把握して素敵な名前をつけてあげましょう

「日葵」という名前には複数の読み方・意味があります。そのため親だけでなく、周りの親族やこれから赤ちゃんが触れ合う人のことも考えながら名付けるのが良いと言われています。赤ちゃんが幸せな人生を送れるよう、素敵な名前を名前をつけてあげましょう。

また子供を育てていくうえで必要な教育費についても合わせて把握しておくと、より安定した生活ができると言われているので以下の記事も参考になさってください。年齢別の教育費の平均や塾・家庭教師などの教育資金の目安を紹介しています。

関連記事

年齢別の教育費の平均は?塾など学校外でかかる子供の教育資金の目安も

年齢別の教育費の平均や塾などの学校外でかかる子供の教育資金の目安はご存

Small thumb shutterstock 404908750

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事