Icon search 36px

ニードルピアスってどこで買える?

ニードルピアスが買える場所①ネット通販

ニードルピアスが買える場所の一つ目は「ネット通販」です。ピアスの穴あけ方法の中で一般的なのがピアッサーですが、ピアッサーに比べてニードルピアスは雑貨店などでは簡単に手に入れることが出来ません。デパートなどで探してもなかなか見つけることが叶いませんので、ほとんどの場合はネット通販で購入します。

ネット通販であれば、自ら足を運んでニードルピアスを探す手間も省けますし、楽天ショップやAmazonなどでも簡単に見つけることが可能です。サイズなどの種類はありますが、特段メーカーなどによって大きな違いなどはありませんから、見つけるのが大変であればネット通販を利用しましょう。

ニードルピアスが買える場所②ピアス専門店

ニードルピアスが買える場所の二つ目にご紹介するのが「ピアス専門店」です。特にファッションピアスよりもボディピアスを取り扱っているお店だと高確率でニードルピアスが置かれています。ピアスの専門店ですから、ニードルピアスを置いているお店も多いのです。

原宿や新宿などにはピアス専門のお店があったりもしますし、そういったお店ではピアッサーの種類も豊富に取り揃えられています。ニードルでピアスを開けようと思ったら、ピアス専門店でニードルを買いファーストピアスとなるピアスを選ぶこともできますから、一石二鳥でおすすめですよ。

ピアスを始めて開けるとなったら、ファーストピアスを着用しますがファーストピアスは一般的にかなりの期間つけっぱなしにしておかなくてはなりません。以下の記事では、ファーストピアスの期間や選び方、種類などについて詳しくまとめられています。是非そちらもご参考にされてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ファーストピアスはどれくらいの期間付ける?選び方や種類・デザインも

ファーストピアスはどれくらいの期間付けておくべきか知っていますか?ピア

Small thumb shutterstock 696809851

ニードルピアスを使ってピアスホールをあけるメリットは?

ニードルピアスを使ってピアスホールをあけるメリット①針で綺麗に空く

ニードルピアスを使ってピアスホールをあけるメリットの一つ目としてご紹介するのが「ピアスホールが綺麗に開く」ということでしょう。ほとんどの場合ピアスを開けるとなったらピアッサーを使用するのが一般的ですよね。しかし、ピアッサーは手軽にピアスホールを開けられる分デメリットがニードルに比べて大きいのです。

ニードルはピアッサーと違って「刃物」なのです。先端がとても鋭利なので、しっかりと耳に穴をあけてくれます。それに比べてピアッサーは刃物ではありません。あくまでもとがった先端で耳をつぶしながら押し開けるというイメージでしょう。ピアスを開けた時の「傷」がニードルピアスの方が綺麗になると言われています。

ニードルピアスを使ってピアスホールをあけるメリット②ホールの安定が早い

ニードルピアスを使ってピアスホールをあけるメリットの二つ目は「ピアスホールの安定が早い」という点です。上記でも述べたように、ニードルピアスでピアスホールを開けると綺麗に穴をあけることが出来ます。そのため、ファーストピアスを付けている推奨期間がピアッサーに比べて短くて済むのです。

さすがにピアスを開けてすぐに外してしまうのは、出血も伴いますのでおすすめできませんがピアッサーに比べて穴が綺麗に空いている分ホールの安定は早いのです。ピアスホールは一種の傷ですから、ガタガタになってつぶれてしまう傷よりは、やはり綺麗に空いた傷の方が安定しやすいのです。

ニードルピアスを使ってピアスホールをあけるメリット③好きなピアスを装着

ニードルピアスを使ってピアスホールをあけるメリットの三つ目としてご紹介するのは「好きなファーストピアスを装着できる」というものです。ピアッサーの場合、ピアスを開ける部分に既にファッションピアスが装着されています。つまりはピアスととがっている部分が一体型となっているということです。

そのため一度ピアッサーを使用したら、少なくとも一ヵ月から三ヵ月程度はずっとそのピアスを着用していなければなりません。ついている飾りがイメージと違ったとしても外してしまうのは好ましくありません。しかしニードルで開ける場合は、あらかじめファーストピアスを自分で選ぶことが可能です。

あくまでもニードルピアスでホールを開ける場合は、「穴をあける」ことが目的ですので、ファーストピアスは自分で選ぶ必要があるのです。その代わり自分の好きなデザインのピアスを選んでホールが安定するまでの期間着用していられるのはメリットでしょう。

ニードルピアスを使ってピアスホールをあけるメリット④開けたい場所に空く

ニードルピアスを使ってピアスホールをあけるメリットの四つ目として挙げられているのが「開けたい場所にしっかりとあけることが出来る」ことです。ピアッサーを使用したことで生じるデメリットの一つが「ピアスホールの位置がずれる」ことなのです。ピアッサーは見た目でもわかるようになかなか扱いが難しいのです。

ピアスの針の部分が、どこの位置に降りてくるのかを見極めるのには初心者の場合はなかなか難しいのです。またピアッサーは固めに設計されているので緊張で手が震えたりして上手く力が入らず、その結果開けたい部分とはずれてピアスホールを開けてしまった、なんてことも珍しくはありません。

ニードルピアスの場合は、余計な装飾もありませんし、ホールを開けることに特化しているのでピアッサーよりも正確に希望の位置に開けることが可能です。同じくカヌラニードルと呼ばれてるニードルも、ピアスを開けるのに適していると言われています。以下の記事ではさらに掘り下げていますので是非参考にいかがですか。

関連記事

カヌラニードルとは?気になる使い方やニードル・ピアッサーとの違いも

ピアスのホールを綺麗に空けることができ、使い方も簡単なカヌラニードルを

Small thumb shutterstock 350400308

ニードルピアスでピアスホールをあけるときに必要なものと注意点は?

ピアスホールを自分であけるときに必要なものと使い方①消毒液で殺菌

ニードルピアスでピアスホールを自分であけるときに必要なものと注意点、使い方として、一つ目にご紹介するのが「消毒液でしっかりと消毒」することです。ピアスホールは傷をつける行為ですから、うっかり手の汚れなどからピアスやホールに菌が混じりこみ、膿などが発生しかねません。

耳のとラブにも繋がりかねませんので、しっかりと手や使う器具の消毒はしなければなりません。これからご紹介する必要なものも、清潔なものを選び出来れば新しいものでそろえるのがポイントです。すでに使われたものや、古いものでは耳にトラブルを招く可能性があります。

ピアスホールを自分であけるときに必要なものと使い方②マーキング用のペン

ニードルピアスでピアスホールをあけるときに必要なものと使い方の二つ目は「マーキング用のペン」です。ピアッサーとは違い、ニードルでピアスホールを開ける時は、自分で開ける場所を把握しておかなくてはなりません。よって、水性の落ちやすいペンで構いませんから開けたい場所にマーキングできるようなペンを要します。

ピアスホールを自分であけるときに必要なものと使い方③軟膏などのジェル

ニードルピアスでピアスホールをあけるときに必要なものと使い方として、重要なのが「軟膏」の存在です。ニードルピアスは滅菌されたパッケージに入っている状態ではありますが、開けた時点で埃や金などが付着する可能性が高まります。よって、消毒の目的もかねて軟膏が必要なのです。

またそれ以外にも、ニードルピアスを耳に当てて差し込んでいくときに滑りを良くさせるという効果もありますので軟膏を用意しておきましょう。

ピアスホールを自分であけるときに必要なものと使い方④コルクや消しゴム

ニードルピアスでピアスホールをあけるときに必要なものと注意点や使い方として、四つ目にご紹介するのが「清潔なコルクまたは消しゴム」です。こちらはニードルピアスを差し込んだ後に、しっかりと固定させるために必要となるのです。ニードルピアスを差し込んだ後耳を傷つけたり支えていた手に刺さる危険性があるのです。

耳をしっかりと固定し、ニードルを差し込みやすくするためにもコルクまたは消しゴムを用意しましょう。コルクの場合は使いやすくカットし、清潔に保ってください。消しゴムの場合は新しい消しゴムを用意し、決して使い途中の物を使用しないようにしてください。

ピアスホールを自分であけるときに必要なものと使い方⑤ゴム手袋がおすすめ

ニードルピアスでピアスホールをあけるときに必要なものと使い方の五つ目は「薄いゴム手袋」です。できれば医療用などのぴっちりとしたものが好ましいでしょう。使い方としてこれはあった方が便利というアイテムで、ニードルを手に持った時に、滑りにくくする効果があります。失敗する確率が下がりますのでおすすめですよ。

ピアスホールを自分であけるときに必要なものと使い方⑥ティッシュ

ニードルピアスを使用する場合、ピアッサーに比べて出血を伴う可能性があります。どうしてもピアッサーに比べて自力で穴を開けてくので、力加減や緊張の度合いによって、うまくニードルが進んでいかないこともあるのです。時間がかかればかかるほど耳には負担がかかりそして出血してしまうのです。ティッシュを用意します。

ニードルピアスで軟骨ピアスのピアスホールをあける方法は?

ニードルピアスで軟骨ピアスのピアスホールを開け方①軟膏を塗る

ニードルピアスで軟骨ピアスのピアスホールを開け方の一つが「軟骨を塗る」ことです。こちらは耳たぶに開けるときと同様ですが、しっかりと滑りを良くさせるためにもまんべんなく塗ってください。手でつかむ部分以外はしっかりと塗るのがベストでしょう。

清潔感のためにも新しいものの方がおすすめですし、手で取って塗るよりも直接軟膏に差し込んでつけるのもおすすめします。ただし容器を傷つけないように注意しましょう。

ニードルピアスで軟骨ピアスのピアスホールを開け方②ゴム手袋着用

ニードルピアスで軟骨ピアスのピアスホールを開け方として、重要となるのが「ゴム手袋の着用」です。耳たぶに比べて、やはり軟骨ですからかなりの力加減が必要となるのです。つまり、手が滑ってしまって上手く開けられないこと、を回避するためにも滑りにくくなるぴちっとしたゴム手袋を使用しましょう。

ニードルピアスで軟骨ピアスのピアスホールを開け方③固定し手早く刺す

ニードルピアスで軟骨ピアスのピアスホールを開け方の三つ目は「しっかりと固定して手早く指す」ことです。ニードルでピアスを開ける場合は、躊躇してはいけません。もちろん怖い気持ちがあるのもわかりますが、だからといって躊躇してゆっくり差し込んでしまっては出血を伴いさらにパニックになる可能性があります。

ニードルピアスで軟骨ピアスのピアスホールを開け方④ピアスを差し込む

ニードルがしっかりと刺さって、軟骨を貫通したのがわかったらあとはピアスを装着すれば完了です。なるべく一直線の形をしたものが好ましいとされており、おすすめは「ストレートバーベル」です。ニードルには穴が開いており刃とは反対の部分に装着させそのままあけた穴にピアスを通していきましょう。押し込んで完了です。

ニードルピアスで耳たぶにピアスのホールをあける方法は?

ニードルピアスで耳たぶにピアスのホールの開け方①手や行う場所を清潔に

ニードルピアスで耳たぶにピアスのホールの開け方の一つ目は「手や行う場所をしっかりと清潔にする」ことです。軟骨ピアスでも同じことではありますが、しっかりと手や使う場所を消毒しておきましょう。どこからよくないものが入り込むかわかりません。

もしも滅菌加工されていないニードルを使用する場合は、ニードルも消毒しておくのが大切です。使うものや手元が綺麗でもテーブルなどが汚い場合も意味がありません。清潔にしましょう。

ニードルピアスで耳たぶにピアスのホールの開け方②マーキング

ニードルピアスで耳たぶにピアスのホールの開け方の二つ目は「マーキング」を行うことです。軟骨に比べて耳たぶの方が柔らかく変形しやすいのでしっかりと、開けたいところにマーキングを行うのがおすすめです。引っ張ったりつまんだりしても形が変わるので、開けたいところを確定させましょう。

ニードルピアスで耳たぶにピアスのホールの開け方③垂直にニードルを刺す

ニードルピアスで耳たぶにピアスのホールの開け方として、かなり重要な要素となり得るのが「垂直にホールを空けること」です。斜めに空いてしまうと、ピアスの着脱時にピアスホールを傷つけてしまう危険性があるのでなるべく垂直になるようにニードルを刺してください。

ピアスホールをあけたときの消毒の仕方とアフターケアは?

ピアスホールをあけたときの消毒の仕方とアフターケア①洗顔フォームの泡

ピアスホールをあけたときの消毒の仕方とアフターケアとして、おすすめなのが洗顔フォームの泡です。ピアスホールは傷ですから、優しく洗浄してあげることが重要です。ここでおすすめなのが洗顔フォームの泡です。洗顔フォームは刺激が少ないものが多く、さらに泡の状態で軽く乗せると刺激もなくアフターケアがしやすいです

ピアスホールをあけたときの消毒の仕方とアフターケア②綿棒を使って消毒

綿棒に消毒液を染み込ませて消毒させるのも、ピアスホールをあけたときの消毒の仕方とアフターケアの二つ目として有効的です。滴るくらい付けたらピアスの隙間に乗せてピアスを軽く前後にずらしてください。ただし、痛みを伴う場合は即座に中止させましょう。無理をしてはかえって膿んでしまうのでいけませんよ。

手順をしっかりと理解して綺麗なピアスホールを空けよう

かわいい女性

ニードルピアスはピアッサーに比べてトラブルが少なく、綺麗にピアスホールを空けることが出来るのでとてもおすすめの方法です。ただしピアッサーよりも開け方、使い方の手順をしっかりと理解する必要がありますので、注意しつつ行いましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事