Icon search 36px

茶髪が似合わない人の特徴9選

茶髪が似合わない人の特徴①薄顔である

茶髪が似合わない人の特徴1つ目は「薄顔である」ことです。日本人は本来、薄い顔立ちをしています。薄い顔でも黒髪なら顔立ちが際立つところ、茶髪だと顔全体がぼやけてしまいます。

日本人でも濃い顔立ちであれば、明るい茶髪にしても違和感はありませんが、薄い顔立ちだと顔の造作が髪色の華やかさに負けてしまいます。薄い顔が多い日本人はできるだけ黒髪に近い茶髪にすると、失敗は少なくなります。

茶髪が似合わない人の特徴②眉毛が濃く太い

茶髪が似合わない人の特徴2つ目は「眉毛が濃く太い」です。眉毛が濃く、太い人は普通にしていても人目をひきますよね。黒髪の日本人が眉毛も黒いのは当然ですが、茶髪にすると髪色と眉毛の色のコントラストが一段と際立ちます。

茶髪にすることで、他人からは「この人、茶髪似合わないな…」と思われてしまいます。ダークブラウンやアッシュ系など暗めのブラウンであれば、眉毛の色との差は少なく、気になりません。明るい茶髪にするのであれば、同時に眉毛についても色を変えたり、前髪を作って眉毛の存在感を隠すなど、注意が必要になります。

茶髪が似合わない人の特徴③肌色がブルーベースである

茶髪が似合わない人の特徴3つ目は「肌色がブルーベースである」ことです。肌色は大きく分けて、イエローベースとブルーベースの2つがあります。2つの中で茶髪と相性がいいといわれているのはイエローベースの肌の人です。

ブルーベースの人が明るい髪色にすると、肌なじみが悪く、くすんだ顔になってしまいます。できるだけ、赤や黄色系の明るい茶髪ではなく、暗めの茶髪を選ぶようにしましょう。もし、自分に茶髪が似合わないと感じてる人は、実はブルーベースの肌色なのかもしれませんね。

茶髪が似合わない人の特徴④すっぴん風メイクをしている

茶髪が似合わない人の特徴4つ目は「すっぴん風メイクをしている」ことです。男性からも女性からも人気のすっぴん風メイクですが、実は茶髪との相性はあまりよくありません。

全体的に薄い顔している人がしっかりメイクをしないと茶色い髪だけが華やかで浮いてしまいます。濃いメイクは苦手…という人は目・鼻・口のパーツだけでも際立つポイントメイクをしてください。ポイントメイクするだけで顔の印象は大きく変わります。せっかくの茶髪、顔がさみしくならないよう気をつけましょう。

茶髪が似合わない人の特徴⑤目が大きい

茶髪が似合わない人の特徴5つ目は「目が大きい」ことです。目が大きい人ははっきりとした顔立ちだから、茶髪は似合うのでは?と思いますよね。実は目が大きい人こそ、茶髪が似合わなくなる傾向があります。何故かというと、目の瞳の色が関係しています。

人の顔をみるとき最初に視線が行くのは「目」です。その目が大きいと瞳の色がはっきりわかります。元々黒髪の日本人は瞳の色が黒いため、金髪や明るい茶髪だと調和がとれず、不自然な仕上がりになります。

青い目の外国人が黒髪だと違和感ありますよね?それと同じです。できるだけ髪色は瞳の色とリンクするようなカラーを選ぶようにすると自然な茶髪になります。

茶髪が似合わない人の特徴⑥ロングのストレートヘアである

茶髪が似合わない人の特徴6つ目は「ロングのストレートヘアである」ことです。長年、黒髪ロングストレートをしていた人が茶髪にすると似合わないと言われることが多いです。その人に対して黒髪というイメージがついているのと、今までのメイクや服装が黒髪に合わせてきたためでもあります。

芸能人でも菜々緒さんや仲間由紀恵さんは黒髪ロングストレートですが、いきなり髪色だけ茶色くなったら違和感ありませんか?彼女たちは顔立ちもはっきりしていて、とても美人なので、本来なら茶髪も似合うはずにも関わらずです。

それほど、ロングストレートヘアは黒髪が一番美しいと認識されていることがわかります。また、茶髪は髪へのダメージが大きく、どうしても黒髪のような美しい艶をキープできません。ロングストレートヘアにこだわりがある人は茶髪にしない方がいいでしょう。

茶髪が似合わない人の特徴⑦日焼けしている

茶髪が似合わない人の特徴7つ目は「日焼けしている」ことです。ほんのり焼けている程度ならかまいませんが、こんがり日焼けした肌と茶髪は合いません。黒く焼けた肌に明るい髪色だと一昔前のギャルのようになってしまいます。

顔と身体、髪色といった全体的に茶色い姿は清潔感に欠け、お洒落とは程遠くなります。欧米人の肌が白いように、色白の肌の方が茶髪との相性が良く顔立ちも映えます。茶髪にしたいと思うなら、肌が白くなるように美白ケアからはじめた方がいいでしょう。

茶髪が似合わない人の特徴⑧髪色と髪型のバランスが悪い

髪の手入れをしている女性

茶髪が似合わない人の特徴8つ目は「髪色と髪型のバランスが悪い」ことです。顔色を明るくし、華やかにみせてくれる茶髪ですが、髪形とのバランスはとても大切です。何故なら、明るい茶髪にすればするほど、髪のダメージが目立つようになるからです。

とくにストレートヘアは艶とまとまりが大事なので、きちんと手入れしないといけません。茶髪だとカラーリングのダメージでパサついてまとまりにくくなります。女性らしさを強調したい髪形のはずなのに、逆効果になってしまうかもしれません。

茶髪が似合わない人の特徴⑨アジアンビューティーである

茶髪が似合わない人の特徴9つ目は「アジアンビューティーである」ことです。アジアンビューティーとはアジア系のミステリアスな雰囲気を持つ美しい女性のことを言います。色白や切れ長の目、スレンダーな体系にエキゾチックな雰囲気など様々な特徴がありますが、一番は艶のある黒髪です。

世界のミスコンでも、アジア系の女性は本来の黒髪の美しさを強調していて、カラーリングしていません。茶髪が似合わないというよりも、生まれ持った黒髪こそ、自分を最も美しくみえると分かっているので髪色を変える必要がないのかもしれません。

茶髪が似合わない人に本当に似合うカラーの見つけ方は?

本当に似合うカラーの見つけ方:パーソナルカラー診断をする

茶髪が似合わない人に本当に似合うカラーの見つけ方1つ目は「パーソナルカラー診断をする」です。パーソナルカラーとは肌の色や髪色、顔のパーツや雰囲気が合う色のことです。自分に似合う色を顔の近くにもってくると、透明感にあふれ、肌や瞳の色がいきいきとします。

パーソナルカラー診断はスプリング、サマー、オータム、ウィンターの4つのタイプに分かれます。それぞれのカラーにあったメイクやファッションの相談にものってくれるため、若い女性に大変人気です。ネットにも質問に答えるだけの簡易診断があります。

まだの人は一度調べてみてはいかがでしょうか。自分に似合うカラーを知って、魅力を最大限に活かしましょう。こちらの記事ではパーソナルカラーがオータムの人に似合うチークをご紹介しています。よければ、一緒に参考にしてくださいね。

関連記事

パーソナルカラー秋に似合うチーク14選!オータムのプチプラの色選びは?

サーモンピンクで美人度がアップ!今回はパーソナルカラーの秋(オータム)

Small thumb shutterstock 590921762

本当に似合うカラーの見つけ方:薄顔の人は明るい髪色を避ける

茶髪が似合わない人に本当に似合うカラーの見つけ方2つ目は「薄顔の人は明るい髪色を避ける」ことです。薄い顔と茶髪の相性が良くないことは先述しましたが、その中でも明るい髪色~金髪に近い色は絶対に避けましょう。

金髪は色白で顔の彫りが深い、欧米人が最も似合います。薄顔の人が同じように明るい髪色にしても外国人のマネしているにしか見えません。凸凹の少ない顔だと明るい髪色の華やかさに負けて、逆に貧相に見えてしまいます。

日本人特有の和風の薄い顔立ちの人が最も似合うのは黒髪です。この際、金髪のような明るい髪色にするのは諦めましょう。できるだけ暗めの茶髪を選ぶと顔とのバランスが取りやすい上に、洗練された印象を与えてくれます。

本当に似合うカラーの見つけ方:かわいい系は明るめ、キレイ系は暗めにする

茶髪が似合わない人に本当に似合うカラーの見つけ方3つ目は「かわいい系は明るめ、キレイ系は暗めにする」ことです。大まかに分けると、かわいい系の女性は可憐で元気な少女のような幼い雰囲気が特徴なので、暗め~明るめの茶髪、どちらの場合も違和感なくすんなり似合うことが多いです。

逆にきれい系の人は大人っぽい、落ち着いた雰囲気という特徴があるので、明るい髪色は落ち着き感に欠けてしまい、イメージと合わなくなります。茶髪のカラーに悩んだら、自分の顔立ちや雰囲気、ファッションのテイストなどから、どちらにあてはまるか考えて、選んでみると周りのイメージとのギャップも少なくなります。

茶髪が似合う顔になる方法・メイクは?

茶髪が似合う顔になる方法・メイク:髪色によってヘアスタイルを変化する

茶髪が似合う顔になる方法・メイク1つ目は「髪色によってヘアスタイルを変化する」です。一度、茶髪にすると伸びた黒髪部分が目立つので、こまめなカラーリングや、毛先のカットなど、髪色によってヘアスタイルを変えることが必要になります。

具体的には、レイヤーやシャギーを入れて長さや重さを調整しましょう。前髪を作ったり、パーマをかけるとガラリと雰囲気が変わります。自分には似合わないから…と避けていた髪形も茶髪にすることで似合うようになるかもしれません。ぜひ美容師さんと相談しながらいろいろなヘアスタイルにチャレンジしてみてくださいね。

茶髪が似合う顔になる方法・メイク:眉毛はワントーン明るめにする

茶髪が似合う顔になる方法・メイク2つ目は「眉毛はワントーン明るめにする」です。茶髪にしたときに、眉毛だけ黒くてちょっとおかしな雰囲気になっている人いますよね。明るい茶髪にしたときは、眉毛も必ず、一緒に茶色くしないと似合わない原因になってしまいます。

おすすめなのは眉毛は髪色よりワントーン明るめの色にすることです。ワントーン明るくすることで、より髪色となじみ顔立ちが映えます。最近は美容院で眉毛カラーリングをやっていたり、専門店も多くあります。

眉マスカラならドラッグストアで購入できるので手軽にチャレンジできます。眉毛は顔の印象を左右する大切なパーツなので、ぜひやってみてくださいね。こちらの記事では、眉毛メイクについて詳しくご紹介しています。よければ、参考にしてくださいね。

関連記事

眉頭・眉山の位置で顔の印象はどう変わる?眉毛のバランスの黄金比率も

普段何気なく眉毛メイクしている方も多いですよね。その眉毛の眉頭・眉山の

Small thumb shutterstock 742882693

自分にぴったりの茶髪をみつけよう!

いかがでしたか?茶髪が似合わない人の特徴や、似合うカラーの見つけ方、茶髪が似合う方法・メイクについてご紹介しました。自分は茶髪が似合わない…と思っていた人は当てはまるところがあったのではないでしょうか。

茶髪といっても暗め~明るめまで幅広いカラーがあります。茶髪が似合わない特徴・原因をおさえることで誰でも茶髪が似合うようになります。ぜひ、この記事を参考にして、自分にぴったりの茶髪をみつけてくださいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事