Icon search 36px

爪が割れた時に見直したい原因は?

爪が割れる・折れる原因①爪を噛む癖がある

イライラ

爪が割れる・折れる原因1つ目は、爪を噛む癖があることです。イライラしたり無意識的に噛む何気ない行動も、爪が痛む原因です。また、深爪も同様に爪の負担になることがあります。もしあなたにその癖があるなら、心に思うことがあるのかも!そんな人の心理をまとめた記事もあるのでチェックしてみてくださいね。

関連記事

【男女別】深爪する人の心理8選|爪を短く切る癖がある人の性格は?

爪を短く切る癖がある人の心理は?病的なことから利便性のあることまで8選

Small thumb shutterstock 127496591

爪が割れる・折れる原因②乾燥対策をしていない

クリーム

爪が割れる・折れる原因2つ目は、乾燥対策をしていないことです。肌が乾燥するのはご存知のことでしょうが、爪だって同様に乾燥をするものなのです。爪が乾燥すると、ぱきぱきと割れやすくなったり、折れやすくなったりします。また、家事の際に素手で水に触れる機会が多いと、同様に乾燥しやすくなるので注意が必要です。

爪が割れる・折れる原因③爪に負担をかける行為

爪

爪が割れる・折れる原因3つ目は、爪に負担をかける行為をしているということです。例えば、お皿を洗っているとき、爪や指を使ってゴシゴシ落としてるとか、二枚爪を無意識のうちに剥がしてしまうとか、そういった行為をしていたりしませんか?これらは爪に深いダメージを与えている行為ですので意識してやめましょう。

爪が割れた時や折れた時の対処法・治し方10選

爪が割れた時の対処法・折れた爪の治し方①専用の補修キットで処置する

爪が割れた時の対処法・折れた爪の治し方1点目は、専用の補修キットで処置することです。割れ爪や欠け爪を接着し、パウダーで傷を負った部分を補強するという優れモノアイテムです。もちろん、購入することが必要にはなりますが1つ持っていてカバンや家に置いておくと、いざという時にとても便利です。

こちらのキットは、とてもリーズナブルな価格で販売されており、割れ爪レスキューという商品名で大体1,000円前後で手に入れることが可能です。冬場はとくに乾燥しやすい時期で、爪が割れやすくなるためぜひチェックしてみてくださいね。

    専用の補修キットで処置する方法

  1. 1付属のグルーや接着剤を割れた爪に塗って止める
  2. 2補強用のパウダーをしっかりつける
  3. 3爪を乾燥させる

爪が割れた時の対処法・折れた爪の治し方②絆創膏で処置する

爪が割れた時の対処法・折れた爪の治し方2点目は、絆創膏で処置することです。あくまでも応急処置的な使い方として有効な対処方法です。もし、皮膚に怪我を負っている場合は、しっかり洗い流したり消毒してから、割れてしまったり折れてしまったりした爪を絆創膏でしっかりとめます。

絆創膏で対処する方法は、これ以上爪がダメージを負わないようにするための一時しのぎ的な方法ですので、痛みが取れたり、傷が落ち着いたら絆創膏をはがし、ひっかかりのある部分を優しくやすりで整えていきましょう。

    絆創膏で処置する方法

  1. 1傷がある場合はしっかり消毒する
  2. 2これ以上爪が損傷しないよう割れた爪を絆創膏で止める

爪が割れた時の対処法・折れた爪の治し方③トップコートで処置する

爪が割れた時の対処法・折れた爪の治し方3点目は、トップコートで処置するです。これも、指に痛みや傷がある場合は消毒等で様子を見ながら行いましょう。方法としては、ティッシュとトップコートを使って爪を補強するものです。

そのため、やや普段のトップコートよりも厚めに、何度も塗っておくのがコツです。ただし、爪の割れ方や折れ方がひどい時には何度やっても再び割れやすかったり、折れやすかったりするので、その時は最適な長さに伸びるまで刺激を与えないよう過ごし、落ち着いたらやすりで整えてあげましょう。

    トップコートで処置する方法

  1. 1欠けた部分を爪の裏からテープなどで仮止めする
  2. 2ティッシュを適当な大きさに切って爪に乗せる
  3. 3ティッシュの上からトップコートを厚めに塗って乾かす

爪が割れた時の対処法・折れた爪の治し方④ネイル用のグルーで処置する

爪が割れた時の対処法・折れた爪の治し方4点目は、ネイル用のグルーで処置することです。これも、トップコート同様、爪が割れた時に同じ使い方をします。ネイルグルーは100均でも販売されている、つけ爪用のネイルグルーで構いません。

ただし、ネイルグルーは皮膚につくととても取れづらく時間が置けば置くほどとれなくなります。専用のリムーバーを使うか、皮膚についた時点でお湯で優しくオフするようにしましょう。グルーはなるべく爪の損傷部分にだけ塗るようにし、乾いたら補強の意味でトップコートを塗っておくとさらに強くできます。

    ネイル用のグルーで処置する方法

  1. 1欠けた爪をネイルグルーで止める
  2. 2細かい部分はつまようじや針などを使って丁寧に塗る
  3. 3グルーを塗った部分を乾かす

爪が割れた時の対処法・折れた爪の治し方⑤接着剤で処置する

爪が割れた時の対処法・折れた爪の治し方5点目は、接着剤で処置することです。これは、最後の手段と言っても過言ではないほど、ちょっとワイルドな方法となります。例えば、仕事中に爪が割れてしまい、補修できるものがないときにはある程度有効だと言えます。

瞬間接着剤を損傷部分に丁寧に塗っていき、爪をくっつける方法です。ただし、瞬間接着剤は皮膚につくと大変なことになるので、あくまでも爪の損傷部分にだけつけるよう十分気を付けて使いましょう。また、万が一皮膚についたときは慌てず専用のリムーバーを使って傷をつけないように剥がしていきましょう。

    接着剤で処置する方法

  1. 1割れたり欠けた爪に接着剤を塗る
  2. 2細かい部分はつまようじや針などを使って丁寧に塗る
  3. 3接着剤を塗った部分を乾かす

爪が割れた時の対処法・折れた爪の治し方⑥ジェルネイルで処置する

爪が割れた時の対処法・折れた爪の治し方6点目は、ジェルネイルで処置することです。もし、爪が既に取れてしまっている場合は、割れた部分を無理のない範囲でやすりで整え、ジェルネイルを乗せて爪を作ってあげましょう。

ただし、ジェルネイルは専用キットを持っていないと利用することができないうえ、出先などでは利用することができず、自宅でないと対処できないこともあるので、もし近くにネイルサロンがあるようなら駆け込んでお願いするのが一番いいですね。

    ジェルネイルで処置する方法

  1. 1割れた爪を埋めるようにジェルを乗せていく
  2. 2UVライトで硬化させる

爪が割れた時の対処法・折れた爪の治し方⑦ネイルカラーで処置する

爪が割れた時の対処法・折れた爪の治し方7点目は、ネイルカラーで処置することです。これは、トップコート同様の使い方をするものです。そのため、仕事からあまりネイルをする機会がないという人は、トップコート以外にもベースコートだったり、ベージュタイプの目立たないタイプのネイルカラーで対処しましょう。

ネイルカラーを使う方法は、補修後の強度に欠けるのが難点です。そのため、補修後も同じ場所が割れてしまったり折れてしまったりすることがあることでしょう。爪が十分カットできる長さまで伸びたら、カットしてやすりでしっかり整えるようにしましょう。

    ネイルカラーで処置する方法

  1. 1欠けた部分を爪の裏からテープなどで仮止めする
  2. 2ティッシュを適当な大きさに切って爪に乗せる
  3. 3ティッシュの上からネイルカラーを厚めに塗って乾かす

爪が割れた時の対処法・折れた爪の治し方⑧やすりで整えて処置する

爪が割れた時の対処法・折れた爪の治し方8点目は、やすりで整えて処置することです。もちろんこれは、できる範囲での対処法となるので、痛みがあったり、血が出てしまったりと怪我を負っている場合には無理をしてやらないことがおすすめです。

もし、引っかかるような割れ方をしており、放っておくと割れた部分が広がってしまうといった場合には、できる範囲を整えるか絆創膏などでガードしておくのがよいでしょう。爪やすりは100均などでも安くに手に入るので、バッグの中に1つ入れておくといざというときに便利ですよ。

    やすりで整えて処置する方法

  1. 1引っかかる部分だけをやさしくやすりで整える
  2. 2爪が自然に伸びるまで待つ

関連記事

【100均爪磨き】ダイソー・セリアの9個!おすすめの爪やすりも

爪磨きはダイソーなどの100均でもさまざまな種類が販売されており、ワン

Small thumb shutterstock 95185612

爪が割れた時の対処法・折れた爪の治し方⑨ネイルサロンで処置してもらう

爪が割れた時の対処法・折れた爪の治し方9点目は、ネイルサロンで処置してもらうことです。ネイルサロンなら、間違いなくネイルのプロがいるので、あなたの爪の割れや折れといったトラブルにもしっかり対処してくれるはずです。

自分で何とかして悪化することも考えれば、多少金額はかかるもののしっかり補修してくれる場所に行くのが一番よいでしょう。また、ジェルネイルをやっているサロンなら、短くなりすぎた爪であっても爪を作ってくれるので、また以前のように素敵なネイルを楽しむことができるようになります。

爪が割れた時の対処法・折れた爪の治し方⑩消毒と保湿で処置する

爪が割れた時の対処法・折れた爪の治し方10点目は、消毒と保湿で処置することです。これはすべての対処法の後にぜひ実践するのがおすすめな方法です。痛みがある場合や傷がある場合は消毒ののち、落ち着いてから保湿を行います。

ハンドクリームや、ネイルオイルなどを使用し爪にしっかり潤いを与えましょう。普段からこのケアをしておくだけで割れ爪や折れ爪ほか、二枚爪などを防ぐことも可能です。とくに、爪が割れたときは予想以上に爪に水分がないこともあるので、割れてしまった時こそしっかり保湿してあげましょう。

    消毒と保湿で処置する方法

  1. 1傷がついている部分に消毒液をつける
  2. 2割れたり欠けてしまった部分は衣服に引っかからないよう整えておく
  3. 3傷が落ち着いたら爪にもきちんと保湿ケアをする

割れ爪の対策は?

割れ爪の対策方法①普段からこまめに保湿ケアする

割れ爪の対策方法1つ目は、普段からこまめに保湿ケアすることです。ハンドクリームを使うのがみなさん常識のことだと思いますが、爪専用のネイルオイルや爪用の保湿剤も併用して使うとさらに最適な保湿ケアによる対策をすることができます。

割れ爪の対策方法②普段からベースコートやトップコートを塗る

割れ爪の対策方法2つ目は、普段からベースコートやトップコートを塗ることです。爪が呼吸できなくなって悪くなるんじゃ?と思われる方もいることでしょうが、二枚爪や爪自体がダメージを負わないよう補強しておくことは、爪にとっても実はいいことなんです。

割れ爪の対策方法③バランスの良い食事をする

割れ爪の対策方法3つ目は、バランスの良い食事をすることです。特に、強い爪を作るために必要な栄養素は、ビタミンAやB2、E、さらにはタンパク質が必要です。これらの栄養素が入った食事を心がけてみるのも爪にとってはいいことですね。

毎日のケアで爪を労わろう!

爪

爪は、予想以上に乾燥とダメージに弱い部分です。健康状態が現れる場所でもあるので、普段の生活はもちろん一日の終わりにはしっかり爪を労わったケアをしてあげることが大切です。ついつい忙しいとおろそかになりがちですが、冬場は特に爪にとっては弱い季節でもあるので、ぜひ毎日のケアを大切にしてあげましょう!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事