Icon search 36px

女性をちゃん付けして呼ぶ男性の心理10選

女性をちゃん付けして呼ぶ男性の心理①仲良くなりたい

女性をちゃん付けして呼ぶ男性の心理には、その女性と仲良くなりたいという気持ちがあります。恋愛感情(恋人関係になりたい)か否かは関係なく、男性は興味のある女性をちゃん付けして呼ぶことがあります。現在の関係性ではさん付けが相応しい相手であっても、距離を縮めるために、形(呼び方)から入るのです。

女性をちゃん付けして呼ぶ男性の心理②可愛いと思っている

女性をちゃん付けして呼ぶ男性の心理には、その女性を可愛いと思っている気持ちがあります。ここでの可愛いとは、容姿の可愛らしさはもちろんですが、何だか頼りなくて守ってあげたい雰囲気のことです。

学校や会社の後輩など、自分より年下の女性に対して、そのような広い意味での可愛らしさを感じると、ちゃん付けして呼びたくなる男性は多いです。

20歳代後半以上になると、ちゃん付けで呼ばれる機会も減っていきますよね。それでもちゃん付けで呼ばれたいという方は、守ってあげたいと思われるような、可愛らしい雰囲気づくりを心がけましょう。

女性をちゃん付けして呼ぶ男性の心理③恋愛感情がある

女性をちゃん付けして呼ぶ男性の心理には、その女性に対する恋愛感情があります。他の女性はさん付けで、特定の女性だけちゃん付けして呼ぶ場合は、その相手に特別な感情(彼女にしたい)を持っている可能性が高いです。

また、男性には、ちゃん付けして呼ぶと女性が意識してくれるという期待もあります。もっと親しくなりたいという気持ちを込めて、彼女の気を引くためにちゃん付けして呼ぶこともあります。

女性をちゃん付けして呼ぶ男性の心理④女性を下に見ている

女性をちゃん付けして呼ぶ男性の心理には、無意識のうちに女性を下に見ている気持ちがあります。男女は平等であることが理想ですが、無意識レベルでの男尊女卑は根深いもので、程度の差はあれ、殆どの男性が持っているものです。

無意識に女性を下に見るという気持ちから、「弱い立場の女性を守ってあげなければ」という感情が生まれ、それを行動に移す男性もいます。しかし、女性を見下す、バカにするような言動に繋がることもあります。

ちゃん付けして呼ぶ時の口調が明らかにふざけている、その男性の普段の言動に不快感を覚えたならば、あまり相手にしない方が良いでしょう。

女性をちゃん付けして呼ぶ男性の心理⑤嫌われたくない

女性をちゃん付けして呼ぶ男性の心理として、女性に嫌われたくないという気持ちがあります。殆どの女性は、初対面やそれ程親しくない男性から、ニックネームや名前の呼び捨てのような、馴れ馴れしい呼び方をされることを嫌がります。

そこで、その女性を何とも思っていない場合はとりあえずさん付けして、良い印象を持っている場合はちゃん付けして呼びます。この方法なら、余程のことがない限り相手の気分を害することはなく、円滑なコミュニケーションができると考えているからです。

女性をちゃん付けして呼ぶ男性の心理⑥親密さを周囲にアピールしたい

女性をちゃん付けして呼ぶ男性の心理には、女性と親密な間柄であることを周囲にアピールしたいという気持ちもあります。他の女性はさん付けなのに、特定の女性だけちゃん付けして呼んでいるのを聞いたら、「何かあるな」と思いますよね。

まだ恋人など親しい関係になれていないとしても、男性の間には「ちゃん付けして呼ぶ女性のことは嫌いではない」という共通認識があります。そのため、彼女に対する好意を表現することで、他の男性を牽制したいという意味もあります。

女性をちゃん付けして呼ぶ男性の心理⑦呼んでみたい

女性をちゃん付けして呼ぶ男性の心理には、ちゃん付けで呼んでみたいという気持ちがあります。魅力的な響きの名前の人に出会うと、思わず名前で呼びたくなってしまいますよね。それと同様に、ちゃん付けした時の語呂や響きの良さが気に入って、ちゃん付けして呼びたくなることもあるのです。

また、周囲の人がちゃん付けして呼ぶのを繰り返し聞いていると、自分も呼んでみたくなるもの。周囲の人につられて、自然にちゃん付け呼びになるという場合も多いです。

女性をちゃん付けして呼ぶ男性の心理⑧自分に自信がある

女性をちゃん付けして呼ぶ男性の心理には、自分に自信があり、「自分は魅力的なので、女性に好かれている」「多少馴れ馴れしくしても、相手は不快に思わないだろう」という自負があります。このような男性は、それ程親しくない女性に対しても距離が近く、ちゃん付けして呼ぶことが多いです。

女性の懐に入るのが上手い、魅力的な愛されキャラの男性なら良いのですが、勝手な思い込みでTPOをわきまえず、女性に対して馴れ馴れしい男性もいます。ちゃん付け呼びされて不快に感じる相手とは、上手に距離を置きましょう。

女性をちゃん付けして呼ぶ男性の心理⑨自信不足

女性をちゃん付けして呼ぶ男性の心理には、自信不足による、女性とのコミュニケーションへの不安があります。先程、自信のある男性は女性をちゃん付けして呼ぶ傾向があるとご紹介しましたが、逆の場合もあるのです。

もっと女性と気楽に付き合いたいという思いがあっても、自信のなさから、「呼び捨ては自分のキャラではない」と思っている人も。また、たとえフランクな場であっても、「相手が不快に思うのではないか」「チャラいと思われそう」などの理由で、ちゃん付け呼びをする男性もいます。

女性をちゃん付けして呼ぶ男性の心理⑩なんとなく

女性をちゃん付けして呼ぶ男性の心理には、特に理由がなく、何となくちゃん付けしているというケースも。この場合のちゃん付けはマナーの一環なので、深い意味はありません。これまでの経験やその場の雰囲気から、ちゃん付けが無難と判断して呼んでいるだけです。

社会人なら、年下だからという理由でそれほど親しくない相手を呼び捨てにするのはマナー違反です。マナーという意識がなくても、これまでの経験や習慣、自分のルールに従って女性の呼び方を決めているという男性もいます。

呼び方や表情など、ある一つの要素だけで、そこに特別な感情含まれているかは判断できないものです。下の記事には、目が合った時に微笑んでくれる男性の心理を紹介しています。素敵な笑顔を向けられると舞い上がってしまう方は、ぜひチェックして、冷静に対応できるようにしておきましょう。

関連記事

目が合うと微笑む男性心理12選|目が合うと笑う心理を笑顔の種類から分析

目が合うと微笑む男性や笑顔になる男性というのは、アナタの周りにもいるの

Small thumb shutterstock 551637001

ちゃん付けを上手に断る方法は?

①「さん付けで呼んでください」と伝える

ちゃん付けで呼ばれることを嫌だと感じるなら、「さん付けで呼んでください」とはっきり伝えましょう。「ちゃん付けに抵抗感がある」「決してあなたを嫌いなのではなく、仲良くなりたいとは思っている」といった気持ちを素直に伝えれば、角が立つこともありません。

②「○○と呼んでください」と提案する

「学生時代の友人からは○○と呼ばれていたので、○○と呼んで欲しいです」と、ニックネームなど自分が呼ばれて嬉しい、ちゃん付け以外の呼び方を提案するのも有効です。相手の自分に他するポジティブな感情を傷つけることなく、ちゃん付け呼びを断ることができます。

女性が喜ぶ名前の呼ばれ方は?

【恋人限定・彼女が喜ぶ呼び方】①名前で呼び捨て②ちゃん付け③あだ名

女性が喜ぶ名前の呼ばれ方ベスト3は、①名前で呼び捨て②名前にちゃん付け③あだ名です。ただし、これは彼氏限定。あまり親しくない人や自分が好感を持っていない人にまで、このように呼ばれたいという女性はいませんよね。

しかし、たとえ恋人同士であっても、他人の前では彼女の呼び方を変えるなど、彼女への気遣いは必要です。家族公認のカップルでも、恋人の家族の前で、あまりフランクな呼び方をするのはNGです。

「女性が嬉しい呼び方=ちゃん付け」は誤解

巷には、「女性はちゃん付けされると喜ぶ」「男性に呼び捨てされるドキッとする」など、女性が喜ぶ呼び方についての様々な情報があります。しかし、「ちゃん付けはバカにされているように感じる」「彼氏ならまだしも、呼び捨てされると腹が立つ」という女性も多いのです。

どんな呼び方でも、相手との間に信頼関係があれば、相手に親しみを感じていることや大切に思っていることは伝わります。また、特定の人に呼ばれて嬉しくても、他の人に呼ばれると引くという呼び方もあるので、注意が必要です。

職場でおすすめ!意外に好感度の高い「苗字(名前)にさん付け呼び」

年齢の上下や好意の有無に係わらず誰にでもさん付けする男性には、相手の存在をしっかり認識し、「女性を対等に扱っている」「女性に対して敬意を持って接してくれる」という印象をくのではないでしょうか。職場ではもちろん、恋人に対してでも、彼女への敬意を込めてさん付けで呼ぶという男性もいます。

丁寧かつマナーをわきまえた呼び方を、TPOを考えて選べる男性って素敵ですよね。とはいっても、「苗字にさん付けは他人行儀で寂しい」という女性も少なくありません。しかし、社会人であれば、丁寧な呼び方に距離感ではなく、相手からの信頼や敬意を感じ取れるようになりましょう。

ちゃん付け呼びに隠れた男性心理をコミュニケーションに活かして

女性をちゃん付けして呼ぶ男性の心理についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?男性が女性をちゃん付け呼びする背景には、女性に対するポジティブな感情、さらにその男性自身の習慣や考え方があります。しかし、社会人ならば自分の感情に左右されず、さん付けを基本に、TPOに合った呼び方をするのがスマートです。

男性にちゃん付け呼びされるか、されないかを気にする女性は多いですが、呼び方だけで男性の気持ちは判断できません。しかし、ここでご紹介したような心理が背景にあることを意識して、恋人や周囲の男性とのコミュニケーションに役立てましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事