Icon search 36px

「Gジャン」が苦手でダサいと思われる理由

①インナーがあっていない

柄物や派手

「Gジャン」は苦手、野暮ったく見える…と敬遠しがちな人が多いですが、うまく着こなしができない人はGジャンの下に着るインナー、もしくはインナーの色があっていない人がほとんどです。脇役ですが、インナーはとても重要です。

柄物や派手なものはできるだけ避けて、白や黒のモノトーンなものやボーダーなどのインナーであればカチッとしたGジャンに合う着こなしができて、レディースファッションでもコーデを楽しむことができます。

②体型にあっていない

さまざまな体型

体型や骨格などにあっていないGジャンを着ているレディースファッションはダサく見えがちです。サイズが合ってないと垢抜け感がなかったり、太く見えたりもします。

自分に似合う体型のサイズのGジャンを見つけることが大事です。自分はどんな骨格か、体型かを見極めることで、似合う体型のGジャンに出会えます。

③Gジャンの色があっていない

コーデに合わない色

全体のコーデにGジャンの色があっていないとダサく見られがちです。デニム素材は色々なカラーがあり、種類も豊富なので、似合う体型のGジャンと色を選ぶのがポイントです。

コーディネートしやすい選び方は、暗めの色のデニムを選ぶことです。基本デニムは合わせやすいので、暗めの色であればコーデしやすいです。

ダサいイメージを打ち消す「Gジャン」のトレンドは?

①オーバーサイズでこなれ感

トレンドは、オーバーサイズのものを選びゆったりと襟抜きした着こなし方です。選び方はメンズサイズを選んだり、自分のサイズより大きいのを選ぶと似合う体型のGジャンがわかります。

レギンスとワンピースを合わせてきれいめな印象を与えつつ、襟抜きしたGジャンでカジュアルさも出しているこなれ感が出てるレディースファッションです。

②肩がけで羽織ってこなれ感

ボーダーのアシンメトリーTシャツをインナーの上に肩がけで羽織るスタイルでこなれ感がアップします。靴やパンツが黒が多い時は抜け感が必要です。

黒のテーパードパンツとボーダーのアシンメトリーTシャツ、肩がけのGジャンで大人コーディネートです。レディースファッションの肩がけスタイルはこなれ感タップリです。

関連記事

【冬服】ジーンズ・デニムコーデ25選!2019年レディースジーパンの流行りは?

「ジーンズ・デニム」ファッションは、どの年代からも愛され季節を問わず人

Small thumb shutterstock 1034955655

「Gジャン」ダサいと思わせないコーデ5選

①パーカー×Gジャン

パーカーとGジャンは、ラフでカジュアルです。そんなパーカー×デニムジャケットを合わせる着こなしのポイントは、なんといってもサイズ感を意識することです。

ボリュームのあるオーバーサイズのパーカーとGジャンのコーデは、すっきりと見せてくれるスキニーパンツを合わせると、レディースファッションの着こなしがグンとアップします。

②ニット×ショート丈のGジャン

インナーに白のロングTシャツとグレーのニットを着て、ショート丈のGジャン、黒のパンツを履いたレディースファッションコーデです。

落ち着いた雰囲気のニットで女性らしさが出てますが、ショート丈のGジャンを着ることによってきれいめカジュアルが出来上がります。インナーとショート丈のアウターのサイズ感がとてもオシャレです。

③ワンピース×Gジャン

女の子らしい花柄のフリルワンピースに、色が鮮やかなブルーデニムのGジャンの着こなしです。アクセントにエンジ色のローカットのスニーカーで、カジュアルな着こなしです。

Gジャンを大きめのサイズをチョイスすることで、全体のバランスがとれています。甘い雰囲気とカジュアルなコーデの選び方は、レディースファッションのオシャレポイントです。

④Gジャン×ニットカーディガン

ロンTとGジャン×女性らしい雰囲気が出るニットカーディガンのレイヤードスタイルです。あえてインナーに着て重ね着をすることで、オシャレ度がアップします。

足のラインが見えるレギンスとムートンブーツが女らしさを引き出しています。カーディガンを脱いでも可愛いレディースファッションです。

⑤オーバーサイズのGジャン×サイドラインパンツ

インナーをサイドラインパンツにインして、オーバーサイズのGジャンを着こなしたコーデです。サイドラインパンツでスポーティーな印象にもなります。

ライトブルーは、色落ちした感じがレトロな雰囲気にしてくれます。スポーツミックスしたレディースファッションとGジャンは最強です。

関連記事

【秋服】デニムジャケット・Gジャンコーデ29選!2019年レディースの流行りは?

2019年秋にトレンドとなるデニムジャケットやGジャンのコーデをご紹介

Small thumb shutterstock 1034955655

ダサいと言わせない「Gジャン」にプラスしたコーデ3選

①お団子ヘアーでスッキリ感をプラス

Gジャンが野暮ったく見えてしまうのは、髪型も関係しています。ただ下ろしているだけだと重たく見えてしまうので髪を結ったり、アップにしてお団子にするとスッキリ見えます。

髪を下ろす時も、髪を巻いたりハーフアップにしたりとヘアーアレンジをすることによって野暮ったさがなくなりダサく見えたりもしません。

②ニット帽とメガネをプラス

「Gジャン」にニット帽とメガネをプラスするだけでグンとオシャレ度がアップします。帽子だけ、メガネだけのどちらかだけでもだいぶ印象が変わります。

元々「Gジャン」はデニムなので、何にでも合わせやすいのが特徴です。ニット帽とメガネの小物を加えることでカジュアル感+オシャレなコーデができます。

③マフラーをプラス

寒くなってきたら、やっぱりかかせないのがマフラーです。首元を温めてくれるだけでなく「Gジャン」にプラスするだけでカッコ良くなります。

秋冬の定番のマフラーは、一つ持ってるだけで幅広いコーディネートを楽しむことができます。プリーツスカートとファーバッグが大人な雰囲気を出しています。マフラーは、巻き方が色々とできてコーデによって楽しめるのが魅力です。

関連記事

レディースのニット帽のおしゃれな被り方のコツ13選|可愛いアレンジも

ニット帽は最近では一年中使えるファッションアイテムです。ですがニット帽

Small thumb shutterstock 761331367

もうダサいなんて言わせない「Gジャン」コーデ3選【春夏編】

①Gジャン×プリーツスカート×ハイカットスニーカー

春にピッタリの女性らしいファッションです。プリーツスカートとデニムジャケットがとても素敵なコーデです。スカートに合わせたハイカットスニーカーがアクセントです。

コーデの似合う体型はウェーブタイプです。ショート丈のGジャンを合わせることによって、似合う体型のコーデができ、体型をカバーできます。キャスケットやカゴバッグなどの小物にもこだわっているファッションです。

②デニムワンピースジャケット×エンジニアブーツ

だんだん暖かくなってきた時期にいいコーデです。大きめのフードが可愛いデニムワンピースジャケットを、フロントで結んでよりスタイルが良く見えます。

長めのソックスとカッコ良くエンジニアブーツを履いてカッコ可愛くキマっています。デニムワンピースジャケットは一枚あると、いろんな着回しができるので女性には嬉しいです。

③白デニムジャケット×ハイウエストデニム

白デニムジャケット×ハイウエストデニムの組み合わせのデニム×デニムのコーデです。同じデニムスタイルでもGジャンの選び方をカラーデニムにして重くならないようにしています。

デニムジャケットとベレー帽と靴を白に統一して、差し色としてマスタードイエローをインナーにし、コーデ全体を引き締めています。

もうダサいなんて言わせない「Gジャン」コーデ3選【秋冬編】

①レトロ風Gジャン×からし色のパンツ古着ミックス

レトロ感タップリのGジャンは、秋〜冬にかけて重宝すること間違いなしです。ライトブルーのGジャンの前を閉めてスッキリとした着こなしをしています。

からし色のパンツはコーデに困りそうですが、主役になってくれてコーデを一気に華やかにしてくれます。レトロな雰囲気とからし色で古着ミックスの完成です。ナチュラルタイプの女性にピッタリなラフで個性的な選び方をチョイスしています。

②ボアデニムジャケット×黒パンツ

冬はやっぱりボアジャケットはかかせません。ニットの上にボアデニムジャケットを着て暖かさがアップします。インディゴブルーカラーが決め手です。

アウターがボリューミーなので、ボトムスの黒パンツはスキニーでスッキリと着こなしています。ストレートタイプの人は、スッキリと見せる着こなしをするのが似合うポイントです。

③Gジャン×ふわもこアウター×レオパード柄バッグ

Gジャンにふわもこアウターのレイヤードスタイルです。冬にはやっぱり重ね着はかかせません。小物も大事で、レオパード柄のバッグが可愛いです。ふわもこアウターとレオパード柄が、エレガントに演出し大人の雰囲気が出ます。

Gジャンをレイヤードコーデしたい時の選び方は、デニムジャケットは厚手のものではなく、薄手のものをチョイスすると着ぶくれしたように見えないのでポイントです。

「Gジャン」似合う体型と選び方のポイント

①ストレートタイプ

Fullsizeoutput 158e

プティ・エヌ(petit・N)

デニムジャケット 長袖 Gジャン

Amazonで詳細を見る

1つ目はストレートタイプです。似合う体型は、筋肉がつきやすく、凸凹のある体型で上半身に厚みがあるのが特徴です。メリハリある、いわゆるダイナマイトボディです。

ストレートタイプの女性は特に、VネックやUネックにインナーを合わせて着太りにならないようにします。サイズ感が大事なので、Gジャン/デニムジャケットの選び方はジャストサイズな着こなしやタイトなコーデがいいです。

②ナチュラルタイプ

Fullsizeoutput 1590

[エアバイ]

フード付き ロング丈 デニム ジャケット コート

Amazonで詳細を見る

2つ目のナチュラルタイプは、骨が太く、大きく肉感を感じさせない体型が特徴です。ぽっちゃりですと、ガタイがよく見えてしまいます。

ナチュラルタイプの女性の人は、ルーズ感を出してラフでカジュアルな着こなしに仕上げるのがポイントです。AラインやYラインを意識した、コーデの選び方がオススメです。

③ウェーブタイプ

Fullsizeoutput 158d

ナノ・ユニバース(nano・universe)

ノーカラータック Gジャン レディース

Amazonで詳細を見る

3つ目のウェーブタイプは、上半身は華奢で反対に下半身にボリュームがあるのが特徴です。ウエストは細いですが、脚が短く下半身にボリュームがつきやすいです。

ウェーブタイプの女性は、メリハリをつけてフリルやプリーツなどの装飾をプラスした、Xラインを強調した着こなし方がポイントです。フリンジスカートとGジャンの組み合わせがふんわりして可愛いです。

関連記事

春夏秋冬別着痩せコーデ8選|体型カバーアイテムやポイントも

みなさんは上手く着痩せコーデができていますか?夏には隠せず冬には厚着に

Small thumb shutterstock 289040627

「Gジャン」の着こなしを楽しんで毎日のコーデに取り入れよう!

「Gジャン」はとても使い勝手が良く、コーデを楽しめる一着です。ショート丈やオーバーサイズのもの、カラーデニムなど様々です。また、顔まわりにプラスするだけで「Gジャン」のカッコ良さをグンと引き出してくれます。

自分に似合う体型のタイプを理解して、自分に合ったサイズ感や家にあるGジャンをうまく着こなして、毎日のコーデに取り入れてみてぜひオシャレを楽しんでくださいね!!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事