Icon search 36px

4Kテレビが安くなる買い時はいつ?

おすすめの買い時①2019年増税前後が安くなる

どちらがいいかお店が教えてくれる

やはり増税前後の購入は安く買える時期の1つです。家電量販店によっては、店頭に展示されている商品に「この商品は増税前の購入がお得です。」や「この商品は増税後の購入がお得です。」というようにPOPを掲示してくれています。参考になる確実な物なので、確認してみてください。

おすすめの買い時②家電量販店の決算セールが安くなる

在庫処分

4Kテレビも他の家電と同様に毎年、新しいモデルが発売されます。その為、旧モデルが、家電量販店で、在庫処分セールで、安くなります。特に新製品にする必要性が無いと考えるなら、欲しいメーカ―の新商品発売前に始まるセールがおすすめです。この時期のセールであれば、欲しい商品の在庫が残っている可能性が高いです。

おすすめの買い時③新製品の発売後

お財布に優しい

旧モデルが新商品発売前から在庫処分で安くなりますが、そこでも売り切れなかったモデルは、さらに売り尽くしセールなどで安くなります。しかし、展示品の処分で多少、キズや汚れがついている前提であったりすることがあります。また、メーカーや型の選択肢も狭くなってしまうので希望の商品を選べない場合もあります。

おすすめの買い時④オリンピック開催直前が安くなる

オリンピックで盛り上がる

やはり、国内で開催されるオリンピックなので、各家電量販店でも4Kテレビをメインに売り出してきます。オリンピック開催前も駆け込み需要が増す事が予想されるので、比較的人が多い休日よりも、ほぼ人が居ない平日の方がおすすめです。専門知識のある店員さんに、じっくり対応してもらえる確率が高くなります。

おすすめの買い時⑤新製品は発売から半年後が安くなる

半年後がお得!?

安く買いたいけれど、どうしても新製品が欲しいという方はこちらを参考にしてください。新製品は発売から半年を目安に購入することをおすすめします。テレビの販売価格の推移を比較した時に、発売から半年くらいが、もっとも価格が下がっている事が多いです。しかし、細かいリサーチは必要になります。

4Kテレビの各社比較【SONY(ソニー)】

比較①メリットは鮮明な映像が楽しめる

Bravia55%e6%9c%89%e6%a9%9fel

ソニー「BRAVIA」

ソニー 55V型 有機ELパネル 地上・BS・110度CSデジタル4Kチューナー内蔵テレビ

Amazonで詳細を見る

ソニーの比較ポイントは、とにかく映像に特化していることです。精度の高い映像解析を可能にしている所です。被写体ごとに立体感のある映像で再現します。ソニー製の家庭用ゲーム機も4K出力に対応させていて、対応のBRAVIAで出力することでよりきめ細かい表現がされます。

比較②デメリットは低音とコンテンツの立ち上がりが弱点

音に弱点

ソニーの音質は、中、高音域は良く、画面そのものから音が出る事で臨場感が高いです。しかし、低音域の表現が弱い為、音にこだわりたい場合は、別途でサブウーファーを取り付ける必要性があります。立ち上がりが弱点という意味は、コンテンツの立ち上がりが12秒から15秒かかり、他社に比べて若干遅いからです。

4Kテレビの各社比較【Panasonic(パナソニック)】

比較①メリットは色のズレが少ない

Panasonic55v

パナソニック「VIERA」

パナソニック 55V型 4Kダブルチューナー内蔵 有機EL テレビ Dolby Atmos(R)対応 VIERA

Amazonで詳細を見る

パナソニックの比較ポイントは、他社と違い、プラズマテレビを製造していたことです。テレビのパネル技術に強いので、液晶パネル、有機ELパネルのどちらにも活かされています。その為、映像を撮影した側の意図した映像を自宅で楽しむ事ができます。BSチューナーを内蔵していて、高精細な4K放送が楽しめます。

比較②デメリットは有機ELパネルの付属品が弱点

置く場所は余裕をもって

パナソニックは液晶パネルの商品には、耐震用のストッパーがついていますが、有機ELパネルの商品にはついていない場合があります。その為、別売りの耐震シートなどで対策する必要性があります。また、有機ELパネルの画面はとても薄いですが足置きにする場合、この足の部分が結構大きく、幅を取ります。

4Kテレビの各社比較【SHARP(シャープ)】

比較①メリットは臨場感あるサウンド

Aquos40v

シャープ「AQUOS」

シャープ SHARP 40V型 4K チューナー内蔵 液晶 テレビ AQUOS

Amazonで詳細を見る

シャープの比較ポイントは、サウンドをオーディオメーカーが監修している事です。その為、テレビから出力されるサウンドでも、臨場感あふれるものを実現しています。液晶パネルも自社開発の「N-Blackパネル」で光の反射や、照明の映り込みを抑えて、艶やかな黒を表現します。

比較②デメリットは画面の初期設定が弱点

初期設定は白っぽい

シャープは自社開発の液晶がウリですが、初期の画質設定の影響で画面が白っぽく見えると感じてしまいます。しかし、この白っぽさは、設定でホワイトバランスを変更するだけで改善されます。斜めからの画角についても常用範囲で白く感じるほどではありません。その為、最初に自分で設定を変える必要性が高いです。

4Kテレビの各社比較【LG(エルジー)】

比較①メリットは有機ELパネル

Lg

LG

LG 65型 4Kチューナー内蔵液晶テレビ Alexa搭載/ドルビーアトモス対応

Amazonで詳細を見る

LGの比較ポイントは、世界的に見ても、有機ELパネルの生産量が最も多いことです。自社AIを搭載しているので、シーンに合わせてクリアな映像と、最適な音声を判断して出力してくれます。65型の4Kテレビではパネルの薄さが約3.9㎜という薄さを実現した極薄パネルを使用しています。

比較②デメリットは音と初期設定が弱点

電話でサポート

LGは、混合ケーブルの分波や、ネットに接続してのソフトウェアアップロードなど、ユーザーのスキルが求められるテレビですが、その分、電話サポートがしっかりしています。また、音が他社と比較すると弱く聞こえます。しかし、音にもこだわりたい場合は、別途でスピーカーを取り付ける事ができます。

4Kテレビの各社比較【Hisense(ハイセンス)】

比較①メリットは東芝レグザの技術を採用

%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b9

ハイセンス

ハイセンス Hisense 50V型 4Kチューナー内蔵液晶テレビ レグザエンジンNEO搭載

Amazonで詳細を見る

ハイセンスの比較ポイントは、世界4位の中国の家電ブランドです。東芝を買収後から開発、発売されたモデルには、「レグザエンジンNEOpuls」という高性能映像エンジンは、東芝レグザの技術が継承されています。その映像は、素材の質感まで伝わるくらいの高精細な表現がされます。

比較②デメリットは見た目と耐震が弱点

見た目がいまいち

ハイセンスのテレビは、パイロットランプやリモコンのパーツに後付け感があります。しかし、細かいデザインの良さの必要性が無いと思っている方にとっては、気にならない程度です。また、耐震用の付属品が無いため、別売りの耐震シートなどで対策する必要性があります。

4Kテレビの各社比較【アイリスオーヤマ】

比較①メリットは日本人向けを追求したチューニング

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%a4%e3%83%9e

アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマ 55型 4K対応 液晶 テレビ 55インチ ブラック

Amazonで詳細を見る

アイリスオーヤマの比較ポイントは、日本人に合った画質を追求した独自のチューニングです。画質の癖をなくして、日本人の好みに合う、高めの色温度に調整してあります。他社とは違い、ネット機能を排除してテレビ放送に特化させているのも特徴です。テレビ本体もシンプルを追求していてすっきりとしたデザインです。

比較②デメリットは音の軽さと足の位置が弱点

テレビ台のサイズに注意

アイリスオーヤマのテレビは、他社と比較すると、足がサイドに寄っているので合わせるテレビ台のサイズには注意する必要性があります。また、他社と比較すると、音に厚みがなく軽い感じに聞こえてしまいます。

4Kテレビのメリットは?

メリット①4Kの意味はハイビジョンの4倍の解像度

文字や人物をより美しく

4Kテレビは解像度に違いがります。「フルHD(フルハイビジョン)画質」の4倍もある解像度です。現在4K放送に対応していない、地デジ放送やDVDなどの映像も4Kアップコンバート機能やHDR機能により、文字や人物の輪郭のノイズを除去し、通常のフルHDと違い、綺麗な4K相当の映像を映し出すことができます。

メリット②大画面でも画像が荒れない

大画面の迫力

4Kテレビは、映像が綺麗というだけではなく、画面が大きいほど意味があります。大画面でも、画像の粗さが目立つことが無く、迫力のある映像が映し出されます。自宅に大画面のテレビを置いて、楽しみたいという方には、特におすすめできるメリットです。

メリット③地デジ放送も4Kに

地デジは4Kじゃないけど

現時点では「地上デジタル放送」はまだ、4K放送に対応していません。4K・8K放送に対応しているのは、衛星放送のみです。しかし、衛星放送は見ないから4Kテレビにする意味はないのかというと、そんなことはありません。今後、地デジも4K放送に対応していく事は考えられています。現在はまだ、発展途上です。

メリット④液晶パネルはサイズが豊富

サイズが豊富

液晶パネルは、各メーカーの商品が豊富なので、価格やサイズの選択肢が幅広いです。設置する目的や部屋の大きさに合わせて、画面サイズを選びやすくなっています。また、低消費電力が特徴で、有機ELパネルと比較すると、液晶パネルの方が手頃な価格で購入することができます。

メリット⑤有機ELパネルは薄型で軽量

薄くて軽い

有機ELパネルは、液晶パネルとの違いを比較すると、薄く製造することができるのでスマートフォンの画面にも使用されています。有機ELパネルの意味は、光源にも違いがあり、ディスプレイそのものが光源です。大画面でも本体が薄くて軽いこともあり、壁掛けの設置にも向いているので、設置方法が自由に選べます。

4Kテレビのデメリットは?

デメリット①コンテンツがまだまだ少ない

コンテンツがネットばかり

残念ながら現時点では、まだ4K対応のコンテンツが少ないです。その意味はNetflixやAmazonプライムビデオ、dTVなどのインターネット動画配信サービスや、一部のYouTube動画がに対応していますが、コンテンツの数は数えられるくらいです。また、これらの視聴には、ネット環境の必要性も出てきます。

関連記事

4Kテレビは必要なのか?メリット・デメリット・買い時ではない理由も!

今回は、「4Kテレビは必要なのか?」をテーマに、そのメリット、デメリッ

Small thumb shutterstock 243577255

デメリット②画面が小さいと画質の良さがわかりにくい

大きさと距離が大事

テレビで4Kの画質を楽しむには、40型以上のサイズが必要です。40型以上の画面サイズが無いと4K画質にする意味がなくなってしまいます。さらに、1番きれいに視聴するには、画面サイズに合わせた視聴距離を確保する必要性があります。4Kテレビの最適な視聴距離は、画面の高さに対して、約1.5倍の距離です。

デメリット③液晶パネルは色にムラがある

ムラがある

液晶パネルの場合、色ムラが出る意味は、光源がバックライトだからです。バックライトの配置によって、映像のコントラストや発色が異なるので、若干のムラがでてしまいます。パネル自体が光源の有機ELパネルと比較すると、画質が劣ってしまいます。設置箇所によっては固定の仕方に気を付ける必要性があります。

デメリット④4Kテレビは本体価格が高め

予算オーバーしてしまう事も

4Kテレビはパネルの画素数が多い為、ハイビジョンテレビと違い、本体価格が高くなってしまいます。さらに、有機ELパネル場合はパネルの構造上、液晶パネルより価格が高めな事と、サイズの種類が少ないデメリットがあります。

デメリット⑤電気代が高い

電気代がかかる

同じサイズでも、ハイビジョンテレビと違い、画素数が多い4Kテレビは電気代が、高くなってしまいます。年間の電気代の平均が、ハイビジョンテレビは約1500円に対して、4Kテレビは約5500円かかります。その為、テレビの設定を自分で変更して、省エネになるようにする必要性があります。

4Kテレビの購入時期を比較するとオリンピック前の今がベスト!

東京オリンピックをキレイに見たい

このように4Kテレビのメリットとデメリットを比較してみると、購入を検討中の方は、東京オリンピックの前に購入をする事がおすすめです。テレビを購入されたい方は以下の記事もぜひ参考にしてみてください!

関連記事

2019年テレビが安い時期4つ!洗濯機・掃除機等の家電の購入時期も

2019年に入り、続々と新しい機能の付いた家電が販売されていますが、特

Small thumb %e6%8e%83%e9%99%a4%e6%a9%9f

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事